2008年05月19日

61日目 コペンハーゲン:Back to Japan!!!!!

いよいよ、いよいよ、この旅も最終日を迎えました。

いよいよ、いよいよ、日本に帰れる!!!!!

うれしいなぁ〜〜〜〜〜☆☆☆

最終日の今日は、あのバカ高いホステルの朝食(65DKK、1500円)の朝食を食べることにしました。
今日はお昼ご飯を食べる時間がなさそうだし、朝食は高いだけあってそれなりに豪華らしいので、がっつり食べて、飛行機に乗った後、夕方ぐらいに出るであろう機内食までおなかがもつように。

朝食は、フルーツだけ数種類のうち1個だけ選ぶようになっていた以外はビュッフェ形式で、パン、ハム、チーズがそれぞれ数種類ずつ、シリアル、トマトときゅうりのスライス、手作りジャム(おいしかった!)、オレンジジュース、コーヒー、1500円のモト取ってやるぞという勢いで、120%いや200%満腹になるまでがっつり食べました。

ホステルをチェックアウトして、2時間ぐらいだけ北欧雑貨を見に行く間だけ荷物を置いていこう・・・と思ったら、ダメと言われた!
なんで!
一昨日アヤコさんにはいいって言ったじゃんっ!!!!!
「荷物置き場が小さいから」というのが理由らしいのですが、よほど一昨日の方が満室状態だったのに、なんでだめなんだよ。
ってかホステルでチェックアウトしたあと荷物置いてっちゃだめって言われたのここだけですよ。
ほんっと頭に来る。
駅にコインロッカーありますから。っていうんだけどさ、これ絶対高いもん。間違いない。
ほんの2時間ぐらいの間だけなのにバカ高いロッカー代なんか払ってられません。

しかし、とにかくダメだと言うのでしょうがないから駅に行ってコインロッカー探したんだけど、あちこちうろうろしてやっと見つけたそこは、やっぱり高かったです・・・
小が30DKK、大が60DKK。
ヨーロッパのコインロッカーはかなり大きいので、今まで、どこの国でもこの大荷物でさえ小で入っていたのに、コペンのはけっこう小さくて、小では全部入らないことが判明。。。
たかが2時間に60DKK(1350円)もアホらしくて払ってられません。

デンマーク入りしてからずっと、物価の高さにはびっくりしっぱなしでしたが、ほんとに、高いにもホドがあるわ。
マジでデンマーク嫌いになりそうだもん。
消費税がバカ高い(25%)のを差し引いたって高い。高すぎる。

もうとうぶん北欧には来ません。来るもんか。
来たくない、というよりは、(そんな金無いから)来れない、が正しいか。。。

とにかく、あんまりにもアホらしいので、もうさっさと空港に行くことにしました。
空港の免税店でも若干雑貨は置いてあるだろうし。

eur61_01.JPG eur61_02.JPG
(左:コペンハーゲン中央駅。 右:ホームにあった旅行会社(?)の広告。ヨーロッパ各都市の温度が書いてあるのがウケル。みんな、あったかいとこに行きたいんですね。)

ってなわけで、搭乗4時間以上前に空港に着いてしまいました。

まず、フランスで買った洋服の免税手続きをしに行ったのだけど、どこにあるかわかんなくてさんざん迷ったあげく、やっと見つけたと思ったら実は最初に居た場所の目の前だったという小さな税関で、係員に、パスポートと航空券を見せたら、「今日帰るんですよね?」って念を押された。

帰りますっ!
帰りますよっ!!!!!
そんな念を押されなくたって間違いなく今日帰ります!!!!!
あたしゃ日本が恋しいんですっ!!!!!
てか、こんな物価の高い国、あと1日たりとも長くは居れません!!!!!

そのあとスカンジナビア航空のカウンターでチェックインをして、ってここまででかれこれ1時間経ってしまいました。
やっぱ、さっさと空港来ちゃってよかったのかも。

そのあと、免税店をすみからすみまで見て回りました。
北欧雑貨は思ったより少なくて、ロイヤルコペンハーゲンとジョージ・ジェンセン、あと、お手ごろな食器などのショップがあったくらい。
見てるとやっぱ、デザインが洗練されてて、うわ、いいなぁ〜って思うものが多かった。
しかも、普段使いのものはけっこう手ごろな値段で買えるんですよね。
今回は、お金も荷物の空きスペースにも全く余裕がないので買えなかったけど、次に北欧に来るとき、すなわち、今よりずっとずっとお金持ちになっているであろう頃には絶対に買って帰りたいものです。

eur61_03.JPG eur61_04.JPG
(左:空港にあった銅像。軽くリアル。 右:免税店街に展示してあったポルシェ(ですか? すいません車のことはあんまり詳しくないので・・・))

お菓子や化粧品、お酒、あと、全然買う気ないけど各ブランドショップもすみずみまで見て、残った小銭で両親に魚のかんづめを買ったり、海外行ったときには絶対買って帰らずにはいられないTOBLERONEのチョコを大人買い(笑)したりしてるうちに、搭乗時間が近づいてきたのでゲートに移動。
とはいえ、時間はまだまだ余裕があり、待合室に、日本語の新聞の無料サービスがあったので、もらってすみずみまで読んでみたり。

飛行機は、予定時間ぴったりに出発しました。

この2ヶ月を思い返して名残惜しい気持ちももちろんあるけど、もう圧倒的に早く帰りたい気分で、小さくなっていくコペンの街もどうでもいい気分でした(爆)

ほんと疲れた。
長いながい2ヶ月でした。
なんだろうね・・・一人だったせいで精神的にいっぱいいっぱいだったってのは大いにあると思うけど、単に長い旅行が向いてないタチなのかなぁ。
いずれにせよ、旅行は、まだ帰りたくないなぁ、って思うぐらいの期間がちょうどいいな、って思いました。
ミブカさんのように5ヶ月バックパックとか、ましてやアヤコさんのように1年かけて世界一周とか、私にはどう考えてもありえない。

ちっちぇーな、私、意外に。

って思って少しがっかりしたけど、でも、これが、私という人間だ。
一人旅は2ヶ月が限度。それでもいいじゃない。
長けりゃいいってもんじゃないし。
大事なのは、期間の問題じゃなく、自分が満足できる旅をしたかかどうか、ということだ。
(って、長期旅行を否定するわけでは、決して、ありませんので念のため。)

私は、今回の旅、満足してます。

さぁ、あとは飛行機が無事成田に着いてくれるように祈るだけだ。
posted by りょうこ at 16:00 | 宮城 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2008ヨーロッパ周遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック