2009年08月03日

23日目ダブリン:アイルランド最後の夜

3泊お世話になったホステルをチェックアウトし、バスで、ポートスチュワート→コーレイン→ベルファスト→ダブリン、と、3回もバスを乗り換えて、かれこれ6時間ぐらいかかったでしょうか。
10日ぶりにダブリンに戻ってきました。

相変わらず気分は最悪。

もうほんと、さっさとこの島(国)を出たい気分でいっぱい。
ただでさえローテンションなのに、また雨降ってくるしさぁ。
ほんといいかげんにしてくれー。

今晩は、リバーダンスという、アイリッシュダンスのショーを見に行くことになってます。

ホステルにチェックインしたあと、ネットカフェに、8月18日スイス・ジュネーブ→フランス・ニームで予約したTGVの切符をプリントアウトしに行って、昨日盗まれたポロシャツと料理本と同じようなものが欲しくておみやげ屋さんを物色するも、ブッシュミルオリジナルグッズとかはダブリンでは売ってないんですね。。。

やっぱこれは、私にもう二度とブッシュミルにはかかわるなということなのかもしれない(爆)

っというわけで、ギネスグッズを買いました(爆)

ま、少なくともアイリッシュウイスキーを飲むとしたらジェイムソンにしますわ。

それはさておき。
買い物をしたあと、まだ少し時間があったので、前から入ってみたかった、グラフトン通りのBrewery Café(スペル合ってるか?)に行ってカプチーノを飲みました。

09080301.JPG

ここのカフェは、雰囲気めっちゃいいし、飲み物の値段はそんなに高くない(というか普通)だし、すごく居心地良くて大好きです♪
時間があったら、本持ってゆっくりのんびりしたいところなんだけど、リバーダンスの時間が迫っているので、会場のガイエティシアターへ。

09080302.JPG 09080303.JPG

なにげに、こういう本格的な劇場に入るのって初めてかも?
どきどき。


09080304.JPG
(本編は写真撮影厳禁だったので、休憩時間の会場の雰囲気だけ)

リバーダンスっていうのは、アイリッシュダンスをメインにしたショーで、でも、たんなるアイリッシュダンスだけでなく、バレエやタップダンス、フラメンコなども取り入れ、しかもそのダンスが、生演奏がバックになってて、そして時々コーラスも入って、ま〜ほんとに、予想以上によかったです!
もう一回見たいぐらい!

世界各国をまわってるショーらしいのですが、日本にも来るんだろうか。今までは来たことあるのかな?
マジで、日本でやることがあるなら、東京でもなんでも、わざわざ出かけていきたいぐらいです。

すばらしいショーを見たら、機嫌も少し、よくなりました。。。

あ〜。
今日でアイルランドも終わりだなぁ。。。

いろいろあったけど、悪いこともあったけど、でも、来てよかったな。

そういや、夜にパブ行ってないなぁ。
アイリッシュミュージックに耳を傾け、ぐいっとギネスを一杯やるのがアイルランドの楽しみ方の大きなひとつなのに!

ってわけで、ショーのあと、Lynさんの知り合いのアイルランド人に、アイリッシュミュージックをやってるパブを教えてもらって、連れてってもらいました。
やっぱり、こういうことは地元人に聞くに限る!


09080305.JPG 09080306.JPG
(一軒目)


09080307.JPG 09080308.JPG
(二軒目)


一軒目はLynさんとお友達と三人で、二軒目は一人で行ったんだけど、一軒目のほうが音楽はよかったな。”You’re my sunshine”はパブのみんなで大合唱。あぁそれなら私も歌える!なんか楽しいな〜。
二軒目は、音楽に合わせてアイリッシュダンスもやってました。そしてここで、キラーニー在住のジェームズというおじさん(いや同い年ぐらいかも)に声をかけられ、なんだかんだ話していたら、一杯おごってやると言われた(笑)去年もそうだったけど、だいたい、アイリッシュパブに行くとこういう流れになるらしい(笑)
ただ、明日の朝5時おきなのでごめんなさい、と丁重にお断りし、12時過ぎ、パブを後にしました。

こうしてアイルランド最後の夜は更けていきました。

本当、さっきまで、昨日のことが最高に腹立たしくて早くアイルランドを出たくてしょうがなかった。
人生において私におきる出来事は全て、私に必要だから起こっているのだとしても、トイレの忘れ物盗むとかマジありえないし、本当にあの出来事が私に必要だったかのかなんて、今は信じられないし、まだ、ちょっと、心の中にわだかまりが残っているのは確かだ。

でも、やっぱ、最後の最後に楽しい思い出もできたし。
来てよかったって思います。



↓人気blogランキング↓
blogram投票ボタン
posted by りょうこ at 23:59 | 宮城 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 2009ヨーロッパリベンジ台湾おまけつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

@ポートスチュワート

最近、全然ブログ書く暇がなくてごめんなさい。

ってなわけでオンタイム更新のお時間です。

私は今、北アイルランド(国としてはUK)のポートスチュワートという小さな街にいます。
現地時間0時半をまわったところです。



アイルランドに来て最初の数日は楽しくて楽しくて、さいこーだったんだけど、徐々に下り坂で、マジ泣き大号泣する事件が2回も起こりました。。。

その他、小さく小さくなんだかなーな事がいっぱいあったり

かと思えば、なんでまたこんな、ブログネタ向きの感動ストーリーが。みたいな事があったり



ま、よかれ悪かれ、これが、旅、というものなのでしょうかねぇ。



正直、今の気分は、アイルランドが嫌いになりそうなぐらい最悪なんだけど、泣いても笑っても明日(日付的に今日)がアイル最終日です。



さて、そろそろ寝ようかな。
posted by りょうこ at 08:40 | 宮城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009ヨーロッパリベンジ台湾おまけつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

22日目コーズウェイコースト:アイルランドなんか嫌いだ

今日は、Lynさんが、キャリックアリード吊り橋に行きたいそうなので、私は、午前中はホステルでまったりネットとかして、午後、ブッシュミルズ蒸留所で待ち合わせすることに。

キャリックアリードは、去年行って、全然ショボかったので、さすがに2回目もお金払ってまで渡りたいとは思わず(苦笑)
あのあたりの景色はかなり、きれいで感動したけどね。

今日は、昨日の雨がにくらしいほどいい天気。

なもんで、ホステルのオーナーに、なんでキミは昨日みたいな大雨の日にジャイアンツコーズウェイに行って、晴れの日にネットしてるんだ、と言われてしまった。。。

はい。
まったくもって、そのとおりです。

昨日Lynさんに、今日は天気がイマイチだから明日にしようよ?って言ってみたんだけど、明日もっと天気が悪かったらどうするのと言われて何も言い返せず、、、
けどさ、私、思ったんだけど、「明日もっと悪かったら」とかって、悪くなることを考えるよりも、「明日は天気がいいかも」って、良くなることを期待して行動したほうがいいような気がするんだ。
そう考えて行動して、もし万が一、次の日さらにひどい大雨だったとしても、あきらめがつくというか、、、(だっていずれにせよ雨に変わりは無いんだし)
今回に限って言えば、結果論だけど、明日は天気がいいかもって思って昨日はやめといたほうがよかったわけだし。

ま、それでも、Lynさんに着いていかない、という選択肢も私にはあったわけで、着いてくって決めたのは自分なわけですがね。。。

とにかくそんなわけで、オーナーに言われたことも実にもっともだと思った私は、ジャイアンツコーズウェイにリベンジすることにしました(笑)
去年も行ってるわけだし、去年は晴れていたわけだし、なにもリベンジしなくても・・・って思ったんだけど、ほんっと昨日の雨がにくらしいったらもう最高なので、もう一回行ってやるー!!と。
ってなわけで、バスに乗ってレッツラゴー。


09080201.JPG
(途中、バスから見えたビーチ。夏だけど、長袖シャツが手放せないような気温だし、水も冷たいし、海水浴にはあまり適しません。。。それでも泳いでる人いるけど。)




去年、ジャイアンツコーズウェイで撮った写真を後で見て、なーんかいまいち迫力を伝えきれてないなぁっと思って、それが心残りっちゃー心残りだったのよね。
今回はけっこう、ジャイアンツコーズウェイの臨場感を出せる写真が撮れたかな?


09080202.JPG 09080203.JPG

09080204.JPG 09080205.JPG


ってか、日本人の、たんなる観光客で、2年のうちにジャイアンツコーズウェイに3回も行った人いるだろうか(爆笑)



ブッシュミルズの蒸留所で、Lynさんと15時〜15時半ぐらいに待ち合わせなんだけど、ちょうどいい時間のバスがないので、歩いていくことに。

したっけさー
「地球の歩き方」には、徒歩40分とか書いてあるんだけど、いや、距離的には確かに徒歩40分ぐらい、いや、40分かからないぐらいなんだけどね、歩道がないのでめちゃめちゃ危険でした!!!!!
ところどころ、車道すら狭いところもあり、何度も何度もクラクション鳴らされながら・・・

ってなわけで、ジャイアンツコーズウェイ・ブッシュミル間を歩くのはあんまりおすすめしません。



かくして15:20ごろ、ブッシュミルズ蒸留所に到着。
去年の日帰りツアーのときは、30分ぐらい立ち寄って、おみやげやさんをちょろっと見て、バーでウイスキーをぐいぐいっと飲んだだけだったのね。
だから、今回は、蒸留所見学もしたいなーと思ってて。

そしてここから悲劇が始まる。。。

Lynさんは、吊り橋のあと、バスでブッシュミルに15時ごろ到着予定のはず、なのに、どこを探しても見当たらない。
携帯に電話してもつながんないし、、、
今日は日曜日なので、蒸留所見学の最終ガイドツアーが16時発だったんだけど、16時ギリギリまで待っても来ないので、しょうがないから一人でツアー言っちゃおうか、と思ってカウンターに申し込みに行ったら、もう満員で締め切りました、って言われた。。。

えー。
そんなぁ。。。

一人だけなんですがだめですか?って聞いてみたんだけど、受付の人が、うーん、、、って考えた後、やっぱだめです。って。

えー。。。。。。

さっき、少し前までは、ガイドツアー申し込んでる人いたのにぃ!!!!!

数分が命取りだったかぁ。。。

ってかLynさんは一体なにやってんのよぅ〜!(怒)

もうすっかりふてくされながら、バーで飲んだくれてやる!って思ってバーに向かい、そういえばお昼何も食べてなくてお腹すいたなぁと思って、バーの入り口の黒板に書いてあったコテージパイを注文したら、ホットフードはもう終わりました。って。。。

じゃ書くなよ!!!!!(怒)(怒)

しょうがないので、ウィスキーだけ飲んでました。

09080206.JPG

前回来た時は、コーラで割って飲んだので、今回はストレートで。

きっつ〜。

でも香りがよくておいしい!



ウイスキーでほろ酔いになって、少し怒りもおさまってきたりょこたん。
ショップで、ブッシュミルズのロゴ入りのかわいいポロシャツがあったので、それを購入、あと、アイルランド料理の小さな本が、フランス語版だけ半額だったのでそれも購入。
アイルランド料理って、めっちゃうまい!っていうかんじではないんだけど、でも、時々、やけにおいしいものがある(スープとか、ビーフのギネス煮込みとか)
なので、日本に帰ったらこれ見ながら作ろう〜☆

ウイスキーも飲んだし、買い物もしたし、もうやることないや。
Lynさんは相変わらず来ないし、連絡もつかないし、もう一人で帰っちゃおうかな。
彼女も子どもじゃないんだから、一人で帰ってくるでしょう。

って思って、歩き出したら、向こうに見える小さな人影はLynさんその人ではありませんか!

そしたら彼女は彼女で大変だったらしく、ジャイアンツコーズウェイが渋滞していたためにバスが来なくて、大幅に遅れたんですって。
あ、そういえばジャイアンツコーズウェイは、車めっちゃ渋滞してたっけなぁ。
今日、天気いいもんね、、、みんなこぞって出かけたんだわ。

せっかく来たのでウィスキー飲んで帰る、というLynさんに付き合って、再びバーに戻る。
私はさっきもう飲んだからいっかな、と思ってたんだけど、他人の飲んでるアイリッシュコーヒーがやけにおいしそうだったので、飲んじゃお(笑)と思ってLynさんと一緒にバーカウンターに行ったら、5時で終了ですのですいません。って。。。

いや、確かに5時ですけど!
私たちの直前の人たちの注文は聞いて、なんで私たちのは聞いてくれないんですかっ!!!!!

なんか、さっきのガイドツアーといい、ホットフードの件といい、最後のウイスキーの件といい、ほんっとについてないというか、なんというか、、、
しかも、毎回毎回、ブッシュミルズの人たちの態度が、めっちゃ上から目線なんだよね。
なんか腹立つわー。

もういいよさっさと帰ろう、おっとその前にトイレに行っておくか、と思って、

この、トイレが、最終悲劇の幕開けだったのです。。。

私、トイレの中に、さっき買ったポロシャツと本を忘れてきてしまったんですね。

そのことに、蒸留所を出て5分ぐらい歩いたところで気がついて、あわてて戻ったら、もう最後、係員が鍵を閉めるところだったの(日曜日は17時半で閉まるらしい)

トイレに忘れ物したので、チェックしに行っていいですか?って言って、中に入れてもらい、私の入った個室をチェックしたら、、、

なかった。。。

ほんの15分くらい前なのに!

まだ残ってたトイレ掃除のおばさんも、なにもなかった、って言ってるし、つまり、誰かが盗んでった、ってことなんだと思う。
忘れ物の届け出もないっていうし。

店が閉まる間際だったから、その後トイレに入った人も何人かしかいないはずなのに!
もう〜!
なんて運が悪いの!!!!!

そりゃ、トイレに忘れてきた私が悪いんですよ、でもね、これもし日本だったら、持ってかないでしょう普通。
「忘れ物です」って店に届けるよね?

くっそー!!!!!

どこのどいつかしらんけど、持ってくなバカー!!!!!

そーゆうことするやつはね、地獄に落ちるのよ!!!!!

ってか、今すぐ地獄に落ちろー!!!!!

(号泣)(号泣)(号泣)



ほんっとに悔しくて悔しくて、涙も嗚咽も止まらなくて、



アイルランドなんか来なきゃよかった。

心底そう思いました。



ってか、アイルランドはいいけど、北アイルランドに来るべきではなかったのだ。

だって、思えば、こないだのドネゴール最終バス事件とか、デリーで雨、ジャイアンツコーズウェイでも雨にたたられ、最後にこの盗難事件。

悪いこと全部、北アイルランドに入ってから or 入るための移動のときに起きたことばっかり。



Lynさんが、北アイルランドに行くって言ったとき、私は別行動をするという選択肢もあったわけです。
一回行ってるから、もう一回行きたいとは思ってなかったし、でも、せっかくLynがアイルランドにいるからってこっち来て一緒に旅行することになったのに、最初の数日だけ一緒であとは別行動って、それもなんかなーって思ったからさ、、、



心理の法則
「こうしたほうがいい」と「こうしたい」が相反する場合、
「こうしたほうがいい」に従うと不幸になる
「こうしたい」に従うといい結果が待っている

まさにこの法則を自分で証明してしまったかんじ。

例えば私は、コネマラとか、キラーニー国立公園とか行ってないから、ゴールウェイやキラーニーにもう少し長く居たかった。
そうしたかったんなら、そうすればよかったのだ。
それをしなかったのは、私のミス。

そーだよね。全部私が悪いんだよね。。。



もう何もかもいやになった。

日本に帰りたい・・・(泣)

誰とも話をしたくなかったので、ホステルに帰ってから一人でパブに行こうかと外出したはいいものの、アイリッシュミュージックをやってるようなパブが近くに全然なかったので、フィッシュ&チップスを買って帰り、ホステルのキッチンで食べました。。。


09080207.JPG 09080208.JPG
(ポートスチュワートの港はライトアップされていて、人がごったがえしていた)


09080209.JPG
(巨大フィッシュフライ。デジカメケースと比較してください)



↓人気blogランキング↓
blogram投票ボタン

posted by りょうこ at 23:59 | 宮城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009ヨーロッパリベンジ台湾おまけつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

21日目コーズウェイコースト:昨年度参照

コーズウェイコーストには去年、ベルファストからの日帰りバスツアーで来て、キャリックアリード吊り橋、ジャイアンツコーズウェイ、ブッシュミルズ蒸留所、とひととおりまわったんだけど、Lynさんが行きたいというので、じゃ着いていくかぁ、というわけで、今回、ふたたびこのコーズウェイコーストエリアにやってきたわけなんですが。

今日は、ダンルース城と、コーズウェイコースト観光の目玉・ジャイアンツコーズウェイへ。
天気はちょっと、イマイチです。
いまんとこ薄曇りで、まぁまぁ明るいけど、雨雲っぽい黒い雲がすぐそこまで迫ってます。
まーこれは、間違いなく降りますね。。。


09080101.JPG
(バス停周辺。私達の泊まったホステルは奥から2番目の黄色い建物)

最初に、ダンルース城へ。
私たちの泊まっているポートスチュワートという街から、ダンルース城・ブッシュミルズ・ジャイアンツコーズウェイ方面へは夏の間だけ直通バスが一日4往復出ていて、その区間乗り降り自由のチケットが5.5ポンドで買えます。

※あ、そうそう書いてなかったけど、デリーから北は、ノーザンアイルランド、United Kingdomの州(って言うのか?)のひとつで、つまり、国としてはUK。イギリスなのです。よって、通貨はポンド。今、ポンドはめっちゃ安くて、現金両替レートでも1ポンド160円ぐらいです。

ダンルース城に着いたとたん、雨が降り出しました。。。
去年は、ダンルース城は外から写真撮るだけだったので、今回はぜひ中に入ろう!!って思ったんだけど、ここ、なんかもう廃墟というか遺跡のような城で、雨が降っていると見て歩くのも大変。
なにせ雨宿りするところがほとんどないので、、、

わずかに残っている屋根つきの部屋でしばし雨宿りをし、少し晴れ間がのぞいた瞬間、今がチャンスといろいろ見て回りました。
(ほんっと、アイルランドって天気の移り変わりの忙しい国です。。。)

09080102.JPG 09080103.JPG


09080104.JPG 09080105.JPG
(もともと、中世、1600年前後の城なんですが、当時のここの持ち主が、なんかの罪?冤罪?で20年間留守にしている間にすっかり廃墟になってしまったとか)


09080106.JPG 09080107.JPG
(洞窟があった。かなり危険。)


09080108.JPG
(風景が最高にきれい)


09080109.JPG
(ダンルース城)


ダンルース城を見学したあとは、バスでジャイアンツコーズウェイへ。
去年ツアーで来たときお昼を食べた、コースウェイホテルのレストランがけっこうおいしかったので、またそこでランチすることに。
去年食べた、アイリッシュシチュー(ギネス煮込み)がとてもおいしかったので、また食べたいなぁとおもったんだけど、メニューになかったので、ステーキ・ギネスとかいうやつを頼んでみた。

09080110.JPG

しかしこれも、かなりおいしかったです。
ステーキっていうか、煮込み料理だったけど、ってかなんでビーフをギネスで煮込むとこんなにうまいんだ〜〜〜〜。
日本でもギネス売ってるし(缶のはおいしくないけど)、あれでシチュー煮込んだらおいしくなるかな?今度作ってみようっと。

食べ終わって、ジャイアンツコーズウェイ散策に出発したとたん、雨が・・・
この雨がもう、やむ気配なしってかんじで、はっきりいって最悪でした。

09080111.JPG 09080112.JPG

ここには去年も来てるし、雨だったらホステルでのんびりしてようかなと思ったんだけど、まさかこんなに降ると思わなかったので、来てしまったのが、間違いだったのかしら。。。
あーもう、この雨!!!!!
去年はめっちゃ天気よかったんだけどなぁ〜
きっと今日は誰かここに、強烈な雨人間が居るに違いない(爆)

ここは、この奇岩もすごいけど、まわりの風景もすっごくきれいなので、お気に入りの場所なんだけど、雨がすごすぎて景色を見るとか写真を撮るとかそれどころではなかった。

というわけで、他の写真は昨年度参照ということでお願いします(爆)



↓人気blogランキング↓
blogram投票ボタン

posted by りょうこ at 23:59 | 宮城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009ヨーロッパリベンジ台湾おまけつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月31日

20日目デリー:Free Derry

デリーには去年も来ているので、ひととおり見所はみてしまっているのだけど、去年、タワーミュージアムだけ休館日で見れなかったので、まずはそのリベンジ。

デリーの街が生まれてから今に至るまでを、人形とか模型を使ったりしてわかりやすく展示している博物館です。


09073101.JPG
(古い時代のへんてこお面)


09073102.JPG 09073103.JPG
(デリーの城壁ができるまで、の説明のとこにいたグロい人形)


09073104.JPG 09073105.JPG
(デリーの近くに沈んだ、かのスペイン無敵艦隊の船の残骸が最近発見されたそうで、その回収された部品の展示がたくさんありました)


かなり、展示は充実していて面白かったです。



お昼は、去年も入ったパブでランチ。

やっぱアイルランドに来たからには昼からビール!(笑)

ビール、ってか、ギネスを飲むためにアイルランドに来たといっても過言ではないぐらいなのだが、せっかくビールの国に来たんだから、いつもいつもギネスばかりじゃつまんない。
なので、カウンターでなんとなく思いつきでこれください、って指差してみた。

09073106.JPG

このビールがめっちゃおいしくってねぇ。。。
香りとコクが深い、独特な味。
名前忘れないように、メニューと一緒に写真とってみたのですが、字が読めないや。。。

ランチは、チキンのクリーム煮が中に入ったパイ。

09073107.JPG

これめっちゃおいしかった!
例のごとく山盛りポテトもついてくるので(この国は、なにかっていうと付け合せはポテトなのです)、見た目以上にボリューム満点、食べきれないほどです。

午後から、Free Derryっていうウォーキングツアーに参加しました。
1972年に、カトリックのデモにイギリス軍が発砲、26人の死者が出たという事件、通称”Bloody Sunday”(血の日曜日)について、実際にその目で見た人が解説をしてくれるというツアー。

デリーという街は、イギリスでプロテスタントが主流になってから、イギリスに支配されたために、プロテスタントと、そもそもアイルランド人が信仰していたカトリックの人々がごっちゃになったところなんですね。
なもんで、そういう、カトリックのデモなんかがちょくちょく起きていたようなんですが。

無宗教の私からしたら、どっちだっていーじゃん!もともとキリスト教ってことで一緒だったんでしょ?なんて、かるーく思ったりもしますが、そう簡単にはいかないんでしょうねぇ。。。

んで、このツアーガイドのおじさんの英語が、訛りが強すぎて全く聞き取れませんでした(苦笑)
おまけに、雨もかなり降っていて、なんだかな〜というかんじでしたが、まぁ、実際のその痛ましい事件を知る人に出会えただけでもヨシとするか。。。
あ〜あ、もっと英語のリスニングがんばんなきゃだめだなー。
って思うんだけどしかし、英語ネイティブの、例えばアメリカ人とかイギリス人とかは、あのガイドさんの英語100%聞き取れるんだろうか?という疑問もありつつ・・・(けっこう、アメリカ人なんかはアイリッシュイングリッシュはさっぱりわからないこともあると聞きますが)


09073108.JPG 09073109.JPG

09073110.JPG 09073111.JPG
(Free Derryのミュージアムも見てきました。)

このあと、デリー観光したいLynさんと別れ、私は、数日後のダブリン→ブリュッセル(シャルルロワ)のエアーチケットをプリントアウトしにネットカフェを探す。

※格安航空会社ライアンエアー、最近は、搭乗前に「必ず」webでチェックインをしなければならず、「必ず」eチケットをプリントアウトして持っていかなければならないんです。プリントアウトって。旅人泣かせですなぁ。。。チェックインは2週間前からしかできないので、日本でやっていくわけにもいかず。。。まぁ、めんどくさいからこその安さ、なんでしょうけどね。

ツーリストオフィスで聞いたところによると、図書館で出来るとのことだったので、図書館に行ってサクサクっとチェックイン・プリントアウトを済ませ、Lynさんとの待ち合わせ時間までまだちょっとあるので、せっかくデリーに来たからまた城壁の上を歩いてみることにした。

09073112.JPG 09073113.JPG

まさか2年連続でこの街に来ることになるとは思ってもいなかったわ。
(去年のほうが、デリーのこともうちょっと詳しく書いてるんで、もしよかったら参照してください。→40日目 デリー(ロンドンデリー):城壁の街



今日の宿は、ポートスチュワートという小さな街のホステル。
同室に、日本人のあさみちゃんという子がいて、一緒にごはん食べたりいろいろ旅のこととか話したりしていました。
私もなんだかんだいって、一人旅での名・珍エピソードはけっこうあるけど、あさみちゃんは、それを上回るほどの武勇伝?の持ち主で、話を聞いてて飽きない(笑)
そして、31歳のあさみちゃんに、「絶対年下だと思った」と言われてごきげんなりょこたんなのでした(爆笑)



↓人気blogランキング↓
blogram投票ボタン

posted by りょうこ at 23:59 | 宮城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009ヨーロッパリベンジ台湾おまけつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

19日目グレンヴェー:緑の国

今日は朝からいい天気☆

というわけで、グレンヴェー国立公園のツアーにレッツラゴー!!!!!

あぁ、ほんと、昨夜無事ドネゴールに着いてよかった〜

※しかし後で判明したのは、スライゴーにも安宿はあり、そして、そのグレンヴェーのツアーはスライゴーから出発し、ドネゴールでお客さんを乗せて、グレンヴェーに行くということ。つまり私は昨日、最悪の場合、ドネゴールの宿代だけロスするけど、スライゴーに泊まってもよかったのだ。まぁ、結果オーライだけど。


09073001.JPG
(バスから見える景色)


バスは昼ごろグレンヴェー国立公園に着き、ここからはしばらく自由行動。
ビジターセンターからバスに乗り、お城のガイドツアーの申し込みをする。


09073002.JPG
(ビジターセンター前の景色)


09073003.JPG
(お城)

お城はガイドツアーでしか入れないので、次のガイドツアーの時間までしばし、周囲を散策。


09073004.JPG
(湖と山の景色っていいよねぇ)

それから、城内見学。
ここは、もともと個人の持ち物だったのを、今は管理を国?にまかせているみたいで、そんで、調度品とかは実際に使われていたものがたくさん残っています。
かわいくて上品なものが多い!

09073005.JPG 09073006.JPG


城内の次は、庭のほうにまわり。
専属の庭師さんが大事に大事に管理しているお庭で、とってもきれい。


09073007.JPG
(おちゃめな像)


09073008.JPG
(うんこみたいな庭木。爆)


09073009.JPG
(ひまわりのような、、、なんだろう?すっごいかわいい花)


09073010.JPG
(庭から見たお城)


お庭を見ていたら、突然雨が降り出したのでしばし雨宿り。
さっきまで晴れてたのに、、、ほんっとに天気が忙しい国です。アイルランド。



雨が上がったら、城をとりかこむ小さな森を散策。


09073011.JPG
(こんな小さな森が城の周囲にいくつもあって、それぞれに名前がついている。これはスイスの森。)


09073012.JPG
(右手に見えるのはお城のプール。アイルランドの短い夏、しかも天気が悪い日が多いのに、プールが必要だったんだろうか、とか思いつつ、、、今は、睡蓮が咲いていました)


自由時間が終わってツアーバスに戻り、そしてすぐ次のview pointへ。

ここの眺めが、私、大好きです。

09073013.JPG 09073014.JPG

ほんと、最高の景色。

基本的に雨の日が多いアイルランドだけど、雨が降るおかげで、こうして緑の大地が広がってるんだよなぁって思うと、雨に文句ばかりも言っていられないかもね
(雨は夜だけ降ってくれたらいいのに。笑)


次の休憩所で、遅めのランチ。

そして、ここの山の眺めがまたよかったです。

09073015.JPG

緑の大地に突如現れる、三角の岩山。

富士山が外国人にとっても有名かつ人気なのは、あんなふうに、山脈ではなく、3000m級の山がひとつぽつーんとあるのって、世界的にも珍しいからだってことを、恥ずかしながら、つい最近知った私です。
(旅先で、日本人だ、というと、かなりの確率で、マウントフジ!って言われます。確かに日本で一番高い山だし日本人なら全員知ってるけど、でも、世界的に3000m級の山なんて全然珍しくないのに、なんでこんなに世界的に有名かつ人気なのか不思議だった)

この、とんがり山も、そんなかんじだよね。



てなわけで、今日一日は、一瞬雨が降ったものの、天気にも恵まれ、緑の大地を堪能できて、よかったです!

ツアーの後は、デリーに移動したんだけど、ツアーチケットで、レタケニーまではタダでいけるといわれていたので、デリー行きのバスの運転手さんに、このチケット、レタケニーまで有効なんですよね?レタケニーからデリーまでの切符ください、って言ったら、そういうことするのがめんどくさいらしく、タダでいいよ、ナイショね、って(爆笑)
どんだけめんどくさがりなんだ。

デリーに到着後は、昨日の疲れもまだ残っていたので、ホステルでゆっくり休みました。



↓人気blogランキング↓
blogram投票ボタン
posted by りょうこ at 23:59 | 宮城 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 2009ヨーロッパリベンジ台湾おまけつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

18日目キラーニー→ドネゴール:このご恩は一生忘れません

もう7月も終わろうというのに、あじさいやバラが咲き誇る国アイルランドよりこんにちは。

今日は、昨日の雨がにくらしいほど晴れています。。。

09072901.JPG 09072902.JPG

2泊3日の別行動も今日で終わりで、今日はドネゴールのホステルでLynさんと待ち合わせ。
しかし、キラーニーからドネゴールっていったら、だいたいアイルランドが九州と同じサイズとすると、鹿児島→福岡ぐらい離れているので、今日はまる一日移動だけで終わりそう。

お昼を食べる時間もあんまりないし、ホステルのパンとシリアルだけの朝食にもう飽き飽きしていたので、今日は、近くのレストランでアイリッシュブレックファストを食べました。

09072903.JPG 09072904.JPG

ベーコン、ソーセージ、豆、ポテトともりだくさんで、お腹もいっぱい!
(焼きトマトがなかったのが残念。。。私、生トマトよりも調理したトマトのほうが好きなもんで、あの焼きトマト最高に大好きなんだけどな〜)

Lynさんには、ゴールウェイ18:15発のバスがドネゴール行き最終なので、遅くともキラーニー14時発に乗ってねと言われていたんだけど、念のためキラーニーのバスセンターで確認したところ、12時発に乗らないと18:15ゴールウェイ発のバスには間に合わないと言われたので、ドネゴールまでの切符を買って(アイルランドの都市間バス・バスエーランは、乗り換えがあっても通しで切符が買えます)、12時のバスに乗り、リムリックで乗り換え、17時ちょい前にゴールウェイ着。

まだ時間があるので、パブに入ってBULMERS(アイルランドのシードル)をぐびっと一杯。うんま〜

09072905.JPG

このあとドネゴールの宿に着いて就寝。
いや〜一日バスに乗りっぱなしって疲れたわー。



と、今日のブログはこんなかんじで、サクっと終わる予定だったのですが。。。

まさかこの後、大事件が起こるなんてつゆ知らず・・・



18時過ぎ、バス停に戻って、スライゴー行きのバスに乗り(ドネゴールに行くためには、スライゴー行きに乗って、それがそのままスライゴーからドネゴール行きになります、とキラーニーのバスセンターの人に言われた)、運転手さんに念のため、これドネゴール行きますよね?って聞いたら、ドネゴール行きは金曜日のみの運行で、このバスはスライゴー止まりだと!!!!!

んで、今日中にドネゴールまで行くバスはもう無いって!!!!!

ハァ?????

Lynさんも、キラーニーのバスセンターの人も、18:15のバスに乗れって言ったのに!?

と思って、「私、バスセンターの人に18:15のバスに乗れって言われたんですが!」って食ってかかったら、ちょっとオフィスまで来いといわれ、オフィスの人に時刻表を出してもらって、「ほら、ドネゴール行きはフライデーオンリーって書いてあるでしょ」って言うわけ。

確かに書いてる・・・。

「けど!私、キラーニーのバスセンターの人に、18:15のバスに乗れって言われたんですが!」ってもう一度食ってかかったら、「文句はそいつに言え!」と言い返された。。。

なんだとー!!!!!(激怒)

同僚のミスは会社のミスじゃー!!!!!

ってか私、お客だし!
客に向かってなにその言い草!!!!!

「というわけで、キミに残された選択は、ゴールウェイに残って泊まるか、スライゴーまで行ってスライゴーに泊まるかしかないというわけだ」ってな言い方をされ、ほんっとうに腹立たしいながらも、とにかく先に行くしかないと思ってスライゴー行きに乗ることに。

ってか、ドネゴールのホステルをもう予約してるし、Lynさんが先にドネゴールに行ってるんでもうお金も払ってるかもしれないし、どうしてくれるんですかー。。。

私が自分で時刻表をチェックしなかったのが悪いといえばそうなんだけど、にしても、Lynさんと、バスセンターの人と、2人も間違うなんて思ってなかったし。。。
ってかやっぱ、自分で時刻表チェックしなかったのがそもそも悪いのかなって思いつつ、でも、バスセンターの人ですら間違うようなややこしい時刻表つくるなよ、とか思ったりもしつつ、もう、どうしていいかわからなくなって、バスに乗ったとたん、うわーーーーーーーーって涙があふれてきて止まらなくなり、声をあげて、ひっく、ひっくと大号泣。

スライゴーからドネゴールまでは約60km。
歩くのは到底無理。
タクシーに乗ったら何万円取られるんだろう。。。
とするとヒッチハイクか?いやーそれはちょっと、、、距離もけっこうあるし、あんまり現実的じゃないし。
スライゴーに泊まって明日バスで移動?
とすると、明日行く予定のグレンヴェー国立公園ツアーに間に合わないかもだし、だいたい、「地球の歩き方」を見るに、安宿がなさそうな街だ。ホテル代いくら取られるんだろう?

何度も何度もLynさんの携帯に電話してもつながらないし。

あぁもう、ほんと、どうしよう。。。

あんまりにも号泣している私をみかねた、おばあちゃんが、さっきから誰に電話しているの?つながった?って心配してくれたので、号泣しながら、友達が先にドネゴールのホステルに行ってるので、友達に電話してるんだけど、つながらないんです。私、バスセンターの人にも、友達にも、18:15のバスがドネゴールに行くからって言われたのにぃ、、、って説明したら、I know. I know.(わかるわ。)ってなぐさめてくれて。
そして、まずはお菓子をくれて、次に、読み終わった新聞をくれて(スライゴーで野宿するためだろうか(爆笑)。ちなみに一面は、元夫が幼子の目の前で元妻を殺した事件でした。そんなん読む気になれないけど・・・汗)、最後に、「私はここで降りるけど、誰かが絶対に助けてくれるから、信じなさいね。これ、少しだけど何かに使ってちょうだい」って言って、受け取れませんと拒否した私の手に無理やり10ユーロを握らせて、降りていきました。。。

はぁ〜

なんていいおばあちゃんなんだろう。

ってかこの10ユーロ、どうしましょう。
おばあちゃん、多分年金暮らしだよね。少しだから、お願いだから受け取ってと言われたけど、10ユーロは全然少しじゃないよ。
見知らぬ観光客のことそんなに心配してくれて、お金までくれて、、、
なんなんだろう、この国の人たちは。。。

そう思ったら、また涙があふれてきて、引き続きオイオイ泣いていたら、今度は違うおじさんが声をかけてきて、「誰か、ドネゴールに連れてってくれる人は見つかったか?」と。
Noと答えたら、「私はスライゴーからドネゴール方面に40kmぐらい行った街に住んでいて、妻がスライゴーまで迎えに来てくれるので、一緒に乗っていきなさい。そこからドネゴールまでは、近いので、なんとか行く方法を考えましょう」と。

うわー。またいい人登場!!!!!

んで、そのおじさんと、運転手さんが、なにやら相談をしはじめ、そしたら運転手さんが、運転しながら携帯であちこちに電話をかけ始めた(危険だ!笑)

ちょこちょこ聞こえてきたその会話は、どうやら、ダブリン空港からそのおじさんの住む街・バリーシャノンを通って、ドネゴール・デリー方面に行くエクスプレスバスというのがあるらしく、私がバリーシャノンまで行けば、そのバスに乗れるんじゃないか、ってな話をしていて、運転手さんが、そのバスがバリーシャノンを通る時刻を電話かけて調べてくれてたんですね。

で、その結果、ダブリンから来る空港バスは、22:50ごろバリーシャノンに来ることが判明し、おじさんが、奥さんの車で私をバリーシャノンまで連れて行って、そこからバスに乗ればドネゴールまで行ける、ということになった。

す、すばらしい〜!!!!!

捨てる神あれば拾う神あり、とはまさにこのこと!!!!!

ゴールウェイから、3時間近くずーっと泣きながら、アイルランドなんか嫌いだ、もう二度と来るもんか、スライゴーでバス降りるとき運転手にどんな悪態ついてやろうかと、そんなことばっかり考えていたけど(爆)、スライゴーに到着したときの私はもう笑顔になっていました。

スライゴーから、そのおじさんの車に乗せてもらってバリーシャノンに向かう途中、オーストラリアのエアーズロックみたいなすごい岩山が見えて、それから、夕日の沈むビーチが見えて、あぁ、きれいだな〜って。

要するにそのおじさんも、私と同じく、スライゴーからドネゴール行きのバスに乗るつもりだったそうなんだけど、フライデーオンリーの文字を見逃していたために、バスの中からあわてて奥さんに携帯で電話したんだそうです。
なもんで、私の気持ちはよーくわかる、これは助けなければならない、と思ってくれたみたい。

そしたら、奥さんが、バスが来るまであと1時間以上あるし、そんな夜遅くのバスを待つのはかわいそう、っていって、結局、私をドネゴールのホステルの前まで連れてってくれることに。

わぁ〜!
ありがとうございます!!!!!

なんてラッキー☆

ほんとにほんとに、感謝してもしきれないよ。。。

何度も何度も、お礼を言って、ご夫婦とお別れしました。。。

アイルランドを旅していて、観光名所とか公共交通機関が時々、観光客に優しくない(不便だ)って思うことが多いんだけど、でも、この国の人々は、観光客にとっても優しい。

かくして、大冒険?ののち、9時半ごろ、無事、ドネゴールのホステルでLynさんと合流しましたとさ。

ちなみに、あのおばあちゃんにもらった10ユーロ、車で送ってくれたご夫婦にお礼として渡そうかと思ったけど、絶対受け取らないだろうなと思ったので、やめました。
何か、有効な使い道を考えます。
もしくは、お守りとして取っておくか、帰りに空港にあるユニセフの募金箱に入れるか。。。



↓人気blogランキング↓
blogram投票ボタン


posted by りょうこ at 23:59 | 宮城 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009ヨーロッパリベンジ台湾おまけつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

17日目キラーニー・ケリー周遊路:雨がーふーるー

去年もコンチキのときキラーニーに来たけど、ケリー周遊路をよく見れなかったので、そのためにわざわざLynさんと別行動でキラーニーまで来たんですが。

が。。。

天気はあいにくの雨模様。。。

とはいえ、今日しか行くチャンスがないので、泣く泣く、バスツアーのチケットを買う。
バスツアーのチケットは、ホステルで買ったらちょっと安かったみたいです。

では、雨模様のケリー周遊路をどうぞ〜!!!!!


09072801.JPG 09072802.JPG
(最初に立ち寄ったのは、アイルランドで一番おいしいアイリッシュコーヒーを出すといわれているお店。アイリッシュコーヒーとは、ウィスキー入りのコーヒーのこと)


09072803.JPG
(雨に霞むディングル湾。ディングルのツアーもかなりいいらしいです。)


09072804.JPG
(お昼に食べたシーフードチャウダー。おいしかった♪)


09072805.JPG 09072806.JPG
(昼休憩したレストランのあたりの風景。)


09072807.JPG
(景色のいいポイントではこうしていちいちバスが止まってくれて写真撮影タイム)


09072808.JPG 09072809.JPG
(おみやげ屋さんの立ち並ぶ小さな村で休憩。去年に引き続きまた新しいクラダリングを買ってしまった。爆)


09072810.JPG 09072811.JPG
(最後の最後にやっと雨がやんできました)


いやはや、雨でさんざんでしたわ。。。
レンズがぬれるので写真が撮れないしさー、ってか景色が霞んでよく見えないし。。。
まぁ、雨に霞むケリーもなかなか乙なものといえばそうかもしれないけど。

一人参加だったので、同じく一人参加の人に声をかけて仲良くなろうと試みたけど、お昼に話しかけたカナダ人の女の子は、あんま話にからんできてくれなくて、一人にしといてほしいモードっぽかった。。。残念。。。
もう一人、一人参加の女の子がいたので、そっちに声かければよかったかな〜。

ツアー中、バスの隣に座っていたのは奥さんとツアーに来ていたイタリア人のおっさんで、あんまり話はしなかったけど、カメラのレンズふきを貸してくれたりしました。ありがとう。

ツアーが終わり、キラーニーに帰ってきたら、すこーし晴れ間も見えてきたので、少し街の中をぶらぶら。
前回コンチキのときは、キラーニーに夜着いて、朝、キラーニー国立公園のはしっこのほうを少し馬車に乗っただけですぐ出発してしまったので、街の中を全然見てないのです。

09072812.JPG 09072813.JPG


09072814.JPG


夜は、近くのパブにでも繰り出そうかと思ったんだけど、ブログの更新やメールの返信がたまりにたまっていたので、ただひたすらホステルでパソコンいじってました。。。
なんかさ〜私、ブログ書くのが楽しみでもあるので、毎日こうしてブログ書いてるけど、そのおかげでホステルの人とかもあんまりしゃべってないし、パブにも全然行ってないし、なんだかな〜という気もします。。。

でもブログは書くんだけどね(笑)



↓人気blogランキング↓
blogram投票ボタン
posted by りょうこ at 23:59 | 宮城 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009ヨーロッパリベンジ台湾おまけつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

16日目クリフトゥン:サイクリング日和

去年ゴールウェイはさんざん満喫したりょこたんと、ゴールウェイには何度か来ているものの全然市内観光をしていないLynさん

そして私は、どうしてもキラーニーに行きたいりょこたんと、もう何度もキラーニーにいっているのでもういいや、というLynさん

そんなわけで、今日から2泊3日の別行動です。

Lynさんに、今日は一日コネマラ観光はどう?とすすめられていたので、行く気まんまんだったんだけど、コネマラに行くとなると、今日中にキラーニーに移動できないことが昨日判明し、残念ながらコネマラは断念。。。
そのかわり、コネマラ地方の入り口の街、クリフトゥンに行くことにしました。

バスで2時間ほどゆられてクリフトゥンに到着、ツーリストオフィスでサイクリングマップをゲットし、レンタサイクルを借りて、いざ出発〜!
3時のバスに乗らないと今日中にキラーニーにいけないので、一番短いスカイロードをめぐるコースに決定。


09072701.JPG
(海沿いの岬をめぐる道、通称スカイロードの入り口に立つケルト十字)


09072702.JPG
(上り坂が続く。けど自転車の変速がばっちりなのでけっこうらくちん)


09072703.JPG
(海だー!!!!!)


09072704.JPG
(こんな景色を眺めながら草を食べる牛、なんて贅沢なんだろう)


09072705.JPG
(どんどん、どんどん、岬のほうに向かって走る)


09072706.JPG
(すすき? 7月末なのに?)


09072707.JPG
(岬の先頭はまだ先ですが、自転車ではここまで。すんごくきれいな景色だった)


09072708.JPG
(小さな入り江の向こうに並ぶ家々。のどかだ〜)


09072709.JPG
(羊。。。)


09072710.JPG
(遠くに山が見える)


09072711.JPG
(入り江にかかる古い橋、なんかいいなぁ)


09072713.JPG
(St.Joseph’s church.)


コネマラのカイルモア修道院にどーーーーしても行ってみたかったので、行けなかったのが本当に残念なんだけど、でも、今日一日とってもお天気がよくて、ほんとサイクリング日和ってかんじで、ほんの2時間半ぐらいでしたがとっても楽しめました♪

海沿いの町ということで、お昼にはシーフードチャウダーを食べて

09072714.JPG

うんま〜〜〜〜〜

バスでゴールウェイに戻り、そこからバスを乗り継いで夜10時ちょい前、キラーニー到着。

明日はケリー周遊路のバスツアーに行く予定です。
晴れますよーに。


↓人気blogランキング↓
blogram投票ボタン

posted by りょうこ at 23:59 | 宮城 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009ヨーロッパリベンジ台湾おまけつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

@ゴールウェイ

というわけでオンタイム更新のお時間です(笑)

ただいま、アイルランドのゴールウェイという街にいます。
現地時間、7月27日の午前0時半をまわったところでございます。

ブログ本文は、アイルランドに上陸したところでストップしてますが、、、
アイルランドに入ってから、スケジュールがタイトだったり、昨日一昨日と宿でネットが使えなかったりで更新止まっててすんません。
そのうちまとめて更新します。

元気でやってますので〜!!!!!

ではでは。
posted by りょうこ at 08:35 | 宮城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009ヨーロッパリベンジ台湾おまけつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする