2008年04月17日

29日目 エズ、グラース、カンヌ:どっと疲れが・・・

というわけで今日は、ニース→エズ→ニースにいったん戻ってからグラース→カンヌ→ニース、という、かなり強行スケジュール。

エズ、というのは、小高い丘、というか山のてっぺんにちょこんとある、いわゆる「鷹の巣村」
ニースからバスで20分少々、しかも1ユーロで行けます。

9時半ちょい前にエズに到着、まだ朝早いからか観光客の姿もまばら。
観光案内所で地図をもらって、まっすぐ、植物園を目指します。

eur29_01.JPG
(細い坂道が続く。)

サボテンのいっぱいある植物園らしいんだけど、サボテンを見るため、というよりも、そこが、エズの一番てっぺんにあって、景色が最高にいいらしいので、景色を見るために行くようなかんじです。

eur29_02.JPG

こんなかんじで、いろんなサボテンがあって面白いのは面白いんだけど、やっぱり景色が最高。

eur29_03.JPG

園内のあちこちに、彫刻があって、それがまた雰囲気をもり立ててます。

ってかほんと、なにこの絶景。
この旅に出てから、絶景見すぎて、もうなにがなんだかわけわかめ。
頭おかしくなりそう。

eur29_04.JPG eur29_05.JPG

迷路のような村をあちこち散策し、村に別れをつげてニースに戻ります。
そしてりょこたんは、バスの中で大事なことに気づいた。
あ・・・エズ村の写真撮ってないや。
って、エズ村の中の写真は撮りましたよ。山の上にちょこんと存在する、エズ村全体の写真を撮りたかったんだけど・・・
くそー。
ニースからバスで20分の距離とはいえ、バスの本数があまり多くないので、リベンジするにも時間的にかなり厳しい。

あぁ。。。

まっ、これは、次回ニースに来るときの宿題だな(笑)

ニースのバスターミナルに戻り、近くでお昼ごはんを調達。
ニースはイタリアが近いせいか、パニーニやさんがあちこちにあります。なのでパニーニを食べてみました。

うんまー。
マジうま。

バスターミナルに戻って、グラース行きのバスに乗る。
これがまた、料金1ユーロです(笑)
電車だと1時間で着くところ、バスだと2時間近くかかるんですが、にしても、1ユーロです。しかも電車で行くとなるとバスターミナルから駅まで少し距離があるので、いずれにせよ時間かかっちゃうから、やっぱバスで行こうと。

グラースには3年前イエールにいたとき行ったことあるんだけど、なぜ今回また行くことにしたかというと、グラースにある国際香水博物館というところのハーブ園がすばらしいらしくて、是非それを見てみたい!と思ってたんだけど、3年前は、改装工事中で閉まってたんですね。
2007年に再開予定だといっていたので、ならば今回リベンジしようではないかと。

グラースのバスターミナルに着き、なつかしい風景を目の前にする。

eur29_06.JPG

けっこう覚えてるもんで、迷うことなく、地図なしで国際香水博物館に到着。

したんだけど。

閉まってた・・・。

なんで・・・。

移転したりとか?なんて淡い期待を抱きつつ、観光案内所に行って聞いてみたら、9月再開予定なんです、もうかれこれ4年間閉まってるんです、って。
・・・知ってます。3年前も閉まってましたから・・・(泣)

さすがフランス、再開予定が1年以上延びたんですね(泣)

ありえない。
マジありえない。
これが見たくてわざわざニースから2時間もかけてグラースに来たのにぃ〜。

はぁ。
なんか体中からどっと疲れが・・・。

eur29_07.JPG

で結局、グラースに来て何をしたかといえば、フラゴナールで散財しただけ、という(爆)
いや、フラゴナールで散財するのは当初から予定してたので、いいんですけど、フラゴナールで買い物するだけだったらエズにもあったので、グラースまで来る必要なかったのに。。。

ってなわけで、滞在時間1時間でそそくさと退散。

次はいつ、グラースに来れるのかなぁ。(泣)

そんなわけでバスでカンヌに向かう(もちろん1ユーロ。所要時間1時間)

カンヌはそんなに興味があるってかんじじゃないんだけど、でも、あの、カンヌ国際映画祭の会場と、有名人の手形くらいは見てみたいなって。

eur29_08.JPG eur29_09.JPG

見た。満足。(笑)

なんかほんっと疲れた。。。

天気も悪くなってきたし、海岸どおりをちょこっと歩いて、すぐ、ニースに帰ることに。

eur29_10.JPG

ぐったりしてホステルに戻ったら、悲劇が待っていた。。。

ここのホステルは、ニース郊外にあるからか、有料の夕食サービスがあって、これがけっこう美味しいのでみんな毎晩食べてる人が多いみたいなんだけど、夕方から大雨が降ってきてしまったため、テラスが使えないので、みんな、食堂で食べてるんですね。
ところが、ここ、食堂兼ホール兼バー兼みんなの憩いの場、なので、ごはん食べ終わってもみんなどかないんです。。。
なもんで、後から後からごはん食べたい人が入ってくるんだけど、みんな、座る場所がなくてうろうろしていて、結局、後から来た人は、ホールのすみっこで立って食べる羽目に。。。
なんかあれですよ、欧米人って、日本人みたいに、「座れない人がいるからどけようか」ってなことは、基本的には考えないんでしょうね。。。

はぁ〜。。。
なんだかなぁ。。。
疲れてぐったりしてんのに、立ってディナーだなんて、ほんとに涙でてきそう。

ここのホステル、遠いけど、スタッフの雰囲気もいいし、部屋もきれいだし、夕食も美味しいので、最高!って思ってたけど、逆に、街から遠いからみんなホステル内のバーで夜遅くまで騒いでるので、とにかく、うるさい!
う・る・さーーーーーーい!!!!!
しかも、トイレがフロアにひとつしかないし、シャワーは男女2つずつ、洗面台が男女1つずつしかない。(ちなみにワンフロアには、11人部屋が11こある。)
いくらなんでも少なすぎる。

さらに悲劇は続く・・・

このホステル、ランドリーサービス(5ユーロ)があるんで、昨日の朝頼んだんです。
夜までにはできます、って言われたから、いっさいがっさいぜーんぶ頼んだんだけど、昨夜フロントにたずねたら、見事にまだできてなくて、てか、洗濯機の中にも入っておらず、朝頼んだままだった。。。
あわててスタッフが、じゃ今からやってあげる、あと2時間ぐらいしたらできると思うよ、って言うんだけど、あのー、もうすぐ日付変わるんですけど夜中の2時に取りに来いと?
バスタオルもなければ着替えももう一枚も無いので、結局昨夜はシャワーも浴びずに寝たんです。
朝起きたらさすがにできてるかなと思って、朝、少し早起きしてランドリールームに行ったら、これまた見事に、洗濯だけで終わってた。。。
おーい。。。
というわけで結局シャワーできず着替えもできず、昨日のかっこのまんま観光に出かけ、さすがに今日帰ってきたら終わってたんだけど、なんと、靴下がひとつ行方不明に・・・

ちょ!
ほんっといいかげんにして!!!!!(激怒)
まる2日かかったうえ、靴下行方不明にするなんてっ!!!!!
こないだイエールで買ったばかりの靴下なんですよっ!!!!!
スタッフに一応言ったんだけど、ほんの数十秒ランドリールームを探してくれただけで、「ないな、ごめんね」ってあっさり終了。

なんかもう、疲れてたし、怒る気力も無い。。。

インターネットで検索したとき、2007年フランスで人気ナンバーワンのホステルだって書いてあったから、かなり期待してきたんだけど、てか、確かに、ホステルで時間とお金を気にせず飲んで騒ぎたい欧米人にとってはパラダイスだと思う(バーが充実していて、飲み物が基本的に1ユーロ均一)、でも、そうじゃない人にとっては最悪としかいいようがない。
たんに、中心部から遠くて騒々しいだけの場所だ。
しかも靴下無くされるし・・・。

早くアイルランドに行きたい。(泣)
 
posted by りょうこ at 23:59 | 宮城 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 2008ヨーロッパ周遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大変でしたね。。。最後のランドリーはあんまりだよねぇ。ありえないよなぁ〜。。人気の場所だったからそうだったのか、とにかくタイミング悪かったですね。
しかし、、、1日で何ヶ所も行くなんて・・・すごいですね!移動や観光に動き回ってるりょこさんに脱帽。。私は1日一ヶ所が限界だわ〜〜。。写真がどれも素晴らしくて、確かにあんまりにも沢山の絶景を見すぎてどれも素晴らしいですね。次行く時は是非ゆっくり観てくださいね。
Posted by yayoi at 2008年04月19日 23:03
ほんと、靴下代1.3ユーロ返せ!ってかんじです。(激怒)
正式に旅行記としてHPに公開する時は、ホステル名さらしますよ。マジありえない。

一日に何ヶ所も行くのは実際かなりハードです。
若さのなせる業ですね!(自分で言うな)
Posted by りょうこ@ゴールウェイ at 2008年04月22日 07:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック