2012年10月29日

世界制覇への道・2012秋

と、いうわけで、

スリランカに行ってきたので、世界制覇への道をまた小さく一歩前進!!




create your own visited country map
or check our Venice travel guide

visited 37 countries (16%)

※37 countriesの内訳は、イギリス フランス イタリア バチカン ドイツ オランダ ベルギー チェコ スロバキア オーストリア ポーランド ハンガリー スペイン ポルトガル モナコ アイルランド デンマーク スウェーデン スイス リヒテンシュタイン ルクセンブルグ ジブラルタル タイ インドネシア 台湾 シンガポール マレーシア フィリピン 中国(香港・マカオ) スリランカ アメリカ メキシコ フィジー グアム 南アフリカ モロッコ そして日本。

※以前の地図はこちら

※このサイト、グアム(米領)やジブラルタル(英領)は国として数えるのに、香港・マカオ(いずれも中国特別区)は国として数えないみたいですw 似たようなもんだと思うんだけどなぁ



スリランカは、北海道とほぼ同じぐらいの大きさの面積を持つ小さな島国で、「インドがマンゴーを落とした!」なんて表現をされることもあるみたいですが、まさにそんなかんじでインドのさきっちょがぽっかり赤くなりました。



↓人気blogランキング↓
blogram投票ボタン

 
posted by りょうこ at 19:06 | 宮城 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅や海外に関する話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月21日

震災499日目:フィリピンの思い出

昨日、そんなに深酒したつもりはないのですが…
今朝、めっちゃ早く目が覚めた!!

5時って!!!!!

無いわー(号泣)



※お酒を飲むと、脳神経のある部分を抑制して、眠くなるんですが、そのおさえつけるパワーが切れると、突然、神経が活性化してしまうのです。
バネを手で押さえつけているところを想像してもらえるとわかりやすいと思うんですが、手でがしっとばねをおさえつけている間はバネはしっかり縮んでますね、でも、その押さえつける力が切れたとたんに、びょーん!とはねあがる。そんなイメージです。
実はこの作用は、睡眠薬と全く同じなのです。



そのおかげで(?)、今週の英語朝活はいつもよりかなり早く到着!
(シャワー浴びたりしてのんびりしてたら結局スタートには間に合わなかったとかアホすぎる! 爆笑)



午後は、月に一度のお楽しみ世界一周カフェに行ってきました!!
今月のテーマ国はフィリピン。
3月に私自身行って来たばかりで、いっきにハマった国!!

観光案内のビデオ見せてもらってめっちゃテンションあがりグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

セブやボホールでの思い出がいろいろとよみがえってきたり。

そして、プレゼンのあとの質問コーナーで、フィリピン人の日本(人)に対する印象ってどうなんですか?ってな質問が出て、
それはつまり、戦争のときにフィリピンで日本軍による激戦があり、現地にも大きなおおきな被害が出たわけなので、フィリピン人は今も日本(人)を恨んでいるのではないかと…

私自身はフィリピンに行く時、70年近く前の戦争のことをいまだに恨みに思ってる人がそんなにいるなんてあんまり考えてなかったし(だって実際、例えば、アメリカに対して原爆落としやがって、みたいに未だに恨み怒りを抱いている日本人は一体どれだけいるのでしょうか?確かに戦争直後はそういう人も多かったでしょうけど)、実際行ってみて、そんなこと全然ないっていうのはよく知ってる。
でもまぁ、そういう質問が出るのももっともなことです。

で、プレゼンターの方の答えとしては、確かに戦争の後しばらくは、日本(人)に対する恨み、怒りなどの感情があったのかもしれないが、今現在のフィリピン人の日本に対するイメージとしたら、世界でもトップクラスの先進国であり、日本で働いてみたい、と思う、ある意味あこがれの国。みたいなカンジだそうで、加えて、農業国であるフィリピンを技術的・金銭的に一番サポートしているのも実は日本なんだそうで、そういう意味でも、恨み/怒りみたいな感情は今ほとんどない。むしろ、助けてくれてありがとう。という気持ちの方が強いとのこと。

そのやりとりを聞いていて思い出した、3月のフィリピン旅のときの、とある、ひとこま。

ボホール島の一日観光に行ったとき、世界一小さなメガネザル・ターシャの保護園の目の前でココナッツジュース売ってたおっちゃん。

日本に行きたい、日本で働きたい、俺を日本に連れてってくれ。

ってしきりに繰り返していた、あのおっちゃんとのやりとり。

フィリピンはやはり、貧しい国で、仕事もあんまりなくて、人口のじつに10%が外国で働いて仕送りしているという状況なんだそうで、それは、工場などの作業員みたいな仕事だけでなく、研究者などの優秀な人材の流出っていう意味でも非常に大きな問題になっているらしいのだけど、

確かに、あのおっちゃんとのやりとりからも、フィリピン人の、日本に対する憧れや、うらやみみたいな気持ちはじわじわと感じたっけなぁ。

あのおっちゃんだけじゃなくて、私が日本人だと知るとほぼ全員のフィリピン人は、同じような反応を示したわけで。

※ただ、日本の仙台から来た、っていうと、地震・津波のことをまっさきに口にしたフィリピン人も多かったわけですが。

そんなにも貧しい発展途上のフィリピンという国なのに、人々のホスピタリティときたらハンパなくて、まぁ、アジアの国ですから他の例に漏れず不愉快になることもあったけれども(笑)、全体的にみたら、めっちゃ親切な人が多くて、海の美しさといったら言うまでもないし、ああ、ほんっと行って良かったなぁ〜、また行きたいなぁ〜、って心の底から思っている、いとしい国だ。

I love Philippnes!

And I miss San Miguel so much!(爆笑)



↓人気blogランキング↓
blogram投票ボタン

posted by りょうこ at 23:59 | 宮城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅や海外に関する話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

震災451日目:東京に行ってきました2012初夏の第二陣〜旅祭 WORLD JOURNEY FESTA 2012〜

フジコ・ヘミングのコンサートが終わった後、実家に母を連れて帰ってごはん食べてから家に戻り、ちょっと仮眠してから夜行バスで新宿へバス

うーんハードスケジュール!

いよいよ、今年も旅祭がはじまるよ〜!

今年は去年までと会場が違って、晴海のフェリーターミナルで行われます

120603jouneyfesta1.jpg

入場までの長い行列!

ようやくゲートにたどりつき、リストバンドをもらっていざ突入〜

120603jouneyfesta2.jpg

中に入ってさっそくビールを買う(爆笑)

120603jouneyfesta3.jpg

やっぱギネスでしょ!

120603jouneyfesta4.jpg 120603jouneyfesta5.jpg

石巻で作られピースボートで世界を一周する予定?の御神輿です。
東北の復興と人々の幸せを祈って…

120603jouneyfesta6.jpg

レインボーブリッジはすぐそこ!



会場内には、雑貨のショップや旅行会社、写真や絵や自費出版の旅本を売る旅人などのブースがそこかしこに立ち並び、さらに、数カ所にもうけられた大小のステージでは、旅トーク、セミナー、ライブなどがひっきりなしに行われていて、ま〜テンションあがるあがるグッド(上向き矢印)

一緒に来る約束をしていた友達が遅れてくるとのことだったので、それまで一人で会場内をぶらぶらぶらぶら。
最初に、旅写真ワークショップに出席。
ワークショップっていってもカメラ持ってきてないからただ聞いてるだけ、だったけど、旅先で写真を撮るコツをピンポイントでいくつか教えてもらって、ほんとうに些細なことなんだけれどとっても大事なことで、目からウロコがぼろぼろと(笑)

特に、人物写真を撮る時のコツ。

コミュニケーションは時間じゃなく質。よい写真を撮りたかったらコミュニケーションをしっかりとっておくことが必要。短時間でいかに相手の警戒心をほどき、心を開いてもらえるか。コミュニケーションがとれていればがっつり寄って撮れる!

っていうくだりが、そらそうだよねってカンジだし普段やってるつもりではあるけれども、しっかり意識してやっていきたいところだと思った。

あとは、写真というのは、この人・風景を撮りたい!って思って一番最初に撮った写真は、気持ちで撮ってる。二枚目以降は、こう撮りたい、って考えて、頭で撮ってる。で結局、最終的に一枚選ぶとなると一枚目を選ぶことが多い。というお話も、うーん、なるほど…と唸ってしまった。
私の場合は、テクニックがおっついてないので、たとえばブログなどに乗せる場合に二枚目以降を選ぶことも多々あるのだけど(苦笑)、ここにテクニックがおっついたら、「気持ち」がもっと乗っかった写真を撮る事ができるようになるってことだよな〜。
…がんばろっ。

そうこうしているうちにお昼をまわって、友達が到着。
三年連続三回目の旅祭参加の私たちの一番の目的は、私が勝手に師匠と呼んでいる、たかのてるこさんのトークショー!
三年連続三回目の最前列ど真ん中のポジションをゲットし(爆笑)、てるこさんのありがたいお話に耳と心を傾ける…

昨年夏に、20年近く働いた会社を辞め、「旅人OL」から「旅人」へとステップアップ(っていうのか)したてるこさん。
そのきっかけになったのは、2年前に行ったルーマニアで出会ったジプシー(ロマ)の人々の影響が多いのだそうです。
(ジプシーという言い方は、若干差別的な意味合いを含むということで、今は、ロマと呼ばれているのですが、日本ではまだあまりその呼称が定着していないことと、ロマの人々に敬意を表してジプシーと呼ぶてるこさんに敬意を表して(笑)私もジプシーと表記させていただきます)

ジプシーにようこそ! (単行本・ムック) / たかのてるこ/著

自由奔放にやりたいように楽しく生きるジプシーの人々とふれあうなかで、やりたくないことに時間と労力を割くことが本当にもったいなくなったと。
過去や未来の概念がなく、「今」を生きるジプシーの生き方に共感し、今を生きよう!と決めて、仕事をやめる決意をしたのだそうです。

って、私からみたら、てるこさんはお仕事をとても楽しそうにやっていたように見えたし、ご本人も、決して仕事や会社が嫌いだったわけではないんだと思う。
(だから20年近くも働いたんでしょう)
けれど、その会社/仕事のせいで、一番好きな「旅」が思うようにできない、自分が一番やりたいのは、旅を通して地球の広報として活動することなのに。…っていうことに相当悩まれていたようで。

わかるなーなんかその気持ち。
今の私がまさにそうだもん。

私もうずっとずっと前から…薬剤師は辞めたいって言ってるけど
それって、薬剤師が嫌いというより薬が嫌いっていうかんじで、しかもそれも、薬いっしょくたに全部嫌いというほどのことではなく、今世の中で販売されている薬のうち少なく見積もっても8割ぐらいは、不要 or 危険な薬だっていう事実がイヤ。っていうかんじなので、薬剤師辞めたいっていっても仕事そのものが嫌いっていうほどのことではないから、いまいち辞めるきっかけがつかめない。加えてお給料がそこそこだから(決して良くはないんですよ!そこは誤解なきよう)、ますます、辞めるきっかけが…

でも、やりたいのはやっぱり薬を(なるべく)飲まない生活のサポートであり、さらに、病気があったとしてもなお楽しくいきいきと、生まれてきてよかった!って思えるようになるためのサポートであり、
てか、病気もなく五体満足でも毎日生きている実感や楽しみがいまいち味わえない人っていうのがもう世の中にあふれている現状だからね…、

つまるところ、

ねえみんな、せっかく命もらったんだから楽しく生きていこうよ!

っていう。ね。そういうサポートがしたいってこと。

はっきりいって、現在の制度・状況では、薬剤師として調剤薬局でそのようなことをするのは不可能です。
商売として、そして、薬剤師(医療関係者)のエゴとして、患者さんに薬をなるべく飲ませる方向に流れている現状では、絶対に、無理。

無理だってわかってるんだからもう辞めるしかない。

これ以上働いたってただ時間と労力が無駄なだけ。

まぁ、今すぐすっぱり辞めたら生活がたちゆかなくなるので、徐々に辞める方向で今がんばってるけど、
でも、毎日決まった時間に出勤して言われた仕事だけやってればお給料がもらえるという状況に、心のどこかで甘えがあるのも確かで。

ああ〜。
自分がいやになります。。。

自分をほんとうに嫌いになってしまう前に、この状況を早く打破していかないと。

ジプシーと、偉大なる師匠てるこさんを見習って、やりたくないことに無駄な時間と労力を使わず、この日このとき、今を楽しく生きていこうと…

って毎回毎回こんなような出来事があるたびに決心しては、その決心も時間とともにうすれていくという現状、本当に自分が嫌いになってしまいそうなので(爆笑)今度こそは…

トークショーのあと、てるこさんの本か、てるこさんプロデュースの旅グッズを購入したひとにサイン会&一緒に写真&握手&ハグの権利があたえられたので、この前フィリピンで微妙にこわれてしまった貴重品袋を新しく買うことに。

120603jouneyfesta7.jpg

心が折れそうになったら、いつも、てるこさんのこの笑顔と元気を思い出して、自分に喝を入れていこうと。

※どうでもいいけど、てるこさん、「ああ、また来てくれて〜!」って言ってくれた(ような気がする)。顔覚えてくれたのかなぁ。うれしいな。なんだかんだイベントとかでこうしてお会いできるの5回目ぐらいだもんね。

そういえば、てるこさんがステージに出てきた瞬間、隣に座ってた人が、感激のあまり私に抱きついてきた(爆笑)
まったく初対面で、挨拶すらろくにしてなかったのに。。。
初対面同士なのに、こんなふうにすぐ仲良くなれちゃうってのは、さすが、てるこさんのファンだな〜って思ってすごい感動したわ。
それもこれも、てるこさんの持つハッピーオーラとエネルギーのおかげなんだろうなって。そんな素敵なてるこさんに引き寄せられた人たちもみんなハッピーな人ばっかりだ黒ハート



トークショーのあと遅めのお昼ごはん。
各国料理が並んで目移りしちゃいますが、今日はハワイに決定〜レストラン

120603jouneyfesta8.jpg 120603jouneyfesta9.jpg

ロコモコ+ガーリックシュリンプ! うまし!

お腹が満たされたあとは、ショップエリアをぶらぶら。
アラジンパンツと、自費出版のインド旅本をご購入るんるん
インド本は、旅で人は変われるか…?ってなことがテーマにもなっているようだったので、興味があって、早く読んでみたい!
(私は個人的に、旅で人は変われるかと聞かれたら、ノーと答えます。というか、ある意味イエスなんですけど、「変わる準備ができている人」「自分自身の人生を歩んでいく覚悟ができている人」限定でね)
てか自費出版ってかっこいいね!
私もなんか本かきたいなぁ。「旅人が世界を平和にする」とか!



日もだんだん暮れてきて、メインステージでは、三代目魚武濱田成夫のポエトリーリーディングライブ。

120603jouneyfesta10.jpg

あいかわらず、下ねた多くてげんなりするけど、でも、時々いいこと言うから、聞いてて面白い。


そしてファイナル

120603jouneyfesta11.jpg

総合プロデューサーの高橋歩とEXILEの旅部担当?USAのトークセッション。

USAは、世界中のダンスを知り、世界中の人と踊りたい!ってことで、世界を踊りながら旅しているわけですが、先日、高橋歩と中南米を旅してきたそうで、そのときのエピソードとか、あと、USAが、ダンサーとして生きるか、バイトしていたイタリアンレストランで社員になって生きるか、っていう分かれ道でどのように考えてダンサーの道を選んだか、っていう話もとても興味深かったです。

この2人も、本当に、やりたいことをやって生きているお手本のような人たちだ。

やりたいことだけやって生きるなんて不可能で、時にはやりたくないことを我慢してやらなくちゃいけない、って、特に私たち日本人は小さい頃から親や大人にすりこまれて大きくなってきた。
…そんなことないんだって。
てかそれ、ただの「すりこみ」なんだって。
やりたくないことを我慢してやってきたのは誰か?それは、親や、周囲の大人たち。
自分たちがそうやって生きてきたから、そうやって生きてきた自分自身を否定したくないから、子どもにそうやって教えてるだけ。

逆に、やりたいことだけやって生きてる大人は子どもに、やりたいことだけやって生きなさい、っていうだろう。

ま、結局のところ、どちらを選ぶかはその人次第だし、やりたくないことを我慢しながらやる人生を選ぶ事を止める権利は私にはないけどね。
(でも、そうやって生きるという人生を選択したのなら、文句言わず黙って「我慢して」生きていきてってね。っては思うなw ま、私もまだその境地に達してないから人のこと言えないがwww)



友達と久しぶりに会えていろいろ話せたし、旅好きの方々ともいっぱい会えたし、山のような気づきもあって、本当に来て良かった!!!!!

来年の旅祭も楽しみだな〜 また、てるこさん出るかな? 出てほしい!!!!!



友達と別れて、帰りの夜行バスまでだいぶ時間があったので、東京駅でひさしぶりに「六厘舎」の行列に加わりました。
というか、日曜の夜なのにまだこんなに行列してるのかw

3,40分ほど待ってようやく店内へ。

120603rokurinsha.jpg

味玉つけめん!
魚介ととんこつの濃厚な出汁のきいたスープがうまい〜。うどん?って思うぐらい太めの歯ごたえのある麺がこれまたうまい〜。
ラーメンおたくでもなんでもありませんが、たぶん、つけ麺のスタンダード、王道なんだろうなぁという気がします。奇をてらう特徴はなく、一回食べればもういいやというかんじではなくて、時々無性に食べたくなる味というか。
たしかほぼ一年前に、ノブくんのイベントの帰りに食べて以来です。てかそもそも、この店を知ったのもノブくんがおいしいって言ってたからなんだけど(笑)
人気店だからいつも行列だし、なかなか東京駅で時間に余裕があるときってないからね。久々食べれてよかったよかった。

さ、これから元気に仙台まで夜行バスで帰りますよ〜。
行きも帰りも夜行バスの日帰り東京旅なんてめっちゃひさしぶり。
体力的にはキツいけど、気力が充満しているからきっとなんとかなるはず!



↓人気blogランキング↓
blogram投票ボタン

posted by りょうこ at 23:59 | 宮城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅や海外に関する話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月19日

震災436日目:トンガの話を聞いてフィジーが恋しくなった

というわけで今日は月に一度のお楽しみ、世界一周カフェに行ってまいりました〜。

本日のテーマ国はトンガ!

私の第二の故郷?フィジーのお隣です!

やはり、フィジーと文化はそっくり…なのですが、2点、フィジーとは全く違うことがありました。
ひとつめは、トンガは歴史上どこの国の植民地にもなっていないということ。え〜そうなんだ!!
ふたつめは、トンガでは豚の丸焼きを食べるということ。フィジーでは豚肉は高級品で、中華料理屋でたまに見かける以外はめったにおめにかからなかった。少なくとも、ホームステイ先の食事で豚肉が出た事は一度もない(ゴルフコンペのおみやげでホストマザーが豚肉料理を持って帰ってきてくれたことがあったけど)。

まーでもその他のことはフィジーとそっくりでした。
海のきれいさはさることながら
国民はみなラグビーに熱狂的だということとか
主食がイモ(ダロ、キャッサバ、ヤム、etc.)であることや
カヴァ(フィジーでもトンガでもカヴァらしい。でもルール的にはフィジーとはちょっと違うようす)
ロボ(これはフィジー語ね。トンガ語で何と言うのかは忘れた…)
ココンダ(同上)
等々
あ〜なつかしいなぁ…

今までに何度も何度も何度も…このブログでも言ってるけれど、
フィジーで過ごしたのはもうかれこれ5年前なのに、あの濃密な3か月は私にとって決して忘れる事のできないものであり、良い事も悪い事もいっぱいあったけど、でも今思い返してみると、良い事しか思い出せないっていうか、悪い事ですら良い思い出としてインプットされてるから。

フィジーにまた行きたいなぁ…ってすっごくすっごく思います。

あ、でも、トンガにも行ってみたいなぁw

てか今日、生まれて初めてトンガ人としゃべったわwww




↓人気blogランキング↓
blogram投票ボタン

posted by りょうこ at 23:59 | 宮城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅や海外に関する話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月22日

震災409日目:本場ベルギーワッフルを味わう会!

と、いうわけで、私の通うフランス語学校カルティエラタン校長Philippeのお友達であり、フランス語ポッドキャストChocolatを運営するベルギー出身のBob氏を東京よりお招きして、ベルギーワッフルの会が開催されましたぴかぴか(新しい)

昨日はベトナム、今日はベルギー、

まさしく、仙台にいながら世界各国を旅している気分(笑)


120422_01bob.jpg
ベルギーワッフルの実演をするBob氏

ってかワッフルの作り方はめっちゃ簡単です!
材料まぜて、こねこねして、発酵させて、ピンポン球ぐらいにちぎって丸めて、ワッフルメーカーにぶしゅっとはさんで焼くだけ!
生地にバターがたっぷり含まれているので、ワッフルメーカーに油をぬらなくても大丈夫だそうです。
本場ベルギーではもっぱら、温度調節の簡単な電気のワッフルメーカーが普及しているもよう。

ちなみに、ワッフル(waffle)は英語ですね。フランス語ではゴーフル(gaufre)といいます。

今日ボブが作ってくれたのは、ワッフルの本場リエージュ式の丸いワッフル。

120422_02gaufre.jpg

首都ブリュッセルなどでは長方形の四角いワッフルにフルーツやチョコ、生クリームをトッピングするそうです。
って私が以前ブリュッセルで食べたのもまさにそんなかんじだったっけな!

※その数年後、フランスのベルギー国境に近い街リールで食べたワッフルは、どちらかというとリエージュ式か。



さあさあさあ早速いただきましょうか!

120422_03gaufre.jpg

ん〜〜〜〜〜〜美味しい!!!!!

焼きたてのワッフル最高!!!!!

最近はコンビニとかでもワッフルは定番として売ってるけど、やっぱ全然違うわ〜。

ちなみにベルギーワッフルには、パールシュガー(日本語であられ糖)という、グラニュー糖を小さな粒に固めたような砂糖を使うのだそうです。完全に生地に砂糖を混ぜ込まず、粒が残ったまま焼くんですね。
そうすると、表面に出てる砂糖は焼いたときにこげてキャラメリゼされ、内側の砂糖はとろっと溶けて、いろんな食感が味わえるのです!

このイベントのためにめっちゃベルギーワッフルを練習してきたというKumiさんいわく、ココアパウダーを混ぜ込んでもおいしい!とのこと。抹茶を入れてもいいかも…だそうです。美味しそう!!

そしてBobが言うには、ワッフルに、フォアグラやあんきもを乗せても合う!とのこと。
確かに、フォアグラは甘いソースとめっちゃ合うしね!
あんきもってのは意外というかなんというか、でも、そういわれてみればフォアグラっぽいかもねひらめき
是非試してみたい手(グー)

さて、早速ワッフルメーカー買いに行くか!笑

近々ワッフルパーティーしよーねレストラン


夜は、仙台のChocolatリスナーの方々と一緒にBobを囲んで飲み会をしましたビール
いろんな話ができて楽しかったな〜。
Bobは日本語ぺらぺらなので、ほぼオール日本語でしたけどあせあせ(飛び散る汗)
だって出てこないんだもんフランス語。。
あ〜やべ〜最近英語に力入れすぎて、フランス語めっちゃ退化してるわふらふら 
ちょっとフランス語メンテナンスしないとだめだ〜。Chocolat聞いてがんばろっと…



↓人気blogランキング↓
blogram投票ボタン

posted by りょうこ at 23:59 | 宮城 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 旅や海外に関する話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月21日

震災408日目:ヴィエットナーム、ホーチーミン♩

と聞いてすぐわかる人は多分どうバカ(爆笑)

※どうバカ=どうでしょうバカの略。水曜どうでしょうに異様にはまっている人のこと。



っというわけで、リリーさんのトランサポートさん主催、毎月恒例仙台にいながら世界一周している気分になれる「世界一周カフェ」、毎回、仙台に住む外国人を招いて英語でお国紹介をしていただくというイベントです。
今月のテーマ国はベトナム!英語ではむしろヴィエットナムと発音!
プレゼンターのティーさんは、東北大学の留学生で、アオザイがとってもお似合いな美人さんですぴかぴか(新しい)
私が今までこの世界一周カフェでおめにかかったプレゼンターのみなさんのなかでは一番、英語が聞き取りやすく(標準アメリカ発音に近い)、かつ、ネイティブか?って思うぐらい流暢でした。
すげ〜な〜ベトナム人ってみんなこんなに流暢な英語しゃべるんだろか、って思ったら、もともと、ベトナムで英語教師として働いていたそうです。なーんだ。って思ったけど、日本だと英語教師でも英語しゃべれない人けっこういるもんね。やっぱりすごい。

ちなみに私、先月、退職記念と称してフィリピン&香港に行ったじゃないですか、その旅先を決める際に、実は、ベトナム・ラオス・カンボジア周遊っていう案も自分的にあったんですよね。
で、けっこう、ルートとか真剣に考えてたんだけど、でも、次の仕事の都合とかもあってあんまり長く滞在するわけにいかなかったから、駆け足で忙しい旅は今回はしたくないなぁって思って、結局、のんびりできそうなフィリピンにした、みたいな。
そんなわけで、ベトナムは、私的にはかなぁり、行きたい国上位にランクインしているグッド(上向き矢印)

プレゼンの一番最初に、ベトナムといって思いつく事はなんですか?って聞かれて、つい、るんるんヴィエットナーム、ホーチーミンるんるんって歌いそうになったんだけど、なんで?って聞かれてもちゃんと答えられないのでやめときました(苦笑)

※水曜どうでしょうベトナム縦断カブの旅で、ガイドのニャンさんが歌った「ホーチミン師」の歌。歌の意味とかなんかについては全く知識がありません(苦笑)

ので、とりあえず、フォー!って答えてみましたレストラン

ウマいよね〜。フォー。麺好きにはたまらないハートたち(複数ハート)
たまぁに、フォーもどきを自分で作って食べるほど好きわーい(嬉しい顔)

いつか本場で絶対に食べるぞぉ…!!

ティーさんのプレゼンは、ベトナムの歴史(悲しい歴史を含む)から、観光情報、食べ物まで多岐に渡り、実に興味深いものでした。
ってか、観光関連については行く気まんまんで調べてたからけっこう知ってる事が多かったかな(水曜どうでしょうで縦断してるしね!笑)
なのでむしろ、歴史の話はもう少しツッこんで聞いてみたかったかも。例えば、ベトナム戦争と、日本の経済成長は切っても切れない関係にあるわけで(朝鮮戦争もだよね)、日本人としては知っておくべき事だと思うんだよな〜。



あ〜行きたいな〜〜〜〜ベトナム飛行機



ちなみに今日は、英語朝活から始まり(スピーキング鍛える編スタート!)、世界一周カフェ、そのあとレオさんのレッスン行って、、、と英語づくめの一日でした!
世界が広がるなぁ〜〜〜〜〜iモード



↓人気blogランキング↓
blogram投票ボタン

posted by りょうこ at 23:59 | 宮城 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅や海外に関する話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月23日

世界制覇への道・2012春

と、いうわけで、

フィリピン・香港・マカオに行ってきたので、世界制覇への道をまた小さく一歩前進!!




create your own visited country map
or write about it on the open travel guide

visited 36 countries (16%)


※36 countriesの内訳は、イギリス フランス イタリア バチカン ドイツ オランダ ベルギー チェコ スロバキア オーストリア ポーランド ハンガリー スペイン ポルトガル モナコ アイルランド デンマーク スウェーデン スイス リヒテンシュタイン ルクセンブルグ ジブラルタル タイ インドネシア 台湾 シンガポール マレーシア フィリピン 中国(香港・マカオ) アメリカ メキシコ フィジー グアム 南アフリカ モロッコ そして日本。(グアム(米)やジブラルタル(英)も国として数えるみたい)

※以前の地図はこちら



てかこの地図、グアムやジブラルタルは国として数えるのに、香港やマカオは国として数えないんだ。
状況としては似たようなもんよね?
アメリカ?のサイトだからか?

ま、おかげで、中国がいっきに真っ赤になったんだけどさぁ。(爆笑)



↓人気blogランキング↓
blogram投票ボタン

 
posted by りょうこ at 01:07 | 宮城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅や海外に関する話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

世界制覇への道・2011秋

と、いうわけで、

このたびシンガポール(+マレーシア)に行ってきたので、世界制覇への道を小さく一歩前進!!




create your own visited country map
or check our Venice travel guide


visited 34 countries (15%)


※34 countriesの内訳は、イギリス フランス イタリア バチカン ドイツ オランダ ベルギー チェコ スロバキア オーストリア ポーランド ハンガリー スペイン ポルトガル モナコ アイルランド デンマーク スウェーデン スイス リヒテンシュタイン ルクセンブルグ ジブラルタル タイ インドネシア 台湾 シンガポール マレーシア アメリカ メキシコ フィジー グアム 南アフリカ モロッコ そして日本。(グアム(米)やジブラルタル(英)も国として数えるみたい)


※シンガポール前の地図はこちら



マレー半島がちょっとだけ赤くなりました。



この地図が真っ赤になるのにあと何年かかるのかなぁ。どきどきわくわくです。

とりあえず、手っ取り早くロシアか中国行けばかなり赤くはなるよね(笑)

北京か上海あたりに弾丸しようかな(笑)




↓人気blogランキング↓
blogram投票ボタン

 
posted by りょうこ at 22:39 | 宮城 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅や海外に関する話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

世界制覇への道はまだまだ遠い

経県値の世界バージョンを見つけたのでやってみた。




create your own visited country map
or check our Venice travel guide



visited 32 countries (14%)
だって!

※ちなみに32 countriesは、イギリス フランス イタリア バチカン ドイツ オランダ ベルギー チェコ スロバキア オーストリア ポーランド ハンガリー スペイン ポルトガル モナコ アイルランド デンマーク スウェーデン スイス リヒテンシュタイン ルクセンブルグ ジブラルタル タイ インドネシア 台湾 アメリカ メキシコ フィジー グアム 南アフリカ モロッコ そして日本。グアムやジブラルタルも国として数えるみたい。



まだまだだな〜

ってか行った国小さいとこが多いから赤色が少ない少ない…

次はロシアか中国にでも行くか!(笑)



↓人気blogランキング↓
blogram投票ボタン


posted by りょうこ at 23:46 | 宮城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅や海外に関する話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

震災192日目:トリニダード・トバゴ

今日は、2ヶ月ぶりの世界一周カフェ飛行機

今月のテーマ国は「トリニダード・トバゴ」
公用語は英語で、英語的に発音するとトバゴはトベイゴウです。
仙台でALTとして働いているカレンさんのプレゼンテーションです。



トリニダード・トバゴ、その名前はなんとなく聞いた事あるという人も多いと思いますが、どこにあるか知ってますか?
中米のカリブ海に点々と浮かぶ島のなかで、南米大陸に最も近いところにあります。
海をはさんですぐ隣がベネズエラ。なので、スペイン語もよく通じるそうです(ベネズエラはスペイン語が公用語)

トリニダード島とトバゴ島のふたつからなる島国で、合わせた面積は日本の4分の1、人口は仙台市と同じぐらいだと!!
仙台市が日本の4分の1まで広くなったところを想像すると…ステキな人口密度!!(笑)こせこせしてなさそうでいいわぁ。



トリニダード・トバゴといって世界的に有名なのは、

カーニバル
スチールドラム
サッカー

ってなかんじでしょうか。

特にカーニバルは、ブラジル・リオデジャネイロのものが有名ですけど、トリニダード・トバゴのも、リオに比べたらちょっと規模は小さいながらも盛り上がり度は全然負けてないようです(世界三大カーニバルに数えられるらしいです)。
一生のうち一度は見てみたいね!!

私としては、トリニダード・トバゴといったらやっぱりスチールドラムのイメージ。
ちなみに、日本ではスチールドラムと呼ばれるけれど、正式名称はスチールパンだそうです。
あの音、気分がすっごい癒されるよね〜。たりらりら〜るんるん
世界で20世紀に発明された最高の楽器だということで、ってことは、比較的歴史の浅い楽器なんですね。
というのも、トリニダード・トバゴって、石油の産出国で、スチールパンはその石油缶の空き缶を利用して作ったのがはじまりなんですって。なるほどー、そうだったのか。
一度ならしてみたいスチールパン、日本人でトリニダード・トバゴに“留学”する人も多いみたいで、カーニバル本番のときには日本人の演奏者もめっちゃ多いらしいです。



海に囲まれた国なので、カニなどのシーフードもおいしいそう!!



そんななか、私の興味を一番ひきつけたものは“ダイビング”

なにげにトバゴの珊瑚礁は世界的に有名で、スキューバダイビングはめっちゃいいらしいです!!!!!

うわ〜〜〜〜〜やべ〜〜〜〜〜また行きたい国増えた!!!!!

ってか今すぐにでも行きたい!!!!!



と、思ったのですが、

一番のネックは、「日本からまる一日かかる」

…ですよね〜。。。

アメリカで乗り継ぎ(最悪2回)しなきゃいけないらしいです。がくり。



いや、でも、たった一週間でケープタウンまで行って帰ってきた事あるぐらいだし、余裕でしょ!!!!!

今すぐは無理でもいつの日か!!!!!



と、いうわけで、参考程度に航空券の値段調べてみた(笑)

そしたら、10万ちょいぐらいからあるみたい!
なんだ、意外と安い!行こうと思ったら行けるんじゃね?

と思ったら、燃油サーチャージがアホみたいに高いので、トータル17,8万ぐらいになってしまうようです。。。
あああ、世界の石油王の方々、もちょっと石油安くしてもらえませんか。お願いしますよ。。。




あー行きたい、トリニダード・トバゴ。

っていうか行く。絶対。




↓人気blogランキング↓
blogram投票ボタン


posted by りょうこ at 23:59 | 宮城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅や海外に関する話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする