2007年04月03日

61日目 いやな役回り

今朝起きるなりホストマザーに頼まれごと。
なんか、ナンディの、ルーシーが働いてる家に滞在してる日本人の女の子に電話をしてほしいと。(3月23日のつぶやき参照)

というのもなんか、その家ってホストファミリーがあっちこっち出かけてばかりで、留学生の世話はhousegirlであるルーシーの役目なんだそうですね。
そのわりには彼女たちに家の鍵というものを渡されてなくて、結局、ホストファミリーがどっかに遊び歩いている間は彼女たちのどちらかが家に滞在してなければならないと。

で、ある日、その日本人の女の子(Rちゃん)が外出して、家に帰ったとき、玄関の鍵が開いていて、ルーシーはどっか出かけていたんだそうで。
ホストマザーがその話を聞いて怒り狂ってしまい。

というのもホストマザーはルーシーの伯母であるわけですが、ルーシーはどうも親が亡くなったかなんかで、ホストマザーが母親代わりなんですよね。
もし、娘が住み込みの家政婦として働いている家で彼女が鍵をかけわすれたことで泥棒なんかに入られた日にゃあ、ホストマザーの面目まるつぶれです。

なので、ホストマザーが、ルーシーに、なんでそんなことしたのかと聞いたらしいのですが、ルーシーがどうしても本当のことを言いたくないらしくて。
で、Rちゃんに真相を聞きたいのだけれど、問題はRちゃんの英語スキルでは電話でホストマザーに状況を説明するのは難しいと。
そこでりょうこさん登場というわけです。
ある意味通訳みたいなもんですね。
またか。。。

しっかしそれにしてもいやな役回りですね。
私はルーシーはいい子だと信じているので、そのルーシーのミスをつつくみたいでとってもいやです。

そんなわけで朝っぱら7時過ぎに電話をかけて、Rちゃんに状況を説明したところ、彼女が言うことには、それはたぶん昨日の話で、金曜日ぐらいにルーシーは鍵をやっと受け取ったのだけれど昨日はなぜかRちゃんの留守中に勝手に外出したんだそうな、しかも鍵をかけずに。
それはもしかしたらRちゃんが何時に帰ってくるかわからないから、かもしれないけれども、けど、なんでルーシーがそこまでして外出したのかというと単に友達に会って遊びたかったから、みたいなんですね。

要するに、一言で言えばルーシーが悪いんだと思うんです。
だって、彼女は、house keeping girlとして雇われているわけですからね。

けど、そんなこと私、ホストマザーに説明できるでしょうか???

というわけでRちゃんと協議の結果、ホストマザーには、ルーシーが鍵をかけずに外出したのは事実だけれども、その理由はよくわからない、と言う事にしようと。

でまぁそう言ったのだけれど、ホストマザーは納得いかない様子で、もういいわ直接ルーシーにもう一回電話するから、っていって、そのあとフィジー語でものすごい剣幕で電話越しに怒ってました。。。

しかし、私は、それ以上にショッキングな事実をRちゃんに聞いてしまいました。
彼女はその家に6週間滞在し、そのうち半分ぐらいをルーシーを過ごしたんですけど(あとの半分はルーシーの前任のhouse keeping girlが居た)、ルーシーが来てから、部屋で10ドル札を確実に2回失くしたんだって。
泥棒に入られて家の中を荒らされた形跡もないし、基本的に普段は誰かが家に居るか鍵をかけて外出するかだし、Rちゃんは、彼女がリビングとかに居るときに何度かルーシーが「ちょっと2階に行って洗濯物見てくる」とかなんとかいいながらRちゃんの部屋に居たところを見たことがあると。

つまり、ルーシー以外にその10ドル札を2回、盗ることのできた人物はいないはずだ、と。

・・・・・・。

いい子だと思ってたんだけどな。

確かに、フィジー人の目から見て日本人は超のつくほどお金持ちに見えます。
ごくごく一般の、日本だったらべつに金持ちでもなんでもない普通の日本人であっても。

だとしても、黙って部屋に入ってお金を盗るというのはやはり、絶対に許されるべきことではありません。
絶対に。

とはいえそんなこと、ふだんからちょっとヒステリー気味のホストマザーに話したらたぶん、怒りすぎて脳の血管ぶち切れて死んじゃうと思うし(マジで!)。
というか、まだ、ルーシーが犯人だと決定したわけでもないし、ルーシーともまだ何度か会う機会があるはずなので、彼女とのいい関係を保持するためには、ホストマザーに話すのはいい方法だとは思いません。
もし、滞在中にルーシーと2人だけで話す機会があれば、ちょっと話しようかなとは思いますが。

ちなみに、この手の、「ホストファミリーに何か盗まれる」「ホストファミリーに勝手に部屋に入られてあれこれ探られる」という話はあまり、珍しいことではありません。
全てがそんな人たちばかりというわけではなく、もちろん、どちらかというと少数派だし、そういうホストファミリーに当たるかどうかは運次第。

けどさー、そんなん運次第とかなんとかいう話じゃないはずだよな、普通・・・

とりあえず自己防衛策としては、ここは日本ではないということで、家であっても貴重品管理をきちんと、鍵つきのスーツケースにきっちり入れておくとかなんとかしないといけないな、と思います。
ちなみに我が家では今のところそういうことは全くないですが、私は一応、取られたり見られたりしたら困るものはスーツケースに入れてます。

そんなこんなで今朝は朝食の時間が全然なくて、パン2枚かっこんで、コーヒー飲む間もなく登校。。。
いやな役回りをさせられた挙句、朝のコーヒーすら飲めないなんて・・・かわいそうな私。



今日またラウトカ校にも新入生がやってきました。
今週は大量4人、うち一人はなんとびっくりリピーターです。居るんだそんなレアな人・・・
そして、うち一人は我がUpper Intermediate2クラス(という名のPost Intermediateクラス)にやってきました。
私より上手に英語が話せる女の子で、やっとキターーーってかんじです(感涙)
というのも、私とかなんだかんだ言ってまだまだヘボいのに、こんな私でもNo.1 studentと呼ばれてしまうことにホトホト嫌気がさしていたのです。
フィジーに来る前は、もっとハイレベルな人たちと一緒に授業受けて荒波にもまれたいと思っていたけど、ラウトカにはそんな生徒一人も居ないので、毎日簡単な授業で退屈だし、いかにも日本人的な不自然で固くてしかも間違いだらけの英語もホトホト聞き飽きてたのです。
あーよかったー
でもたぶん、彼女もこれから私と同じこと思うんだろうな・・・かわいそうに。


more photos : 2007Fiji



↓人気blogランキング↓
blogram投票ボタン
posted by りょうこ at 23:59 | 宮城 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2007フィジー留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

60日目 ナナヌイラ島(3)

ナナヌイラで迎える最後の朝・・・


 


あっというまの、夢のような3日間を過ごさせてくれたナナヌイラ島にさようなら。

07040201.jpg


  

朝9時、ボートでエリントン埠頭へ。
私はほんとはもっとゆっくりしたかったんだけど、今日は、イスラム教の聖モハメッドの誕生日で、そのイベントに行くとただでご飯が食べれるというのでそれに行きたいという子がいたのでやむをえません。

ラキラキからバスに乗って、ラウトカのひとつ手前のバという町で降り、街の人にイスラム教の祭りはどこでやるのかと聞いて、教えてもらったところにみんなで軽トラタクシーの荷台に乗ってレッツラゴー。



そこは、大きなサッカー場で、スタンドに、ムスリム(イスラム教徒)の人たちが色とりどりの服を着て座っていて、グラウンドには、priest?の集まりみたいな人たちがマイクでかわるがわるスピーチをしたり歌を歌ったりしています。

  


そこで、Mちゃんの知り合いの人に偶然会って聞いたところ、あと1時間ぐらいこんなスピーチが続いて、そのあとに、ごはんが振舞われるのだということ。
べつに、スピーチなんか聞いてなくてもいいよというのだけれど、せっかく来たのだしタダ飯だけ喰って帰るのもナンなので、一応、スタンドで観戦(?)していたら、男の人に、あっちの席に移動しろと軽く怒られました。
なんでだろう、どっからどうみてもムスリムじゃないから、はじっこに行けという意味なのかなと思ったら、なんと、男性と女性で座る場所が決まっているらしく、私たちは見事に男性席にずっかり座っていたのです。大変申し訳ないです。


  
イスラム教徒のみなさんの服、めっちゃキレイ!!そして子どもたちのかわいいことといったら☆



退屈な(爆)スピーチの間、日記書いたりしてなんとか耐えて、1時間後やっとごはんにありつけました。
ビーフチャーハンみたいのと、にんじんの漬物みたいの。
ものすごーく美味しいというわけではないが、そこそこ美味しかったです。

  



そのあと、Mちゃんの知り合いがラウトカまで送ってくれました。

 
途中、見晴らしの良いところで休憩。


ついでにその知り合いの人が働いてる会社でコーヒーごちそうになりました。
その人は、日本の中古車をフィジーに輸入して解体する会社で働いてて、日本にも何度か行ったことがあるんだそうです。クルマのカイタイカンパニーで働いてます。とか言っててちょっとウケました。
そしてその会社には、解体された日本車が散乱していて、ああ、このどこかにサスケちゃんも居るのかも・・・なんて思ったり・・・





ご親切にそのお知り合いの方が家まで送ってくれて(しかもけっこうカッコよかった!また会いたいかも!爆)、そのあと、家で洗濯とかしてたら、FBのスタッフから電話が。

なんか、ソロモン諸島で大きな地震があって、その津波がフィジーにも来るかもとかいうニュースが日本で大体的に報道されて、留学生の家族たちからの電話がオフィスに殺到してるので、どうか家族に無事の一報を入れてください、とのこと。

当人たちは、ソロモンで地震があってフィジーにも津波警報が出てるなんてつゆ知らず、のんびりと遊びほうけておりました(爆)
ってかマジ、津波警報が出たっていつの話なんですかね?
ホストファミリーが言うには、津波警報は出たけど結局ガセっていうか津波は来なかったそうです。

まぁとにかく、もしかしてこのブログを読んでくださってる方のなかにも私のこと心配してくれた人がいらっしゃったかもしれませんが、なんともないですのでね。

いやーしかし、津波とか来たらナナヌイラなんて一発でアウトだろうな・・・
あの美しい風景を失いたくないし、またいつか絶対にナナヌイラに行きたいので、フィジーには未来永劫どうか津波は来ないでほしいと祈るばかり。


more photos : 2007Fiji


↓人気blogランキング↓
blogram投票ボタン
posted by りょうこ at 23:59 | 宮城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2007フィジー留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

59日目 ナナヌイラ島(2)

ナナヌイラ島滞在の2日目は、なんでか朝から雨模様・・・
せっかく今日はいよいよダイビングに挑戦するというのに雨はやめてくれー。

一緒に行った8人のうちライセンスを持ってるYちゃんとMちゃんと一緒に三人で昨日、コテージを通じてラキラキのショップを予約しておいて、8時45分、ダイビングショップのボートが迎えに来てくれました。
しょぼくれる雨の中、ダイビングに出発。
いくらもぐってしまえば関係ないとはいえ、やはり、晴れてるほうが海の色もきれいだしなぁ。晴れてくれー。

船で15分ぐらいでしょうか、ダイビングポイントに到着。
既に軽く船酔い気味だったので、さっさと着替えて機材を装着して海の中にドボーン。

と入ったのはいいのですが、これが、あの、忌まわしきバックダイブ(3月3日のつぶやき参照)だったので、やっぱりコレ怖いんですねー。どぼんと海に入って、数秒後にぷかっと水中に浮いてきたときやけに息が荒くて、あー少し呼吸整えてからじゃないときついな、と思っていたら、水面に、10年ぶりのダイビングで私よりもパニクっている様子のMちゃんと、そこにつきっきりのインストラクターを発見。
てなわけで、Mちゃんが落ち着くのを待って、いよいよ潜行です。
こないだはインストラクターに手取り足取り教えてもらってたけど、今日はインストラクターさんはMちゃんにつきっきりになりそうなので、ライセンス取得後初ダイブというペーペーなのに、いきなり一人でフリーダイブ。
こえーよ。
だいじょうぶかな私。

と思ったけど、全然大丈夫でした、わはは。

今日のポイントは、透明度は正直そんなに高くなかったんだけど(なんかぷよぷよと浮遊物がいっぱい・・・魚のフンとかなんかなんですかね???とはいえ12mぐらいは見えてたかと思う)、でも、おそろしくでっかい珊瑚のかたまりがあちらこちらにあって、それはもうまるで、そびえたつお城のようにどどーんとものすごい存在感で、そのまわりに、色とりどりの魚たちがたわむれている様子はほんとうに、竜宮城というものがこの世に存在するのならこんなかんじなのかもしれないな・・・って思うぐらいすばらしくて、涙がちょちょぎれそうでした。

1本目のダイブを終えて船に戻ると、なんでかいきなり吐き気と頭痛に襲われ、うげげげげー。見ればYちゃんやMちゃんは既に海に向かって吐いている(苦笑)
ほんとは2ダイブする予定だったのですが彼女たちはあっさりキャンセル。
私は、もう一度あの竜宮城が見たいなという気持ちと、でも気持ちわりーなと思う気持ちがいろいろ渦巻いて迷っていたのですが、結局、ここまで来て1本だけで帰るなんてもったいない、という気持ちが勝ち、私だけ2本目のダイブに挑戦。

  

 


1本目のとき、カメラ持ってくの忘れたので今回はカメラもしっかり持って行ったのですが、2本目のポイントの竜宮城は1本目ほどすごくなかったのでちょっぴり残念・・・
まっ、あの景色は心の中にいつまでもとどめておこうと思います。





ダイビングが終わるとすっかりあたりは天気が良くなっていて、午後はナナヌイラに戻って楽しく過ごせそうなかんじ。

 

 

お昼はトマトのパスタ。
これまたうんめー。
日本食の次に恋しかったのがパスタだったので、ほんとにうれしー。

午後はハンモックでのんびり本でも読んだりして過ごそうかなって思っていたのですが、同じコテージに泊まっているオーストラリア人のおじさんに、「宿の人が、5人以上集まれば一人30ドルで船チャーターして、最高のシュノーケリングポイントまでつれてってくれるとか言ってるんだけど誰か行かない?」というお誘いを受けたので、30ドル?ちょっと高くね?とか思ったけどでも、最高のシュノーケリングポイントといわれたらもう行くしかないなってかんじ。
そんなわけで、うちら5人とそのオージーのおじさんと6人でシュノーケリングツアーにスタート。

これがまぁ、かつてないほどに最高のシュノーケリングでしたね。
見よこの透明度。
ぶっちゃけ午前中のダイビングポイントより透明度が全然高い、高すぎる。



ななめに撮ってみるとエメラルドグリーンなかんじがよく伝わります。

07040102.jpg

もちろん、水中はワンダーランドで、わんさかと珊瑚や魚がいらっしゃる。

  


あー。最高だ。
ナナヌイラ万歳。
フィジー万歳。
ほんと、来てよかったなー。(感涙)

ポイントを変えてもう一回違う場所でシュノーケリングして、かれこれたっぷり2時間、水中のワンダーランドを堪能いたしました。
体のうらっかわだけがやけに日焼けしててももう気にしないことにしました。




てなわけで大満足のシュノーケリングを終えて宿に戻り、夕食を食べて

 


またみんなで夜の桟橋へ。




今日は昨日より星がよく見えました。
満月だったのと少し雲がかかっていたので残念でしたが、それでも、日本で見るのよりももっともっとたくさんの星が見えて、南東の空には南十字星らしきものも発見。



おー。あれが長年恋焦がれた、そう、2002年サムエルバリ旅行のとき見れずに終わった南十字星。
なんだかとってもロマンチック。
ナナヌイラいいとこだなー。最高だな。
またいつか絶対に来たいな。そのとき一番大事な人と。





おばけ。(爆)



more photos : 2007Fiji


↓人気blogランキング↓
blogram投票ボタン
posted by りょうこ at 23:59 | 宮城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2007フィジー留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月31日

58日目 ナナヌイラ島(1)

とまぁそんなわけで、三連休でございます。
朝7時半にラウトカのHot Bread Kitchenで待ち合わせ、スーパーと市場で3日間の食料を調達し、いざ、8人娘はナナヌイラ島に向けてレッツラゴー。

まず、ラキラキ行きのエクスプレスバスに乗ったのですが、ラウトカからラキラキまでの景色が本当にすばらしくて、こりゃー滞在中に一日レンタカーしてラキラキまで撮影旅行しないとなってかんじです。



ラキラキのマーケット


ラキラキに着いて、タクシーを2台チャーターし、エリントン埠頭へ、そこにはすでに、宿泊先のマクドナルズ・ナナヌ・ビーチコテージのボートが待機してました。

# ナナヌイラ島への定期船というものがないので、ナナヌイラに行くためには宿泊を予約し、何時ごろラキラキに着くかを告げると、だいたいそのぐらいの時間にエリントン埠頭までボートで迎えに来てくれます。





ボートで約15分、ナナヌイラ島に到着。





おーーーーー。
感動的にキレイなところ☆


 


Beachcomberも感動的にキレイでしたが、ナナヌイラはそれとはまた全然違う雰囲気で、静かで落ち着いてて、徹底的にのんびりできそうないーい雰囲気です。

チェックインして早速ドミトリーのキッチンでお昼ご飯を作り始めました。
つっても一緒に行った女の子たちは皆、家庭的でしっかりものだったので私は出る幕無し、見守る・食べる専門です(爆)
ってか私が家庭的じゃないわけではなく、ただ、こーゆう団体行動の場合、張り切ってやってくれる人が居る限りは後ろに回るタチなのです。みんなには、りょうこさんってなんにもできない人なのねと思われたかもしれないが、どうでもいいです。
日本食が恋しくて恋しくてたまらない我々の昼食は、照り焼き風の野菜&鶏肉炒めがメインディッシュ。米は、いつも食べてるぱさぱさの米とは違う、日本米に近いカリフォルニア米をふんぱつ。
オクラのおひたしとソーセージのソテーはFiji Bitter(ビール)のおともに。

 

うんめー。
やっぱ日本食最高。



午後はコテージの目の前の桟橋付近でシュノーケリング。
これがまぁ、こんなコテージの目の前なのに、こんなに?って思うぐらいお魚ちゃんたちがさんごのまわりにたわむれてて、ほんとーにすばらしくて、時間が経つのを忘れてしまいました。

 

  


 



泳ぎ疲れたらハンモックで昼寝


 
私たちは自炊でしたが、頼めば食事も作ってくれるみたい。決して豪華なリゾートではないけれど、静かでおちついてのんびりできるところです。



夜は肉じゃが風の鶏肉の煮込み。
これまたうんめー。
やっぱり日本人はしょうゆ味だなぁ。しみじみ。

ごはんのあとはみんなで桟橋に出て夕日ウォッチング。
はぁー。きれーだなぁ。


  


夜はみんなでビール飲んだりお菓子つまんだりしておしゃべりし、10時に消灯(この島、電気がないので自家発電なんです。そのため、10時には全ての電気が強制的にストップするのです)、就寝。


more photos : 2007Fiji


↓人気blogランキング↓
blogram投票ボタン
posted by りょうこ at 23:59 | 宮城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2007フィジー留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

57日目 Take me all over the world

なぞなぞ。

Q. What did the envelope say to the stamp?
(封筒は切手になんといったでしょう。)

A. Kiss me, then I will take you all over the world.
(キスして。そしたら世界中つれてってあげる。)

ある意味すっごい口説き文句です。



さて、引き続きおとといのヨガの筋肉痛が続いているりょうこさんです。
なんでこんなに痛いんですかね。。。(汗)

そんなわけで、昨日のホストマザーのスルを着て颯爽と登校したのですけれど、本日は、同じクラスのAndrew(仮名)と、BeginnerクラスのEちゃんが最終日でした。
今まで、ケープタウンとかイエールとかにプチ留学したときは、毎週のように生徒の入れ替わりがあるのが当たり前で、あんまりなんとも思ってなかったけど、このラウトカ校は基本的に長期の人しか居なくて、今までは、新入生は来ても去る人はいないという状況だったんで、今週が今学期はじめて、生徒を送り出すかたちになり、なんだかちょっと寂しいムード。
なので、授業そっちのけで写真撮ったりなんだりしてあわただしい?一日を過ごしました。
あー、来週からAndrewのゲイキャラが見れなくなるのかぁ。ちょっと寂しいな。
そんなAndrewは先生からお別れのプレゼントをもらったりしてちょっと涙ぐんでたみたい?


 




今日、モーニングトークの時間に校長のアマに突然呼び出されて、なんだと思ったら、IntermediateクラスのKちゃんが、ホームステイで問題を抱えてて、校長と話をしていたのだけれど、どうも話(英語)が通じないので通訳をしてくれ、と。
通訳って・・・。
こんなへっぽこな私が通訳に選ばれるほどレベルの低い学校ということです。。。
でも、実際行ってみたら通訳が必要なほど話が通じてないかんじではなく、私はたんにアマとKちゃんの話を横でふんふん聞いて、時々アドバイス的なことを横槍いれるようなかんじだったんですがね。

しっかしそれがまたひどい話で。
Kちゃんがホームステイでとある問題を抱えてて、もう我慢できないって校長のアマに相談したら、アマが、じゃあうちに来なさいといって、Kちゃんは数日前からアマの家に滞在しているのだそうですが、会社(SPFB)側がそれを許してくれなくて、ホームステイ先に戻りなさい、戻れないなら日本に帰りなさい、というような態度らしいのです。
なんだそりゃ。。。

Kちゃんもアマも、Kちゃんがアマの家に滞在するということでなんの問題もなく、Kちゃんの元ホームステイ先もKちゃんが家を出て行くことを了承しているのです。
つまり、当事者たちは全て了解済みで、あとは、SPFBが、ホームステイ料金(週払いでステイ先に現金支給)を今週からアマの家に払ってくれれば済むだけの話なのに、SPFBが、それはできないって言い張ってるらしい。
なんでだよ。
いいじゃんべつに。
アンタらが、それなりのホームステイ先を選定できないから問題がこうしてこじれてきてるわけでしょ。
それを解決できないで、ホームステイできないなら日本に帰れだなんて、おかしい、絶対おかしい。

つうかその、ホームステイ先の選定の仕方が絶対におかしいというかなんというか。
フィジー人もウソツキで、日本人ホームステイさせると儲かるらしいよ、とかって噂が広がってるもんで、SPFBのスタッフの前では「我が家はこんなにすばらしいです」って平気で嘘ついてみせて、実際日本人学生に平気でひどいことしたりとかもするらしいので、SPFBのスタッフにとっても公平にステイ先を選ぶのは本当に難しいことだと思うのですが、それにしても、ホームステイの当たり外れが大きすぎるというか、むしろ、問題のない家はない、と言いきってもいい。

ちなみに私んちは、えー?と思うことがないわけではないけど、2ヶ月生活してみて、さらに、学校で他の家の話とか聞くにつけ、かなーり当たりなのかもしれないと最近やっと思い始めました。


 

 
本文に関係ありませんが、教室の壁に貼ってるものたち。
日本が恋しくなると食べる「プリングルス」(フィジーでは高級品)、授業で描いたイラストつきの栄養素の説明、ラグビーのフィジー代表のポスター、Ronの娘さんの写真つきカレンダー。



Shabana画伯のすばらしい絵(爆)



さて今度の月曜日は聖モハメッドの誕生日?とかなんとかで国民の祝日のため三連休になるので、ビチレブ島の北部にあるナナヌイラ島という小さな島に2泊3日で行ってまいります。
ものすごく海がきれいらしいので楽しみです。
ライセンス取得後初のダイビングに挑戦いたします。いえい。



more photos : 2007Fiji


↓人気blogランキング↓
blogram投票ボタン
posted by りょうこ at 23:59 | 宮城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2007フィジー留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

56日目 スル

昨日のヨガのおかげか、足がものすごく筋肉痛のりょうこさんです。
てか、筋肉痛が来たのが翌日でよかったー(爆)



本文と全く関係ありませんが、communicative functionの授業中、熱演するクラスメイト達。



ランチタイム。



(3月18日 45日目 貴重な日曜日参照)さてその後もホストマザーはせっせとスル(フィジーの人が身につける布)に絵を描いているのですが、今日思い切って、そのスル私が買ってもいい?って聞いたら、あっさり、いいわよとの返答。
1枚F$17【約1200円】でJack'sに卸して、Jack'sではF$34【約2400円】で売ってる品物だそうなんですが、特別価格F$15【約1050円】で売ってくれるとのこと。

わーい(^0^)

こんなハンドペイントのスル、F$15でなんか絶対街では買えないのでうれしいです。

そして、ホストマザーにいろいろ巻き方を教えてもらいました。
明日早速学校に着ていこーと思います。


いつも海外に行くたびにアホみたいに服を買うりょうこさんですが、ことフィジーに関しては買い物心が起きません。
前にも書きましたが、値段と質とデザインの割が合ってないのよねぇ。

けど、古着やさんに限って言うと、話は別です。
オーストラリアなどから輸入している古着屋さんというのが町にちょこちょこあって、だいたい1枚F$2【約140円】ぐらいと、アホみたいに安いのですが、時々、おおっ!と思うような掘り出し物があるのでかなりお得です。

今日、ラウトカ最大の古着やさんが、品物リニューアルするという情報をゲットしたので放課後行ってまいりました。
そして、狂ったようにキャミだのスカートだの12枚ぐらい買ってしまいました。バカですねー。
ちなみに12アイテムの総額は、しめてF$39【約2800円】。安っ。



more photos : 2007Fiji


↓人気blogランキング↓
blogram投票ボタン
posted by りょうこ at 23:59 | 宮城 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 2007フィジー留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

55日目 ヨガ

今日はかなり久しぶりに、一日中雨を見ずに終わりました。
来週の月曜日、祝日のため今週末は三連休で、ナナヌイラ島に行く予定なので、なんとかこの天気がずっと持ってくれればなーと願っています。



どういう経緯なのかわからないのですが、毎週月水金に、となりの小学校の教室を借りて、ヨガ教室が開かれているのですね。無料で。
ずっと前から誘われていたのですが、なんとなく腰が重くて行かないままだったんだけど、今日やっとこさ、行く気になって、行ってみました。

・・・無理、できない(爆)

私、体硬すぎです。
初心者だからできなくても当たり前だよとインド人の先生になぐさめられましたが、いや、それだけの問題じゃない気がする・・・
なんか無駄に汗かいて終わっちゃったようなかんじ。
次回また行くかどうかは非常に微妙です。。。



さて、今日、先生のひとりに、リョウコはなんでそんなに真面目に勉強すんの?この学校で勉強すんの好き?みたいなこと聞かれて唖然としました。

みんな、勉強しに来てるはずなのに、なんでそんなこと特別私にだけ聞くのかしらね。
へーんなの。

とりあえず、「お金払ってるし、それよりなにより時間がもったいないから」って答えましたが。

そもそも遊び目的だとか、真面目に勉強するつもりで来たもののこの甘ちゃん加減にあきれて遊びに走っちゃう人とか、そんな人が多いし、実際、環境としては甘いと思うし、だからその先生もそんなこと聞いたのだと思います。(けど、先生自らそんなこと生徒に聞くのもどうかと・・・)
でも、勉強ってものは、すればしただけ帰ってくるというのが私の持論だし、てか、この甘い環境のなかでもやればやっただけ伸びるということを自分で自覚しているので(それがわからないまま遊びに走る人はとっても気の毒だなーと思います)、せっかくのお金や時間を最大限に生かしたいのです。
特に時間!3ヶ月も海外で英語の勉強のために過ごすなんて、もう、人生最後のチャンスかもしれないので。

ただそれだけです。

ただそれだけなんですが、おかげで、私は周りにはとっても真面目でストイックな人に見えるのか、とっつきにくいと思われてんのかなーってかんじがします。
どうでもいいけどさ。。。
勝手にどうとでも思ってくれ。
どう思われようが私は気にしないし。



本文と全く関係ありませんが、今日授業で、「日本の歌を英語にして歌え」という指令が。
そこで、KANちゃんの「愛は勝つ」を英語訳にトライ・・・したはいいが、英語訳してなおかつメロディに乗せるのが、予想以上に難しかったので、断念。



more photos : 2007Fiji


↓人気blogランキング↓
blogram投票ボタン
posted by りょうこ at 23:59 | 宮城 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 2007フィジー留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

54日目 トムとジェリー

昨日家に帰ったら、突然、猫が居たのでびっくりしました。
ホストファミリーが言うには、家の中のネズミを捕まえさせるために買ったというので、んなアホなと思ったんだけれど、今日学校でモーニングトークの時間にその話をしたら、先生が、ネズミ捕りの目的で猫を飼うのはフィジーではごく普通のことだと。

まじっすか。

ちょっと前に私の部屋にもネズミが出没して夜眠れなかったりとかしたし、同じクラスのAちゃんの部屋にも数日前からネズミが棲んでてとてもじゃないが部屋では眠れないから居間で寝てるらしいし、まぁそんなかんじでフィジーではネズミが出没するのはけっこうよくあることなんですが、にしても、ネズミ捕りのために猫を飼うなんて、漫画じゃないんだからってかんじです。

ちなみにその猫ちゃん(♀、未だ名無し)はまだ小さくてとってもかわいらしいんですが、ホストマザーいわく、今朝、早速ネズミを一匹捕まえたらしいです。

私は今、そんな国で生きています。。。



昨日今日と、reading担当の先生Aseriが病気で休んでて、かわりに、Beginnerクラス担当の先生が昨日と今日と私たちのクラスに来たんだけれど、前学期からこの学校に居る子いわく、とてもじゃないけどPost IntermediateのReadingを教えられるレベルの先生とは思えないと言うので(しかも今私たち、Readingが簡単すぎると文句言ったからAdvanceレベルのテキストを使ってるので)、その先生にみんなでゲームしたいって頼んだら、あっさり、いいわよとの返答。
たぶん先生も、授業しなくて済んでよかったって思ってんだろうな(爆)

そんなこんなで、Readingの時間は、昨日はMonopoly、今日はScrabbleをして遊びました。
Aseriもたいした先生じゃないと思ってたけど(comprehensionしょっちゅう間違うので私が答え教えてあげてます)、それよりひどいとはねぇ・・・
この学校、一体どうなってんだか。
とりあえず、英語を教えられる先生だけ雇って下さいってかんじです。
そのあたりのことについては日本に帰ってから東京本社に思いっきりクレームつけてやろうと思ってます。



今日、Writingの時間に、"Music is the fruit of life"(直訳すると「音楽は生活における果実だ」ですが、言い換えれば、音楽は生活を豊かにする、みたいなかんじですか)というテーマでエッセイを書けといわれたので、当然のようにサムエルのことを書いたりょうこさんです(爆)

どんだけサムエルのことがスキだったかから始まり、サムエルのライブ行きまくっていた頃はサムエルのライブのために生きていたけど、彼らが解散して初めて、生活を豊かにするために音楽があるべきであり、ライブのために生きるべきではないということに気がつきました、というような方向でエッセイを書いたんだけど(解散するまで気づかなかったのかよ、爆)
なんでか先生にめちゃくちゃ褒められて、他の先生に見せるからノートを貸せといわれた。
それってでも、私のエッセイが良かったからではなく、リョウコってまじめそうに見えて実はおっかけだったんだーとかいってみんなでまわし読みして笑われ者にされてんのかも(爆)
・・・もうどうでもいいけどぉ。。。



more photos : 2007Fiji


↓人気blogランキング↓
blogram投票ボタン
posted by りょうこ at 23:59 | 宮城 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2007フィジー留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

53日目 天災

今日は朝から夕方までずーっと大雨でした。
ほんとにもう、どんだけ降れば気が済むんだかってぐらい大雨で、先生の声もろくに聞こえないくらいのどしゃぶり。
どうでもいいけど、どしゃぶりって英語では猫と犬が降るっていいます(It rains cats and dogs.)


天災といえば日本では北陸のほうで大地震があったとか・・・
なんだかずいぶん大きな地震だったようで心配です。
私が留守なので宮城県で大地震が起きるのではと思って心配していましたが(苦笑 私の2年前のヨーロッパ旅行のことを覚えている方も居るでしょう、仙台で、プールの天井がおっこちるぐらいの地震があったことを。私の留守中には地震が起きるというジンクスがあるのです)、今回は北陸でしたか。
てか、いずれにしても私の留守中には日本で大きな地震が起きるのですね。。。
ラウトカ校にも、石川県や富山県の子がいるので、きっと、心配だと思います。2年前の私がそうだったように。。。彼女たちの身の回りに何事もなければいいのだけれど。

そして、軽くどうでもいいのですが、飯島愛の引退生番組?が地震で打ち切りになったとか。
特に飯島愛のファンというわけではないけど、日本に帰ってももうテレビで彼女を見ることはないのかなと思うとちょっとさみしいものがあります。
言いたいことずばずばなんでも言えちゃうところがけっこう好きだった。



天災ではないのですが、同じクラスの男の子が、家族から、おじいちゃんが体調不良で入院したとかいう連絡をもらったそうな。
容態がどんななのかという情報が全くないようなので、心配でしょうがしかし、いやはや、海外滞在中に天災だの身内が入院しただのなんだの、よくないニュースが飛び込んでくるとけっこうしんどいものがあります。。。



今日は学校帰りに街の古着やさんに寄って、キャミとスカートを2枚買いました。
ただいまセール中だそうで、各1枚3F$【約210円】。アホみたいに安いです。
海外に行くといつも、アホみたいに服を買いまくるりょうこさんですが、フィジーは、食べ物などの物価が安い割に服はそんなに安くなくて(つっても日本よりはいくらか安いけど、ものによってはユニクロより高いし、すっごいかわいい服とかがあんまりなくて、その質・デザインでこの値段だったら多少高くても日本で買ったほうがいいかな、みたいな)、あんま購買意欲がそそられないのよね。。。
けど、街にいくつかある古着やさんは、オーストラリアとかから輸入してるもので、時々、かなりの掘り出し物がみつかることがあるのでお得です。

あー。明日はスカっと晴れてほしいな。。。


more photos : 2007Fiji



↓人気blogランキング↓
blogram投票ボタン
posted by りょうこ at 23:59 | 宮城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2007フィジー留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

52日目 大雨

またもや大雨です。
昨日も天気悪かったけど、Beachcomberに行くの今日でなくてよかったと思うくらいほんっとに大雨でした。
いやんなっちゃうよ。。。

そして、せんたくものが乾かなくて困ってます。
先週の木曜日から干してる下着がまだ乾いてないし、土曜日にホストマザーに洗濯してもらった洋服も当然乾いてません。
私が持ってるのはあとTシャツ一枚・・・
明日中に乾いてくれないと、服も下着ももうあさって来て行くものがありません。
ほんっっっっっとーーーーーーーに困ってます。
マジ、こんなに雨ばかり降るなんて聞いてねえぞってかんじ。(怒)
万が一次にまたフィジーに来るときには絶対に乾季に来ます。
現地の人に言わせると、10月がベストだそうです。

午後になってなんとか雨も上がったので、家に居ても飽きるし、明日のプレゼンの下調べしたいからいつものネットカフェ行こうと思ったら、閉まってた・・・
なんでよ定休日なしじゃなかったのかよ。
と思いながら、もう一軒、行ったことあるとこにいったらそこも閉まってた・・・
なんなんだー。
で、街で開いてたネットカフェ二軒ほど入ってたずねてみたら、日本語フォント入ってるPC無いって言われた・・・

くそー。
なんなのよ全く。(号泣)

しょうがないのでてくてく家に帰ってホストマザーにそう言ったら、大雨だったから臨時休業したんじゃないの、と。
ネットもつながらないくらいの大雨だったということなのか、それとも、あまりの大雨だったから客も来ないだろうということで休みにしたのかわかりませんが、いずれにしても、日本だったら絶対にありえないことでしょうな。

なんとも実りの無い日曜日でした。。。



more photos : 2007Fiji


↓人気blogランキング↓
blogram投票ボタン
posted by りょうこ at 23:59 | 宮城 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2007フィジー留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする