2016年12月16日

抗菌抗ウィルスはなんかいいことあるのか?

抗菌!抗菌!
抗ウィルス!抗ウィルス!

なんて叫ばれていろんなグッズや対策方法やら
なんやかんやがあふれかえっている昨今の日本ですが

感染症は減るどころか増えている気がしてならない。




わたしが子どものころ、
こんなに世間は、胃腸炎だなんだかんだって騒いでたっけか?
って思うと本当に疑問。



って常々思っていたけど
先日フランス語教室でPhilippeがまさに同じようなこと言ってた。

日本ってこんなに清潔に気を遣う国なのに
みんな感染症になるよね、
あんまり清潔とは思えないアフリカとかの国でも
こんなに感染症はやってんの?
って

※多分ですが、衛生面でやや問題のある国では
重症の感染症(コレラとかそういう系の)は日本より圧倒的に多いけど
軽症の感染症(ノロとか)は日本より圧倒的に少ないはず。
ついでに言うとアレルギーとかは、激しく圧倒的に少ないに違いない。




日本人はみんな、躍起になって
抗菌せっけんで手洗い!とか
抗菌グッズ!とかマスク!!とかやってるのに
感染症はいっこうに減らないという現実。

みんな、この矛盾にはやく気づいてほしい。






社会全体が衛生的になれば
命にかかわるような重症感染症は確実に減ります。
(これが、人間の平均寿命が延びたもっとも大きな原因です。
決して、医学の発達のおかげなどではない)

けれど
抗菌抗ウィルスを徹底すればするほど
人間の抵抗力が下がって感染症に逆にかかりやすくなったり
免疫力のバランスがおかしくなってアレルギー発症しやすくなったりとか。

そういや最近は
抗菌石鹸が問題ありってことで規制されてる国が続出しているようですが
日本はまだ規制されないのかな?

そういう石鹸とか、絶対に自然のバランスを崩すに違いない、ああおそろしい、
と思って今まで決して手を出さないできたけど
そういう自分の感覚、間違ってなかったなー。







☆【アメリオーレ】仙台・東京(対面)、電話・Skype
カウンセリング(断薬、健康、人間関係、仕事、お金、結婚、離婚、恋愛、etc.)
心理学セミナー/英語コーチング/夢実現化コーチング/カラーセラピー/
サービス一覧、お申し込みは
☆無料メルマガ
【アメリオーレ通信☆幸せはこの手で創る】

「自分を幸せにできるのは、この世でたったひとり、自分しかいない!!」
徹底的に自分を幸せにするための、自分を見つめ直すきっかけや
今日からすぐ使える心理のポイントをお届けします。
(これまでイベント、セミナー、個人セッションを受けてくださった方、
お問い合わせ下さった方には自動的に配信されます)

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13953
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)


☆無料メルマガ
【アメリオーレ☆薬いらず医者いらずナチュラルハッピーライフ】

「人類にとって本当に必要な薬は1割にも満たない!!」
「むしろ薬や医療では病気は治らない!」
心が病気を作るしくみ、わたしたちの健康に影響する薬や
医療、食、環境に関する「ほんもの」の情報をお届けします。
薬なんかいらないし、病院のお世話になる必要もないんです。
そんな自由で自然な暮らしをしてみませんか。

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13654
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)
posted by りょうこ at 23:59 | 宮城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 薬も医療もイラナイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月01日

医者なんてイラナイ、と(また)思った

今となってはまったく見た目の歩き方からはわからないだろうし
もう誰も覚えていないかもしれません

わたしが旅に出るわずか10日前に
右足をこっぴどく捻挫+軽く骨折したことを…(爆笑)

医者に
「私のいいつけを守らないと(=1か月は松葉杖/簡易ギプスつけないと)
ひどいことになる恐れがある」
とまで脅されたことを。
(ブログには書きませんでしたが、実際そこまで言われたのですw)



まぁこれも結果論といえばそうなんだけど
怪我、全然大丈夫でしたw

最初の1週間ぐらいは、よろよろとびっこひきながら歩いていましたが
(それでもミラノのドゥオモに登ったりしたw よろよろしながらwww)
2週間目に突入したあたりから、だんだん普通に歩けるようになり
3週間目にはフィンつけてスキューバダイビングまでしてきましたw

※歩くのはまだいいとしても、
フィンつけて水中で泳ぐのはけっこう足に負担かかるから
ギリギリまで様子みていたのですが
5日前に、きっと大丈夫、と見切り発車でショップを予約w
結果的にはまったくもってノープロブレムでした。
シチリアの海は、まさに映画「グランブルー」の世界でした…!!



感覚として今は、捻挫はほぼ完治した感じで
骨折したとこはまだ、でこぼこ道とか砂利道とかを歩くと軽く痛むけど
(ヨーロッパの石畳は辛かった…できるだけ平らな石を選んで歩いていた)
軽くなら走れるし、普通に平らな道を歩くぶんにはまったくもって問題なく
1か月ちょっと前に骨折した人には見えないはずw

あんなに医者に脅されたのはなんだったのかと(爆笑)

これでまた、「医者なんてイラナイ」と自分で思いましたw

まぁ、捻挫+軽い骨折ごときでそんな結論出すのもあれですけどw

でも、医者にあんなに脅されてもなお思ったのです。
この怪我そんなにひどくないよ、と。
わたしには整形外科的な知識はあんまりないですが
それでも、自分の体の感覚として、そんなひどいことになるとはとても思えなかった。

【自分の体のことは自分が一番わかっていた】っていう感じ、かなぁ。



ねえ。
「自分の体のことを、見ず知らずの他人(=医者)に全部おまかせする」
ってなんておそろしいことなんだろうって思いません?

病気でも怪我でもなんでも
自分の体のことはまず自分が一番わかっているはずです。

昔の人はきっとそうだったのです。
けれども現代人というのは普段、
その感覚を鈍らせるようなことばっかりやってる。
食べ物とか生活習慣とか、もそうだけど
そもそも、自分の体と【対話】する習慣がなくなってる。

自分の体の声を聞くということ。
自分の体と対話すること。
(もっといえば、体だけでなく心も、ですね)

自分は専門家じゃないからわからない…ってみんな言うけど
自分の体の専門家には、自分自身しかなりえない。

この世のすべての人が、自分の体の専門家になれば
究極的には、医者なんてイラナイのだ。ということ。







☆【アメリオーレ】仙台・東京(対面)、電話・Skype
カウンセリング(断薬、健康、人間関係、仕事、お金、結婚、離婚、恋愛、etc.)
心理学セミナー/英語コーチング/夢実現化コーチング/カラーセラピー/
サービス一覧、お申し込みは
☆無料メルマガ
【アメリオーレ通信☆幸せはこの手で創る】

「自分を幸せにできるのは、この世でたったひとり、自分しかいない!!」
徹底的に自分を幸せにするための、自分を見つめ直すきっかけや
今日からすぐ使える心理のポイントをお届けします。
(これまでイベント、セミナー、個人セッションを受けてくださった方、
お問い合わせ下さった方には自動的に配信されます)

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13953
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)


☆無料メルマガ
【アメリオーレ☆薬いらず医者いらずナチュラルハッピーライフ】

「人類にとって本当に必要な薬は1割にも満たない!!」
「むしろ薬や医療では病気は治らない!」
心が病気を作るしくみ、わたしたちの健康に影響する薬や
医療、食、環境に関する「ほんもの」の情報をお届けします。
薬なんかいらないし、病院のお世話になる必要もないんです。
そんな自由で自然な暮らしをしてみませんか。

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13654
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)
posted by りょうこ at 23:59 | 宮城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 薬も医療もイラナイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

患者第一の医療???

まぁそんなわけで、
わたくし先週、けがをしてしまったのです。

けがの直後は、微妙にいろいろ大変だったんですが
それはさておき

さすがの病院嫌いのわたしも、
たんなる捻挫ならいいけど骨にひび入ってるとか折れてるとかだったら
どの部分がどの程度、って知っておいたほうがいいと思って
めずらしく!!(笑)
自ら病院に向かったわけです。

そしたら、捻挫+軽い骨折(ごく小さい破片が欠けてる)と診断され、
とりあえず1週間、固定(取り外し可能でがちがちじゃないやつ)+松葉杖、
と言われてしまって、おとなしく、固定+松葉杖で過ごしていたのです。
おかげで東京までそのいでたちで往復する羽目に…!(苦笑)

今日で一週間経って、捻挫もだいぶよくなったし
骨折と診断された部分が歩くときあまり体重がかかる処じゃないので
歩くのには固定も松葉杖も必要ない(むしろ邪魔)と判断。
しかも、その固定をしたとき専用のサンダルと松葉杖をレンタルしたのですが
デポジットがなんと5000円なのです。
デポジット、つまり、返せば戻ってくるお金だけど、早く返してほしいし
というわけで今日、病院に行って、松葉杖とサンダルを返してきました。
医師には「最低1ヶ月ぐらいはしておかないと」みたいなこと言われたんだけども
(先週は1週間って言ったのに…?)
わたしとしては、なぜ、歩いても痛くないのに固定+松葉杖しなければいけないのか、
仕事だの車の運転だの買い物だの、なにもかもに邪魔だし、
そもそももう痛くないのでいりません、
って伝えたのですが

「ここで松葉杖と固定をやめるのはあなたの選択であり、
こちらは、やったほうがいいと進めているのを断るわけですから
今後何があってもこちらの責任ではなく、あなたの選択だということを
覚えておいてくださいね」

みたいなこと言われたんですよね

なにその言い方?

うん、まぁ、言いたいことはわかりますよ。
そら、固定して生活に支障がないならそのほうがいいでしょうよ
でも、それぞれの患者にそれぞれの生活のバックグラウンドがあって
誰もが、何もかもを誰かにやってもらうお姫様生活ができるわけでもないんですから。

たとえ治るのに多少時間がかかるとしても
患者の生活背景をかんがみて最善の治療法を提供するのが
医師じゃないんですか?

生活環境全捨てしてでも1日でも早く治すことなんて
こっちは求めてないんだし。



てか、その医師、
言葉遣いは丁寧なんだけど
なーんかね、雰囲気がすごい「上から」なんだよね。

丁寧な言葉遣いだけど
内容は、命令&脅しじゃないですか。

その病院のHPには
「患者第一」「患者様の話をよく聞いて…」「患者様に最善の…」「患者様の心配を取り除く…」
云々と書いてあるのですが
嘘つきも甚だしいですね。



そもそも先週受診したときも
「今日は家族に迎えに来てもらってください」
「治るまで当分運転はしないで」
っていきなりいわれて
いやいやいやいや一人暮らしですし
車運転できなかったら仕事にも買い物にも行けず飢え死にしますが?

※運転できないほどの重症ならまだしも
捻挫程度で運転するなと言われるとは夢にも思わなかった…
それは捻挫がどうこうっていうより、固定してるから、ということらしいので
運転しないと死にますって言ったら、むっとした顔で
「じゃあ運転するときは固定をはずして」って言われた



この世に一人暮らしの人間がいないとでも思ってるんでしょうかね?
仮に家族がいるとしても
絶対に迎えに来てくれるとは限らないだろうし
せめて
「どなたか迎えに来られるかたがいますか?」とか聞けばいいのに




前回といい今回といい
医師の態度にほんっとに腹が立って、
「もういいです。ありがとうございます。さようなら。」
って言ってさっさと帰ってきてしまいました。

そのやりとりするのに350円ぐらい?診察料取られたのですが
なぜ気分を悪くすることに対してこっちがお金はらわなければならないのw



結局、今回けがして思ったのは
病院なんてやっぱ行くところじゃない(行く必要がない)
捻挫ぐらいなら初回は行くとしても2回目はまったく不要
薬で治るわけさらさらないし
医者が何をしてくれるでもないし
親身になってくれる医師ならまだしも
ただただ上から目線でこっちが不快になるだけw

今までも、この世の病院(に行く理由)の9割は不要と言ってたけど
9割9分に格上げしたほうがよさそうですw

今までのわたしの基準では、
整形外科的なケガは病院に行った方がいいと思っていたんだけども
それ、あくまで「重症に限る」ってかんじで。



もう一回、いや、なんなら何回でも言う。

この世の病院の9割9分は不要!
この世の病院の9割9分は不要!
この世の病院の9割9分は不要!
この世の病院の9割9分は不要!
この世の病院の9割9分は不要!
この世の病院の9割9分は不要!
この世の病院の9割9分は不要!
この世の病院の9割9分は不要!






☆【アメリオーレ】仙台・東京(対面)、電話・Skype
カウンセリング(断薬、健康、人間関係、仕事、お金、結婚、離婚、恋愛、etc.)
心理学セミナー/英語コーチング/夢実現化コーチング/カラーセラピー/
サービス一覧、お申し込みは
☆無料メルマガ
【アメリオーレ通信☆幸せはこの手で創る】

「自分を幸せにできるのは、この世でたったひとり、自分しかいない!!」
徹底的に自分を幸せにするための、自分を見つめ直すきっかけや
今日からすぐ使える心理のポイントをお届けします。
(これまでイベント、セミナー、個人セッションを受けてくださった方、
お問い合わせ下さった方には自動的に配信されます)

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13953
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)


☆無料メルマガ
【アメリオーレ☆薬いらず医者いらずナチュラルハッピーライフ】

「人類にとって本当に必要な薬は1割にも満たない!!」
「むしろ薬や医療では病気は治らない!」
心が病気を作るしくみ、わたしたちの健康に影響する薬や
医療、食、環境に関する「ほんもの」の情報をお届けします。
薬なんかいらないし、病院のお世話になる必要もないんです。
そんな自由で自然な暮らしをしてみませんか。

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13654
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)
posted by りょうこ at 13:00 | 宮城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 薬も医療もイラナイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

某有名人の乳がん公表について思うこと

なんか昨日から、某有名人の乳がん公表って世間が大騒ぎしているけれど

わたしが思ったのは

まず、
病気を公表するかしないかとかってプライバシーの問題ですよね?
1年8か月も前に見つかった乳がんを公表しなかったのは
ただひとえに「他人に教えたくなかったから」じゃないんですかね?
なのに、どこからどうしてか誰かがそのネタつかんで
世間にバラして
こうして家族が大きな会見を開くはめになるなんて
いくら有名人には【有名税】があるとはいえ
これはないよなぁ、、、と

有名人って、
自分のプライバシーに関わることなんでもかんでも
世間の皆様にお知らせしなければならない義務でもあるんでしょうか?

本人が「わたし実はガンなんです」とかって
自分の希望で公表するならまだしも
本人が公表したくないものを
「なんか大病らしいですよ」とかって
公共の電波なり雑誌やネットなりでバラすなんて
ひどいと思う。
(だからマスコミって嫌い)
(マスコミ嫌いなのはそれだけが理由じゃないけど)

会見ひらかせるだけでも十分ひどいと思うのに
「ステージはいくつなんですか?」とか聞いてたバカがいたよね
(もうこの際だからはっきり「バカ」と言わせてもらおう)

キズに塩を塗るような真似
やめてあげてよ…(涙)




あともうひとつ
たぶんこっちのほうが大問題だと思うのは
このことをきっかけに
世の中の女性たちがあわてて乳がん検診に駆け込んだらどうしよう。
という。

マンモグラフィーなんてなんの役にも立たない、というか、
マンモのせいで乳がんが増えるとも言われているぐらいなので
そんなの受ける意味がないどころか、受ける方が危険ですから。

それでも受けたいって思うならみんな受けたらいいと思うけど
わたし自身は絶対に乳がん検診なんか受けないし
(意味ない・むしろ危険だから受けないと決めてるのは
乳がん検診だけじゃないけど。むしろ全部だけどw)
たとえがんになったって絶対病院で治療を受けたいとは思わない。
手術も、薬も、放射線も、なにもかも。

普段から、薬や病気、医療に関する情報は嘘やまやかしばかり
と言っていますけど
がんこそ、嘘やまやかしの情報があふれかえっている代表選手みたいなものです。

こういうニュースをきっかけに、
がん検診や、がん治療がどんどん「肯定化」されていくことが
とても、おそろしい。

一番大切なのは
がんの情報のいったい何が嘘でまやかしなのか、とか
がんの原因とかがんにならない方法を知ること、知ろうとすることであって
決して、がんを早く見つけることとか、治すことではないはず。
そこに「問題のすりかえ」が起きている、ということに
一般の人はもちろんですが、医師や薬剤師などの専門家でさえ気づいていない
ということも、心底おそろしい。

まっ、
誰がどうしようが、どんな生き方をしようが
知ったこっちゃないし
誰ががん健診を受けようが、
万が一がんになって病院行って手術受けたり薬飲んだりしようが
関係ないんですけどね

ただ
もう金輪際めったなことでは医者の世話にはならない!!
って決めた(わたしみたいな)人にはできるだけお手伝いさせていただきたいし
そういう考えの人が増えて欲しい、という思いはいつも胸にあります。








☆【アメリオーレ】仙台・東京(対面)、電話・Skype
カウンセリング(断薬、健康、人間関係、仕事、お金、結婚、離婚、恋愛、etc.)
心理学セミナー/英語コーチング/夢実現化コーチング/カラーセラピー/
サービス一覧、お申し込みは
☆無料メルマガ
【アメリオーレ通信☆幸せはこの手で創る】

「自分を幸せにできるのは、この世でたったひとり、自分しかいない!!」
徹底的に自分を幸せにするための、自分を見つめ直すきっかけや
今日からすぐ使える心理のポイントをお届けします。
(これまでイベント、セミナー、個人セッションを受けてくださった方、
お問い合わせ下さった方には自動的に配信されます)

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13953
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)


☆無料メルマガ
【アメリオーレ☆薬いらず医者いらずナチュラルハッピーライフ】

「人類にとって本当に必要な薬は1割にも満たない!!」
「むしろ薬や医療では病気は治らない!」
心が病気を作るしくみ、わたしたちの健康に影響する薬や
医療、食、環境に関する「ほんもの」の情報をお届けします。
薬なんかいらないし、病院のお世話になる必要もないんです。
そんな自由で自然な暮らしをしてみませんか。

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13654
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)
posted by りょうこ at 23:59 | 宮城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 薬も医療もイラナイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月11日

【アメリオーレ☆薬いらず医者いらず 第72号】高血圧の「常識」、なんかおかしくない?

前回は、
世間一般に信じられている「科学/医療の常識」は
こんなふうに疑うことができる(笑)
という例として、高血圧とその薬についてお話させていただきました。

そもそも、血圧って必ず下げなくてはいけないのか?
下げなきゃいけないとして、その理由は本当に科学的/医学的に信頼できるのか?
血圧が上がる原因は完全に解明されているのか?
血圧を「薬で無理矢理」下げることは本当に人体にとって有益なのか?

上記、答えは全て、ノーです。

今回は、前回の続きで、
高血圧に関する常識の嘘に切り込んでいきます。

今晩配信します。

興味のある方はぜひ、以下のURLからメルマガにご登録ください。
登録時の最新号からお届けします。
バックナンバーもお読みいただけます。
 
http://www.reservestock.jp/subscribe/13654
(携帯でも読めますが、受信トラブルを避けるためPCアドレスでのご登録を推奨)





メルマガ【アメリオーレ☆薬いらず医者いらず】では、
薬嫌いの薬剤師としての経験をもとに、
ありのままの自分を生きる人を応援する心理カウンセラーとしての目線で、

☆世間の医師や薬剤師やマスコミは絶対に教えてくれない、薬や医療の本質!
☆人はどうして病気になるのか?
☆心とからだ/病気の密接な関係
☆飲んでも良い薬と飲んではいけない薬の境界線
☆薬や医療よりも大事な、心の持ちようとは何か?
☆病気にならないためにどうすればいいのか?
☆自然と共生するということ
☆すべてひっくるめて、「幸せに過ごす」ためには?

といったことについて、
薬にも医療にも頼らず健康に、時には病気を受け入れ、
与えられた人生を存分に楽しんで幸せに過ごすということについて、
ブログやfacebookなどでは語れない、広く深いお話を、
じっくりがっつりさせていただきます!


<こんな方に特におすすめ>

☆薬はなるべく飲みたくない、病院の世話にはなりたくない
☆薬や医療に関して不信感を抱いたことがある
☆現在病気持ちで、薬を飲んでいて、やめたいと思っている
☆病気になりたくない、病気になるのが怖い
☆心理学に興味がある
☆ありのままの自分で生きたい
☆日々を幸せに過ごすヒントがほしい


質問や、こういう記事を取り上げて欲しい、などのご意見大歓迎!

心も体もすこやかで、愛と幸せに満ちた豊かな日々を過ごす人が一人でも増えますように。


詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13654
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)



☆【アメリオーレ】仙台・東京
カウンセリング(断薬、健康、人間関係、仕事、お金、結婚、離婚、恋愛、etc.)
英語コーチング/夢実現化コーチング/カラーセラピー/心理学セミナー
サービス一覧、お申し込みはこちら http://sunsunsoleil.seesaa.net/



☆ひなたりょうこのもうひとつの無料メルマガ
【アメリオーレ通信☆幸せはこの手で創る】
「自分を幸せにできるのは、この世でたったひとり、自分しかいない!!」
徹底的に自分を幸せにするための、自分を見つめ直すきっかけや
今日からすぐ使える心理のポイントをお届けします。
(これまでにひなたりょうこのイベント、セミナー、個人セッションを受けてくださった方、
お問い合わせ下さった方には自動的に配信されます)

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13953
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)
bgButton1_whi.gif



posted by りょうこ at 00:25 | 宮城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 薬も医療もイラナイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

普通は気づかないかもしれない副作用

先日、とある方とお話していたのですが
その方、咳が最近ずっと続いているので、病院を受診したところ、
「フラベリック」という薬を処方され、飲んでいたら、
な〜んか、音の聞こえ方がいつもと違う、全部半音下がって聞こえる!!
っていうことに気づいて、ネットで調べんだそうです。
そしたら、フラベリックの副作用で、まさに、
「音感が狂う」「半音下がって聞こえる」
というのがあると知って、ビックリして、すぐ薬飲むのやめたんだって。

その方、音楽の仕事をしている方なので、
すべての音が半音下がって聞こえるとか、致命的ですよね。
咳だって仕事に支障はあるんだろうけど、
そもそもフラベリック飲んだからって咳が治る(根治する)わけじゃないし
少し症状治まるならまだいいかも…ってそれすらほとんど無いし
(わたし個人的には、フラベリックに限らず、咳止め飲んで咳が治まった経験がない)

咳止まらないし
全部半音下がって聞こえるなんて
まったくもって、薬を飲む意味がありません。ゼロですゼロ。



ってか

お恥ずかしながらわたくし、
12年も薬剤師やってて
フラベリックにそんな副作用があるなんて知らなかったですw

けっこう有名な副作用みたいですがw

で、思ったのですが、
そもそも、フラベリックってそんなに処方されないし
(今まで30軒以上の薬局に行ったなかで、隣の病院が咳の患者に
フラベリックをしょっちゅう出すようなところに行ったことが無いし
そもそも常備してない薬局のほうが多いイメージ)

仮に、フラベリック飲んでその副作用が出たとして

【音感鈍い人は気づかない】

ってこと、大いにありそうでしょwwwww

気づかないから、薬剤師(や医師)に報告もしない。

ゆえに、わたし、そういう患者に出会ったことがない。
ということ。



ということは、フラベリックで音感が鈍るという副作用は
公表されている数字よりずっとずっとずっと大きい可能性がある。



フラベリックに限ったこっちゃないですが
薬の副作用は、超〜〜〜過小評価されているといわれていて
一説には、メーカー発表の数字は実際の副作用の1割程度に過ぎない
(実際には10倍の患者に副作用が出ている)
なんてことも言われているぐらいで



そして
フラベリックのその副作用は
服用中止後1ヶ月ぐらいは続くとも言われているようで
その方も、もう何日も前に中止したのに、
まだ、半音の半音の半音の半音ぐらい下がって聞こえる、
とか言っていた。



てか、半音の半音の半音の半音が聞き分けられることがスゴイけどwwwww





「飲んでも症状はおさまらないのに、副作用だけはしっかり出る」


世の中そんな薬ばっかです。


それでも、薬、飲みたいですか?


病院受診したって、せいぜいそんな薬処方されて終わりなのに
それでも病院に行きますか???



※ちなみに、今日発行のメルマガ「アメリオーレ☆薬いらず医者いらず第70号」では、
「副作用は誰のせい?」というテーマでお話しました。
興味のあるかたはぜひ、メルマガに登録してくださいね。
バックナンバーもお読みいただけます。



薬で咳を「治す」のは不可能なので
どうしても咳を止めたい、せめて仕事のときだけでも…!!
なんて場合は、薬よりよほどこっちのほうがマシ。















あとはやっぱ、
規則正しい生活、適度な運動、体にやさしい食事、ストレスをためない、
ですよね。
何事にもいえることだけど。






☆【アメリオーレ】仙台・東京(対面)、電話・Skype
カウンセリング(断薬、健康、人間関係、仕事、お金、結婚、離婚、恋愛、etc.)
心理学セミナー/英語コーチング/夢実現化コーチング/カラーセラピー/
サービス一覧、お申し込みは
☆無料メルマガ
【アメリオーレ通信☆幸せはこの手で創る】

「自分を幸せにできるのは、この世でたったひとり、自分しかいない!!」
徹底的に自分を幸せにするための、自分を見つめ直すきっかけや
今日からすぐ使える心理のポイントをお届けします。
(これまでイベント、セミナー、個人セッションを受けてくださった方、
お問い合わせ下さった方には自動的に配信されます)

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13953
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)


☆無料メルマガ
【アメリオーレ☆薬いらず医者いらずナチュラルハッピーライフ】

「人類にとって本当に必要な薬は1割にも満たない!!」
「むしろ薬や医療では病気は治らない!」
心が病気を作るしくみ、わたしたちの健康に影響する薬や
医療、食、環境に関する「ほんもの」の情報をお届けします。
薬なんかいらないし、病院のお世話になる必要もないんです。
そんな自由で自然な暮らしをしてみませんか。

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13654
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)

posted by りょうこ at 23:32 | 宮城 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 薬も医療もイラナイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

血糖値高いと身体に悪いらしい→じゃ薬で下げればいいじゃないか。の罠

今日(日付的に昨日ですが)、街の中で、
道端にへたりと座り込んでいるおばあちゃんが居たのです。
座り込んでる、っていうよりむしろ、横になりたいっぽいしぐさ。

どうしたんだろう?あんなとこで休憩?
いやでも、さすがに寝ないでしょこんなとこで…
体調悪いのかな?どうしよう声かけたほうがいいかな?
と思ったまさにそのとき、
わたしよりもそのおばあちゃんに近くに居た人が声をかけてあげてて
わたしは、そのやりとりの様子を遠くから見守っていたのですが
やはり、体調が悪いみたいで。

救急車を呼んだみたいなので
とりあえずわたしはいっか、と思って先を急いだのですが

あれ、たぶん、低血糖発作じゃないかなぁ。。。

違うかもしれないけどw

とりあえず今日の日記は、低血糖ということにして話を進めます。
(今まで明らかに低血糖発作だろうなっていう人を何人か見たことあるし。
けっこう、頻繁に起きる副作用なんで)



現在の医療や薬、病気に関する情報の90%を疑っているわたしですが
血糖値、というのは、確かに、世の中で言われている通り、
高いままで放置しておくとまずい、と思っている。

でも

仮に、血糖値高いとヤバイ、が正しいとして

それを、「薬で」下げることまでもが正しいとは限らないのです。

というか実際には、「薬で」下げることは百害あって一利無しなのではないかと
わたしは疑っています。
わたしは、っていうか、
それを裏付ける意見やデータを今までこれでもかというほど見ているから。



血糖値高いのがヤバイとして、それを薬で下げようとなると、
副作用とかなんか他にいろいろ考えなきゃいけないことが出てくるわけですよ。
それをどうしてみんな、無視できるんだろうか?と。

薬で下げることと
例えば食事の改善とかで自然に下げていくことを
まったく同じであるとみなせるのはどうしてなのか?と。
(無意識で全く同じ(安全)とみなしているからこそ、抵抗無く薬物治療を行うんですよね)
そんなん、明らかに条件や状態が違うじゃないですか。
薬で無理矢理血糖値を下げた体と
自然に血糖値下げた体が
まったく同じわけないじゃないですか。



血糖値高い→マズい→じゃ薬で下げよう

って、
人々が短絡的に考える方向に持ってかれているのです。
日々、いろんな面から。
それはもう「洗脳」と言ってもいいです。
薬は(正しく使えば)安全だとかなんとか
言葉巧みに誘導されているわけです。

薬なんて安全でもなんでもないですよ。
(むしろ危険でしかない!)

こと血糖値を下げる薬に関しては
「低血糖」という、誰がみても明らかな副作用があります
(低血糖の副作用が無い/少ない薬もありますが、
そういった薬にはもれなく、他の副作用がついてきます)

そんなものを飲んででも
血糖値を下げなければいけないのか?

薬で血糖値下げて仮に糖尿病の症状が抑えられるとしても
(実は、完全に抑えられるという証拠はないらしいですが)
他の病気が増えたりするんじゃ?
(そんなことも当然言われています)

血糖値を下げるのに薬以外に方法はないのか?

場合によったら、
薬飲んでまで血糖値下げるぐらいだったら
血糖値なんか無理に下げない方がいいんじゃないか?

ということをね、
専門家が、医師が、看護師が、薬剤師が言うから、、、じゃなくて、
患者一人ひとりが学んで考えて実践していかなければいけない時代なんだなーと
ひしひしと感じています。

だって、医師も薬剤師も誰もそんなこと教えませんからw
「専門家」の言う通りにしてれば大丈夫、なんて大嘘ですよ。
(人によりますが)
(どうして世間一般の医師や薬剤師がそういうことを教えてくれないのか、
については、以前メルマガに書きました)



病院に行けば行くほど早死にする。
という思いがますます確信に近づいてきた今日この頃です。

病院行くのは、早死にしてもいいという人だけにしといたほうがよさそうです。



※あ、いや、何があっても絶対病院に行くなとまでは言いませんよ。
命の危険があるような状態(救急車呼ぶような事態)だったり
外傷だったり、重篤な感染症とかだったら、やはり、病院行った方がいいと思います。

※ちなみに今日の話は、例えば高血圧にあてはめようとすると
そもそも、血圧高かったらだめなのか?というところから疑わなければならない。
ごく一部を除く大部分の高血圧は、実は下げる必要がない、と言われていますので。
薬で下げるかどうかの議論の前に、
そもそも下げる必要からして、ないかも。ってことです。




☆【アメリオーレ】仙台・東京(対面)、電話・Skype
カウンセリング(断薬、健康、人間関係、仕事、お金、結婚、離婚、恋愛、etc.)
心理学セミナー/英語コーチング/夢実現化コーチング/カラーセラピー/
サービス一覧、お申し込みは
☆無料メルマガ
【アメリオーレ通信☆幸せはこの手で創る】

「自分を幸せにできるのは、この世でたったひとり、自分しかいない!!」
徹底的に自分を幸せにするための、自分を見つめ直すきっかけや
今日からすぐ使える心理のポイントをお届けします。
(これまでイベント、セミナー、個人セッションを受けてくださった方、
お問い合わせ下さった方には自動的に配信されます)

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13953
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)


☆無料メルマガ
【アメリオーレ☆薬いらず医者いらずナチュラルハッピーライフ】

「人類にとって本当に必要な薬は1割にも満たない!!」
「むしろ薬や医療では病気は治らない!」
心が病気を作るしくみ、わたしたちの健康に影響する薬や
医療、食、環境に関する「ほんもの」の情報をお届けします。
薬なんかいらないし、病院のお世話になる必要もないんです。
そんな自由で自然な暮らしをしてみませんか。

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13654
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)



posted by りょうこ at 01:54 | 宮城 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 薬も医療もイラナイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

病院は病気を治すところではない。

病院って、何をするところだと思いますか?

病気を治すところ?



…とんでもない!!




病院に行ったって病気なんて治らないんです。

だって、病気の治し方なんて誰も知らないんだから。




※そら勿論、病気にもよりますけど、
病院で治る病気は、びっくりするぐらい少ないです。




病院というのは、病気を見つけるところです。

診断をするところです。

治すところじゃないんです。



医学部の講義のほとんどが「診断について」です。

ちなみに薬学部の講義のほとんどは、薬効薬理についてです。
例えば、この薬はこういうメカニズムで血圧を下げます、など。
※そもそも本当に血圧を下げなければいけないのか?とかは
さら〜〜〜〜っと通り過ぎます。

治療法なんて教わりません。

それも当然で、
現代医学による病気の治療法なんて存在しないからです。



みんなが「治療」と思っているもののほとんどは、
本質的には治療なんて呼べるしろものじゃない。

風邪、インフルエンザ、花粉症、、、
みんな、そうだと診断されたところで
病院(薬)では治りません。
インフル何型かとか
花粉症のアレルゲンを調べるとか
全く無意味です。
だって、そんなの知ったところで病院(薬)では治らないんだから。

風邪、インフル…寝てれば治ります。何度も言いますが薬飲んでも治りません。
花粉症…本気で治そうと思ったら食事や生活習慣を変えないと。



病気が治らないんだから
たとえ体調が悪くなったって病院になんか行く必要ないし
治らないんだったら、診断を受けることだってあんまり意味ないし。

行ったら逆に、へたに病気のレッテル貼られて
不要な治療、不要な薬をもらって
ますます悪くなるわw

とわたし自身は思っているので
よほどのことがない限りはもう一生、病院になんか行かない
と決めていますが

世の中の人々はさすがにそこまで今すぐ割り切ることはできないだろうし
体調が悪いとき、その原因、病名だけでも知りたいと思う人も多いと思います。
わかれば安心だからと。
だから、あくまで、
診断だけでもしてもらいたい、という意味で病院に行くんだったら
まだマシなのかな、とも思うんですけどね。



ちなみに
世の中のほとんどの病気の治療法がわからない理由のうちのひとつは
「そもそも原因がわからないから」という感じです。

病院行ったって、体調不良の原因なんかわからないことのほうが多いのです。

もし治らないんだとしても
原因/病名を知って安心したい、という気持ちもわからなくはないですが
そもそも原因がわからないんだったらあんまり意味ないですね。

ていうか

体調が悪い時に、原因を知りたい、病名を知りたい、
わからないと不安

っていう気持ちをなんとかするほうがよほど理にかなってます。

その不安、一体どこからくるんでしょうか?

というところに真摯に向き合ったら
きっとその不安、軽くなりますし
病院に行く必要がなくなります。

そもそもその不安のでどころが
それまで病気以外でも自分自身に及ぼしている影響もあったはずです。
そういった部分も同時によくなります。

それは、病院(薬)では決して治らない部分なのです。



心理カウンセリングでは、その「不安」を取り去り
「安心」を獲得するお手伝いをさせていただいています。

☆【アメリオーレ】仙台・東京(対面)、電話・Skype
カウンセリング(断薬、健康、人間関係、仕事、お金、結婚、離婚、恋愛、etc.)
心理学セミナー/英語コーチング/夢実現化コーチング/カラーセラピー/
サービス一覧、お申し込みは
☆無料メルマガ
【アメリオーレ通信☆幸せはこの手で創る】

「自分を幸せにできるのは、この世でたったひとり、自分しかいない!!」
徹底的に自分を幸せにするための、自分を見つめ直すきっかけや
今日からすぐ使える心理のポイントをお届けします。
(これまでイベント、セミナー、個人セッションを受けてくださった方、
お問い合わせ下さった方には自動的に配信されます)

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13953
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)


☆無料メルマガ
【アメリオーレ☆薬いらず医者いらずナチュラルハッピーライフ】

「人類にとって本当に必要な薬は1割にも満たない!!」
「むしろ薬や医療では病気は治らない!」
心が病気を作るしくみ、わたしたちの健康に影響する薬や
医療、食、環境に関する「ほんもの」の情報をお届けします。
薬なんかいらないし、病院のお世話になる必要もないんです。
そんな自由で自然な暮らしをしてみませんか。

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13654
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)




posted by りょうこ at 22:33 | 宮城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 薬も医療もイラナイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

続・快便と健康の関係

相変わらず快調ならぬ快腸なわたくしですw




最近、
便通がいいから健康、なのではなく
健康だから便通がいい、という確信を抱くに至った
新事実を知りました。

というのは

便の組成のうち、もっとも多くを占めるものって
みなさん、一体なんだか知ってますか?

※あ、もっとも多いのは「水分」なんですが
それは無視するとして

吸収されない食べかす?
腸内細菌?

違うんです!

最も多いのは、
腸の細胞が、死んで、新しく生まれ変わる
細胞の死骸なんだそうです!!!!
言うなれば、腸の「垢」です。

食べカスとか、むしろすんごい少なくて
便の量に影響するほどじゃないんだそうで。

ちなみに、腸の細胞は、種類にもよるけど
1日〜数日で、新しい細胞に生まれ変わるらしいです。
つまり、ほぼ毎日毎日、腸から「垢」がはがれおちる、ということ。


マジか。

いやー。

長らく薬剤師やってたくせに
お恥ずかしながら、全然知りませんでしたw

ってか、そういうの、実際、みんなどれくらい知ってるんだろう?
たぶん、意外とみんな知らないのではないかと。
便秘関連のサイト見てもあんまり書いてないし
大学で習った記憶もない(記憶にないだけだったりしてwww)



その事実を知って思ったのは、
つまり、



腸が元気=腸の細胞の入れ替わりが活発=細胞の死骸が増える=便が増える

腸が元気ない=細胞の入れ替わりが活発にならない=細胞の死骸が少ない=便が少ない=便が出ない



っていうことなんじゃないかなー。と。

便が少なかったら、便出す必要ないもんね。

やはり、元気だから快便、なのであって、
快便だから健康、ではないのではないか、とか、
老人が便秘になる(便の量/回数が減る)のもそりゃ当たり前だわなーとか
腸の活性だって年とともにだんだん落ちていくわけだし。
なのに、便が出ない、減った、っていって便秘薬飲むとかホントあほらしいってことだわ。

製薬会社の作ってる「便秘について知ろう!!」
とかいうサイトってよくあるけど、
まず、そういうことは書いてない。
そりゃそうだよね、だってそんなことハッキリ書いちゃったら
便秘薬売れなくなっちゃうもんね!!



毎日便がでるように努力する(サプリ飲むとか薬飲むとか)いうことではなく
自分が健康かどうかのバロメーターとして、便(の質、量、回数、etc.)を見る
ということなのであります。
きっと。

たとえば、昔の人は、朝、便がでない場合は朝食を食べない、
ということを守っていた、、、なんて話も聞きます。
それも、便を体調のバロメーターとして利用していた、ということの一部ですよね。



で、これまたわたしの考えですけど、
腸の細胞の生まれ変わり(腸の健康さかげん)に影響するのは
やはり、ストレスとか化学物質とか…だと思うのです。
腸内細菌は?っても思うけど、そもそも腸内細菌が、
そういう、ストレスとか化学物質とかに影響されているのではないかと。

※あ、どーでもいいけど
生きて腸まで届く、とかいうヨーグルトなどは全然意味ないですよw
外から菌を摂取しても腸内細菌嚢は改善されません。



いずれにせよ、ますます、便秘薬なんてイラナイ、ってことです。

(イラナイのは便秘薬だけじゃないけどもwwwww)







☆【アメリオーレ】仙台・東京(対面)、電話・Skype
カウンセリング(断薬、健康、人間関係、仕事、お金、結婚、離婚、恋愛、etc.)
心理学セミナー/英語コーチング/夢実現化コーチング/カラーセラピー/
サービス一覧、お申し込みは
☆無料メルマガ
【アメリオーレ通信☆幸せはこの手で創る】

「自分を幸せにできるのは、この世でたったひとり、自分しかいない!!」
徹底的に自分を幸せにするための、自分を見つめ直すきっかけや
今日からすぐ使える心理のポイントをお届けします。
(これまでイベント、セミナー、個人セッションを受けてくださった方、
お問い合わせ下さった方には自動的に配信されます)

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13953
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)


☆無料メルマガ
【アメリオーレ☆薬いらず医者いらずナチュラルハッピーライフ】

「人類にとって本当に必要な薬は1割にも満たない!!」
「むしろ薬や医療では病気は治らない!」
心が病気を作るしくみ、わたしたちの健康に影響する薬や
医療、食、環境に関する「ほんもの」の情報をお届けします。
薬なんかいらないし、病院のお世話になる必要もないんです。
そんな自由で自然な暮らしをしてみませんか。

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13654
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)

posted by りょうこ at 21:02 | 宮城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 薬も医療もイラナイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月22日

快便と健康の関係

※若干、というかどストライクでシモの話なので、食事中の方などは気をつけてください!!



超個人的な話なのですが

最近、やたら毎日快便でして(笑)
ここ2週間ぐらいですかね?

以前は、2,3日おきにしかなかった便通が
ほぼ毎日なのです。

なんでそうなったか、って、
自分で思い当たるふしがあまりない、というか
生活習慣や食べ物もあんまり変わってないし
むしろ最近、精神的に大ダメージを受けたことがあったりして
そういう意味ではかなり悪化したし
(あ、もうそれはほぼ立ち直ったのでご心配なく!!
直感・違和感・充足感が大事ねー!!笑)

てか、そもそも、もう思い出せないぐらい何年も前からっていうレベルで、
わたしの便通はほぼ、2,3日おきだったのです。

それがなぜ、ここんとこほぼ毎日になったのか?

よく、快便=健康のしるし、って言いますよね、
それってどっちかっていうと世間では、
快便だと健康になる、っていう認識だと思うのですが、
わたし、逆なんじゃないかな、って思うようになりました。

つまり
健康だから快便、ってことです。

もちろん、便を出すことが健康にいい、っていう面もあるんだと思います。
でも、逆の面もあるんじゃないかな、と。
すなわち、体が健康だからこそ、毎日便通がある。

健康だから、っていうか、
現在の体調からすると、毎日便通があるのが自然、ってかんじか。
体調と便通の頻度って、常に、バランスが取れているもんなんじゃないかな。と。

なんでそう思うか、と聞かれても
なんとなく自分の体調を思い返してみて、そうなんじゃないかなー、と思った、
としか言えません。

なんの科学的な根拠もないけど
ただ、自分の体調を「感じてみて」そんな気がするっていうだけです。

※てか、いつも言ってるけど
「科学的な根拠」ほどあやしいものはないからなw



便秘かどうか、っていうのは、
その便通で不都合を感じるか、感じないか、が基準であり
毎日出るかどうかではない、なんてことよく言いますよね、
それも、この理論とは矛盾しないのです。
つまり、
便通というものは、そのときの体調とバランスがとれている
ってことだと。

たとえば、便通が週に2,3回なのであれば、
現在、週に2,3回便通があるのが自然な体調にある、ってことです。



でね、思ったのですが、
もし、
「健康だからこそ快便」「体調と便通はバランスが取れている」
というのが本当だとしたら、
便秘薬を飲んで便を出すのは本末転倒なのではないかと。

よほど、腹痛がひどいとか、
便秘による直接的な自覚症状があるんだったらまた話は違うのかもしれないけど、
毎日便を出すことが体調を良くする秘訣、って信じて
無理矢理薬を飲んでまで便を出そうとするのは、なんか違う、というか、
そのときの自然な体のバランスに【逆らう】ことになるんじゃないかなーって。

自然な体のバランスに逆らう→体調不良につながる

体調を良くすると信じて便秘薬を飲むことが、
逆に、体調不良につながるってこともあるのかも。
って。



卵が先か、にわとりが先か、
なんて議論はよくされますけど
病気と体調・症状の関係にも、
そういうのって大いにあると思う。

たとえば、コレステロールが高いと心筋梗塞になりやすい、
ってのとかも、
体に心筋梗塞になるほどの負荷がかかっている人は、コレステロールが高くなりやすい
のかもしれなくて、
コレステロールが心筋梗塞の原因とは必ずしも限らないわけです。

便秘と体調の関係にも、もしかしたら、そういうのあるんじゃないかなーって。

わたしは、便秘薬は一回も飲んだことないですけど
そう考えると、ますます、便秘薬なんて要らないなっと。








☆【アメリオーレ】仙台・東京(対面)、電話・Skype
カウンセリング(断薬、健康、人間関係、仕事、お金、結婚、離婚、恋愛、etc.)
心理学セミナー/英語コーチング/夢実現化コーチング/カラーセラピー/
サービス一覧、お申し込みは
☆無料メルマガ
【アメリオーレ通信☆幸せはこの手で創る】

「自分を幸せにできるのは、この世でたったひとり、自分しかいない!!」
徹底的に自分を幸せにするための、自分を見つめ直すきっかけや
今日からすぐ使える心理のポイントをお届けします。
(これまでイベント、セミナー、個人セッションを受けてくださった方、
お問い合わせ下さった方には自動的に配信されます)

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13953
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)


☆無料メルマガ
【アメリオーレ☆薬いらず医者いらずナチュラルハッピーライフ】

「人類にとって本当に必要な薬は1割にも満たない!!」
「むしろ薬や医療では病気は治らない!」
心が病気を作るしくみ、わたしたちの健康に影響する薬や
医療、食、環境に関する「ほんもの」の情報をお届けします。
薬なんかいらないし、病院のお世話になる必要もないんです。
そんな自由で自然な暮らしをしてみませんか。

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13654
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)

posted by りょうこ at 14:12 | 宮城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 薬も医療もイラナイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする