2008年04月19日

31日目 ニース→ダブリン:いよいよ!

ニースのホステルはほんとうに最悪だったといわざるを得ない。

昨日、ありえないほどやかましいホールで、一人、夜1時過ぎまでかかってやっと区切りのいいところまでパソコンの作業を終え、シャワーをあびる元気はないから明日の朝にすることにして、とりあえずコンタクトはずして顔洗うか、と思ったら、コンタクトケース&メガネが見当たらない。
どうやら今朝、シャワールームのなかの洗面台に忘れてきてしまったらしい。

というわけで、あわててシャワールームに行ってみたら、、、洗面台の上で、男女が裸で情事の真っ最中(大爆)

ほんっとにかんべんして。。。

私がドアを開けたところで、べつにあわてるでもなし、果てしないバカップルだ。
恥を知れ!
あわててドアを閉めたのだけど、顔は洗えない、メガネも探せない、見たくもない場面を目撃する、もうさんざん。。。
コンタクトレンズのケースはメガネケースに入れっぱなしなので、コンタクトすらはずせません。。。
結局、ティッシュに保存液をしみこませてビニール袋でぐるぐる巻きにして一晩保存し、そして今朝、ふたたびシャワールームに行ってみたら、無事私のメガネケースがあったのだけど、空けてみたらなんと、コンタクトレンズのケースだけ無くなってる。
ちょっとー。
誰だよ。
そんなしょーもないもん盗むなよ。
もっとも、置き忘れた私が悪いといえばそうなのですがしかし、ほんっとにそんなもん盗んでどうしようってんでしょうか?
あんたの親が知ったらきっとあまりの情けなさに泣くよ。
いや・・・蛙の子は蛙、なのかな。。。

そんなんだから、こないだ無くなった私の靴下のかたっぽも、おそらく、誰かの洗濯物にまぎれてるんだろうけど、発見されるなんてことがあるわけもない。。。

このホステルは、設備はともかくとして、客の質が悪い。悪すぎる。
もう二度と来たくないし、人にもすすめません。
何がどうなって、「フランスで人気ナンバーワンのホステル」に選ばれたのか全く理解できませんが、たぶん、夜中過ぎまで騒ぎたい人、出会いを期待する人、洗面台の上でアニマリテを楽しみたい人、他人の小物を盗みたい人、そういう人たちにとっても人気なんでしょう。

あーあ。もっと早く予約すれば他のもっといいとこに泊まれただろうに。。。
ほんっと後悔してます。。。

さらに悲劇・・・
今日乗る飛行機が、預け荷物15kgまでってことだったので、「小さくて重いもの」を中心に持ち込み荷物のほうに入れたのだけど、これがまた、りょこたんらしからぬミスを犯してしまいました。
すなわち、文房具用ポーチに刃物を入れたまま手荷物に・・・
案の定、X線検査でひっかかってしまい、もう一度チェックインカウンターに戻って預け荷物に入れなおせばいいといわれたんだけど、チェックインカウンターに戻ってみたら、搭乗40分前を切っていたので、既にチェックインが終わっていて、係員が誰もおらず・・・
で、結局、X線検査のところで、係員に、ここで置いてくしかありません、アイムソーリー。って言われ、半泣きでハサミと食事用のナイフを捨ててこざるをえませんでした。
食事用のナイフは、持ってきたものの全然使わないのでいいんですが、ハサミは相当困ります。
しかも、日本でなら100円で買えるけど、ヨーロッパじゃ最低2ユーロぐらいはするでしょう?

くっそーーーーーーーーーーー。(号泣)

なんかさ・・・まぁ結局はキマリを守れなかった私が悪いんだから、しょうがないんだけど、昔、日本国内では、刃物を手荷物に入れっぱなしだった場合、別預かりで到着地でお渡し、ということをしてくれてたのに、そういうことはしてくれないんですよね。
そもそも、刃物がこんなに厳しくなったのは、テロとかハイジャックとかのせいですよね。
私、刃物持ち込んだって人を刺したりなんか絶対しませんよ。
世間のルールって、悪いほうを基準にしてるんだよね。
フランスのロッカー問題もそうだけど、善良な小市民がばかをみるというか、真面目に生きてることがばかばかしくなる。

なんか、私、ニースとは地場が合わないのかなぁ?
いろんな意味でさんざんだった。。。

そんなこんなで、アイルランドに早く行きたいけれど、フランスパン&サンドイッチとお別れするのはほんとうに悲しい。
スペインではサンドイッチに3日で飽きたけど、フランスに入ってからほぼ毎日サンドイッチ食べてても全然飽きなかった。
フランスのパンと、サンドイッチは、やっぱり美味しい。
5月にはパリに戻るし、そのときにまた食べられるだろうけど、でもやっぱ、南仏で食べたほうが安くて野菜たっぷりで美味しいような気がするんだよねぇ。
こんなサンドイッチ、日本ではめったに食べられないしねぇ。東京はまだしも仙台では・・・柏木のバーニャではサンドイッチ出してないのかな?

日本でゲットした格安航空券、Ryanairのダブリン行きは、なかなか愉快でした。
男性フライトアテンダントが、アナウンスにいちいちギャグを入れる(笑)
日本じゃありえないな。
出発がだいぶ遅れたのだけどダブリン着が奇跡的に予定どおりで(というか、出発が遅れるのを予想しての到着時刻、なのかも)、そしたら、着いたとき、ファンファーレとともに、Ryanairはヨーロッパの航空会社ではありえない、時間通りに着く航空会社です!ってアナウンスが(爆笑)

そして、いよいよ、アイルランドの地に降り立ったのだけど・・・

寒い・・・
わかってたけど、寒い・・・

涙でそう。

青空は期待してなかったけど、どんより曇り空を見るとやっぱりちょっと、落ち込みます。

eur31_01.JPG
(ダブリン空港。)

でも、空港からダブリン市内そして今日から始まるコンチキツアースタートホテルへと向かうバスの窓に流れる風景は、「ここは、ハリーポッターが住んでますか?」ってかんじの住宅街だったり、映画「ONCE」で見たまさにそのままの風景だったり、かなりいいかんじ。(ってか、まさにこの場所映画に出てきたんじゃない?ってところも発見し、うれしかった)
建物も、街の雰囲気も、明らかにフランスやスペインとは違う、趣があって、バスから眺めただけだけど、私はかなりダブリンが気に入りました。

コンチキのスタートホテルは、ダブリンの中心部からはかなり離れたところにあるのだけど、空港からのシャトルバスがちょうど目の前に止まるので、かなりらくちんでした。
思えば3年前、ベルリンスターとのコンチキのとき、スタートホテルに行く行きかたがわからなくて(もらった説明書には、空港からの道順しか書いてなかったんですね。私は電車でベルリン入りしたので)、さんざん迷ってホテルに着いたときにはぐったり、だったのをなつかしく思い出したりしました。

部屋は、決してすごく立派ではないけど、今までびんぼう旅行をしてきた道のりを思えば最高です(笑)

eur31_02.JPG

ルームメイトはまだ来てないみたいだけど、さっきチェックインするとき、名簿をチラ見したところによると、名前からして中国人っぽいです。
いい子だといいけどな。

eur31_03.JPG
(ホテルの窓からの眺め)

このホテルは残念ながらワイヤレスLANはできないみたいで、洗濯したりパソコンでたまってるメールの返事を書いたりなんだかんだしてたら、そのルームメイトがやってきました。
その子は台湾人だそうで、英語名はキャサリンというそうです。
話してみたらけっこういい子で、そもそも台湾人は親日家が多いって聞くし、ほんとよかったです。

夜、いよいよコンチキツアーはホテルでのディナーからスタート。
メンバーは総勢約30人で、私とキャサリン以外は全て英語圏の人のようです。
隣の人と1対1で話すときはいいんだけど、騒音のなかでみんなのマシンガントークを聞き取るのはけっこう大変。
うーん。これまた試練ですな。。。
英語力を伸ばすいい機会と思ってがんばろう。

eur31_04.JPG
(記念すべきアイルランドの初食事。前菜のにんじんとパクチーのスープはかなりおいしかったですが、このメインディッシュはぶっちゃけ普通。でした。爆)

ディナーのあとは、ホテルのバーで、これまた初の、本場のギネスを飲む。
1パイントで4.25ユーロだったから、まぁ、日本で飲むのとそれほど値段的には変わらないかしら。少し安いくらいか?
味もまぁ、同じだけど、でもやっぱり本場で飲むのは気分的に違うよね〜

よーし、これから毎晩ギネス三昧だー!!!!!(爆笑)
posted by りょうこ at 22:30 | 宮城 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 2008ヨーロッパ周遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いや〜、ニースお疲れ様でしたね。。しかしすごいね〜、欧米人恐るべし!思わず笑っちゃいました。(ゴメンネ〜)恥じらいってものがないのかなぁ、、ありえな〜い!日本人でよかった、って思いますね。旅の印象は色々なところで変わるけれど、宿の良し悪しがその街の印象を決めるところありますよね。ニースはついてなかったのかしらねぇ。。
ライアンエアー!懐かし〜い。。私も安いので乗ったことありますが、確かにアナウンスがいちいち可笑しくて、くすっと笑った記憶があります。着陸したら皆拍手してたし・・英国のユーモアですよねぇ。。今度は英語圏!お仲間もできそうだし、楽しんでくださいね♪
Posted by yayoi at 2008年04月21日 13:21
欧米人、というよりたんに彼らがバカなだけでしょうね。
そんなんで欧米人とひとくくりにしたら他の善良な欧米人たちに失礼ですもん(笑)

ライアンエアーは、格安航空会社だし無事着くかなぁなんて、乗る前はすごい不安だったんですが、乗ってみたらかなり楽しかったので、次回機会があったらまた是非乗りたいです!
Posted by りょうこ@ゴールウェイ at 2008年04月22日 07:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック