2019年07月09日

破壊の医療vs創造の医療




わたしは、医者・薬剤師・看護師・製薬会社の社員・
その他、ありとあらゆる医療関係のお仕事をしている人とは
そうそうお友達にならないことにしている。

ならない、というか、なれない、というか。。。

だって
医療関係者というのは政治家と同じぐらい
信用できない人種だから。
信用できない人とは友達になれないでしょ?

なんで信用できないかっていうと

わたし自身は、薬剤師になって1年ぐらいで、
この業界、というか、「医療の嘘」に気づいてしまったのですが

この仕事に真摯に向き合っていれば、
というのはすなわち、
ひとりひとりの患者さんたちが「本当に」健康になるように、
たとえ病気のままでも、幸せと感じられるように、
生きていてよかった、この世に生まれてよかった、と思えるように、
という意識で仕事をしていれば、
遅かれ早かれ、今わたしたちが医療と呼んでいるものの大嘘に
気づくはずなのです。

わたしが、医療の嘘に気づくことができたのは
目の前に居た患者に真摯に向き合った結果だと思ってる。

もちろん、
わたしよりずっと、「本気で」医療をやってる方々もいるわけで
(たとえばこの本の著者である先生方のように)
わたしなんてそんな方々の、まだ、足元にも及ばないけれど、
でも、医療の嘘に気づいていない医療関係者というのは、
少なくともわたしよりもずっと、目の前の患者に真摯には向き合っていない、
ってはっきり言い切れる。

または、
自らの保身のために、あえて、
目の前の患者に向き合おうとしていないだけかもだけど
(もし向き合ってしまったら、医療の嘘に気づいてしまう、
そしたら、自分の仕事を否定することになる、
ひいては自分自身を否定することになる、
という恐れから無意識にブロックがかかる)

もしくは
単に頭悪すぎて気づきようがないだけかもだけど
…頭悪い、っていうと言い方悪いけど、
あまり物事を深く考えない、っていうかね。
(現在の教育システムがそう仕組まれてるという側面もあるのですがね。
そういう話もこの本の中で語られてます)

いずれの理由にせよ
世の中の99%ぐらいの医療関係者は、信用に値しないと思ってる。
ごめんだけど。

※例外的に、趣味が同じで気の合う医療関係者だったら
友達になれることもあるけどね



まっ、最も悪人なのは、
そんな医療の嘘に気づいてなお、
この仕事を片手間ながら続けているわたし、なんだろうけどwww

その罪悪感があるからこそ
自分のブログとか、
実生活で身近な人、大事な人には、
そんな薬は使わないほうがいい、
もっといい方法はいくらでもあるから、
ということを、受け入れてもらいやすいかたちで、
すこしずつ、伝える努力は惜しまない。

その一方で、
医療が嘘だなんて知りたくない、
嘘でも毒でもいいから医療を受けていたい、そのほうが得、
という患者が少なくないことも知っていて
もう、そういう「救いようのない人」たちのことを
気にするだけ時間と労力の無駄。ということもわかってるから
まぁ、もう、それは、どうしようもないよね。
病気になるべくしてなってて、
不健康になるべくして、不幸になるべくして、なってる、
わけだから。もはや。
それに自分で気づいていただくというか、
自分は無意識ではそう思ってる、ということを
受け入れてもらうしか、手だてはないので。。。



ともあれ

この100年ほど、
急激に、西洋医療=近代医療=破壊の医療、が発展を遂げ
医療がどのように民衆を欺いてきたか、という歴史や具体的な事例が
この本では、講演・対話形式でわかりやすく語られていて
しかも、ただそれだけで終わらずに、
ではどのような医療だったら人々が真に健康になれるのか、
という話もいっぱいされているので、
もし、医療の嘘、とかに興味があり、
本気でそういう話を知りたい、
本気で健康になりたい、とか、
医療の壮大な嘘という衝撃的な事実を受け入れる心の準備ができている、
という方にはとってもおすすめの本です。



加えて、個人的には、
治療法(食事とかサプリとかうんぬん)はおまけでしかなく
最終的にはどんなケースでもやはり
精神療法・カウンセリングは必要なんだ、
ってあらためて実感して、
わたし自身もその方面から「創造の医療」に貢献できるよう
今日も、明日も、あさっても、
地道にすこしずつその準備をすすめていきます。





☆【アメリオーレ】自己治癒力アップのための心理カウンセリング
現在、新規受け付けは休止中です。
近日中に、Skype・Zoomでのカウンセリングをメインに再開予定です。
(不定期で仙台・東京での対面セッションあり。こちらでお知らせします)
サービス一覧、お申し込みは
☆無料メルマガ【アメリオーレ通信☆幸せはこの手で創る】
「自分を幸せにできるのは、この世でたったひとり、自分しかいない!!」
徹底的に自分を幸せにするための、自分を見つめ直すきっかけや
今日からすぐ使える心理のポイントをお届けします。
(これまでイベント、セミナー、個人セッションを受けてくださった方、
お問い合わせ下さった方には自動的に配信されます)

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13953
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)
☆無料メルマガ【アメリオーレ☆薬いらず医者いらずナチュラルハッピーライフ】

「人類にとって本当に必要な薬は1割にも満たない!!」
「むしろ薬や医療では病気は治らない!」
心が病気を作るしくみ、わたしたちの健康に影響する薬や
医療、食、環境に関する「ほんもの」の情報をお届けします。
薬なんかいらないし、病院のお世話になる必要もないんです。
そんな自由で自然な暮らしをしてみませんか。

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13654
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)



posted by りょうこ at 23:59 | 鹿児島 ☁ | Comment(0) | 薬も医療もイラナイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月19日

「求めている結果ではないので受け取らない」

↑最近はやってるみたいね(笑)

個人的に、
大学院時代のことをめちゃめちゃ思い出させられます。

というのも、
まったく似たようなことがあったのです。

すなわち

実験の結果が、担当教官の求めているものではなかったので
「そんなわけない、こういう結果が出るまでやり直せ」
っていわれて
条件とか行程とかデータ・統計の取り方を少しずつ変えて
膨大な失敗の果てに、ようやく、成功、というか、
「担当教官のほしい結果」を出すことができたんですが。

で、その「ほしい結果」が出た時と同じ条件で実験して
再現性がとれれば
「ほしい結果」=「科学的真実」
として論文書きましょう。と。

極端な話、
10000回実験したなかで、
たった2回でも欲しい結果が出たら
それを真実とすることができる、ということ。

それが、研究の世界。

ほんの少しずつとはいえ
条件ややりかたや統計の取り方を変えないと出ない「結果」
それはほんとに、科学的真実って言えるんですかね?

違う条件ややりかたや統計の取り方では
まったく逆の結果が出るのに…?

9998 対 2で、
逆の結果圧勝してますけどー???



その疑念が、
わたしが、研究職をあっさりとあきらめて薬剤師に方向転換した
大きな理由のなかのひとつでした。

そんなとんちんかんな研究の世界に骨をうずめるなんて無理。
そんなんなら現場に出た方がいい。と。

※研究の世界を飛び出した理由はほかにもあったけどね…
最初に就職した某国立研究機関の先輩(女子)がすごく嫌な人で
研究の世界にいたらわたしもあんな女になってしまうのか…?
てかなりたくない!!って思ったとか
そこやめたあと次の就職先探してはみたけど
みんな田舎ばっかりでサムエルのライブに行きづらいとか(爆笑)



で、薬剤師になってはみたものの
あるきっかけから、
薬のんでもみんな病気治ってないじゃん、
と気づくことになり、
なんでだろう?ってその理由を探り、学びを深めていくなかで
現在、医療現場で普通に使われている薬の研究開発の過程でも
わたしが大学院で経験したようなこと
(結果ありきの実験、ほしい結果を出すための実験を「デザイン」する)
と似たようなことがけっこう行われている
と、知った。

愕然。。。

てか、よく考えてみたらそりゃそのはずで。
大学という、教育機関で、それを当たり前としてやってるんだから
それを当たり前として学んだ学生たちが卒業したのち
実際の研究現場でもそれが当たり前にならないわけがない。

そら、薬で病気が治らないわけだーーー(苦笑)



そこから、今(薬剤師やめてカウンセリングしよう)に至ります。



国民の生活がかかってる、年金とかの話で、
政府の希望した結果ではないから
その報告は受け取らないとか
そんなんありえないでしょー!?
って思う人いっぱいいるかもだけど

国民の命がかかってる薬の話でも
似たようなことがいっぱいあって
ひとの命かかってんのにありえないでしょー!?
って普通みんな思うでしょうけど

実際、「向こう側」の人たちは
国民ひとりひとりの命なんてどうとも思ってない
ってことなんだろうなと。
残念ながら。。。



自分の身は自分で守るしかないし
年金も、自分で貯めるしかない(苦笑)
究極的には、日本人やめるのが一番いいのかな
とか思っちゃったりとかね。。。




☆【アメリオーレ】自己治癒力アップのための心理カウンセリング
現在、新規受け付けは休止中です。
近日中に、Skype・Zoomでのカウンセリングをメインに再開予定です。
(不定期で仙台・東京での対面セッションあり。こちらでお知らせします)
サービス一覧、お申し込みは
☆無料メルマガ【アメリオーレ通信☆幸せはこの手で創る】
「自分を幸せにできるのは、この世でたったひとり、自分しかいない!!」
徹底的に自分を幸せにするための、自分を見つめ直すきっかけや
今日からすぐ使える心理のポイントをお届けします。
(これまでイベント、セミナー、個人セッションを受けてくださった方、
お問い合わせ下さった方には自動的に配信されます)

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13953
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)
☆無料メルマガ【アメリオーレ☆薬いらず医者いらずナチュラルハッピーライフ】

「人類にとって本当に必要な薬は1割にも満たない!!」
「むしろ薬や医療では病気は治らない!」
心が病気を作るしくみ、わたしたちの健康に影響する薬や
医療、食、環境に関する「ほんもの」の情報をお届けします。
薬なんかいらないし、病院のお世話になる必要もないんです。
そんな自由で自然な暮らしをしてみませんか。

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13654
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)


posted by りょうこ at 23:59 | 鹿児島 ☁ | Comment(0) | 薬も医療もイラナイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月25日

りょうこ耳鼻科に行ったってよvol.2

薬も医療もほとんどインチキ!!

とぶったぎるわたくしが、泣く泣く?耳鼻科の門を叩いてかれこれ1年半、
  
再び、耳鼻科のお世話になる日がやってこようとは…。



症状は前回とまったく同じです。
ダイビング後、耳から水がぬけず、音がほとんど聞こえない。

※あ、この週末久米島行ってきたんですよ、
その話はまた後日…



前回、
潜降速度が速すぎて耳抜きがおっつかなかったために
鼓膜に小さな炎症ができて、
そこに海水の塩がかたまって耳をふさぐ、
サーファーズイヤーの一種、と言われて
今回もそれかなーと思って行ったのですが

なんのことはない、ただ、耳垢の塊がごっそりつまってたというw

いつも、ダイビング後、右耳だけ、水がなかなかぬけなくて
どうしても気になっていじくったり綿棒つっこんだりしてしまう。
うまくいけばそれで水は抜けるけど、
今回それが失敗し、耳垢を押し込んでしまったのが原因。と思われます。

いやもう、
なんで?こんなに?
って思うぐらい耳垢つまってて、
医師に、ピンセットでちょっとずつ、
何回も何回も除去してもらって
ようやく全撤去できました。

てかこの先生ちょっと変わり者で、
耳垢とれるたびに、ほら、いい臭いだよー
って鼻先までピンセットで耳垢もってくるわけ。

いいから、臭いはwwwww
さっさとやってwwwww

そんなこんなで、
耳は元通りになったので結果オーライ。



耳鼻科ってめっちゃ混んでるっていうイメージだけど
探せば全然混んでない耳鼻科もあるもんで

前回も、全然混んでない耳鼻科を狙っていったけど
今回も、ウチナンチュに聞いて、人気のない耳鼻科をあえて狙っていきましたw

てか、たぶんどこの地域もそうだけど

人気ある耳鼻科=薬を山盛りくれる医者
人気ない耳鼻科=薬あんまりくれない医者

の構図が成り立つのはほぼ間違いなく
わたし的には、後者であるほうがありがたいので
一石二鳥なのです。

(教えてくれた人には、ほんとに勧めないけど…って
何度も言われたwww)

ちなみに
いまわたしが働いている薬局の隣も耳鼻科ですが
人気のある耳鼻科でして
薬はもれなく山盛りなんですよね

薬山盛り処方する医者=ヤブ

と言ってほぼ間違いないわけですが
なぜそんな医者が人気なのか、到底理解できませんw

それはさておき
今回、薬は一切いりませんと言うつもり満々で行ったけど
右耳ちょっと腫れてるから
一応抗生物質の点耳薬だけだしときましょうね
といわれ、
まぁ、それだけなら…と、おとなしくもらって帰ってきましたw

(それすら使わないかもしれないけどwwwww)

(隣のヤブ医者なら、飲み薬も山盛り出たことでしょう…)



教えてくれた人に
「ほんとに勧めない」
とまで言われた耳鼻科だったけど
まぁ、普通でしたよ。
めっちゃ空いててそっこう終わったし。
薬もたったひとつで済んだし。

ちなみにわたしの右耳、
左耳に比べて構造的に水とか耳垢がたまりやすいようだ、
っていわれました。
左は全然きれいなのに、右だけ、なぜか。

中耳炎とか外耳炎とかじゃなくて良かったけど
今後も気を付けないとねー。
定期的に耳鼻科に耳掃除に行った方がいいかな。右耳だけ。

※内海式やってる人なら、
右耳w っていろいろ想像して笑ってるだろうねw
大丈夫よ、当の本人が自己分析して笑ってるからwwwww




☆【アメリオーレ】自己治癒力アップのための心理カウンセリング
現在、新規受け付けは休止中です。
近日中に、Skype・Zoomでのカウンセリングをメインに再開予定です。
(ご希望の方には那覇での対面セッションも承ります)。
(不定期で仙台・東京での対面セッションあり。こちらでお知らせします)
サービス一覧、お申し込みは
☆無料メルマガ【アメリオーレ通信☆幸せはこの手で創る】
「自分を幸せにできるのは、この世でたったひとり、自分しかいない!!」
徹底的に自分を幸せにするための、自分を見つめ直すきっかけや
今日からすぐ使える心理のポイントをお届けします。
(これまでイベント、セミナー、個人セッションを受けてくださった方、
お問い合わせ下さった方には自動的に配信されます)

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13953
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)
☆無料メルマガ【アメリオーレ☆薬いらず医者いらずナチュラルハッピーライフ】

「人類にとって本当に必要な薬は1割にも満たない!!」
「むしろ薬や医療では病気は治らない!」
心が病気を作るしくみ、わたしたちの健康に影響する薬や
医療、食、環境に関する「ほんもの」の情報をお届けします。
薬なんかいらないし、病院のお世話になる必要もないんです。
そんな自由で自然な暮らしをしてみませんか。

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13654
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)




posted by りょうこ at 23:35 | 沖縄 ☁ | Comment(0) | 薬も医療もイラナイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月07日

アレルギー性鼻炎を治す方法は誰も教えてくれませんよ。

沖縄に来て早6ヶ月になろうとしていますが

勤務先の薬局では、主に、
耳鼻科・小児科の患者が多いので(全体の約半数)
必然的に、鼻水などの薬の説明を毎日何十回も繰り返すことになります。

一日数十回 x 半年=延べ何千人もの患者(の、主に母親)
に、毎日毎日、鼻水の薬の説明をしていて、
「ずっと薬を飲ませているのに一向に鼻水が治らないのはなぜか」
って相談してきた親が、たったの3人です。。。

たったの!

数千分の3!!!!!

少なっ!!!!!



このブログでも、さんざんお話しているとおり、
薬で病気など治りません。
治る病気もあるじゃないか、と反論される方も多いのですが
いいえ。
ただ、治ってるように見えるだけです。

例えば、まさにその鼻水です。
薬のめば確かに鼻水は止まります。
が、それを「治る」とは言わないのです。
なぜなら、薬をやめるとまた鼻水がズルズルしてくるのですから。。。

なぜ、一生懸命、子どもを病院に連れてってるのに
鼻水が治らないのか…?

という疑問がわいてきて当然のところなのに、
毎月、なんなら毎週、
鼻水が出て…って何の疑問も抱かずに
病院・薬局に通ってくる親たちを見るにつけ
絶望しかありませんw



たった3人とはいえ、質問してくれた親がいたのが
せめてもの救いでしょうか。

さてわたしは、その3人に、ほぼ同じ話をしました。

すなわち

アレルギー性鼻炎の原因は、ほぼほぼ、
現代社会にはびこる「化学物質」に対する過敏症、
すなわち、体が、過剰な化学物質に耐えきれなくて起こるもの。
なので、
できる限り、化学物質を避けること、が必須です。
身近なところでいうと、まず、
食品添加物や農薬、畜産等で使うホルモン剤…等々。
具体的に言えば、お菓子(パン含む)、牛乳、
外食、惣菜、コンビニ弁当等を避ける、
これだけでもアレルギー性鼻炎は目に見えて改善するはずです。

というようなことです。



で、その3人のうち、この話を食い入るように聞いてくれて、
思い当たるふしがあります、すごい納得しました!!
って言ってくれたのは、なんと、たったの1人でした。。。

数千分の1ですか。。。

苦笑。。。

ゼロじゃなくてよかったと思うべきかもしれませんが。



ちなみに、残る2人は、
わかったようなわからないような顔で、
はぁ、、、そうですか、、、
って感じで帰っていった。
たぶん、実践しないだろうな。。。



で、その、
たったひとり納得してくださった親御さんが
「そんな話、初めて聞きました!ありがとうございます!!」
って言ってったのですけど

そりゃそうでしょう、
医師や薬剤師だって知らない人がほとんどですから。。。

てか、彼らがたとえ、それを知っていたとしても
そんなこと患者にいちいち教えないでしょうね。
だって、彼らの仕事は、
患者に来てもらうこと、薬を飲んでもらうこと、なのですから。。。



でも、ですよ、
わたしが話したことって、
いまどき、インターネットで検索したら、
あっ!というまにたどり着く程度の情報なのです。

いかに、みんなが、
(あ、みんなって、親だけじゃなく、
医師や薬剤師などの「専門家」も含めて)
真剣にそういう情報にたどり着こうとしていないか、
っていう、悲しい証拠でもあるのです。



たまたま、アレルギー性鼻炎の話を例にとりましたが
現代社会に存在するほぼすべての病気に
同じようなことが言えます。

すなわち、

病気を治すためには

1.薬を飲んでも完治はしない、と知る

2.医師や薬剤師に聞いても本当の治し方は教えてもらえない、と知る
(なぜなら彼らの仕事は、患者の病気を治すことではなく、
継続的に薬を売ることなのだから)

3.治したかったら、まず、自分で調べる

という3ステップが、なによりも、大事なのです。



がしかし、実は、これだけでは十分ではないのです。

次回はこの続きの話をしてみたいと思います。





☆【アメリオーレ】自己治癒力アップのための心理カウンセリング
現在、新規受け付けは休止中です。
近日中に、Skype・Zoomでのカウンセリングをメインに再開予定です。
(ご希望の方には那覇での対面セッションも承ります)
(不定期で仙台・東京での対面セッションあり。こちらでお知らせします)
サービス一覧、お申し込みは
☆無料メルマガ【アメリオーレ通信☆幸せはこの手で創る】
「自分を幸せにできるのは、この世でたったひとり、自分しかいない!!」
徹底的に自分を幸せにするための、自分を見つめ直すきっかけや
今日からすぐ使える心理のポイントをお届けします。
(これまでイベント、セミナー、個人セッションを受けてくださった方、
お問い合わせ下さった方には自動的に配信されます)

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13953
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)
☆無料メルマガ【アメリオーレ☆薬いらず医者いらずナチュラルハッピーライフ】

「人類にとって本当に必要な薬は1割にも満たない!!」
「むしろ薬や医療では病気は治らない!」
心が病気を作るしくみ、わたしたちの健康に影響する薬や
医療、食、環境に関する「ほんもの」の情報をお届けします。
薬なんかいらないし、病院のお世話になる必要もないんです。
そんな自由で自然な暮らしをしてみませんか。

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13654
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)



posted by りょうこ at 23:59 | 沖縄 ☁ | Comment(0) | 薬も医療もイラナイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月03日

HEAL 奇跡の治癒力

このドキュメンタリー映画は、人の物の見方、信念、感情を変えることにより、あらゆる疾病を自らが、治す力を備えていることを認識させる、科学と、精神の「治癒の旅」である』(公式サイトより)

そんなようなドキュメンタリー映画の上映会が
沖縄で、ある!
と、知って、行ってまいりました。





会場は、浦添市のてだこホール

180803_tedako1.jpg
すごいりっぱなホール。


180803_tedako2.jpg
大盛況。
300人ぐらい?
ほぼ満席。

なんとびっくり昼の部はもっと満席状態だったみたいです。

沖縄本島の人口が約140万人、
宮城県で言えば、仙台市に周辺の市ちょいちょい足したぐらい?
だから、仙台市で上映した場合、っていうのと同じと想定して
仙台だったら、このテの映画の金曜日の昼と夜の上映会に
300人ぐらい大入り満員になるだろうか?
いや、絶対ならないと思う。

この前、ハッピーモア市場
(有機野菜とか健康食品、
環境に配慮した生活用品とか売ってる
東京のナチュラルハーモニーみたいな店)
に行った時も思ったけど

沖縄、って、こういう問題
(自然な暮らし、食品環境問題
医療の問題などなど…)
に関心が高い人がすごく多い気がする。

その反面、
耳鼻科とか小児科とかに子ども連れて来る親の
グーミンっぷりが半端ない
(その親たちを食い物にしている医者についてはもはや言うまい)

そのギャップが日本一大きい土地なんじゃないか。
意識高い系と、キングーミンの格差が激しすぎる。



それはさておき

映画の内容のほうですが
まぁ、、、内海式とかやってる人間からしたら
病気は薬では治らない、
病気は心によってつくられる・治る、なんて
序の口も序の口、あまりにも当たり前すぎて、
ふーん、、、で?
って感じで
映画で描かれてないことのほうが多すぎるぐらいだし
正直、何をいまさら…って思ってしまいます(苦笑)

ただ、この映画の存在意義としたら、
そういった、今まではある意味シークレットだった内容を
映画として誰にでもわかりやすい形にした。
しかもドキュメンタリーで、実際に体験した人に主演してもらって。

ということだと思います。

てか別に、シークレットではないんだけどね…
ただ、公になると困る営利団体(企業)が多すぎるのと
そもそも、こういう話を信じない(医療に洗脳されてる)一般人が多すぎるので
現実的にはシークレットのようになってしまってるっていうだけで

ともあれ
医療や薬の嘘、
心の持ちようで病気になる・治る、という
「真実」への入り口としてはとてもわかりやすい映画です。
今後、日本各地で上映会が予定されているようなので
(東京や仙台でもやる予定あるみたいですよ)
ぜひぜひ多くの方に見ていただきたいと思います。



☆【アメリオーレ】自己治癒力アップのための心理カウンセリング
現在、新規受け付けは休止中です。
近日中に、電話・Skypeをメインに再開予定です。
那覇での対面セッションも可。
(不定期で仙台・東京での対面セッションあり。こちらでお知らせします)
サービス一覧、お申し込みは
☆無料メルマガ【アメリオーレ通信☆幸せはこの手で創る】
「自分を幸せにできるのは、この世でたったひとり、自分しかいない!!」
徹底的に自分を幸せにするための、自分を見つめ直すきっかけや
今日からすぐ使える心理のポイントをお届けします。
(これまでイベント、セミナー、個人セッションを受けてくださった方、
お問い合わせ下さった方には自動的に配信されます)

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13953
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)
☆無料メルマガ【アメリオーレ☆薬いらず医者いらずナチュラルハッピーライフ】

「人類にとって本当に必要な薬は1割にも満たない!!」
「むしろ薬や医療では病気は治らない!」
心が病気を作るしくみ、わたしたちの健康に影響する薬や
医療、食、環境に関する「ほんもの」の情報をお届けします。
薬なんかいらないし、病院のお世話になる必要もないんです。
そんな自由で自然な暮らしをしてみませんか。

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13654
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)

posted by りょうこ at 23:59 | 沖縄 ☀ | Comment(0) | 薬も医療もイラナイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月30日

アレルギー性鼻炎は薬では完治しないんですか?→しませんよ

子どもがアレルギー性鼻炎で、
いろんな小児科や耳鼻科を点々としたけど治らず
また今日違う耳鼻科に行った。
っていうお母さんがいらっしゃいましたので


※もうね、ごめん、はっきり言うね。
こう人来ると、ばかなの?ってしか思わないんだわ。
医者(専門家)に任せれば安心、なんて、
他人任せ(と書いて責任放棄と読む)にしないで、
自分で調べなさいよって。
スマホぐらい持ってんでしょって。
子どもが鼻水出ててかわいそう、って思う気持ちはわかるけど
そんなあなたがやることはまず、
自分で「徹底的に」調べることですよって。

※でもまぁ、百歩譲って、
救いを求めてる、助けて欲しい、のは事実なので
罵倒の言葉は封印する。


治りませんよ。
って、はっきり教えてあげました。

薬は症状を抑えるだけものもなので、
原因を完治させるものではありません。
鼻水鼻づまりで生活の質が落ちるのを抑えつつ
原因が「自然に」完治するのを待つしかないんです。

と。



そしたらその数分後、また、
違う患者(母親)に、まったく同じ質問をされてw

今日はこういう日なんですかねぇ。。。




で、二人目の方は、

「ではアレルギーの根本原因ってなんなんですか?」
「薬を飲んでも治らないなら、飲まなくてもいいんですか?」

というところまでツッコんで聞いてきてくれたので

アレルギー性鼻炎の根本原因は解明されていない
(ということになっている)が
近年増えてきた化学物質に対する過敏症が発端となって
人間の体が化学物質などの異物に耐えきれなくなって起こる、とも言われている。
(っていうか、ほぼ、そうなんですけどね)

なので、根本的に治療するとしたら日々の生活のなかで、
環境/食物に含まれる化学物質を可能な限り避ける、
あるいは、カラダから出しやすくする、
などの生活習慣の大改善が必要

薬は、症状を軽減し、生活の質を向上させる目的で処方されるので
飲まずに済むなら飲まないという選択もある
(むしろ毒なので、わたし自身は絶対に勧めませんが)

とお話させていただきました。
(カッコ内は心の中でだけ…)



こんなこと話したって医者にばれたら激怒されるかなw

てか、実際、キレられたことあるw

なんで本当のこと言って激怒されるんでしょうねw

↑って、この話だけでも
病院に行く意味なんてない、ってわかっていただけると思うのですが



沖縄で働き始めて2週間、
アレルギー系の患者が多い薬局なので
必然的に子どもの患者が多いんですが
沖縄では、いろんな病院/薬局にいっぱい行ったら
なんかいいことあるんですか?
薬局スタンプラリーとかあるの?
って本気で聞きたくなるぐらい、
あっちこっちの小児科だの耳鼻科だの皮膚科だの受診しまくり、
しかも、重複して受診してるとか日常茶飯事。
どの子どももおくすり手帳の分厚いことといったら
本気でびっくりぽん、です。

でもまぁ、そういうのって
宮城県だろうが山形岩手福島だろうが
共通してみられる現象だったわけですけど
沖縄のレベルはその一枚上、
いや、むしろ、数段上、なので
正直困惑している。。。

沖縄の未来は真っ暗ですよ。。。



そういう危機感とか、
本気で子どものアレルギー治したいっていう気持ちとか、
ひとりでも多くの親に持ってもらいたい。
ってか、既にそう思ってる人たちに対して
なんかできることないかなって
ちょっとずつ考え始めてる。




昨日、仕事の後に映画見に行きました@シネマライカム

180629rycom1.jpg

180629rycom2.jpg

180629rycom3.jpg

プチ水族館があって、ナポレオン様がいらっしゃった。
ああ、あこがれのナポレオン…
水族館とか、グアムのAOW講習でチラ見したことあるだけで、
いまだに海の中でちゃんと見た事無い。
早く海の中で会いたいな…




☆【アメリオーレ】自己治癒力アップのための心理カウンセリング
現在、新規受け付けは休止中です。
6月末ぐらいから当面、電話・Skypeをメインに再開予定です。
那覇での対面セッションも可。
(不定期で仙台・東京での対面セッションあり。こちらでお知らせします)
サービス一覧、お申し込みは
☆無料メルマガ【アメリオーレ通信☆幸せはこの手で創る】
「自分を幸せにできるのは、この世でたったひとり、自分しかいない!!」
徹底的に自分を幸せにするための、自分を見つめ直すきっかけや
今日からすぐ使える心理のポイントをお届けします。
(これまでイベント、セミナー、個人セッションを受けてくださった方、
お問い合わせ下さった方には自動的に配信されます)

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13953
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)
☆無料メルマガ【アメリオーレ☆薬いらず医者いらずナチュラルハッピーライフ】

「人類にとって本当に必要な薬は1割にも満たない!!」
「むしろ薬や医療では病気は治らない!」
心が病気を作るしくみ、わたしたちの健康に影響する薬や
医療、食、環境に関する「ほんもの」の情報をお届けします。
薬なんかいらないし、病院のお世話になる必要もないんです。
そんな自由で自然な暮らしをしてみませんか。

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13654
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)

posted by りょうこ at 23:59 | 沖縄 ☔ | Comment(0) | 薬も医療もイラナイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

高血圧、脂質異常症、、、そもそもそれは病気じゃない

薬で病気は治らない!!
といつも言っていますが

実は、そもそもそれは病気ではない

というのもけっこうあります。

たとえば、
高血圧とか脂質異常症(昔は高コレステロール血症と言っていた)
あたりがその代表選手でしょうか。

血圧やコレステロールが高いとしても
そんなのそもそも病気じゃないんだから
薬飲む必要はないんです。


180215nomedicine.gif


※あっ、もちろん例外はあります。
高血圧で全体の1割弱ぐらい、
脂質異常症だと1%あるかないかぐらいですが
まれに、治療の対象になる場合があります。

ただし、治療の対象になる=薬を飲む、ではありません。
薬を飲んでもいいことはほとんどないです。
百害あって一利無しといってもいいぐらいなのです。
なので、仮に治療の対象になるとしても
薬以外の方法を模索することになります。



つまり、
今、「高血圧」「脂質異常症」などと診断されて
薬を飲んでいる人の9割以上は、
そもそもそれ病気じゃないよ、っていう状態なのです。

ではなぜ、
それらが病気と呼ばれ、治療の対象になっているのか?

そんなん、
製薬会社とか、医療機関、関連会社、
それに関連するお偉い人々、
の懐を潤すためでしかありません。



こういう話を何度言っても、
心配だから…とか
自分はその残り数パーセントにあてはまるかもしれないし…
とか言って病院行ってしまう人が後をたたないんですよね。

なんのためにこんなに一生懸命ブログでお知らせしてるのか
と思うと、心底がっかりします。。。



ただまぁ、、、

わたしは、いろいろ調べて、調べて、調べて、
考えて、考えて、考えて、
そのうえで、
医療や薬の9割以上は信頼に値しない、
という結果にたどり着いて
その結果に確固たる自信を持っているけれど

普通の人が、ちょっと
「高血圧とか脂質異常症は薬のまなくてもいいんだよ!」
って言われたぐらいで
ハイそうですか、ってすぐ薬やめられるような世の中じゃない
ということも、よーくわかります。

高血圧は怖い!
コレステロールは怖い!
っていう「刷り込み」が
これでもかっていうほど進んでいる今のこの世の中では。。。




あっ、

「そもそも病気ではない」

のは、高血圧や脂質異常症以外にもいっぱいありますよ。

例えば、
精神科/心療内科の領域のほとんどのケースは
病気ではありませんし
(そしてこれらの薬こそ、百害あって一利なしです。
今すぐ止めて欲しい、っていうかその前に、
精神科/心療内科に行かないで欲しいと、切に願います)

広義では
白血病もガンも病気とは言えなくなってしまいます。

数え上げればキリがありません。


アメリオーレの提供する
自己治癒力アップ心理カウンセリングでは

【薬をやめたいけど、やめるのが不安】

【りょうこさんのように、医療や薬は一切信じない!という確固たる自信が欲しい(笑)】

といったご相談も承っております。
はじめての方には、スカイプまたは電話にて30分の無料ガイダンスも行っています。
どうぞお気軽にご利用ください!



☆【アメリオーレ】自己治癒力アップのための心理カウンセリング

仙台・東京(対面) 遠方の方は電話・Skypeでどうぞ

5月末まで仙台の対面カウンセリングを半額で提供します!
(5月4〜6日を除く)

同じく東京にて
5月4〜6日、対面カウンセリングを半額で提供します!

(いずれもセッション後、アンケートにお答えいただくことが条件です)

はじめてご利用いただく方には無料ガイダンスもあります。

サービス一覧、お申し込みは
☆無料メルマガ【アメリオーレ通信☆幸せはこの手で創る】

「自分を幸せにできるのは、この世でたったひとり、自分しかいない!!」
徹底的に自分を幸せにするための、自分を見つめ直すきっかけや
今日からすぐ使える心理のポイントをお届けします。
(これまでイベント、セミナー、個人セッションを受けてくださった方、
お問い合わせ下さった方には自動的に配信されます)

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13953
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)


☆無料メルマガ【アメリオーレ☆薬いらず医者いらずナチュラルハッピーライフ】

「人類にとって本当に必要な薬は1割にも満たない!!」
「むしろ薬や医療では病気は治らない!」
心が病気を作るしくみ、わたしたちの健康に影響する薬や
医療、食、環境に関する「ほんもの」の情報をお届けします。
薬なんかいらないし、病院のお世話になる必要もないんです。
そんな自由で自然な暮らしをしてみませんか。

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13654
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)
posted by りょうこ at 22:44 | 宮城 ☁ | Comment(0) | 薬も医療もイラナイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

禁煙薬なんてもってのほか。

おくすりでタバコがやめられるんですよ〜
禁煙も保険がきくんですよ〜

なんて甘い言葉に誘われて
禁煙外来なるものを受診する人が後をたちません。



そもそもなんで禁煙に保険が利くか、っていったら
みなさまにタバコをやめていただいて
タバコの害による病気にならないように…

だなんて、大義名分でしかありません!

単に、製薬会社とか病院とか薬局が儲けるためでしかないのです。
もしくは、そういうところで働いてる人や、なんちゃら学会とかの名誉/プライドのためとか。

なぜ、たばこをみなさまにやめていただいて
重篤な病気にならないようにするか、って、
皆様の健康を考えてるとかそういうことは1ミリもなくて
単に、医療費を抑えたいとか、そういうことでしかないのです。

でも、抑えすぎると今度は損する人がいっぱいでてきてしまうので
(製薬会社とか)
違う方向から儲けさせなきゃいけない、
というところから出てきたのが禁煙薬、という概念です。

肺がんとかで医療費が増大するのは許せないけど
禁煙薬ならしかたないなぁ、、、って思わせる。
みたいな。

ちなみに、たばこ=肺がん、っていうのは
わかりやすくするために書いただけで、
実際には、あまりに安易な考え方なんですね。
肺がん以外にもっと、山ほど、たばこには、害があります。
健康になりたかったら
1秒でも早くやめていただくにこしたことはないです。



禁煙外来を受診すると
「チャンピックス」とかいう薬を処方されて
飲まされることになるわけですが
この薬がまた、とんでもなく危険です。


…ということを知っている薬剤師は
日本にはほとんどいません。
(おそらく、医師や看護師たちも、知らない人が大半でしょう)



なんで今日こんな話をしているかというと
まさにそのチャンピックスでひどい副作用が出て
でもたばこやめたいから薬は続けたい…
という患者さんがまさに今日いらっしゃったからなんですが

※この考え方がどれだけ本質からズレているか、ということ、
わかっていただけるでしょうか。。。



チャンピックス飲んで、めでたく禁煙できたとしても
数年後には喫煙再開していたり
そもそも副作用が強すぎて続けられないとか
薬のんだはのんだけど結局禁煙できなかったとか

そんなの「治療」って言えるんですかねぇ…



結局、禁煙っていうのも、自分次第なんです。

他の病気としくみは同じで、
治すか治さないか(治る/治らない、ではないことに注意)
たばこやめるかやめないか(やめられる/やめられない、ではない!)
も、全部、自分次第なんです。



だから、ね、
そんな危険な薬飲んでまで禁煙なんてしなくてよろしい!!!!!
世界中の皆が許さなくても
わたしが許します!!!!!(笑)



好きなだけたばこ吸いまくって、病気になったとしても、
それはその人の自由でしょう。
他の人とか、医療関係者とか、国(政府)に、
ぐだぐだ言われる必要ないですよね。

好きなだけたばこ吸って、病気になっても、本望!!

そういう気持ちを、
他人とか、医療関係者とか、国(政府)が制限する権利なんて
あるんだろうか。ないよね。



んなこといったって
そういうひとたちが病気になって、
保険料とか税金とかから医療費がまかなわれるわけだから、

っていう考え方そのものが、もう、本当に、余計なお世話というかなんというか。。。



というわけで、
たばこ吸いたい人は、最低限の場所・場合、etc. はわきまえていただきつつ
吸いたいだけ吸えば良いと思います。

180419smoking.jpg

なんらかの病気になるリスクはとんでもなく高いですが
それで病気になっても本望!イエーイ!
病気になって家族や友だちが泣いたってそんなの関係ねえ!
後悔なんか1ミリもしないぜ!!
って自信持って言えるなら、全然、吸っちゃえばいいと思います。

ただ、たばこ吸いたいだけ吸った結果、
病気になったとき、
泣きつかれても困るんですよね。(苦笑)

なので、もし、
たばこ吸いたいだけ吸って、病気になったとして
誰にも泣きつかないっていう自信がない、後悔するかも、
って思うなら、
薬に頼らずにたばこをやめる方法を考えてみませんか。

禁煙のご相談もうかがいます。

全米第一位を誇る危険な薬なんて飲まなくても、
たばこは、やめられます。
(逆に、その薬を飲んだってやめられない人が
山ほどいるわけですし。。。)

やめたい、という気持ちさえあれば大丈夫!
全力でお手伝いします!

いきなり有料カウンセリングを申し込まれるのが不安なかたには
無料ガイダンスも行っております。
お気軽にご相談くださいね。



☆【アメリオーレ】仙台・東京(対面)、電話・Skype
自己治癒力アップのための心理カウンセリング

5月末まで仙台の対面カウンセリングを半額で提供します!
(5月4〜6日を除く)

同じく東京にて
5月4〜6日、対面カウンセリングを半額で提供します!

(いずれもセッション後、アンケートにお答えいただくことが条件です)

はじめてご利用いただく方には無料ガイダンスもあります。

サービス一覧、お申し込みは
☆無料メルマガ
【アメリオーレ通信☆幸せはこの手で創る】
「自分を幸せにできるのは、この世でたったひとり、自分しかいない!!」
徹底的に自分を幸せにするための、自分を見つめ直すきっかけや
今日からすぐ使える心理のポイントをお届けします。
(これまでイベント、セミナー、個人セッションを受けてくださった方、
お問い合わせ下さった方には自動的に配信されます)

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13953
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)
☆無料メルマガ
【アメリオーレ☆薬いらず医者いらずナチュラルハッピーライフ】

「人類にとって本当に必要な薬は1割にも満たない!!」
「むしろ薬や医療では病気は治らない!」
心が病気を作るしくみ、わたしたちの健康に影響する薬や
医療、食、環境に関する「ほんもの」の情報をお届けします。
薬なんかいらないし、病院のお世話になる必要もないんです。
そんな自由で自然な暮らしをしてみませんか。

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13654
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)
posted by りょうこ at 23:54 | 宮城 ☁ | Comment(0) | 薬も医療もイラナイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

薬を飲んでも病気は治らない。

薬を飲んで、症状がおさまることを
「治る」と勘違いしている人がたくさんいます。

それは、あくまで、症状が治まっているだけであって
治っている状態とはほど遠いものなのです。

薬剤師でさえそのあたりを混同している人がいるので
しかたないのですが、、、



世間一般の人々の頭の中の、
原因と結果(病気)、そして薬との関係と

実際の、
原因と結果、そして病気との関係は
こんなに違います。



対症療法.jpg



※あくまで、わかりやすくするために
単純化・視覚化した図ですのであしからず。



これは、いわゆる、
「対症療法」と「原因療法」の違い、でもあります。

みんなのイメージでは、
薬=原因療法 なのですが

実際には、原因を治す薬なんて
ほとんど存在しません。

よく、抗生剤や抗ガン剤なんかも
原因療法に分類されることがありますが
そもそも、抗生剤は、
乱用されてる時点で終わっているし
抗ガン剤に至っては、ガン細胞ができるしくみを
完全に無視しているので
原因療法とはとても言えないんですね。


はっきり言えば
現在の医療のほとんどが、対症療法であり、
原因を根本的に治していない(治せない)ので
病院に行っても無駄だし
薬を飲んでも治らない(むしろ毒)
なのです。。。


とはいえ、医療のすべてを否定するわけではなく
利用したほうがいい場合もあります。

以下は
内海聡先生のfacebookより抜粋


(ここから)

<病院にかかる適応があるもの>

既に死んでいる

心肺停止(蘇生の可能性あり)

交通事故などの重症外傷や骨折など

溺水、誤飲、毒物中毒など

感染症の悪化(悪化してくる感染、肺炎などの可能性あり)

喘息重責発作(ヒューヒューして息が苦しい)

手足の麻痺や神経麻痺と思われるもの

意識障害(けいれんなどを含む、子どもはこれが最も怖い)

吐血と大量下血(痔のちょっとした出血なら不要)

便がまったくでない(腸閉塞の可能性あり)

無尿(腎障害や癌などにより急速に危険になる)

目が見えない、耳が聞こえないなどの急性症状

急な強い胸痛や腹痛や頭痛(急なというのがポイント)

お産にかかわる急な腹痛、
出血など

他にもあるかもしれないが大まかにはこういうことになる。
ここで重要なのはたとえこうなったからといって、
対症療法後に病院にかかり続けることはまたドツボにはまるということだ。
繰り返すように病院では対症療法はできても治療や治癒はできないからであり、
原因を解決することが出来ないからである。


逆に一般的な病気や症状として病院にかかってはいけないものは次のようになるだろう。

<病院にかかると悪化するもの>

精神病や発達障害や自閉症や知的障害などといわれているもの

ワクチンを打つという行為そのもの

癌の急性期治療以外(たとえば癌による腸閉塞や大出血以外)

心筋梗塞や脳梗塞の治療後

ウイルス性感染や逆に治らないといわれる感染症

高血圧や高脂血症や高尿酸血症や糖尿病

肝炎や腎炎などと呼ばれる状態

膠原病や自己免疫疾患やアレルギーといわれるもの

難病とか神経疾患といわれるもの(たとえばパーキンソン病など)

慢性○○炎などといわれるすべての病気

認知症や痴ほう症といわれるもの

白血病や血液病といわれるもの

胃もたれや下痢便秘交代などの慢性胃腸症状

原因不明の慢性疲労や筋症状など

アトピー性皮膚炎やじんましんや乾癬その他

メニエル症候群や再発性のめまい症など

アレルギー性鼻炎や花粉症など

骨粗しょう症や慢性関節痛や関節変形や慢性のしびれ

虫歯や歯周病

自然分娩

などが一般的になるだろう。
なお、これは一般的な医学不要論の事柄なので参考にするのはかまわないが、
最終的には自分で判断していただきたい。
私は責任を負う気はさらさらないし、
そもそもまた私自身はこの多くをおそらく守らない。
それは病院に行くというのではなく、
適応があるいくつかのものであっても病院には行かないという意味だが。

(ここまで)



普段薬局で働いていると、
患者の9割以上が、青字に分類されることに容易に気づきます。

つまり、9割以上の患者は、
無駄、無意味、むしろ毒、な医療を受け、薬を飲んでいる(飲まされている)
というわけです。

じゃ、その9割以上にものぼる、青字に分類される患者は
一体どうすればいいのか、というと
生活習慣、食習慣、を変える、環境を変える、
現代医学よりずっと原因に近いところを改善できる代替医療を利用する、
など、いろいろ方法は考えられるかと思いますが、
忘れてはいけないのは、そもそも「病は気から」というところです。

病気の原因、という部分に、ほとんどのケースで、
患者本人の、過去の消化できていない出来事や、
両親との関係、思い込み、などなど…
心理的な要因がからんでいるのです。

自己治癒力アップという視点においては
心理的な要因を無視したたまま、どんな代替医療を利用しても、
残念ながら、効果はあがらないのです。

逆に、心理カウンセリングによって、
そういった「思い込み」や「過去のトラウマ」が解消されれば
特別な治療法を行わずして病気が治る、ということも、
【ごく普通に】起こるのです。

カウンセリング中に
アトピー性皮膚炎がみるみるうちにきれいになった、
なんて話もよく聞きます…!!

※それはあくまで、【結果論】ですので、
カウンセリングでアトピーが瞬時に治ることを
保障しているわけではありません。念のため。



【効かないどころか、むしろ毒】な現在の医療に別れを告げて
完治への道を目指す方々を、わたしは、いつも応援しています!!






☆【アメリオーレ】仙台・東京(対面)、電話・Skype
【内海式根本治療】をベースにした自己治癒力アップ心理カウンセリング
お申し込みは
※一般のお悩みカウンセリングもお引き受けしております。



☆無料メルマガ
【アメリオーレ☆薬いらず医者いらずナチュラルハッピーライフ】

「人類にとって本当に必要な薬は1割にも満たない!!」
「むしろ薬や医療では病気は治らない!」
心が病気を作るしくみ、わたしたちの健康に影響する薬や
医療、食、環境に関する「ほんもの」の情報をお届けします。
薬なんかいらないし、病院のお世話になる必要もないんです。
そんな自由で自然な暮らしをしてみませんか。

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13654
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)


☆無料メルマガ
【アメリオーレ通信☆幸せはこの手で創る】

「自分を幸せにできるのは、この世でたったひとり、自分しかいない!!」
徹底的に自分を幸せにするための、自分を見つめ直すきっかけや
今日からすぐ使える心理のポイントをお届けします。
(これまでイベント、セミナー、個人セッションを受けてくださった方、
お問い合わせ下さった方には自動的に配信されます)

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13953
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)

posted by りょうこ at 22:29 | 宮城 ☁ | Comment(0) | 薬も医療もイラナイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月30日

わたしが花粉症にならないわけ。を考察してみた

このブログでも何度か言及していますが

わたし、生後数ヶ月からずっと
ひどいアトピーに悩まされてたんです。
大学3年のある日を境に
きれいさっぱり治ってしまったのですが

それでもまだ、今でも、
ストレスがたまると皮膚に出る、という部分はあって
(この数年は特に手指ですね…あとたまに足とか)

ってつまり、
教科書通りに言うと、わたしみたいなの、
まっさきに花粉症になるタイプだってことですwwwww



ところが!

わたしときたら、花粉症、まったく、ないんですよねぇ。。。

なんとなくこの時期、鼻水とかくしゃみとか出るんだけど
それは、花粉というよりは、おそらく、
寒暖差というか、三寒四温、みたいな、
季節の移り変わりに体がついていけてないだけ
(=自律神経のスイッチの切り替え不良)、だと、思う。

だって、そのいい証拠に、
毎日、四六時中、鼻水が出るわけでもないし
(だいたい朝の1時間ぐらいだけ;これ典型的な自律神経スイッチ不良の症状)

今年の花粉はヒドイ!!!!!って
患者さんたちみんな涙目の鼻水ズルズルで薬局駆け込んでくるけど
わたし全然そんなん無いし…

※っていうか、たしかに、はたから見ていて今年の“花粉症”はひどい。
一体何が空中を舞っているのだろうか…(苦笑)
スギ花粉のせいなんかでは絶対ないでしょこんなの!!



なぜ、「教科書通り」に言えば
花粉症に絶対になるはずのわたしが花粉症にならないか、
その考察をしてみました。



1.絶対に花粉症にはならない、と決めている(爆笑)

いや、これ、笑う人いるかもしれない
ってか全員笑うかもしれないけど
これがいちばん大事だと思うんですよね!
「病は気から」は花粉症にもあてはまるんです。

あ、これね、
絶対にならないと決めている、って、生半可な気持ちじゃ全然だめなの。

もう、腹の底から、絶対絶対絶対に…ならない!!
って決めてる、

わたし、
自分が花粉症になってるところとか
まったく想像できないんですよ。
想像しようとおもっても、できない。

このぐらい、腹の底で決めないと、だめってことです。



2.食事にそこそこ気をつけている

っていっても、
ジャンクフードとかラーメンとか食べることもあるんですけど
極力、自炊はするようにしてる。

店で売ってるものとか、もれなく添加物が山盛りですし
使ってる材料からしてアヤシイし…

どうしようもなくてそういうの食べる時もあるけど
できるかぎり、自炊を優先する。



で、
自炊するにしても、こだわればこだわるほど
キリがないので
最低限、気をつけているのは、
「水」「味噌」「醤油」「米」
あたり。

味噌とか醤油は
こういうとことかこういうとこで売ってるようなのしか買わない。
スーパーとかで売ってる味噌や醤油はもれなくニセモノですから。。。

味噌とか醤油とか、
日本古来の発酵食品は
解毒作用があるんですよね。

あと、水は、某ネットワークビジネスの浄水器
(わたし自身は販売はしていないのであしからず、買ってるだけです)

米はおなじく上記サイトの通販で自然栽培の玄米(と白米を半々)

に、加えて、
還元くん(ありがとうボトル)のお茶、ワン酵素YM菌とか愛用してます。




3.そもそも花粉症は花粉のアレルギーなんかではない、
すなわち、薬で症状がおさまるわけがないし
その薬自身が、毒だ、と知る

これもすっごい重要。

花粉症は花粉のアレルギーではない、という話は
前からヒントとしてちょいちょい、書いてはいますが
お調べいただけたでしょうか?(笑)

ひらたく言うと、花粉症っていうのは、
花粉をアレルゲンとするアレルギーなんかではなく
化学物質の過敏症、なんですね。

花粉がまったく関係ないわけでもないのですが
花粉そのものに対するアレルギーではない。ということ。

もうここまで言ったんだから
あとは自身で調べてくださいね!

化学物質の過敏症、なんだから、
できうるかぎり、現代の化学毒を避けなければいけない、
っていうところからの、
上記の味噌や醤油や、、、ってとこにもつながってくわけですが

あと、シャンプーとか、石けん、
洗濯用の洗剤、生理用のケミカルナプキン、などなど
日常生活の中で、かんたんに避けられる「生活毒」については
なるべく避けるとか

肉を買う時は国産オンリー
(国産だってじゅうぶん危険なのですが、
アメリカ産やブラジル産に比べたらなんぼかマシ)

養殖魚は基本的に買わない
(天然魚だってじゅうぶん危険なのですが、養殖に比べたら、、、)

野菜はせめてコレで外側の農薬を落としてから食べる

などなど

この程度の簡単なことでも、
けっこう生活毒を排除することができるもんです。



で、ちなみにですが、
花粉症とかに処方される薬がどれだけ危険かって知ってますか?

そもそも、
アレルギーの薬(抗ヒスタミン剤)と、精神科の薬(ベンゾジアゼピン)は
親戚同士。

ってところからして
十分ヤバい薬だってことがわかっていただけるのではないかと。

すっごいひらたく言うと、
アレルギーの薬飲んでるってことは、精神科の薬飲んでるのと大差ない、
ってことです。

そんな薬、飲みたいですか?

しかも、まったくもって原因を改善するわけじゃないし
飲んだからって症状がぴったりおさまるわけでもなく
そのくせ副作用が強かったり、値段が高かったり、、、

まったくもって、飲む理由が見当たりません!!

というぐらい、薬は絶対に飲まない!!
って腹で決めることも、
花粉症には絶対にならない、というコミットにつながってくわけですねw




どうやら今年の「花粉症」は本当にひどいらしいので、、、
少しでもみなさまの参考になればいいなと思います!!

何度も言いますが
花粉症、は、花粉に対するアレルギーではなく、
化学物質に対する過敏症、なので、
そういった化学物質を避ける生活を続けて体質が改善してくれば
完治、まではいかないとしても、
普通に生活できるレベルには、全然、なるらしいので、
ぜひとも、あきらめずにいろいろ工夫していただきたいです!








☆【アメリオーレ】仙台・東京(対面)、電話・Skype
【内海式根本治療】をベースにした自己治癒力アップ心理カウンセリング
お申し込みは
※一般のお悩みカウンセリングもお引き受けしております。



☆無料メルマガ
【アメリオーレ☆薬いらず医者いらずナチュラルハッピーライフ】

「人類にとって本当に必要な薬は1割にも満たない!!」
「むしろ薬や医療では病気は治らない!」
心が病気を作るしくみ、わたしたちの健康に影響する薬や
医療、食、環境に関する「ほんもの」の情報をお届けします。
薬なんかいらないし、病院のお世話になる必要もないんです。
そんな自由で自然な暮らしをしてみませんか。

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13654
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)


☆無料メルマガ
【アメリオーレ通信☆幸せはこの手で創る】

「自分を幸せにできるのは、この世でたったひとり、自分しかいない!!」
徹底的に自分を幸せにするための、自分を見つめ直すきっかけや
今日からすぐ使える心理のポイントをお届けします。
(これまでイベント、セミナー、個人セッションを受けてくださった方、
お問い合わせ下さった方には自動的に配信されます)

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13953
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)

posted by りょうこ at 23:23 | 宮城 ☀ | Comment(0) | 薬も医療もイラナイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする