2019年08月22日

お金のいらない国3 病院の役割は?



参照




というわけで、「お金のいらない国」の続編です。

サブタイトルは「病院の役割は?」となっていますが
わたしが普段から言っているとおり、
病気と精神は切っても切れない関係であり
体・病気だけ見ていても決して治らない、
精神も含めて包括的に人間の体を診れる医師じゃないと
病気は治せない、ということ。

てかそもそも、かの「お金のいらない国」では
病気はほとんどの人が自分で治しちゃうみたいです。

それはすごい納得。

わたし普段から思ってるんですが
病気になってしまったとして、
自分で何も調べないで他人(医者)の言うなりになるって
おかしいというか、おそろしいことですよ。

って言うと、
「自分は専門家じゃないからわからない、しかたない」
って反論する人が大多数だと思いますが
そのセリフって、
自分の病気を本気で治す気がないっていうことのあらわれなんですよね…

すべてを他人まかせにすること=自己に対する無責任さ

ですから。

では、「お金のいらない国」には病院はないのか?
といえば、あるそうです。
ただし、その病院には犯罪者が入院しており
治るまで(罪の意識が消えるまで、罪を犯さなくなるまで)退院できないとのこと。
刑務所みたいなもんですね笑

ただまぁ、「お金のいらない国」では
みんな生き生きと楽しく幸せに生きている人がほとんどであり
犯罪者はめったにいないのだと思いますが。

そもそも「お金のいらない国」では
所有という概念がないので
例えば、盗難という概念もなかったりする。
つまり、犯罪と呼べるものは「お金のある国」に比べて
がくっと少なくなり
そのため、法律も必要ないのだとか。

なるほどね。。。
法律ってのも結局は、お金・所有という概念があるから必要なんだわね。



その他
戦争がなぜ起きるか?ということに触れている面もあって
それも結局は、
裕福な人(はっきりいってしまえば白人)の贅沢品を作るために
そして、裕福な人がさらに裕福になるための行動が発端となっている
ということで、やはり、
戦争というのも、お金という概念がなければ起こりえないことなのだと。

法律も言い争いもないのだから政治家も必要ない

ただただ、みんな、好きなこと・適材適所でもって
与える一方の社会、それが、
「お金のない国」



この本すごい薄っぺらくて
(内容ではなく、物理的な厚さのことですよ)
あっというまに読み終わるのですが
内容は厚さと反比例して、深い。

この薄さでこんだけのことをあっさりわかりやすく説明できるって
すごいことだと思う。

固定観念がちがちの大人が読むよりも
頭の柔らかい子どもたちにこそ読ませた方がいいかもね、
これからの日本、これからの地球を背負っていく子たちに。





☆【アメリオーレ】自己治癒力アップのための心理カウンセリング

「病は気から」

わたしたちは、どうして病気になるのでしょうか?

…信じられないかもしれませんが
わたしたちは、自分が思った通りの病気になっているのです。

内海式根本治療をベースにした分析型心理カウンセリングにより
現代医療や薬に頼らず病気やケガ、不快な症状を完治するための
自己治癒力を上げるお手伝いをさせていただきます!

※ZoomまたはSkypeのビデオ通話で行います
(Zoom・Skypeともに登録・利用は無料です)

お申し込みは
☆無料メルマガ【アメリオーレ通信☆幸せはこの手で創る】

「自分を幸せにできるのは、この世でたったひとり、自分しかいない!!」

徹底的に自分を幸せにするための、自分を見つめ直すきっかけや
今日からすぐ使える心理のポイントをお届けします。

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13953
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)

  
☆無料メルマガ【アメリオーレ☆薬いらず医者いらずナチュラルハッピーライフ】

「人類にとって本当に必要な薬は1割にも満たない!!」

「むしろ薬や医療では病気は治らない!」

心が病気を作るしくみ、わたしたちの健康に影響する薬や
医療、食、環境に関する「ほんもの」の情報をお届けします。
薬なんかいらないし、病院のお世話になる必要もないんです。
そんな自由で自然な暮らしをしてみませんか。

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13654
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)



posted by りょうこ at 23:59 | 鹿児島 ☁ | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。