2009年09月06日

57日目台北→仙台:帰国

朝、早起きしなきゃいけないから緊張していたのか、もしくは、旅の最後が名残惜しかったからなのかわからないけれど、夜は全然眠れませんでした。。。

なので、4時半頃からベッドの上でごろごろネットしたりしつつ、5時半頃ベッドを出て、顔を洗い、着替えて、荷造りをし、6時過ぎ、一週間お世話になったバックパッカー宿に別れを告げる。

地下鉄で台北駅へ、そして、地下街でさんざん迷って空港行きバス乗り場に着いたのは、西門のバックパッカー宿を出てかれこれ45分後でした・・・

西門→台北ってほんの一駅なのに。なんでこんなに時間かかってんの。。。

台北駅の地下はまじでやばいです。
広すぎて迷う。

あっ、あと、地下鉄のスイカ、返金してもらったんだけど、なんでか手数料20元取られました。
5回以上使ったら返金手数料無料ってかいてあったのに。おかしいな。
まぁ、乗るたび2割引きだし、なにより便利なので、手数料以上のお得は十分あったし、いっか。と、素直にあきらめる。



空港バスに乗り、車窓を過ぎゆく台北の街並みに別れを告げて、空港に着いたのはちょうど、出発の2時間前。


09090601.jpg
(なんか、海外の空港で「仙台」の文字を見れるなんて感動!)

チェックインはすんなり終了、出国手続きもすんなり終了
(こないだの、パリ→台北はなんだったんだというかんじだ)
免税店で、元・職場や友だちやなんだかんだに配るためのスイスチョコや、両親へのおみやげに烏龍茶などをしこたま買い込んでもまだまだ時間に余裕があります。

と、いうわけで、最後の「食い倒れツアー」に出発
(まだ喰うか。爆)

旅の出発のとき、目を付けていた、屋台街へ行ってみました。

09090602.jpg 09090603.jpg
(めっちゃ日本語です。笑)


見た目屋台街だけど、食べたいものはレジでまとめて注文し、もちろんクレジットカードも使えるので便利です。
値段も、台北の屋台とほぼ同じか、わずかに高いぐらいなので、乗り継ぎだけの目的で台北国際空港に来る人にもおすすめ。

台湾最後の食事は、台湾風やきそばと、小籠包(また!!)、タピオカミルクティー。

09090604.jpg 09090605.jpg

小籠包は、一応、こないだトミーと行った點水樓のやつらしく、しかもこないだ店で食べたのよりおいしい気がした(つくづくトミーに申し訳ない)
やきそばも、日本ではまず食べられない味で、おいしかったです。



あぁ〜これで台湾ともお別れか〜〜〜〜〜



早く仙台に帰りたい気分ではあるんだけども、食べ終わったら急激に寂しさが襲ってきました(あくまで喰い物かよ)


09090606.jpg 09090607.jpg
(空港内)



かくして、エバー航空BR118便、台北発仙台行きはほぼ定刻通り離陸。。。



台湾、さよなら。

また来るよ、絶対に・・・



09090608.jpg



さっきやきそばと小籠包食べたのに、機内食もしっかり完食し(爆)

そして、飛行機から、東京湾?や、相馬〜亘理あたりの海岸?が見えてくると相当気分が高まりました。


09090609.jpg 09090610.jpg


3時間のフライトを経て、14時過ぎ、いよいよ、仙台空港に到着飛行機


わぁ〜〜〜〜い、仙台だ!!!!!


ただいまぁ〜〜〜〜〜!!!!!


うれしさに浸る間もなく、意味のないインフル発熱チェックを通り(こんなのやってるの日本だけです)、イミグレを通り、その後、税関で、あれこれ、ほんとーうにあれこれと!!質問をされた挙げ句、荷物まで開けさせられ(おそらく、ヨーロッパの長旅後に台湾で乗り継いで仙台に帰ってくるような人がレアだからと思われ・・・苦笑)
でもまぁ、特にへんなもん持ってるわけでもないので無事スルー。


09090611.jpg
(七夕飾りと政宗公にお出迎えしてもらった♪)



仙台空港アクセス線に乗って


09090612.jpg



仙台駅到着!!!!!


09090613.jpg



うわぁ〜ホントに帰ってきたんだなぁ〜〜〜〜〜

うれしいな。



よく聞かれます。
「そんなに海外旅行ばっかり行って、海外に住みたいって思わない?」

思わないんです(苦笑)

海外は、旅行するところであって、住むならやっぱ日本がいいなって。

そんで、私はやっぱり生まれ育った仙台が好きです。

だからか、どんなに旅行が好きでも2ヶ月が限度であせあせ(飛び散る汗)



その後、大荷物を抱えながら無事、自宅に到着。

ほんとにほんとに、無事帰って来れて、ほっ・・・とした〜ダッシュ(走り出すさま)



母に、私の不在中の話を聞いたり、私も、旅の話をしたりしつつ



そして、忘れちゃならない



「洗濯が終わるまでが旅行です。」(by 今井某さん)



ささ、洗濯、洗濯、、、ブティック



しかし、朝まで台湾で小籠包喰ってたのに、夕方には仙台に着いてこうして洗濯してるのってなんだか不思議。
今までは、海外からの帰国便はずっと成田着だったので、成田に着いてから仙台までが一苦労だったんだけど、やっぱり仙台着はラクだわ〜。
エバー航空さんにはこれからも是非がんばっていただき、ヨーロッパ便は常にエバー航空利用でいいぐらいです。



ともあれ、今回も無事、帰ってこれることができて



数々の号泣事件

数々の感動事件

数々の爆笑事件



数々の絶景

数々の絶品料理

数々のおみやげ



そして



数々の出会い

数々の再会

数々の別れ





そのどれもが、私にとって大切な、かけがえのない思い出。



その思い出のひとつひとつに、ありがとう。



そして。

ブログやmixiで、もしくは、どこかでこっそりと、あたたかく無事を見守っていてくださった全ての方々に感謝します。

ありがとうございました。



↓人気blogランキング↓
blogram投票ボタン
 
posted by りょうこ at 22:05 | 宮城 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 2009ヨーロッパリベンジ台湾おまけつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

@台北 最終夜。

ただいま、台湾時間9月5日夜11時半でございます。

っというわけで、8週間にわたる旅もいよいよ今日が最終日。

今日は、台北市内でお寺を見て回ったり、足裏マッサージに行ったり、手作りアクセの露店でカタコトの日本語を話す台湾人のアクセサリーデザイナーとすっかり話し込んだり、ひとり食い倒れツアーしたり

台湾まじで楽しいです。
相当気に入りました。
今は、台湾が名残惜しいというよりは、どっちかっていうと、早く仙台にかえりたーいという気分だけど、いつかまた絶対に来たい。
ってか来ます。



ブログがパリ編で止まっててゴメンナサイ。。。
帰ったらさっさと書きます。
台湾編もかなり面白いと思います。乞うご期待。



そして、出発してから今日までのこと、ぼんやり思い返してみたり。

ふだん、職場と家の往復で過ごす8週間と同じ時間とは思えないほど、濃密な日々だったなぁ〜。

号泣事件、感動事件、絶景、絶品料理、再会、出会い、、、

やっぱり旅は楽しい。



明日は、仙台空港到着予定14時(直行便万歳!)、その後夕方4時には自宅に到着するものと思われます。
無事帰ったらまた報告しまーす。
 
posted by りょうこ at 00:29 | 宮城 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009ヨーロッパリベンジ台湾おまけつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

56日目台北:最終日

帰国は明日ですが、朝早くに空港に向かわなければならないので、実質的には今日が、台北最終日。

そして、私の、長いながい2ヶ月にわたる旅の、最終日。。。



最終日は、まだなんとなく行ってなかった観光名所をめぐってみることに。



・・・の前に、腹ごしらえ。

こないだ、ちょっと高級店で期待はずれだった牛肉麺、今日は、中級店に行って食べてみました。


09090501.jpg


あぁ、こないだよりおいしいなぁ。こないだのよりちょっと安いし。

と思ったけど、まだまだ、安くておいしい大衆店はありそうな予感。

また次回、台湾に来るときまでのお楽しみ、ですかね。



※もうどうだっていいけど、この店、日本語メニューが一応あるんだけどね、それって、高いメニューしか載ってない!!!!!
例えば、牛肉麺とひとくちに言っても、スタンダードなやつ、牛すじ入り、とか、いろいろあるわけですが、日本語メニューには、一番安いスタンダードは載ってなくて、いろいろ具の入ってる高いメニューしか載ってない。。。足下見られてます。



宿のある西門からMRTで一駅の龍山寺に行ってみることにしました。
暑いけど、がんばって歩くことに。
(旅ダイエット!!!!!特に台湾来てから喰ってばっかりだしね)

台湾の繁華街は、ビルが連なっていて、1階部分がアーケードのようになっているので、その下を歩けば、けっこう涼しい(いや、涼しくはないけど、炎天下は避けられる)。



09090502.jpg
(途中にあった、教育センター?の建物。アトリエかなんかになってました。)



龍山寺は、1738年に建立された、台湾最古の仏教寺院です。
第二次世界大戦でアメリカの空襲を受けましたが本堂は無事だったようす。


※1738年の建物が最古ということは、、、日本のお寺は相当古いということだ。日本すごいじゃん。なんてちょっと感心しつつ



門をくぐると、噴水や滝のある、さわやかな中庭。


09090503.jpg 09090504.jpg


境内は、たくさんの参拝客・たくさんの日本人観光客でにぎわっていました。



09090506.jpg 09090505.jpg



日本人の団体さんお付きのガイドさんの説明をダンボしていたところによると、このお寺には7つの仏さまが祀られていて、それぞれに、御利益があるみたい。
お寺の人が配っている7本の長〜いお線香は、タダでもらえるとのこと(そのかわり、お参りの時にお賽銭を入れてくださいと)。
7本あるので、つまり、それぞれの仏さまに1本ずつおそなえするみたい。

お参りのしかたが微妙にわからなかったんだけど、なんとなくみんなのを見ていたかんじだと、最初に一礼してごあいさつ、そのあと願い事を唱えて、最後に三礼、お線香を一本香立てに立てる(というか、投げる、というかんじ。熱いので、投げ入れるしかない)

ってかんじで、私もなんとなく、お参りしてみた。



09090507.jpg



縁結びの神様の前では特に必死でお願いして(爆笑)



そんで、こないだから、お寺で気になってたことがあるんだけど、人々がみんな、木で出来た赤い何か?を2個、地面に投げて、なんかしてるんですよね。
ここでもそれをやってる人がいっぱいいて、なんなんだろ〜と思ってたら、日本人団体さんのガイドさんが説明してたのをまたもやダンボ。

あの赤い木の何かは、占い?おみくじ?みたいなもので、表裏があって、願いを唱えて2個なげてみて、両方おもてならオッケー、片方おもて片方裏ならまぁまぁ、両方裏ならダメ。みたいなかんじらしい。

でっ、結果が気に入らなかったら何回投げても良いそうです(笑)

当然りょこたんは、縁結びの仏様の前で、納得がいくまで投げました(爆笑)

赤い「縁結びの糸」ももらってうっきうき黒ハート



龍山寺を出て、次は、孔子廟に行くか〜


09090508.jpg
(MRT龍山寺駅前にあった牛の像。からだじゅうのツボがかいてある)



と、MRTの駅に降りてったら、ここ、地下街になっていて、いろんなショップとか、なんと占い街もある!!!!!

というわけで、また、占ってもらっちゃった(爆笑)



09090509.jpg



「日本語OK」とかいてあるおばちゃんのブースに入ってみたんだけど、このおばちゃん、めっちゃカタコトなんですが〜。
これで「日本語OK」といいきれる度胸はある意味すごいってなぐらい。。。
あんまりにもカタコトすぎて、不安を覚えたので、やっぱりいいです、と去りたい気持ちはまんまんだったのだが、こうみえてビビリなりょこたんにそんなことできるわけもなく。

んで、占いの種類と値段を説明されたんだけど、それがまた、たっかいのよ!
一番安い、人相手相オンリーでも1200元。それに四柱推命を加えて2000元のコースがおすすめ、的なことを言うんだけど、現金の持ち合わせが、もう、1000元ぐらいしかないし(事実)って言って帰ろうかと思ったら、じゃあ人相手相を1000元にまけるから、っていうので、根負け?して、占ってもらうことに。

当然といえば当然なのかもしれませんが、昨日とだいたい同じようなことを言われました。
違ったことといったら、私は男顔なので、女の子っぽい服・化粧をしなさい、ということと、長い髪はダメ、すぐ切りなさい!って。

男顔だなんて生まれて初めて言われました。
長い髪がダメ、の意味は、私の顔に長い髪が合わないのか、そもそも長い髪というのは運気が悪いということなのか、そこいらへんはよくわかりませんが。。。

30過ぎて未婚、彼氏もいません。っていったらめっちゃかわいそうがられて、占いの最初から最後までがんばれがんばれ言われちゃったわ。。。(苦笑)
そんなにかわいそうがられると、逆にみじめになるんでヤメテクダサイ。と思いつつ・・・

時々何いってるかわからなくて、はぁ?はぁ?って何度も聞き返しちゃったり、筆談になったり、大変でしたが、でも、人の良さそうなおばちゃん占い師でした。

でも、あんまりおすすめはしません。

占いやりたい人はおとなしく行天宮に行ったほうがよろしいかと。



ともあれ、地下鉄乗って孔子廟へと向かいましょう。



09090510.jpg



台湾には孔子廟があちこちにあるのですが、ここは、日本統治時代にいったんなくなった(学校になった?)後、孔子廟として復活し、今は政府の管轄下にあるという、りっぱなところです。


09090515.jpg



庭もきれい!


09090511.jpg 09090512.jpg


装飾もきれい!!!!!


09090513.jpg 09090516.jpg



学問の神様らしく、敷地内には自習室があったり、地域の人たちがなにかを勉強しているような風景も


09090514.jpg



09090517.jpg
(リスがいた。。。)


今のところ、特に学問の神様にお参りするようなこともないので、見学だけして帰ってきました。



引き続き、お隣の大龍どう保安宮へ(どう は山へんに同)



09090522.jpg 09090519.jpg


09090520.jpg 09090521.jpg


09090518.jpg



こちらは医学の神様だそうです。
すこぶる健康なりょこたんなので、こちらも見学だけで退散。。。


つまり、いちいちお参りするのがメンドクサイというだけの話なんですがね(爆笑)



09090523.jpg
(孔子廟の前にあった、見ざる言わざる聞かざる。なんで台湾にもあるんだろーって思ったけど、そもそも中国のものなんでしょうかね)



それから〜

長旅の足の疲れを癒しに行きました。

つまり、足裏マッサージ足



トミーは本業なので、俺は200元でやります!なんて言ってたから、んじゃ仙台に帰ったらやってもらお〜、台湾でやる必要ないやるんるんと思ったけど、やっぱせっかくなのでやってもらうことにした。



痛いのはいやなので、ガイドブック見て、痛いだけがマッサージじゃない!というのをモットーにしているマッサージ店に行きました。

値段がさっぱりわからないまま、とりあえず現金がスッカラカンなのでATMで2000元おろしてから、ドキドキしながら行ったんだけど、「60分900元、90分1200元、120分1500元」って言われてびっくり。

たけー。

ってか、なげー。

最短で60分かぁ。
んじゃ、60分で・・・



左足から始まり、念入りに、足裏、そしてふくらはぎをもみほぐすようにマッサージされ、時々、いてっ、と思うことはありつつも、身悶えるほど痛いということはなく、とっても気持ちがよい黒ハート
つい、うとうとするぐらいです。
30分経って次に右側にチェンジ、これまた、時々、いてっ、と思いつつも、気持ちいい黒ハート黒ハート黒ハート



1時間のマッサージは、けっこう、あっというまでした。



足裏の角質取りが600元でできます、といわれたけど、高いのでやめときました。
1800円もかけて取るほど角質ないですし、、、

ちなみに、隣には日本人三人連れのお客さんがいて、帰り際、三人で7200元払ってました。
2万円以上!!!!!
なにをどんだけやったんだろう?
ってか、台湾の物価とか考えると、マッサージってめちゃいい商売じゃね?とか思ったり・・・



マッサージ終わって店の外に出ると、、、



すごい!

足がめっちゃ軽いわ!!!!!わーい(嬉しい顔)

さっきまでの足の疲れがうそのようです。



09090524.jpg 09090525.jpg

09090526.jpg
(街をちんどんや?のような人たちが歩いていた。なんだろう〜って思ってたけどつまり、お寺のお祭りかなんかみたい。日本で、おみこしかついでパレードするのと同じようなノリですか。にしても、3枚目の写真の巨大な人形?これスゴイ。)



マッサージもおわってほっと一息、
だけど、
まだまだ私の台湾旅は終わりません!!!!!



小籠包リベンジに行かなくちゃっ!!!!!



昨日、あゆみちゃんに会ったとき、「トミーと小籠包食べに行ったよ♪忠孝復興SOGOの11階!」って言ったら、「えっ、わたしのおすすめは地下ですよ〜!!地下の鼎泰豊(ディンタイフォン)!!!!!」って言われて、

ななななんですと〜!!!!!

って思って私のガイドブックめくったら、書いてあるし(爆)。
気づかなかった。。。



まぁそんなわけなので、鼎泰豊にリベンジすることにしました。



したっけ



09090527.jpg



すごい行列・・・



店の外に受け付けがあって、そこで注文票をもらい、先に注文して、席が空き次第、番号順に呼ばれるシステムになっているみたい。

「1時間待ちです」って・・・

1時間・・・

そうだよね・・・この行列・・・

でも、ここまで来たんだから待つしかない!



地下の食品街を見て回ったり、ベンチに座って本読んだり、本当にきっかり1時間待ちました。。。



せっかく来たんだし、小籠包だけじゃもったいないかなと思って、ピリ辛海老ワンタンも頼みました。
烏龍茶も頼んだんだけど、サービスのお茶があるので、頼まなくても大丈夫ですよとお店の人がわざわざ教えてくれました。すばらしい。



かくして、りょこたんの目の前にやってきた、小籠包と海老ワンタン


09090528.jpg 09090529.jpg




・・・・・・



(゜д゜)ウ−(゜Д゜)マー(゜A゜)イ−!!!!!




ちょっとなにこれ!!!!!



言葉で表現できないぐらい、

身悶えて体がよじれてしまいそうなぐらい、

店内中に響き渡る大声で叫びたくなるぐらい、



うまっ!!!!!



繊細な皮に包まれた、肉汁たっぷりの小籠包はもちろんですが、この酢醤油と、これまた繊細にカットされた生姜の相性がもう最高すぎて、何も言えません。

おまけにこの、海老ワンタンがもう、ぷりっっっっっっっっぷりでさ!
甘辛いタレがこれまた最高で、今思い出してもよだれがでそうなくらいよ。



そっか〜
だからこないだ、トミーと行った11階の店、めちゃ空いてたんだ・・・
空いてるわけだよ・・・同じビルにこんなおいしい店あるんだもん・・・

ごめんね、トミー。
私、今、台湾に来て一番おいしいもの食べてるわ、一人で・・・
ってかたぶん、私をクラブに誘わなかったバチが当たったんだね・・・(爆笑)



あ〜マジうまかった。
教えてくれたあゆみちゃんにも感謝しなくちゃねひらめき



文字通り「泣くほどうまい」小籠包と海老ワンタンを堪能したあと、宿のある西門に戻ったら、駅前のレッドハウスの前で、なにやらマーケットが開かれていました。


09090530.jpg


アクセサリーとか、なんか手作り品のブースがずらりと並んでいた。

手作りのオリジナル感あふれる、ゴージャスなもの、チープなもの、いろ〜んなアクセサリーが売っててめっちゃかわいいぴかぴか(新しい)

最初に、気になったペンダントのお店で、中国語わかりません、って言ったら、店の人(実際に作った人)に英語でいろいろ説明してもらって、最後まで見てまだ気になってたらまた来るね、って言ってとりあえず次へ。

実際作った人と直接お話ができるというのはすばらしい。

次に気になった店でまた、中国語でいろいろ言われたので、中国語わかんないから英語で説明して、って言ったら、デザイナーの女の子、英語へたなんです、、、っていいながらも一生懸命、説明してくれて。

いっこいっこ見せてもらいながら思わず、かわいい〜!!!!!て叫んだら、「ニホンジンデスカ?」って。
はい。って答えたら、「ワタシ 日本語は 少し できます」って(苦笑)
私が、英語で説明しろといったから一生懸命英語で説明してくれてたけど、実際、私は日本人だと最初から言っていれば、この子は苦労しなくて済んだのだ(苦笑)

これ、台湾でよくあるパターンです(苦笑)

日本・日本人はとっても人気があるので、英語よりよほど日本語のほうが通じる、という、、、

ともあれ、彼女も、日本語を使える機会ができて、なんだかちょっとうれしそうだ。
日本語を勉強しはじめて、かれこれ1年になるそう。
1年で、なんとかコミュニケーションとれるレベルなんだから、たいしたものです。

どうして日本語勉強してるんですか?って聞いたら、日本の洋服とか、テレビが好きなんだって。
好きな俳優は?って聞いたら、もじもじしながら「・・・木村さん」って

キムタク?キムタクか?(笑)

かっこいいよね!って言ったら、なんだか照れてました。(笑)

「木村さんのドラマは、全部見てます。ロングバケーションとか・・・」
「ロンバケ!私も好き!!!!!」

とかって、アクセサリー全然関係ない話で大盛り上がりグッド(上向き矢印)

かんじんのアクセサリーもかなりかわいかったので、ピアスとネックレス、ふたつ買いました。ちょいとおまけしてもらいました。

あぁ、すんごい、楽しかった。。。



でっ、そのあとさっきのお店に戻って、そっちでも結局買いました(爆)。
現金の持ち合わせが本当に残りわずかで、言い値に50元足りなかったんだけど、そう話したら、親切に、50元まけてくれました。
ありがとう!



台湾人、みんないい人ばっかりだ〜。



お財布がスッカラカンになってしまったのですが、さっき小籠包と海老ワンタン食べただけでまだちょっと小腹が空いているし、なにより台湾最後の夜なので、また少しATMでお金おろして、西門の街で最後の食い道楽に右往左往レストラン


09090531.jpg
(ダイソーは最近ちらほらできはじめたらしいです。39元=110円ぐらいか。「日本直輸入」って、「逆輸入」のまちがいじゃないのと思うのは私だけ? 爆笑)



09090532.jpg
(台湾の原宿ともいわれる西門。たしかに、ビルやネオンの雰囲気が、原宿に見えないこともない)



09090533.jpg
(フルーツの切り売り、ドラゴンフルーツを頼んだら、まるまる一個カットしてくれた。多すぎ・・・でも完食)



最後の最後に、りょこたんが屋台でどぉ〜しても食べたかったものがあります。
それは「大根餅」
文字通り、大根で作ったおもちで、中国語では「蘿蔔餅」と書くらしいですが(大根=蘿蔔なんですって)、前に、仙台の台湾料理やさんで食べてめちゃめちゃおいしかったので、、、

「蘿蔔餅」の文字を頭に焼き付けて、台湾の原宿をうろうろする(笑)

・・・あっ!

あった!!!!!


09090534.jpg


やった〜!


私の願望達成力ってすごい!(笑)


指さしで「蘿蔔餅」の字を指さして、これください、って言ったら、オイスター?って聞かれて、つまり、牡蠣と一緒にまぜる?みたいなんだけど、他に何があるかもわかんないし、牡蠣好きだし、はい。って答えてみた。


おっちゃんは、鉄板で牡蠣を炒めはじめ、そこに、ネギや卵を投入、さらに大根餅らしきものを投入し、さーっと炒めて皿に盛り、上からタレをかけて終了。


おいしそう〜レストラン


09090535.jpg


そこいらへんのベンチに腰掛けて、いっただきま〜す黒ハート



・・・んま〜いわーい(嬉しい顔)



私が前に仙台の台湾料理やさんで食べたのは、たんに焼いただけの大根餅だったけど、これは、とろ〜り溶けたお餅が、牡蠣と半熟卵といいかんじにからみあって、甘じょっぱいタレがさらにからんで、めっちゃめちゃうまいってばコレ!!!!!
うまいし安いし(50元;150円)サイコーだ。

台湾最後の晩餐は、こんな、激うまB級グルメでございました。。。



あ〜やばい。

台湾まじでやばいです。

今日で終わりだなんて、、、寂しくてしょうがない。

・・・まぁ、どっちかっていうと早く帰りたい気分ではあるのですが(笑)、最後の街がこんなに楽しくてサイコーなところで本当によかった!



宿に戻ると、部屋に日本人がいました。

1週間も泊まって、この宿で日本人見たの今日が初めて!

街んなかで日本人めちゃめちゃ見るけど、ほとんどみんな、ツアー(団体 or パッケージ)で来てるんだろうから、こんなバッパー宿にはあんまり来ないんだろうね。

その人は、社会人で、長い休みが取れないので、今回は土日プラス月曜有給の3日間弾丸台湾ツアーだそうです。
飛行機ずいぶん安かったみたいだけど、3日間っていっても実質使えるのは明日1日だそうで、、、ほんとに弾丸だなぁ。
こんないいとこ1日だけなんて、実にもったいない!



台北どこがおすすめですか?って聞かれたけど、

おすすめの場所っていうか、、、

ここでは、観光名所をめぐるよりも、おいしいものを食べ歩きながら、いかに地元の人とからむかが面白いような気がするんだ。

って答えた。



観光名所をめぐるだけの旅だったら、1回行ったらもう当分行かなくてもいいって思う。

けれど、台湾は、何度行ってもそのたびに面白いことがありそうな。
そんな気分にさせてくれるところなんです。



シャワーを浴びて、荷造りをして。



最後の台湾の夜は、こうして更けてゆきました・・・



↓人気blogランキング↓
blogram投票ボタン
posted by りょうこ at 23:59 | 宮城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009ヨーロッパリベンジ台湾おまけつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

55日目台北・淡水:まだまだ終わらない

昨日まで3日間、かなりめーいっぱい遊んだので、トミーが今朝、日本に帰ったらなんだか、ほわぁ〜っと気が抜けてしまったかんじ。

帰るまであと2日、なんとなーく過ごして私もさっさと日本に帰ろっと。



今日のブランチは、こないだも食べた、宿の向かいにある弁当やさん。


09090401.jpg


台湾の弁当やさんは「便富」とかきます。

何も言ってないのにテイクアウトにされた(笑)

(店内で食べてもテイクアウトしても値段は同じ50元(約150円)



09090402.jpg 09090403.jpg


こないだ排骨肉にしたので、今日は角煮で。
安いよねぇこれで150円って。
しかもおいしいです。



09090404.jpg
(宿の近くで火事騒動があったらしい。もう鎮火してたけど。。。火事こわいなぁ)



で、昨日、KaiyuとHochiが、行天宮というところの地下街に占い師がいっぱいいるよ、って教えてくれたので、それはぜひ行かねば!!!!!

というわけで、まず行き先は行天宮。



バスだと行天宮の前まで行くらしいのですが、どこから乗るのかもよくわからないので、MRTで行くことに。

台湾に限ったことではないのですが、旅行先でバスってなかなか乗りづらいです。
だってさ、仙台人の私にとっては東京ですらバスは乗りづらいですもんあせあせ(飛び散る汗)
もっと言うと、仙台人ですら仙台のバスの乗り方わかんない人だっているよねあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
よほど、こないだの故宮博物館のように、歩くのはちょっとキツい距離となればしょうがないけど、駅から歩けるなら地下鉄で済ませたいなぁというかんじ。



09090405.jpg
(MRT中山國中駅から行天宮に向かう途中にあった、お寺。椰子の木とお寺と広い道路、車、ってなんかめっちゃアンバランス。笑)



今日も炎天下のなか、だーだーになりながら歩いて行天宮到着。

メインは占いだけど、せっかくなので、一応行天宮もさらっと見ていく。



09090406.jpg 09090407.jpg


09090408.jpg
(なんか、お祓い?祈祷?みたいなのしてくれる人がいて、みんな並んでた。)



三国志の英雄、関羽がまつられているらしいです。
ということで、武神・商業の神として祀られているらしいですが、なんかさ〜、お参りの仕方が、日本よりフクザツで、まわりの台湾人のやりかた一応見てたんだけど、何度見てもよくわからない!
人によって微妙に違うしあせあせ(飛び散る汗)

まぁ、、、戦いとか商業について今のところお祈りする必要もないし、いっかぁ、というわけで、お参りせずに退散。。。



さ、占い占い♪



意気揚々と(?)行天宮の目の前にあった階段を下りて地下街へ。



いるいる、占い師さんがいっぱい!



さて、誰にしようかな〜、と思ってぶらぶらしていたら、一人の女性にとっつかまりまして、日本人だなんて言ってないのに流ちょうな日本語で、人相手相四柱推命姓名判断米粒占いで総合運勢1000元です、と説明され、じゃ、お願いします、と即決。

その女性はたんなる通訳で、占い師さんはおだやかな笑顔のおじさまでした。

おじさまが何か言う毎に、女性が流ちょうな日本語で説明してくれるので、大変わかりやすかったです。

かんじんの占いの内容はといいますと、

まぁ、いいことばっかり言われました!!!!!わーい(嬉しい顔)

仕事もお金も健康面も問題なし、と!



ことお金に関して言えば、「あなたは死ぬまでお金に困りません、使う分は入ってきます。老後の心配もいりません」って

やったぁ〜!!!!!



「ただし、貯金はできません」(爆笑)



・・・まぁ、使う分のお金が常に入ってくるのであれば、貯金する必要ないもんねぇ。




んで、一番ウケたのは「あなた今まで異性運悪かったですね」って



はい、そのとおりでございます!!!!!(爆笑)



「今年から異性運よくなってます。来年がチャンスです。出会い、もしくは今までの知り合いの中から発展がありますので、それを大事にして、再来年までに結婚してください。」との事。



はーい、がんばります!!!!!



あ〜よかった。
すっきりさっぱりいい気分ぴかぴか(新しい)



占いが終わったらなんかもう、今日の日程終了!という気分になってしまったので、こないだ新北投温泉で知り合ったあゆみちゃんに電話かけてみることにした。
暇だったら電話くださーい!って言ってたし、トミーだけクラブ行ってずるいし(笑)

でっ、あゆみちゃんに電話かけてみたら、今日の夜、あゆみちゃんの友だちの台湾人の友だちの日本人男子(ややこしいな)をクラブに案内しなければならないので、一緒にどうですか?こないだトミーさん連れてったとこに行く予定なんですが、って言われたので、

ふたつ返事で、行く行く、と。(笑)

とりあえず、夕方、西門で待ち合わせして少し観光しましょう、ってことになり、それまでホステルに戻って一旦休憩。。。



夕方、「台北の原宿」といわれる西門であゆみちゃんと合流



09090409.jpg



かき氷やさんで休憩しつつ、



09090410.jpg
(豆とかシロップ、ゼリー、etc.具は自分で選びたい放題セルフで皿に取り、その上に氷を盛ってもらう。50元。練乳がけは別料金10元)



どこに行きましょうかね〜っていいながらガイドブックをめくり、結局、淡水(ダンスイ)というベイエリアに行ってみることに。

わ〜淡水!行ってみたかったんだよねぇ。


MRTに乗って約30分、淡水に到着。

夕日が沈むのには若干間に合いませんでしたが、夕暮れがいいかんじです。


09090411.jpg



ここ淡水は、「台湾のサンフランシスコ」と呼ばれるおしゃれなベイエリア。とのことですが、サンフランシスコに住んでいたことのあるあゆみちゃんとしては、一緒にすんなぁ〜!とのこと(笑)

人がいっぱい居て、活気があって、いいけれど、なんというか、、、まぁ、アメリカ的なおしゃれ感には若干欠けるというか、どちらかというと日本の温泉街に近い。
台湾の熱海、ぐらいにしといたほうが(笑)



09090412.jpg



淡水も食べ歩きが楽しいところです。



09090413.jpg
(名物の長〜いアイスクリーム、10元(30円)。味も10元っぽい(苦笑)



09090414.jpg
(春巻きの皮に、海老のすり身?を巻いて揚げたもの。15元)




少し離れたところまで遊覧船で行けるというので、乗ってみた。
(遊覧船というより漁船でしたが、、、苦笑)



09090415.jpg



おぉ!


こちら側のエリアは、さっきのところよりちょっとおしゃれで、サンフランシスコぽいかもしれない(笑)



09090416.jpg
(おしゃれスポットで、名物、ジャンボチキンにかぶりつくの図)



きれいな夜景を見ながら少し散策して、また、船で、淡水駅前のエリアに戻りました。



09090417.jpg
(満月)



MRTで台北に戻り、そして、今日、クラブに着ていく服なんか全く持ってないりょこたんのために、台北駅の地下街で、超激安100元(300円)ショップめぐりブティック
女子はみんなけっこうおしゃれしてくらしいので、Tシャツジーンズビーサンじゃいくらなんでも浮きまくりモバQ
かわいめのキャミの下にジーンズ、的なかんじならアリですよというあゆみちゃんのアドバイスもありつつ、トップスだけ買うことにしました。
なんとか、これならクラブに行けそうってな服を無事みつけてゲット。

ってか300円ってw



一旦宿に帰って着替えてから、いざ、クラブにレッツラゴーグッド(上向き矢印)



あゆみちゃんの友だちの友だちはあゆむくんと言って(最初聞いたとき、シャレかと思って吹いた)、東京の大学生。
東京でもクラブには時々行くそうで、台湾のクラブをぜひ体感してみたいのだと!

台北の、踊る系のクラブではもっとも人気があるというLUXYというクラブに行ったのだけど、今日は、23時まで入場するとタダなんだって!
(通常は、入場料600元(1800円)、ドリンク付き)

しかも、腕にスタンプさえ押してもらえば、何回でも入退場できるので、中で高い飲み物買わなくても、コンビニで安い酒買って飲んで、いいかんじに酔っぱらったらまたクラブに入る、というテを使うんだそう。

なるほどひらめき

少し遅い時間にならないと盛り上がらないということなので、外で2杯ぐらいアルコール飲んでから、24時くらいに再入場。

すげっ。

めちゃめちゃ人が居る!!!!!

そりゃもう、踊れないぐらいの密着度。

んでやっぱり、女子はおしゃれさんが多いぴかぴか(新しい)
みんな相当、気合い入れてるなぁ〜。



時々、ステージにLUXYガールっていうのが出てきて、ダンスショーを披露したり(そしてそれをデジカメ動画におさめる男子多数)、火の点いたポールを華麗にあやつるショー?があったり、再びLUXYガールあらわれて、お客さんにウィスキー飲ませたりとか

日本とかだと、クラブでそういうショーとかはあんまりやらないらしい。



で、あれだ、女子があれだけ気合いをいれておしゃれしてきてるっていうのはやっぱ、誘って欲しいとか、むしろナンパ、お持ち帰りしてほしいぐらいなんだろうな。

けど、まわりの男子見てると、とてもじゃないけど女子を気軽に誘うタイプには見えない人もいっぱいいる(苦笑)
「LUXYでは男子は女子と踊ってナンボ」と聞いてはいたけど、実際、女子を誘って踊ってる男子はそんなに多くなかったと思う(トミーが女子を誘えなかったわけだ)



って、なにをそんなに冷静に状況分析してるんだろう私(笑)



それなりに踊って楽しんだけれど、なんといいますか、楽しかったというよりは、面白かった。という気分かな。



2時ちょい前ぐらいに、そろそろ帰ろっか、ってことになり、3人でタクシーに乗って帰ったんだけど、あゆむくん「俺、女の子誘って踊りましたよ〜!」って。
おぉ〜。すごい!なかなかやるな!!!!!



あゆみちゃん、今日は1日ありがとう!あゆむくんも!

「また台湾に来るときは連絡くださいね」って、うん、そだね!
また是非台湾には来たいと思う。
そんで、また、クラブに行きたいねぇ。
次行くときは、もちょっと気合い入れておしゃれして・・・(笑)



↓人気blogランキング↓
blogram投票ボタン
posted by りょうこ at 23:59 | 宮城 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009ヨーロッパリベンジ台湾おまけつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

@台北

台北に来て早くも6日目になりました。

最初の2日は、予想通り、いや予想以上に暑い中、ヨーロッパの疲れもありつつ、いつもの私にしたらかなりのんびりペースで観光し

次の3日は、仙台から私の台湾滞在に合わせてやって来てくれた友達と一緒に、夜な夜な夜市を歩き、九フン(ジュウフン;フンはにんべんに分)に行ってめいいっぱい遊び
そして、去年のコンチキ@アイルランドのルームメイトだった台湾人の子と再会して火鍋を食べに行き

食べ物がうまい(そして安い)
人々が親切

台湾は最高です。

台湾は、当初、飛行機の乗り継ぎのためのおまけツアーという位置づけでしたが、実際来てみたらめちゃめちゃ楽しくて、
今回は台北とその周辺にしかいけなさそうだけど、台東・台南のほうも含めていつかまた改めて遊びにきたいな〜って思います。

今まで中国語なんて全然興味なかったけど、台湾の人たちめちゃめちゃいい人たちばっかりなので、中国語話せたら楽しいだろうなぁ〜と思う。
日本に帰ったら中国語やろうっと。

今日・明日と遊んだら日曜日の午後には仙台に帰ります。。
ラストスパート楽しもう!!!!!
posted by りょうこ at 10:44 | 宮城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009ヨーロッパリベンジ台湾おまけつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

54日目九フン・台北:レトロな街&また懐かしい人との再会

今日はトミーと、九フン(ジュウフン;フンはにんべんに分)にレッツラゴー。
朝9時半に、ジュウフン行きのバスが出る忠孝復興駅で待ち合わせ。

約束の時間ちょうどに、トミーが待っていてくれて、バス停も無事みつかり、さぁジュウフンへ!と思ったら、そのバス停の前で、タクシーの運転手さんに、ジュウフンに行くならタクシーで200元!とか言われて、

んなあほな。

こないだ、夜市の帰り市内ちょっと走ったのだって200元以上とられたのに、バスでだってジュウフンまで一人90元ちかくかかるのに、タクシーが200元だなんてウソに決まってる!
着いたとき、ゼロいっこふやして2000元とか請求したりすんでしょ絶対!

(タイを旅行したとき、そういうトラブルがあるので注意、ってこと学んだ。絶対同じ手口だ!!!!!)

と思ったのでまともに相手にしなかったんだけど、でも、そのタクシー運転手が、「ジュウフンに行くならこのバスだ」って、来たバスを指さして教えてくれた。
そのバスの行き先表示にはジュウフンなんて全然書いてないので、ウソだぁって思ったけど、バスの運転手に聞いてみたら、行く、っていうんだよね。

台湾のバスは・・・ちょっと意味不明。。。



ともあれ、無事、ジュウフン行きのバスに乗って席に着いた途端、トミーがいきなり「りょうこさん、俺・・・昨日、クラブ行ってきました!」って



ハァ〜〜〜〜〜?????



私と別れてホテルに帰ってから、あ〜〜〜〜クラブ行ってみたいなどうすっかな〜〜〜〜と悩んだ彼は、あゆみちゃんに電話をかけて、クラブに連れてってもらったらしい!



ってか、



誘えよ!!!!!



という話ですわ。。。



いや確かに、私は、昨日あゆみちゃんにクラブって言われても全然乗り気ではなかったですし、ヨーロッパの長旅後で疲れも若干あります。


でも!


一応、誘っとこうよそこは・・・。トミーくん・・・。




台北でも一番人気の高いクラブに連れてってもらったらしいのですが、そこって、けっこう、ナンパっぽいというか、、、女の子と踊ってナンボ。的な雰囲気らしくて。
でも、トミーは、一人で踊るのがせいいっぱいで、女の子と踊る勇気はなかったと・・・

・・・一体きみは何がしたくてクラブに行ったんだ。
という疑問もわきつつ

いずれにしてもそこは、私にも一応声かけてってほしかったわ。

まぁ、いいか。。。



そんなかんじでいろいろおしゃべりしていたら、ジュウフンまでの1時間ちょっとはあっというまに過ぎていきました。

くねくねした山道にさしかかり、見えてくる風景がなんだか「千と千尋」ふうの建物だったりして、そろそろか?と思う頃、バス運転手さんの「みなさんここがジュウフンです」というアナウンス。
着いたらしい。(笑)



着いてすぐ、目の前にあった展望台から海を眺める。



09090301.jpg


うわ!

すごーいぴかぴか(新しい)

きれいだなぁグッド(上向き矢印)

ちょっと、宮城〜岩手あたりのリアス式海岸の景色と似てるなと思いつつ、トミー曰く、実家の大分の風景とも似ているとのこと。

しばしこの風景にみとれたあとは、このレトロな雰囲気に若干似合わない、セブンイレブンの脇からはじまるおみやげやさん通り基山街を散策。


09090302.jpg 09090303.jpg


当然ここでもくいだおれツアーです(笑)
ってか、ホテルで朝食が出るトミーはいいとして、私は安ホステルなので朝食なし。めっちゃ空腹!

最初にグァバの生ジュース、次に、ジュウフン名物の魚丸湯(つみれのスープ)、そしてもうひとつジュウフン名物の芋圓(ユィーユエン)


09090304.jpg


・・・この写真じゃなんのこっちゃさっぱりわかりませんが(苦笑)
芋圓というのはつまり、芋だんごのおしるこ、のようなものです。
夏は氷を入れて冷やして食べるんだって。
いろんな色・味の芋だんごに、小豆や緑豆が入って、ほのかな甘みがおいしいかわいい


芋だんご屋さんで、向かいに座っていた日本人の女子大生2人組、りさちゃんとひろこちゃんといろいろおしゃべりしつつ
初海外旅行がこの台湾だそうです。初々しくていいなぁ。
と思っていたらひろこちゃんは、秋にもインド一人旅を決行する予定だとか・・・そりゃずいぶんといきなりハードル上げたねぇ(笑)

旅先で知り合う人とはやっぱり旅の話がはずみます。



芋だんごを食べ終わってから、また、ぶらぶら歩く。



09090305.jpg 09090306.jpg



ほんとに、この雰囲気と景色が最高にいいかんじです。



長めのいい茶芸館(台湾茶の喫茶店)を見つけたので、ちょっと休憩することに。



09090307.jpg



台湾では、街のあちこちに、お茶一杯20元くらいで飲める「お茶スタンド」があるのですが、そういうんじゃなくて、ちゃんと席についてのんびり台湾茶を飲んでみたい!と思っていたので、夢がひとつ、叶いましたぴかぴか(新しい)
一人じゃまず入れないので、、、ほんと、トミー来てくれてありがとう!だなぁ。



09090308.jpg 09090309.jpg



茶芸館の料金システムは、お茶っぱ代に、お湯代(一人あたり)を加えて払うようになってます。
台湾茶は、1回お茶っぱを急須に入れるとその葉っぱで何杯でも飲めるので、長居するにはぴったり。何時間でも居れます。
お湯は、ちゃんと、鉄瓶に入って火にかけられて、冷めないようになってる。スゴイ!
お湯がなくなったらおかわりOK、つまり、お湯代=場所代、ということのようすです。※店によっては、何時間まで、という制限があったりもするらしい



最初だけ店の人が入れ方の見本を見せてくれました。
お茶っぱを急須いっぱいに入れて、一煎めのお茶は、茶碗をあたためるために使う(捨てる)。
そのあと、急須の上から全体にお湯を掛けてあたためたあと、急須の中にお湯を注ぎ、約1分。二煎めから飲みます。



・・・



うわ



これ、めっちゃ、おいしい・・・・・・!!!!!



高山烏龍茶というのを飲んだんだけど(有名な、凍頂烏龍茶よりもさらに標高の高い地域で取れるお茶らしい)、こんな香りのいい烏龍茶飲んだことナイ!って身震いするぐらい、、、おいしい。
黄金色で、花のようなあまい香り・・・



お茶は最高だし、景色も最高だし、


09090310.jpg 09090311.jpg



そりゃ話もはずむってなもんです。

たっぷり2時間、まさにお腹がたぷたぷになるまで、お茶飲んでおしゃべりして、まったり過ごしました。


引き続き、町歩き&おみやげやさんを物色


09090312.jpg
(観光「が」イド・・・台湾では、あちこちで面白日本語表示をみかけます。あと、なんでか、レストランの日本語メニュー、炒め物が「炒めます野菜」「炒めます海老」「炒めます○○」なんだよねぇ。どこのレストランでも同じ間違い。。誰か教えてあげて〜!笑)



09090313.jpg 09090314.jpg
(このあたり、映画の撮影で使われたこともあるらしくて、一番人気の写真スポット)



軽く道に迷ったら、突然目の前にあらわれた建物


09090315.jpg


すご〜。。。

まさに「千と千尋」っぽいかんじ。



あ〜ほんとにジュウフンに来て良かった。

「地球の歩き方」ではたいした扱いじゃなかったので、スルーしてたんだけど、実際かなり人気の観光地らしいということは後から知った。
トミーがどうしても行きたいって言うので、一緒に来てみたら、めちゃめちゃいいとこで、来てよかったなぁ〜っと。



帰りのバスは爆睡・・・バス



夕方、台北に戻り、忠孝復興SOGOの前のバス停で降りる。
昨日あゆみちゃんにすすめられた小籠包を食べに行こう!ということになり

がしかし、忠孝復興SOGOに入ってる店、までは覚えていたけど、かんじんの店の名前を覚えていない。。。

で、トミーの持ってたガイドブックに、忠孝復興SOGOのなかにある中華料理やさんが載っていたので、そこに行くことに。

11階の、點水樓という店で、小籠包、野菜の蒸し餃子、大根パイ?を注文。


09090316.jpg 09090317.jpg


昨日は、夜市だったけど、今日はレストランだからきっともっとおいしいはず!
ワクワクしながら小籠包をぱくり。

んま〜いわーい(嬉しい顔)

・・・いや、でも、正直、え、こんなもん?という感もぬぐえず、、、
屋台のより倍はおいしいのは確実だけど、このぐらいだったら日本でも全然食べれそうな・・・

まっでも、野菜の蒸し餃子も大根パイもおいしくいただきましたよ。

小籠包、5個入りだったので最後の1個をかけてじゃんけんしたら、負けた・・・ちくしょっ
まぁ、トミーは今日で最後だし、私はまだあとまるまる2日あるから、リベンジできるし、いっか。



そして今晩は、大事な約束が・・・



昨年春のヨーロッパ放浪旅、アイルランドで参加したコンチキバスツアーのとき、ルームメイトだった台湾人Kaiyu(英語名キャサリン;Kaiyuという発音が外国人には難しいので、英語ニックネームを持っているのだそう)に連絡を取って、ごはん食べにいこーよ!という約束をしていたのです。

実際、あのコンチキのあとほとんど連絡取ってなかったので、最初のメールの返事には「びっくりした」と書いてありましたが(笑)
ともあれ、ご飯たべにいこーよという私の誘いに快く応じてくれて、うれしい限り。

せっかくならトミーがいる間のほうがいいかなと思って、今日のディナーということになりました。

やっぱ台湾といえば火鍋でしょー!という私たちのリクエストに応えて、店を予約してくれたKaiyu。
ネットで場所を調べて、店の前で直接待ち合わせ。

久しぶりだなぁ、ドキドキ。
変わってないかな?

約束の時間をちょっと過ぎてしまいつつ、火鍋のお店「太和殿」に到着してみると、、、いた!
Kaiyuだ!!!!!
コンチキのときはずっとジーンズだったけど、今日は女の子らしいワンピースを着て、髪もちょっと短くして、なんだかかわいらしくなったかんじ。
5月に婚約したばかりというフィアンセHochiと一緒に、私たちを待っていてくれました。



すげ〜。

なんかめっちゃうれしいんだけど〜!!!!!

マジすごくない?
アイルランドで知り合った台湾人と、こうして台北で再会できるなんて・・・

あ〜ほんと感動だわ・・・



なにはともあれ、さっそく火鍋をいただきましょう!



09090318.jpg



鍋がまんなかで仕切られていて、かたほうには辛いスープ、かたほうはあっさりスープ、肉や野菜、海老団子、豆腐などいろんな具を煮込んでいただきますが、牛肉は、日本のしゃぶしゃぶ式に食べます。

どんな具が食べたい?ときかれたのだけど、何を入れるかさっぱりわからないので、全部KaiyuとHochiにまかせました(笑)

さぁ、いただきましょー!


うーん・・・辛いっっっッッッ!!!!!がく〜(落胆した顔)


でも、めちゃめちゃおいしい!!!!!わーい(嬉しい顔)


たしかに透明なスープのほうは全然辛くないのだけど、でもやっぱ辛いほうがおいしいな〜。



私とkaiyu以外は初対面なので、まずはみんなで自己紹介。
それから、日本と台湾の違いや共通点、私たちが台湾に来てから行った・食べたものについて、私たちの住むまち仙台について、KaiyuとHochiが秋に京都に行く予定があるので京都のおすすめポイント、などなど、台湾ビールや、火鍋とともに飲むという梅ジュースを飲みながら、いろんな話をしてわいわいと火鍋をつっつきました。



ところで私は、英語はそこそこ話せますが、まったく中国語が話せません。
トミーは、カタコトの中国語と、もっとカタコトの英語
KaiyuとHochiは、英語はそこそこ話せますが、日本語は話せない(単語はちょっと知ってる)

というわけで、私たちの会話は、英語、中国語、日本語が入り乱れます。(笑)

私とKaiyu・Hochiは英語で話し
トミーが理解できない部分は日本語で通訳
かたやトミーはがんばって中国語で話しかけ
それを私が隣で指をくわえて見ている・・・と。


でも、あれですね、やっぱり、中国語と日本語には共通点も多いし、台湾にとって日本はとても身近な存在なので、彼らは日本のことをとてもよく知っているし、私もトミーも台湾が大好きになったので、話がしやすいし、盛り上がる!


いや〜楽しかったなぁ。。。



09090320.jpg
(太和殿の前で。Hochi、Kaiyu、りょうこ。撮影:トミー)



それから、台北いちゴージャスなエリアを少し散策。

なんか、六本木あたりに雰囲気似てるな〜と思ったら、まさにその六本木を模倣してつくられたエリアのようです。

めっちゃ豪華なマンションとか、デパート、そして、世界第二位の高さを誇るビル・台北101


09090319.jpg


「加油」(ジャーヨー)とは中国語で「がんばれ」

何に対して「がんばれ」なの?って聞いたら、8月に大惨事をひきおこした台風被害に対して、だそうです。
そっか〜。そういえばYahooニュースでちょっと見たなぁ、その台風のニュース。
被害の大きかった台南では、数百人の死亡者が出て、いまだに行方不明者もおり、復旧にもまだまだ時間がかかっているとのこと。

早く、台南の人々が平穏なもとの暮らしに戻れますように。。。



それから、ジャズバーに連れてってもらいました。

私としては、昨日トミーが行ったような踊れるクラブに行って、ぜひともトミーが踊るところをみたかったのだが、トミーに拒否されたので、じゃあ、音楽の聴けるところ、と、、、

ジャズの生演奏がかっこよい、大人っぽいゴージャスなバーバー

私は、大好きなサングリアを頼んだんだけど、これがまたスペインに負けないぐらい美味しくて



ハオチー!(好吃)



って、調子ぶっこいて覚えたばかりの中国語で叫んだらトミーに、「飲み物はハオフー(好喝)です」って小声でささやかれた。(爆)

・・・中国語ってなんでそんなにめんどくさいのむかっ(怒り)



まぁとにかく、ここでも引き続き、おしゃべりは耐えることなく

私とKaiyuの昨年のアイルランド旅思い出話とか、
今回の私の放浪旅について、
KaiyuとHochiが今年6月にフランスに行ったときの話、
私とトミーが知り合った旅カフェの話、
Kaiyu(医者)やHochi(SE)、トミー(鍼灸接骨)の仕事の話、etc.



そして、ここでの飲み代は全部、Hochiが払ってくれた。。。

実はさっき、火鍋代も、全部、おごってもらっちゃったんだよねぇ。。。

ど、どうする???ってトミーに小声で聞いてみたけど、もうとにかく、ありがとう、Thank you、シェシェニィ(中国語で「どうもありがとう」)って、ありったけ「ありがとう」を伝えるしかないよね、と。



名残惜しく、また会おうね、連絡とりあおうね、ホントにどうもありがとう。
って、KaiyuとHochiと別れて、地下鉄に乗ってるあいだじゅう、私とトミーは
「ってかめちゃめちゃいい人たちだ〜」
「本当にいい人たちだ〜」
「いいカップルだったなぁ〜」
ってそればっかり繰り返していて・・・



去年、Kaiyuとアイルランドのコンチキで1週間おなじ部屋で、バスもずっと隣の席で、自由時間も一緒に過ごすことが多かったので、思ったことがある。
Kaiyuはとても良い子なんだけれど、なんかちょっと時々、なんでそういう鼻につく言い方すんのかなって思うようなことがあって、それって多分、Kaiyuは子どもの頃からずっと成績トップクラスで、医学部に進んで、医者になった。という、エリートコースを歩んできた子だから、プライドが高いんだろうなぁと。

プライドが高いこと自体、私は、悪いとは思いません。
それはそれで、大事なことだと思う。

けれども、Kaiyu自身が、そのプライドの高さに苦しむことがあるんじゃないかな、と。。。

Hochiは、すごく穏やかで、聡明な人なので、そんなKaiyuをずっと優しく守ってくれそうな気がするんだよね。



そんな二人の幸せを願わずにはいられません。



またいつか、あの二人に会えたらいいな。
というか、絶対会えるだろう。
台湾で、もしくは日本で。
きっとその頃には夫婦二人仲良くしているんだろうな。
私とトミーもそれまでずっと仲良くしていれたらいいな。



そして、明日の朝には日本に帰るトミーとも今晩でお別れ・・・



トミーとはまだ、知り合って3ヶ月ぐらいしか経ってないのに、しかもそのうち2ヶ月は私、旅に出ていたし(爆)
数回しか会ったことないのにいきなり台湾で3日間も一緒に過ごして、めちゃくちゃ楽しかった。
いろ〜んな話をして、トミーの人となりがわかったし、人の治療にかかわる仕事という意味で分野的にも近いうえ、人を治療するという点での考え方や、仕事そのものに対する考え方、人生観とかも似てることがわかって、本当によかったなぁって。

来てくれてありがとう、トミー。
おかげで私の台湾旅は、当初ただの乗り継ぎのおまけイベントだったのに、めちゃめちゃメインイベントに昇格しました。
あんまりにも楽しすぎて、あっというまの3日間だったよ。



じゃ、また仙台でね、って言ってトミーと別れ、一人ぼっちになった私。
急激に寂しさが襲ってきて、涙がぽろぽろこぼれてきました。。。



↓人気blogランキング↓
blogram投票ボタン
 
posted by りょうこ at 23:59 | 宮城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009ヨーロッパリベンジ台湾おまけつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

53日目台北:故宮博物館と、再び温泉&食い道楽

昼間、トミーはツアーについてる台北市内1日ツアーがあるので、夕方待ち合わせの約束。

なので私は、のんびり起きて、宿の近くの、台湾名物牛肉麺のお店に行ってブランチ。


09090201.jpg 09090202.jpg


台湾に来て4日目で学んだこと・・・

台湾で、何か食べよう!と思うとき、屋台、コンビニ、欧米系ファーストフード、地元の人が行くような安食堂(エアコンなし)、ちょっと良さげなレストラン、といろいろあるんですが、コンビニやファーストフードはひとまずおいといて、屋台・安食堂・良さげなレストラン、で、だいたい同じ物食べられたりします。
あんまり味はかわらず、むしろ屋台や安食堂のほうがおいしいぐらいで、値段の差は場所代なんじゃないかと・・・

この牛肉麺、もちろん、おいしかった。
が、値段(210元;600円)ほどのおいしさは感じなかった・・・いやむしろ、地元の人が行くような安食堂で、安くて(5〜60元ぐらい)おいしそうな牛肉麺見かけたっけなぁ、、、というかんじ。

なので、値段の差は、エアコンの効いた場所代なのかな。とか思ったりするわけ。



今日のトミーの市内観光に、国立故宮博物館が入っていたので、んじゃ私も今日行っておこうかなっと思って、MRTとバスを乗り継いで、国立故宮博物館へ行きました。

(あとで知ったのだけど、私の宿のある、西門から直通バスがあったらしい・・・。)



09090203.jpg



すごい!

外観は、さすが世界四大博物館のひとつだけあるなぁ!!!!!ってかんじで、威風堂々たるたちふるまいです。



※世界四大博物館・・・
 ルーヴル美術館(フランス・パリ)
 エルミタージュ美術館(ロシア・サンクトペテルブルグ)
 メトロポリタン美術館(アメリカ・ニューヨーク)
 故宮博物館(台湾・台北)
だそうです。
世界最大ともいわれるイギリスの大英博物館は入ってないんですねぇ。。。なんでだろう。



世界四大博物館がなんで台湾なんかにあるんだろう(「なんかに」っていうと失礼だけど、しかしあとの3つを見るとあきらかに台湾だけ浮いてますよね)と思ったら、つまり、中国全土から、中国4000年の歴史をかけてあつめた至宝の数々を守るために、戦争のときに、本土から台湾に移し、そのまま台湾で公開を始めた、ということだそうです。

って、そういうこと何も知らずにここに来る私もなんだかなぁとか思いつつ(汗)、さっそく中に入って見学。



※館内は写真撮影禁止です。こっそり撮ってる悪者もいたけど。。。



展示物保存のため、年間を通じて20度ちょいに設定されているという館内はひんやりしていて気持ちが良い。

中は3階建てなんですが、有名なものはほとんど3階にあるらしいです。
おいしいものは最後にとっとくタチのりょこたんは、1階から順に見学(笑)

1階は特別展、仏像の展示がいっぱいあって、仏像好きとしては鼻息も荒くひとつひとつ見て回りました。
2階には、宋代〜清代にかけての陶磁器、絵画・水墨画、書などなど

ヨーロッパにしょっちゅう行ってるわりには世界史すらよくわかってないのに、中国史なんかさらさら知るわけのない歴史オンチのりょこたんですが、ただ見て歩くだけでもけっこう面白い。
色鮮やかな陶磁器や、すっごい手の込んだ彫刻とか、大きな水晶球、どうやって作ったんだろう?という17層もの繊細な装飾のボール、、、
すごーい!と声をあげたくなるようなものがいっぱい。

中国史がわかんなくても面白いのだから、中国史がわかっていればさらに面白いのでしょう。。。

2階を見て歩いているあいだに、ツアー中のトミーとばったり会って、またあとでねって言ってひきつづき見学。

3階には、故宮博物館のメインとも言える展示物が!

それは、翡翠でできたほんものそっくりの白菜の彫刻と、ほんものの豚の角煮そっくりの彫刻。

大きさは、すんごいちっちゃいんだけど、見た目はほんものそっくり、かつ、美しい!

すごいな〜!

って思ったけどでも!
中国四千年の至宝をあつめたこの博物館の目玉展示物がこれ、って言い切られるとどうも違和感が(苦笑)
いや確かにすごいんだけどさぁ、つまり白菜と角煮でしょ?みたいな、、、

そうはいいながらも、売店で白菜のブックマーク買っちゃったんだけどさ。



09090204.jpg 09090205.jpg

09090206.jpg

09090207.jpg 09090208.jpg

09090209.jpg



日差しがだんだん夕方ぽくなってきて、5時頃、トミーの市内観光の終点、DFSギャラリア(ブランド品の免税デパート)で待ち合わせということになってたんだけども、もうとっくに5時だあせあせ(飛び散る汗)

やばいやばいあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)



09090210.jpg
(故宮へのもより駅、MRT士林駅前)



「地球の歩き方」の地図を頼りに、DFSギャラリアのあるあたりにたどり着いたはいいものの、入口がわからず、同じところをうろうろ、うろうろ、、、
結局、店内に入るまで20分ぐらい、迷いに迷いました。。。
地図上は、公園の地下にあるような描き方なんだけれど、実際は、グランドフォルモサリージェントホテル(晶華酒店)の地下にあり、入口もそのホテル内にあったむかっ(怒り)

なんでそういうことちゃんと書いてくれないかなぁ・・・
マジ訴えっぞゴルァむかっ(怒り)むかっ(怒り)むかっ(怒り)

しかも、台湾のややこしいことは、ガイドブックには「グランドフォルモサリージェントホテル」って書いてあっても、実際の現地表示は「晶華酒店」なんです!
あーめんどくさい!!!!!



そんなこんなで相当遅れてやっと、DFSギャラリアに着いたけど、まだトミーから電話が来ないということは、間に合ったということだ。よかった。
と、ほっとした、わずか2分後ぐらいにトミーから、ツアー終わってDFSに着いたよコールが。
結果的にナイスタイミングだったらしい(笑)



こないだ、トミーが出発する前日に、温泉に行った話をメールしたら、ぜひ行きたい!といって水着持参で来たそうなので、また、新北投温泉に行くことにしました。

・・・の途中、街をあるいていたら、COLD STONE(アイスクリームやさん)発見!
日本で食べるとかなり高いけど、いくらするんだろうと思いつつ、アイス食べたいので入ってみる。

日本人だというと、日本語を勉強しているらしい若い店員さんが、カタコトの日本語でメニューを説明してくれました。
すごい、台湾ってほんと日本人気だなぁ。

値段は、やっぱり日本よりちょい安めだったので、ふんぱつして、ワッフル付きミディアムサイズを注文。

マンゴー星人の私は、やっぱりマンゴー入りのアイスを食べて、トミーは秋の新作を食べてました。


09090215.jpg


おいしぃ〜グッド(上向き矢印)


で、そこから新北投温泉へ。


2回目(笑)


こないだ行ったときはまだ明るかったので、夜の露天風呂というものいいものです。
なによりこの前は暑かったので、、、今日は夜で少し涼しいから、暑いお風呂にも入れるしいい気分(温泉)


トミーとしゃべりながら温泉にのんびりつかっていたら、「こんにちは〜」って、日本人女子に話しかけられた。
その子はあゆみちゃんと言って、来週から台北の日本語学校の先生になるために台北に住んでいて、ルームメイトのアメリカ人と、その同僚アメリカ人とさらにその彼氏の台湾人、計4人で温泉に来てました。
大学時代、アメリカに留学して中国語を専攻したので、英語ぺらぺら、中国語もそこそこ、語学が大好きなんですって。

んで、いろんな話をしていたんだけど、台北はナイトライフも楽しいですよ〜クラブとか!ってあゆみちゃんが言ったところに、トミーが、おもしろそう!と反応。
トミー、クラブとかよく行くんだ?って聞いたら、そうでもないけど。って、、、(笑)
私自身は、日本ではまずめったにクラブなんか行かないので、行くとしたら英会話つながりで半強制連行されるぐらいか、もしくは、海外旅行中にコンチキで半強制連行されるぐらい。

来週語学学校が始まるまでは暇なんで、もし台湾にいるあいだに暇だったらぜひ遊びましょう、連絡くださ〜い、というあゆみちゃんと連絡先を交換してお別れ。



で、MRTに乗って、台北最大の夜市、士林へ。


09090211.jpg


今日は朝から、雨が降ったりやんだり晴れたりまた降ったり、というへんな天気だったのだけど、温泉に入ってるあたりからずっと、雨が止みそうにないかんじ。

だけど、この士林の夜市は屋根があるので全然平気!!!!!


09090212.jpg
(フルーツかき氷やさん)


09090214.jpg
(私たちは食べなかったんだけどこれ、あんこ?かなんかの入ったパイを、クレープ生地の上でがつんと砕き、きなこかシナモンかなんかの粉をかけて、くるっとクレープで巻いて食べるお菓子、のようす。そんなふうにして食べる意味がいまいちよくわからないけど、、、)



さっきCOLD STONEでアイスを食べたばかりなのであまりお腹すいてなかったけど、でも、野菜入りの饅頭、スイカジュース、そして念願のこれ


09090213.jpg


小籠包(シャオロンポー)!!!!!


トミーは台湾行きが決まってからメールでも口でもずっと小籠包食べたい〜!って言ってたし、私だってもちろんそう。

でっ、食べてみた!

・・・屋台だし、まぁこんなもんかな?というかんじ。
悪くないけど、たぶんもっとおいしいお店はいくらでもあると思う。
さっき温泉であゆみちゃんに、忠孝復興のSOGOにおいしい店がありますよ〜☆って聞いたので、明日そっちに行ってみよう!と。



士林の夜市は、屋台エリアと雑貨エリアが離れています。
せっかく来たんだから雑貨エリアも行かなきゃ!ってわけで、満腹になったとは、雑貨エリアに移動。
だてめがね屋さんで、トミーがめっちゃイケてるサングラスをget、私は、昨日こわれたサンダルの代わりにかわいいビーサンを購入。

アジアでのチープな買い物はやっぱりたのしい!

そして、ガイドブック見て食べてみたいな〜と思ってた「胡椒餅」(フージャオピン)を発見、満腹だけど食べたい!!!!!というわけで、トミーとはんぶんこして食べました。
香ばしいパン生地のなかに、肉汁たっぷり胡椒のきいた豚肉が入ってウマ〜!
なんだけど、私はむしろ、トミーが、一生懸命中国語で店のおっちゃんおばちゃんと会話してるところに感動しすぎて、それしか覚えてないぐらい。
中国語のわからない私は脇で見てるだけ。。。

ってかトミーすごいなまじで。
いけてるサングラスかけて中国語しゃべってたらめっちゃカッコいいよ。惚れそうだもん!
って言ったら本人照れてましたけど。



あ〜〜〜私も中国語しゃべりたい!!!!!



※そういえば、ずっと「中国語」と言ってますけど、中国語とひとくちに言ってもいろんな方言があるのは有名ですよね。
一般的に中国語といえば北京語ということになるのでしょうが、台湾でも一応、北京語が公用語になっています(そのほかに台湾語というものもあるそう)。
中国本土の標準北京語とは、若干、発音が違うみたいですが、標準北京語でほぼ問題なく通じるようです。
ただし、漢字表記はかなり違うそうで、中国本土で使われているのは略体字、台湾では繁体字(昔ながらの画数の多い漢字)。
(現在日本で使われる漢字は、中国本土と台湾の中間ぐらいですかね?)
そのため、標準北京語で書かれた本などは台湾人は読みづらい、もしくは、ほとんど理解できない場合もあるとか・・・。



トミーと胡椒餅やのおっちゃんおばちゃんとの会話は、どうしようもなくなると筆談になり、あ、筆談なら私も参加できる!ってかんじで、延々と話が盛り上がり、気づけばもう夜も12時近く。

士林に来る前、トミーに、昨日MRT乗り過ごしてタクシーになってしまったので、今日はMRTで帰れる時間に帰ろうね!って言ったら、今日はまさかそんなに遅くならないでしょう、って言われたんだけど、そのまさかが現実になりそうな時間(苦笑)

胡椒餅のおっちゃんに、君たちどこに泊まってるの?台北?何で帰るの?MRTの最終もうすぐだよ!!!!!って言われなかったら本当に今日もタクシーになるところでした、、、

雨の中、駅までダッシュでなんとかMRTに乗れて、台北駅でトミーとお別れ。



明日は、トミーが1日フリーなので、一緒に九フン(ジュウフン;フンはにんべんに分)に行く予定。
レトロな街並みで情緒あふれるところらしく、とっても楽しみです♪
晴れますように。



↓人気blogランキング↓
blogram投票ボタン
 
posted by りょうこ at 23:59 | 宮城 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 2009ヨーロッパリベンジ台湾おまけつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

52日目台中・台北:プチ遠征&迎えに来たよ

今日は、ちょっと足をのばして台中まで行ってみることにしました。

台中までは、新幹線で1時間弱

09090101.jpg

台湾の新幹線は、高速鉄道、略して高鉄というそうです。
日本の技術援助で2007年に開通したばかりだそう。
なので、見た目も、中も、乗り心地も、まんま日本の新幹線、、、外国に居る気がしない(苦笑)

値段はめちゃ安いです。
台北〜台中、120kmぐらい?離れてますが、料金は595元(約1700円)
もちろん、普通の電車はもっと安いわけですが、この値段なら新幹線に乗ってみようか〜と思うよね。

かくして、あっ!というまに台中駅到着

と、思ったら!

新幹線の台中駅というのは、街の中心部から離れていて、普通電車に乗りかえなければいけない、と、「地球の歩き方」に書いてある。。。

なんと。。。

しかし、その、普通電車に乗り換える駅というものが、全然、発見できず!!!!

ちょっと〜〜〜〜〜。。。

しかし、台中の中心に行くシャトルバスがあるっぽい標識をみつけたので、そのとおりに歩いていくと、バスターミナルを発見。
でも、行き先が、台中市内のあちこちに数路線あって、どのバスに乗ったらいいのかうろうろ、うろうろ、、、
路線図とガイドブックの地図を見比べて、それらしきバス停を発見し、来たバスに乗って、席につき、財布を見てびっくり!

小銭が全くございません!!!!!

台湾のバスは、おつりがでません。
両替機もありません。
なので、小銭をじゃらじゃら用意しておかなければならないのですが、、、

なんでこういうときに限って小銭がない・・・

バスを降りるとき、運転手になんて言っていいのやら、そして、小銭がない場合どうなるのか、もう、不安で不安で、挙動不審者みたいにそわそわしていたのだけど、

なんか、まわりの人、次々降りてくんだけど、お金を払ってる気配がない。。。

ま、まさかタダなんですかねこのバス???

一人、また一人と乗客が降りてゆき、そして、終点の台中公園(「地球の歩き方」の地図には中山公園と書いてあるむかっ(怒り) ふざけんなよマジでパンチ)まで乗っていた乗客は私一人・・・

そわそわしながらバスを降りようとすると、やっぱり、タダだった。



ラッキーぴかぴか(新しい)



と浮かれる気持ちよりも、「そーゆう大事なことはちゃんと書けよゴルァ〜〜〜〜〜!!!!!」という、地球の歩き方に対する怒りのほうが大きかったり・・・

(ネットで検索したら、こんなサイト発見→http://www.taiwanembassy.org/ct.asp?xItem=86107&ctNode=3591&mp=202&xq_xCat=tourism 最後のほうに「高鉄利用者は無料」ってちゃんと書いてある。。)

んも〜〜〜〜〜
無駄に緊張してドキドキしちゃったじゃないか〜〜〜〜〜



ともあれ、無事、台中中心部に到着。

09090102.jpg

台湾第3の都市、台中も、なかなかの都会です。

ほんっと、私、台湾を見くびっていたというか、びっくりすることばかりだ。



ガイドブックで目を付けていた、豚足専門店「阿水獅猪足大王」にレッツラゴー。
店に着くなり、ニホンジン?と聞かれて、はい。と答えると、店の人がカタコトの日本語でメニューを説明してくれました。
「アシ」
「アタマ」
「ゴハン」
「スープ」
「ハマグリ」
etc.

言われるがままに、ご飯と、はまぐりのスープ、豚足、サイドメニューに青菜?の炒め物をオーダー。(さすがにアタマを食べる勇気はなかった)


09090103.jpg 09090104.jpg


・・・うまっ


やば〜
これマジで美味しいわ〜〜〜〜!!!!!


プルプルの豚足もおいしいけど、はまぐりのスープもめちゃうまい。
そしてこの、青菜の炒め物、醤油味がもう日本のと全然違うのね!こってりしてて最高にウマ〜〜〜〜!!!!!

日本に住む中国人が、日本で食べる中華はまずい。という理由が今、よーくわかった。
もうこんな、青菜の炒め物からして味が違うんだもん。まずいと思うはずだわ。。。
でも私は、ニホンジンなので、日本で食べる中華も好きだし、こうして本場で食べる中華もおいしいと感じる。
それってめっちゃラッキーだと思う!(笑)



すっかり満腹・満足になり、炎天下を歩き出す。



09090105.jpg
(木陰に入るとけっこう涼しい)



09090106.jpg 09090107.jpg
(ヨーロッパの教会とはまったく雰囲気が違うのが面白い)


今日も飽きずに暑いなぁ〜〜〜〜〜たらーっ(汗)

もうだめだ、へばりそう!
と思った瞬間、かき氷やさんを発見。
神の救い!!!!!(笑)

そして、念願の!マンゴーかき氷にありつく。



09090108.jpg



これ、氷もほんのりマンゴー風味なんです。すばらしい!!!!!

そこに、山盛りフレッシュマンゴーがのっかって、たったの60元(180円)。

す、す、すばらしぃぃぃぃ〜〜〜〜〜!!!!!

くだものの中で何が一番好きと聞かれたら、迷わず、マンゴー、と言ってしまいそうなほど大好きなりょこたんです黒ハート
でも、日本ではあまり食べられないので、、、高いし、、、

台湾、、、

パラダイスだ、、、リゾート

ほんとに、夢の国だなぁここは、、、ぴかぴか(新しい)



(マンゴーが安く食べられるというだけで、夢の国だ〜!と思えるんだから、簡単でいいなぁと、自分でも思います。笑)



めっちゃおいしいマンゴーかき氷ですっかり元気になり、その斜め向かいにある孔子廟を見学。



09090109.jpg 09090110.jpg

09090111.jpg 09090112.jpg

09090113.jpg 09090114.jpg

09090115.jpg 09090116.jpg

09090117.jpg 09090118.jpg

09090119.jpg 09090120.jpg

09090121.jpg



いやなんか思わず、大量に写真をアップしてしまいましたが(笑)


きれ〜だなぁぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


台湾各地にある孔子廟のなかでも、このような宋式の建物は珍しいそうです。
白とオレンジのコントラストがさわやかで、でも通路の天井とかよく見ると緑や青がカラフル。


敷地内は人の姿もまばらで、しばし、のんびり。。。



で、そこからさらに、台中大仏というのがいらっしゃるらしい、宝覚寺までまた歩くことに。

地図を見るかぎり、さっきの、豚足やさん〜孔子廟が約2km、孔子廟〜宝覚寺が1km弱というところ。
パリのお散歩コースや、バスもタクシーもいないフランスの田舎道、そして、スイスの山々をずーっと歩き通してきた百戦錬磨?のりょこたんにはどってことない距離のはずなんだけど、いかんせん、暑い、暑すぎる。。。
台湾ではこれは、バスに乗る距離なんだなぁ〜としみじみ思いつつも、バスの乗り方もよくわからないし、歩いたほうが街並みを楽しめるのは間違いないので、とりあえず、がんばって歩くしかない。



さて、地図によるとそろそろ、宝覚寺のはずだけどねぇ、、、

と思った頃、目の前に現れたこれ


09090122.jpg


迷いようがなかった(笑)



ガイドブックでこのお顔を拝見して以来、どぉ〜しても本物を見てみたくてしょうがなくて、そのためにわざわざ台中まで来たといってもいいぐらい。



09090123.jpg



この笑顔、、、

癒されるわぁ、、、



09090124.jpg



鼻の下によく鳥が巣を作ることから、はなくそ大仏なんて別名もついているらしいけど、今日のところは、はなくそは確認できず。



境内では、なんか大規模な法事というか、お参りの人の列が絶えず。
そういう時期なのか、年中こんなもんなのか。。。?



※後日談
台湾では、9月3日が、旧暦7月15日、つまり今週は日本のお盆ウィークにあたるようで、そのお参りだったのだと思われます。



あ〜もうこの大仏、何時間見ていても飽きなそうだ(笑)



ていってもさすがに何時間も見ているわけにもいかず、後ろ髪を引かれる思い(?)で宝覚寺をあとにすることに。



09090125.jpg
(最後まで大仏様に見送っていただきました。笑)



ここから、台中駅方面に向かって歩いて帰っていくことにしたんだけど、



あ、あ、あ、あつい〜〜〜〜〜あせあせ(飛び散る汗)



歩いている途中、中友というデパートを発見、クールダウンのために迷わず入る。(笑)

台湾のデパートとか、コンビニとか、どこもかしこも、これでもかー!というほどにがんがんにクーラー効いてます。
そういうの苦手な人も多いと思うけど、私はかなりの暑がりなんで、非常にありがたいです。



で、

クールダウンのためにデパートに入ったのに、

なぜか、

数十分後には手提げの紙袋がふたつ・・・(爆笑)



MANGOっていう、スペイン?のユニクロみたいな店が、まぁ世界中にあるんですけど、日本でも東京にはあるのかな?少なくとも仙台にはない、、、
んで、いっつもヨーロッパに旅行に行くときには大概1〜2度はMANGOをのぞくんだけど、今回、考えてみたら一度もMANGOに行ってない。
このデパートにMANGOが入ってたので、ぶらぶら見てたら、めっちゃかわいい、パフスリーブのカットソーがあってさ。
値段が、890元(2500円ぐらい)

これは買いだ。

色違いで何色かあったんだけど、赤と緑でめちゃくちゃ迷ってたら、店員さんに、中国語でなにか話しかけられ、中国語わかりません。ごめんなさい。って英語で返したら、あ、そう、、、ってかんじで店員さん去りそうになり、



ちょ、ちょ、ちょっと待ったぁ〜!

なんかさ〜
台湾に来て何度かこういうことあったのだけど、中国語わかりません。っていうと、放置プレイされるんだよねぇ。
カタコトぐらいなら英語話せるだろうに、、、

(まぁ、日本のデパートでもそうだろうけどね。日本語わかりません、って英語で言われたら間違いなく放置プレイですよね。)



そのことが、私はめちゃくちゃ悲しくて、

あぁ〜、ちょっとでもいいから中国語が話せたらよかったのに。ってすごく思う。



ともあれ、この時は、私は赤と緑のカットソーでめちゃくちゃ迷っていたので、店員さんになんとしても立ち去って欲しくなかった!
ので、店員さんつかまえて、簡単な英語でゆっくり、どっちが似合うと思う?って聞いたら、う〜ん・・・って考えてくれて、グリーン。って。

・・・。

じつは、私も、自分には緑のほうが似合うと思っていたんだけど、この赤の色合いが好きで、迷ってたんだよね。

ってなことを、簡単に伝えたら、その店員さんは、赤でもいいと思う。若く見えるし!ってなことを言ってくれて、

じゃ、赤にする〜るんるん(笑)



レジで、どこから来たんですか?って聞かれたので、日本です。って答えたら、わぁ〜日本!いいなぁ〜!!!!!ってめっちゃ笑顔。

台湾では、日本は人気があるとは聞いていたけど、それは本当なんだなと実感。



まぁ、そんなこんなで、まず、紙袋がひとつ、増えた。



予定外に買い物をしてしまい、ほてってた体ももうクールダウンしたので、そろそろ出ようか〜と1階に降りたらさ、デパートの入り口のところに、小さなスウォッチショップがあったわけ。

スイスでさんざん迷って、結局1個買ったんだけど、台湾では値段がいくらぐらいなのかとか、気になるじゃないですか。
なので、ちょっと入ってみた。



・・・愕然。



スイスより安い!!!!!



な、なんで・・・。



そのブランドの国で買うのが一番安いんじゃないのぉ???

や、例えばさ、過去、日本よりバリ島で買うほうが、海外のブランド品は安かったりしたけれど、それよりなにより、そのブランドの本国で買うのがもっとも安い、というのがりょこたんの常識だったので、本当にびっくり。

びっくりというよりも、損した感・・・。



愕然としながら物色していたら、店員さんにまた、中国語ではなしかけられ、中国語わかりません。って英語で答えたら、また、放置プレイされかけたので、



ちょ、ちょ、ちょっとまったぁ〜!



台湾に来る前にヨーロッパを旅行していて、スイスでスウォッチショップでさんざん迷って結局1個しか買わなかったんだけど、台湾のほうが安いのでビックリです〜ってな話を店員さんに、英語で話したら、通じたみたい。

んで、あわよくばもう1個買っちゃおうかな〜って言って、スイスで見たときもいいなぁ〜って思ってたもの4つぐらい出してもらい、あーでもないこーでもないって試着しまくり。
若い店員さん2人も付き添ってくれて、カタコトの英語で一緒にあーでもないこーでもないって考えてくれて、結局、1個、ご購入。

この店員さん2人がめっちゃかわいくてさ〜。

台湾の女の子はかわいいなぁ。
一生懸命、慣れない英語で対応してくれて。親切に。。。
って、客だから当然なんですが、ヨーロッパなんかだと、客だからって親切にされるとも限らないので。。。

そんなかんじで、私としてはとっても気分良く買い物をしたんだけれど、この時また思ったのです。
中国語が話せたらもっと楽しいだろうに・・・と。



まぁそんなわけで、紙袋がふたつ、増えまして(苦笑)

ひきつづき、台中駅に向かって歩く。



09090126.jpg
(ふるめかしい市場)



今日は、こないだ南仏ボルム・デ・ミモザで買った、ペイントのかわい〜ぃサンダルを履いてうっきうきで台中に出かけてきたのだけど、


なんと!


そのサンダルの裏打ちが、半分、はがれました(号泣)


今日はき始めたばっかりなのに・・・早すぎ。


コンビニでアロンアルファみたいなの売ってないかな〜?って思って、コンビニに入ってみたんだけど、アロンアルファのような接着剤はなく、そのかわり、「万能接着剤」とかなんか書いてあるものが売っていた。

値段、10元(30円弱)

・・・そんな安いものが本当に「万能」なんだろうか?と不安になりながらも、他に接着剤が売ってないので、しょうがなくそれを購入。


半分裏のはがれたサンダルで必死で歩き続けるりょこたん。。。


んで、台湾といえば、あれも忘れちゃいけない!
パールミルクティー!!!!!

パールミルクティーで有名な春水堂の本店は、ここ台中にあります。
支店は台湾中にあるのだけれど、せっかく台中に来たのでどうせ飲むなら本店で・・・!


09090127.jpg



で、どうせ飲むならラージサイズで!!!!!



09090128.jpg



ん〜〜〜〜〜黒ハート
おいし〜い黒ハート黒ハート黒ハート



パールミルクティーを飲みつつ、さっき買った接着剤でサンダルの裏打ちをくっつけてみようと試みたのですが、

この接着剤、ようするに日本の「木工用ボンド」みたいなやつで。

サンダルの裏打ち、ラバーどうしをくっつけるのにはどうも不向きな様子・・・。

一応、ボンドつけてはみたものの、さてどうなることやら。。。



ボンドがなかなかかわかず、サンダルの裏ずるずるすべりながら台中駅まで歩いた。



09090130.jpg
(台中駅前)



09090129.jpg
(台中駅)



来るときは、新幹線で来たけど、帰りは特急で帰ります。
新幹線の駅までいくの大変だし、、、普通の電車にも乗ってみたいし。

台北ー台中、新幹線だと1時間弱、特急だと2時間強。
値段は約半額です。



09090131.jpg
(台中駅のホーム、帰宅ラッシュでごったがえしていた。)



台湾、いろんなことが意外にきちんとしているのでびっくりしていたけど、電車に関して言えばそうでもないようす。
遅れとかは日常茶飯事のようで、台北行きの特急は10分以上遅れてきました。
しかも、めっちゃ混んでいて、特急は一応全席指定のはずなのに、指定券持ってない人が他人の席にかってに座っていたりする。
私の席もしかり。。。
中学生ぐらいの女の子が私の指定席に座っていたので、Excuse me, it's my seat.って言ったら、めちゃめちゃビックリされ、あ、あ、あ、ソーリー・・・ってオドオドしていた。。。

あんまり、英語(外国語)で話しかけられたこととかないんだろうなぁ。
台中は、台北ほど観光客も多くないだろうし。
自分が中学生のときのこと思うと、英語で話しかけられたりしたらもうテンパって、ソーリー。すら出てこなかったと思う・・・
ごめんねぇ。って思いながら、席に座って爆睡・・・


台北まで2時間強、すっかり爆睡してしまいました。



その間も、例の木工用ボンドはやはりくっつかなかったらしく、、、電車を降りて歩いているうちに、いつのまにか、サンダルの裏打ちはすっかりはがれてどっかに行ってしまった(号泣)



悲しみにうちひしがれながら(?)向かうは台北市内の某ホテル。



仙台から友だちトミーが来るので、ホテルまでお出迎え!



お出迎えっていうか、、、

トミーとは、旅に出るちょっと前、6月ごろ知り合ったのだけど、「実は来月からヨーロッパに2ヶ月ぐらい旅行に行って、飛行機が台湾経由なので帰りに1週間ぐらい寄って帰ってくる」っていう話をしたら、え、台湾いいな〜合わせて行っちゃおうかな!台湾にヨーロッパ帰りのりょうこさんを迎えに行きますよ〜!!!!!なんて言われたのね。

でもまぁ、普通そんなの、社交辞令と思うじゃないですか。
がしかし、こないだ、南仏からパリに戻ったとき、トミーから「台湾行くことにしましたー!迎えに行くというほどではないですが、一緒に遊びましょう!」ってメールが。

え、ホントに来るのぉ???

そりゃすごい!!!!!

びっくりするやら、うれしいやら。。。



まぁそんなわけで、トミーが本当に、成田発着3泊4日のフリーツアーで台北に来ることになったと。
今日の夕方台北着、ホテルに着くのがたぶん9時頃だろうということで、9時ちょうどぐらいに、メールで聞いたトミーのホテルに行ってみた。

ロビーにはそれらしき人影はなく、まだ着いてないのかな?と思いながら、フロントのおっちゃんに、私の友だちがここに泊まってるはずなんですが、って英語で聞いてみて、トミーの名前を伝えたら、おっちゃんに、「いつきたの?」って思いっきり日本語で返された。
なんでタメぐち?(爆笑)
「あ、えっと、今日台北に到着予定で、、、」って日本語で返したら、予約名簿をチェックしてくれて、ちゃんとトミーの名前はあったようす。
で、「まだ来てないね。飛行機、何時に着くの?」ってまたタメぐち。。。
「7時ちょっと前ぐらいって聞いてます・・・」って言ったら、「もうすぐ来るよ。」ってまたまたタメぐち(爆笑)

ウケる。。。

ともあれ、ロビーでしばし待たせてもらうことに。。。

どうやら、トミーの使ったような、飛行機+ホテルのフリープランの御用達ホテルみたいで、日本人のお客さんが多いみたい。
ロビーには、日本語の雑誌や新聞もあり、ひっっっっさしぶりに日本語の新聞を読んでいたら、入口の自動ドアが開いて「おぉ〜!」と声をあげながら入ってくるのはトミーだ黒ハート

すごい!

なんか感動!!!!!

アイルランドでLynに再会したときとか
ニームでJeanやMonicaに再会したときとか
イエールでホストファミリーに再会したときとか

今回いろんな再会があったけれど、そういうのとは全然違う感動なんだよね。
仙台での日常の私を知る人と、海外で待ち合わせっていうのは、なんかめっちゃスゴイことだ!!!!!
ヨーロッパの長旅を経て、とりあえず台湾まで帰って来た私を、トミーが迎えに来てくれたんだ〜って、ほっとしたかんじ。

迎えに来てくれてありがとう、トミー!!!!!

※実際には今日私が、トミーを迎えに来たわけですが(笑)。そしてトミーは私より早く、仙台に帰るんだけれど。



トミーは、長旅の疲れも見せず、チェックインを済ませ、荷物だけ置いてそっこー夜市に出発!



もう10時近かったので、ガイドブックを見て一番近い、臨江街の夜市に行きました。



09090132.jpg



すごーい!
いろんな屋台があって楽しい!!!!!

私にとっては台湾3日目だけど、トミーが来るまで夜市はおあずけ、と思っていたので、初・夜市に感動ぴかぴか(新しい)



さっそく、ジュースを買う。


09090133.jpg


梅とかレモンとかのジュース、なみなみ入って20元(約60円)


うまい!!!!!


それから、エビマヨ食べて、きわめつけは、目の前の鉄板で作ってくれる屋台で、チャーハン、カニのピリ辛バジル炒め、海苔?のスープ。


09090134.jpg 09090135.jpg


お〜い・しぃ〜〜〜〜〜!!!!!

お腹いっぱいで少し残してしまったのだけど、ぱらぱらしたチャーハンと、バジルの風味が効いた、ピリ辛こってりなカニ炒め、マジでウマ〜。

お腹いっぱいなのに、懲りずに切り売りくだものやさんで、ワックスアップルっていう、梨みたいな風味・食感のリンゴと、白いグアバ?みたいのを買って、さらに喰う。

トミーはちょっと中国語がわかるんだけど、この、白いグアバみたいのには、甘塩みたいなのをかけるとおいしい、と、店の人が言っていたのをちゃんと聞きとって、やりとりしていた。

す、すごい!!!!!
トミーすごいよ!!!!!

この3日間、中国語がちょっとでも話せたらもっと面白いだろうになぁと思っていた矢先に、目の前のトミーが、中国語でやりとりしているのを見て、めちゃめちゃ感動・尊敬すると同時に、あ〜私も中国語話したいなぁって。。。



夜市を満喫し、帰りにコンビニのジュース売り場であーでもないこーでもないと物色していたら、すっかり地下鉄の最終を乗り過ごしてしまい、タクシーで帰らざるをえなくなった。。。
一人旅をしていると、あまり、タクシーには乗りたくないのですが(高いし、一応女子一人だし)、二人だと少し安心。
先に私の宿に寄ってもらって、トミーと明日の待ち合わせの約束をしてお別れ。

トミーが来てくれたおかげで、がぜん台湾が楽しくなってきた。
明日はどんな1日になるかなぁ。楽しみだ。



↓人気blogランキング↓
blogram投票ボタン
 
posted by りょうこ at 23:59 | 宮城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009ヨーロッパリベンジ台湾おまけつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

51日目台北:台湾満喫中

台北で迎えるはじめての朝です。
のんびり起床し、たまった洗濯物を持って近くのコインランドリーへ。

洗濯機をしかけて、いったんホステルに戻り、(またまた無謀にも)すぐ近くの、地元の人が行くような定食・弁当やに行く。
どうやら、ご飯に、メイン一品、サイドメニュー3品を選ぶシステムになっているようすで、無言・指さし・ボディランゲージで食べ物get.
メインは排骨肉、サイドは、青菜炒め、ピータン豆腐、メンマ?を選んで、たったの50元(150円)。
(写真撮るの忘れました、というか、カメラ持って行くのを忘れた。すいません)

安すぎ。
そしてうまい。。。
150円でこんな満腹しかもおいしいんだったら毎日ここでもいいやと思うぐらいです。

満腹になってから、ランドリーに戻って乾燥機をしかけてまたホステルに戻り、終わった頃にまたランドリーに行ってみたら、おじいちゃんが一人、私の乾燥機をじぃ〜〜〜〜っと見つめています。

ちょ!

あんたなにやってんのよ!

あやしすぎるし!!!!!

と思っていたら、そのおじいちゃんが、中国語で私に何か話しかけてきた。

ノーチャイニーズ、ソーリー。って言ったんだけど、それ自体が通じないらしくあせあせ(飛び散る汗) なんだかんだ話しかけられ続け、「だから、わかんねぇっつってんだろむかっ(怒り)」って軽くキレかけたところで、近くに居た台湾人が助けてくれたんだけど、つまりそのおじいちゃんは、コインランドリーの使い方がわからなくて、私に聞こうとしていたらしい。

で、その後、そのおじいちゃんにyou, from, where?とか聞かれて、つまり、私になに人か聞きたいんだろうなと思い、I'm Japanese.って答えたら、「ジャパニーズ?日本人?なんだ、同じ同じ!」って

なんだ、日本人だったのか。。。

んで、「中国語、話せないのぉ???」ってめっちゃびっくりされた。

カチーンむかっ(怒り)

話せませんけどなにか?むかっ(怒り)

「たんなる旅行者なんで、、、」って答えたんだけど、たぶん、おじいちゃん的に、たんなる旅行者がこんな住宅街のコインランドリーに居るとは思わなかったんでしょうね。
普通、日本人観光客っつったら団体様ばっかりだしね。

ちなみに、そのおじいちゃんは、台湾で一人暮らしをしているそうです。
コインランドリーを使うのが初めてだそうで、

って、コインランドリーを使うのが初めてということは、住みはじめてまもないんでしょうか?中国語ぺらぺらなのに、、、今まではどこに住んでたんだろう。

とまぁ、いろいろ疑問がわきつつ、最初に乾燥機をじぃ〜っと見つめられていた第一印象が最悪だったのと、中国語話せないのぉ?って軽くバカにされた第二印象も悪かったし、まぁでも、ちゃんと話したらきっといいおじいちゃんなんだと思うけど、それよりなにより、さっさと観光にでかけたかったので、んじゃ、ってすぐお別れしました。

(りょこたんがこの旅で、ちくしょー!絶対中国語話せるようになってやる!!!!!と決意した最初の瞬間でもある。)



09083101.jpg
(商店街の中にいきなり、神社?のようなものがあったり)



09083102.jpg
(台湾銀行・・・よりもむしろこの原付の数々を見てほしい!)



原付、、、アジアの国ではつきものですが、台湾もまたしかり。
けど、過去に行ったことのあるバンコクやバリに比べたら全然少ないなぁ、と。
原付の数と、アジアの国の発展度には反比例の関係があるような気がします。

しかし、台湾では、交通マナーなんてあってないようなもので、横断歩道を渡っているときに、車や原付がスレスレのところを曲がっていくなんて日常茶飯事で、ほんとに、歩行者なんか見えてないんじゃないかってなぐらい、車も原付も横柄です。
というか、横柄なぐらいならまだかわいいもんで、軽く信号無視とかもしょっちゅうです。
昨日から、何度、車や原付に轢かれそうになったことか・・・
最悪です。



ジューススタンドで買った、100%マンゴーのフレッシュジュースを飲みながら(うますぎる!!!!!)、昨日写真が撮れなかった二二八記念公園へ。


09083103.jpg


1947年2月28日、台湾人のデモ隊が中国の政府軍(?)に発砲され多数の死傷者が出、それに憤慨した台湾人が反乱を起こすという大事件を記念した記念碑や、記念館などがある公園です。

そんな大事件を記念した公園とは思えないほど静かで、都会のオアシスというかんじです。


09083104.jpg 09083105.jpg


09083106.jpg 09083107.jpg


09083108.jpg


そこから、総統府へ。
台湾の中枢ですね。
煉瓦造りの美しい建物です。


09083109.jpg


暑い・・・


日陰はともかくとして、日なたは死ぬほど暑い。


暑さにめげず、また歩く。



09083110.jpg
(介寿公園)



そして、中正紀年堂


09083111.jpg



台湾の祖(といっていいのか)、蒋介石総統を記念してつくられた公園です。



09083112.jpg



紀年堂のなかで、蒋介石総統がおだやかにほほえんでいらっしゃいます。



09083113.jpg 09083114.jpg



しかしこの、だだっぴろい紀年堂のなかで、衛兵がビシィっと立ち続けているさまは、見事というか、滑稽というか、、、



09083115.jpg 09083116.jpg



09083117.jpg
(敷地内にある国家音楽院、装飾がすごいきれい)



でっ、台湾はなにげに温泉でも有名なんですが、台北市内から地下鉄でらくらくアクセスでき、格安で入れる公衆浴場があるという、新北投(シンベイトウ)温泉というところに行ってみることにしました。


地下鉄を乗り換えて約40分ほどでしょうか、新北投駅到着。


あ〜、なんか、硫黄のにおいがする!!!!!


そこから、地図や標識を見ながら歩くこと5分強。


あ、あった、これだ!



09083118.jpg



すっごいレトロな雰囲気が、超、いいかんじ。



1日に何回か、休憩時間があるみたいで、私がついたときちょうど、休憩時間ちゅうで、まだ、温泉には入れませんでした。

※「地球の歩き方」に書いてある開館時間とは全然、全然!違うので注意。

が、一応ここ入浴中は写真撮影禁止なんで、休憩時間だから写真が撮れてよかった!



09083119.jpg


わ〜い、露天風呂!!!!!いい気分(温泉)


小さな露天風呂が5つ、それぞれすべて温度が違うそうです。



休憩時間が終わり、お金を払って(たった40元;120円)、シャワーで体を流し、水着に着替えて※台湾の公衆浴場はほとんどが混浴で、水着着用が義務だそうです


台湾人にまざってお湯につかる。。。


ぷは〜〜〜〜〜いい気分(温泉)


気持ちいいな〜〜〜〜〜るんるんるんるんるんるんるんるんるんるん



ヨーロッパとか長期で旅行してると、もんのすごくお風呂が恋しくなるので、本当にうれしいわーい(嬉しい顔)




つっても、この時期の温泉はちょっとアツイです。さすがに。。。




けど、5つのお風呂のうち、2つはなんと冷泉なのです!


つめたくて気持ちいいぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


気がついたら、1時間近く浸かっていました。。。


ふやけそう(笑)




あぁ〜超きもちよかった黒ハート




09083120.jpg
(新北投温泉街。日本とおんなじかんじです)



09083121.jpg
(かわいらしい)



09083122.jpg
(夕暮れの新北投駅前)



09083123.jpg
(MRT(地下鉄)。かなりハイテクです。)



台北市内に戻り、宿の近くで晩ご飯。

はるさめラーメン?とかいうのを食べてみたんだけど



09083124.jpg



これはちょっと、微妙、、、
選択を間違いました。(苦笑)
あっさりしすぎてて味がない、具もない、なんだか食べた気しなかった。。。



というわけで、食後のデザートを調達しにいくことに。

パパイヤミルクで有名らしい、デザートのチェーン店「牛乳大王」に行って、パパイヤミルクそのものを注文。


09083125.jpg


パパイヤミルク、つまり、パパイヤのミルクシェイクということです。

これは、めちゃめちゃ、おいしすぎる!



2年前、初めてフィジーで生パパイヤを食べて、そのおいしさに感激したんだけれど、ミルクとまぜてシェイクになっちゃったらまたそのおいしさが倍増です。


ってか、昼間飲んだマンゴーのフレッシュジュースもそうだし、このパパイヤミルクもそうだし、自然なくだものの甘みそのままで、めちゃくちゃおいしい!!!!!



天国。


台湾は、まさに、フルーツ天国です。。。



やばい、このままじゃやばい。
せっかくヨーロッパの苛酷な?旅で少しやせたのに、また太ってしまいそう・・・あせあせ(飛び散る汗)



↓人気blogランキング↓
blogram投票ボタン
 
posted by りょうこ at 23:59 | 宮城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009ヨーロッパリベンジ台湾おまけつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月30日

50日目台北:台湾上陸

長いながいフライトの末、早朝6時半、無事に台湾桃園国際空港に到着。

りょこたん史上、29カ国&地域目の、台湾に上陸です!!!!!



つ、つかれた、、、



なにはなくとも、まず、ATMで現金降ろさなきゃ。

ATM探してうろうろ、うろうろ。。。
やっとATM見つけたはいいけど、いくら降ろしましょうか。

台湾のお金は、元、もしくはNT$と書いて台湾ドルとも言うらしいけど、1元=2.8円ぐらいの模様。
物価が安いと思うし、クレジットカードの通用度も不明なので、いくら降ろしたらいいのか全く見当がつかない。。。

まぁ、宿が一泊400元×7日=2800元は少なくとも必要だし、余ったら最後におみやげとか買えばいいしと思って、思い切って1万元おろしました。



それから、空港行きバス乗り場を探して再び、うろうろ、うろうろ。。。

初めての国ではいつもこんなかんじだけどあせあせ(飛び散る汗)
なんでか今回は、いつもよりものすごく不安なのよね。。。

多分それは、私が、全く中国語が話せない、かつ、台湾では多分あまり英語も通じないだろうなという想像のもとに出てくる不安なんだと思う。
看板が全て漢字オンリーであることに、いいしれぬ不安が・・・
あぁ、ひらがなが恋しい(笑)



やっとシャトルバス乗り場を発見し、切符を購入。


古〜いバスに揺られること約1時間、台北駅に到着。


09083004.jpg



暑い・・・

まだ朝の8時過ぎだというのに、なにこの暑さ・・・

ノックアウト寸前のりょこたん、広いひろい台北駅でMRT(地下鉄)乗り場を探してうろうろ、うろうろ。

やっと見つけた乗り場で、easy cardという、日本で言うSuicaみたいなリチャージ可能のプリペイドカードを購入してみることに。
カード代のデポジットとして100元+切符代400元=500元なんですが、地下鉄だけでなく、台北市内のバスにも利用可能で、しかも、料金が毎回2割引きになる!
毎回切符を買う手間が省ける!(特にバスは、おつりが出ないので現金で乗るのは不便きわまりない)
返却時に、デポジットと残額がまるまる返ってくる(使用回数が5回未満の場合は手数料として20元取られる)ので、旅行者でも使いやすいカードです。


※後日談。
1日乗車券、5日乗車券とかもあるみたいなんですが、台北に数日滞在するなら断然easy cardをおすすめします。
というのは、地下鉄代がめちゃくちゃ安い(1回20〜40元ぐらい)ので、1日乗車券だとモトが取れないかも。(苦笑)
私は結局、1週間滞在して、100元×2回リチャージし、返金額が160元ぐらいだったので、トータル520元ぐらい、MRT&バスを使った計算。
返ってきた現金は、帰りの台北市内→桃園空港のバス代(125元)やコンビニでおやつでも買えば無駄にもなりません。



地下鉄に乗って一駅の西門(Ximen;シーメン)に、予約したホステルがあります。
台北のことは何もわからず、ただ、hostel.comで検索したとき、安くてwifiが使えて欧米人の評価が高い、というだけでそっこー予約したんだけど、この、西門という地域は、台北の原宿ともいわれるにぎやかなエリアである、ということを、あとで、知りました。



09083001.jpg
(西門駅前にある紅楼(red house)。日本統治時代の演芸場)



09083002.jpg 09083003.jpg
(大きなビルや、日本の飲食店なども多数。ちなみにこの「銀だこ」は私が帰るまでにつぶれてましたが・・・苦笑)


旅に出る前、英会話のときレオさんに、台湾にも行くというような話をしたら、台湾のこわい話をいっぱい聞かされたので、どんだけだよ、と思いながらおそるおそる台湾に来たんだけど、、、
来てみたら意外に発展してるし、それに、日本の飲食店や、コンビニなどもいっぱいあるし、看板を見ていても日本語の看板を多数見かけるし、

なんだ、けっこう平気じゃん♪♪♪



駅から歩いて10分もしないところに、予約したバックパッカー宿を無事発見、中に入ったらエアコン効いててめちゃ涼しい。

当然といえば当然なのですが、宿の人には英語も問題なく通じるし、ほっと一息。。。

現在9時、部屋に入れるのが12時からということなのですが、それまでロビーで休んでてもいいですよと言うので、遠慮無く、、、

ロビーのソファで鬼のように爆睡眠い(睡眠)眠い(睡眠)眠い(睡眠)

飛行機で一睡もできなかったし、ただでさえヨーロッパ旅で疲れてるし、、、

途中、目が覚めたときに、ロビーにいたフィリピン人の女性にカタコトの日本語で話しかけられ、ちょいびびる。
20年前、名古屋大に2年間留学していたことがあるそうです。
そんなに昔なのに日本語覚えてるなんてスゴイと思いつつ、そしてもっとスゴイと思ったのは、いきなり名刺を渡されて「今年の冬か、来年に、日本に旅行する予定があるので、仙台にも遊びにいきたいです。なので、メールをください♪」って(笑)
会って数分後に、日本に行ったときに世話してもらうためにメールくれ、って言えるその度胸がスゴイなぁと・・・私にはできないあせあせ(飛び散る汗)
そう言われたからって悪い気はしないんだけれど、なんかこう、昔の人嫌いの癖のようなものが未だに残っているのかもな、私には。

その後再び爆睡し、次に目が覚めたのは昼13時。

さっきと違うレセプションの人にいきなり「リョウコ?」と名前を呼ばれてまたびびる。

・・・たぶん、今日予約した人のなかに他に日本人がいなかったので、私の名前がわかっていたのでしょう(苦笑)

Are you OK? って心配されたけど、なんか、4時間も爆睡したらけっこうすっきりした。

んで、レセプションの人が言うには、私が泊まる予定のベッドは、まだ、空いてないんですって。
そのベッドに昨日まで寝てた人には、今日、移動してもらって、私がそのベッドに寝ることになるんだけど、その人が荷物をちらかしたまま外出してしまったので、その人が帰ってくるまで私は部屋に入れないと・・・

でも、もう、けっこう元気になったから、外出してきまーす、と言って、チェックインしてお金だけ払い、荷物を置いて観光に出発!



台北駅前にある、台湾故事館というところにいってみることに。

ここは、1965頃の台湾の街並みを再現した、博物館というか、プレイスポットというか、実際にお店では買い物や飲食もできます。

この雰囲気、、、

昔の台湾がどうこうということではなく、まさに、「三丁目の夕日」の世界です。


09083005.jpg 09083006.jpg



第二次世界大戦が終わるまで、台湾は日本に統治されていたので、雰囲気が似ているのは当たり前といえば当たり前なのですが。
全然、台湾に居る気がしない(苦笑)


09083007.jpg
(日本語のポスター・看板も多数)


おなかがすいていたので、台湾最初の食事はこの中にあった食堂で取ることに。


09083008.jpg 09083009.jpg


ここ、入場料が2種類あって、中で金券として使える150元分のクーポンつきが280元、クーポンなしが200元、ついうっかりクーポンなしの入場券を買ってしまって大失敗あせあせ(飛び散る汗)


09083010.jpg


メインは担々麺?みたいな汁そば、それに、空芯菜?の炒め物と、ソーセージ?の炒め物(クエスチョンマークばかりですいまそん)
これで150元です。
あぁ、、、クーポン付きにしとけばよかった、、、
味のほうは、空芯菜?の炒め物はかなり好み♪♪♪うまいなこれ。
汁そばは、おいしいけど、麺のコシとかはやっぱ日本のがいいなと。
ソーセージは少し甘みがある味付けでした。



記念すべき台湾での初食事を堪能したあとは、ふたたび館内をぶらぶら。



09083011.jpg
(こんな車、「三丁目の夕日」でも走ってたよね)



09083012.jpg
(映画館。実際に映画が上映されていましたが、中国語がさっぱりわからないため、数分で退散。。。)



09083013.jpg
(バー。)



09083014.jpg
(かわいい。。。バナナ持ってグー!ってやってるのが最高だ)



台湾故事館を出て、繁華街を歩く。



09083015.jpg
(新宿歌舞伎町あたりの雰囲気に似ていると思うのは私だけ?めっちゃ日本語で「銀座ラーメン」って書いてあるけど、銀座ではないよね。笑)



09083016.jpg
(台湾は受験戦争が激しいらしく、あちこちに塾がある。英語、日本語の語学学校(らしきもの)も多数見かけます。)



ほどなく、二二八記念公園に到着、敷地内にある国立台湾博物館へ(※国立故宮博物館とは別物です)


09083017.jpg
(日本統治時代に作られたギリシャ風の建物)


台湾の歴史、文化、自然、原住民に関する展示がとても豊富で、けっこう面白いです。


09083018.jpg
(日本統治時代のトップ)


09083019.jpg
(台湾には、17世紀に漢民族が流入してくる以前から、いくつもの部族の原住民がいました。現在の台湾人はほとんど、漢民族、もしくは漢民族と台湾原住民の混血から成り立っているようす)


09083020.jpg
(繊細な工芸品)



料金も安いので(20元)、台湾をよく知りたい人にはおすすめ。



博物館を出て、二二八記念公園の写真を撮ろう!・・・と思ったら、デジいちの電池が切れてしまったので、ふてくされて宿に戻る。。。



晩ご飯は、地元の人が行くような安食堂に(無謀にも)出向いて、テイクアウトで魯肉飯(ルウロウファン)を買いました。


09083021.jpg


これは私、知ってます。むかーしむかし、ウッチャンナンチャンの番組でビビアン・スーがぶいぶい言ってた頃、ファミマかなんかで、ビビアンプロデュース、みたいなかんじでこのご飯売ってたときに、食べたことがある!
値段は50元(約150円)。安い。

ひき肉ののっかったご飯で、台湾では主食、つまり、日本で言う白飯なんで、これにおかずやスープを付けるのが一般的のようですが、そんなこたぁ後から知りましたあせあせ(飛び散る汗)
だいいち、これだけでお腹いっぱいになりそうだし、今晩は、あと、ファミマでお茶買って済ますことに。
ヨーロッパにはない、24時間コンビニ文化。
しかも、日本と同じセブンやファミマがあちこちに。すばらしい。

とかいいながらも、ヨーロッパを旅していて、べつに24時間のコンビニなんかなくたって全然生きていけるなぁってしみじみ思ったんだよね。
コンビニがなくなれば、地球温暖化防止だったり、従業員の働き過ぎ防止にもなるし、あと、人々の生活も昼型になって健全になるだろうし、企業での残業とかも減るんじゃないかな、なんて思ったりもするので、どっちかっていうと私は、コンビニなんかなくなったほうがいいのにって思う。

とはいえ、コンビニ文化、すなわち、日本文化。
早く日本に帰りたい私としては、なつかしい日本文化にちょっと触れることができて、うれしかった。

ちなみに魯肉飯ですが、おいしかったです♪
煮卵もついてたし♪♪♪



かなり、疲れたので今晩は早めに寝ましょう。
おやすみなさい。



↓人気blogランキング↓
blogram投票ボタン
posted by りょうこ at 23:59 | 宮城 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009ヨーロッパリベンジ台湾おまけつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする