2018年09月23日

大久保伸隆Flight Night Party & Flight Night Birthday! vol.60、そして、しばしのお別れ

180923tokyo3.jpg

180923tokyo2.jpg

年に一度のFNP&FNB
今回のゲストは、予想どおり(笑)
2年ぶり2度目の登場の今井千尋氏w

2年前もそうだったけど
今井くんについていろいろ思うことはあれど
ノブくんとのハモりとか聞いてると
やっぱ、ああ、これ、これなんだよねー
って。
しかも今回は、ベースで参戦したので
ますますそう思っちゃった。
そう、これ、これだよーって。

悔しいけど(笑)

毎年恒例、サムエル時代のセルフカバーは
そう来るか、っていう、今まで歌ってなかったラインナップで
重箱の隅をつついてきたというかそんな感じでしたw



さて、わたしは、
今まで、よっっっっっぽどのことが無い限りは
ノブくんのライブには毎回参戦する、
って決めてたけど、
いろいろ思うところあり
しばらくノブくんのライブに来ないことになりそうなので
歌うノブくんをしっかりこの目に
歌声とギターをしっかりこの耳に
やきつけてきました。

やっぱりノブくんの歌がこの世で一番だと思うわ。。。




ではなぜしばらく来ないことにしたのかというと
この先はだいぶ長くなるので興味のある方だけどうぞ。




6月、奄美大島に滞在していたとき
ノブくんのファンクラブのスタッフからメールを受け取りました。
わたしのブログのなかの
ノブくんのライブ&ファンクラブイベントに関する記事を
すべて削除するようにという内容でした。

というのは、
ノブくんのライブのセットリストは
ファンクラブ会員のみの公開であることと
ファンクラブイベントの内容は参加した人だけで共有するもの
という決まりがあるから、なのですが

わたしだってそういう決まりがあるのは承知していたけど
ただ、わたしの、それらの決まりに対する解釈っていうのは
セットリストは全公開じゃなければいい
ファンクラブイベントの内容は、事前に待ち合わせ場所等を公開したり
イベント中にノブくんに聞いた「ここだけの話」等を公開しなければいい
という感じでした。

(しかも、もともとはそんな決まりなかったのに
ある日突然、というか、気が付いたら、決まりができてた。みたいな)

何をそんな勝手な解釈を…
って思われるかもしれないけど
セットリストを会員だけの「秘密」にしたり
ファンクラブイベントの内容を参加した人だけの「秘密」にする
それらの理由というか、意味がわからないから
勝手な解釈になっちゃってた。という感じ。

だって、普通に考えてみて。
子どものような素直な心で。

セットリストとかファンクラブイベントの内容を
「秘密」にする理由というか意味、
みなさん、わかります?

わかる、っていうか、納得してます??

一昔前ならまだしも
こんなにインターネットとかSNSが普及しているなかで
それらを秘密にしてどんなメリットがあるというのか?

他のミュージシャンとか
そんなもん、がんがん公表してますよね?
(ファンクラブイベントは知らんけど)
(てかノブくんファンクラブイベント多すぎだし笑)

で、わたしの想像なんですけど、
おそらく、その理由のうちのひとつは、
ファンクラブ会員からクレームが来たんじゃないかと。
「お金払ってるんだから会員だけの特権にしてくれ」的な。
それで、しかたなく、
運営側が、それらの公開を「禁止」したんじゃないかと。

だって、普通に考えて、
そういうの秘密にするデメリットのほうが多すぎです。
ノブくんとか、昔サムエルだったころのファンが
日本全国にごろごろしていて
あわよくばまたライブに行きたいって思ってる人も少なくないはずで
セットリストやファンクラブイベントの内容、っていうのは、
そういう人たちに向けたアピール材料の大きなひとつ、
なのではないでしょうか??

その公開を禁止して
いつも来てる人だけの極秘事項にして
内輪で楽しんで

その結果、現実はどうです?
ぶっちゃけ、ノブくんのライブやファンクラブのイベントに来る人
少しずつ減ってってますよね??




…って思って、
スタッフからのメールに心底がっかりしたのですが
しかもそれが
奄美で楽しくダイビングしているさなか、
と同時にそれは、
仙台から沖縄に引っ越す作業のさなか、でもあったわけで
沖縄に引っ越すという話はスタッフさんにも連絡してあったのに
なぜ今このばったばたのタイミングで、
ブログ削除しろとか言うのかと
せめてもうちょっと落ち着いてからにしてはもらえなかったのかと
絶望的にがっかりして

加えて
スタッフさんとのやりとりのなかでわかったのは、
(メールにはっきりとは書いてなかったので、
わたしの想像なんだけども)
今回の件は、スタッフがわたしのブログを見つけて、
っていうよりは、
どこぞやのファンの人で、わたしのブログを見ている人が、
ライブやイベントの内容書いてる人がいます、
ってクレームしたんだと思うのです。

というのは、
今回の件についてスタッフにいくつか質問をしたのですが
それに対するスタッフからの回答が、
ポリシーがないというか、筋が通ってないというか、
ああいえばこういう的というか、、、
バックに居る「誰か」の気持ちさえなだめればそれでいい、
とりあえすの急場しのぎ、的な雰囲気が
ばりばりに漂っていたのですよね(苦笑)

何人かこの件について話をしたときに
それを裏付けるような噂というかネタもちらほら出てきたので
おそらく、この推理は間違いないと思います。

つまり、その、どこぞやのクレーマーファンの方
今このブログも読んでくださってるのだと思いますが
ファンクラブのスタッフからのクレーム、ではなく、
自分と同じファンからの、スタッフ経由のクレーム、
という状況だったということであり
もう、これ以上表現しようがないぐらい、
がっっっっっっっっかり、しました。。。



さっきも言った通り、
セットリストやファンクラブイベントの内容を
「極秘」にすることに対するメリットなんかないに等しい、
むしろデメリットだらけ、
だとわたしは思ってます。

なぜみんな、おとなしく、
そんなおかしな決まりを守ってるのか
心底理解できません。

おかしい、とは思っていても
きまりだから守らなければいけない、っていう感じ?

それって、たとえば
神風特攻隊が、命令だから行けって言われて
死にたくないという気持ちを隠して
行ってきます、って大空に飛び立ってった、
それと一ミリも違いないですよね?

当時、戦争反対、って言えば
非国民って言われた、
当時の「狂った」日本と、今このノブくんのファンクラブの状況、
一体何が違うのでしょうか?

なんか、、、気持ち悪いです。。。



ちなみに
セットリストや、ファンクラブイベントの内容を
「極秘」にすることは、
ライトなファンにはなんのメリットもないけど
ファンクラブ会員や、いつもライブやイベントに参加してる
コアなファンにとっては大きなおおーきなメリットがあります。
それは、ノブくんを「ひとりじめ」してる気分になれることです。

はっきり言います。

そういうの、
めっちゃ気持ち悪いし、胸糞悪いですwww



わたしがなぜ、
決まりを勝手に解釈して
セットリスト(の一部)やイベントの内容(の一部)を
ブログにしたためていたか、って、
ただただ、
ノブくんのライブにもっとたくさんのお客さんに来てほしい、
もっとたくさんの人にノブくんの歌を聴いてほしい、
その思いだけでした。

セットリストや、イベントの内容を知って、
またノブくんに会いに行きたいなー
っていう昔のファンを、少しでも、発掘できたらいいなって。

だって、ノブくん、
日本一、いや、世界一、なんなら宇宙一、
おうたが上手なんですから!!(笑)

あんなちっちゃいライブハウスで
100人ちょっとのお客さんの前でちまちま歌ったり
ファンクラブイベントってちまちま遊んだりしてる場合じゃなくない!?

わたしは、また、ノブくんが、
渋公とか、武道館とかで、歌う姿が見たいよ。。。

みんなは、見たくないの!?



昔、サムエルのライブがもっと大きな会場で
とぉーくのステージ上でノブくんが歌ってた、
その時からしたら、今の状況は、
コアなファンにとってはまるで夢のようで。
すぐ手のとどくところで歌ってたりとか
実際に手のふれあうような距離でイベントやったりとか。

わたしたちは、この数年、
なんかそういう、甘い水吸いすぎて、
本質が見えなくなっているのではないか?



わたしは、
手の届く距離で歌うノブくんを見たり、
イベントで一緒に遊んだり、
そういう、楽しみを捨ててでも
大きな会場に響き渡るノブくんの歌声を、また、聞きたい、って思うよ。

でも、実際は、
手の届く距離で、ノブくんの歌を楽しみたい、
あわよくばもっとお近づきになりたい、
みたいな、はっきりいって【キモい】ファンに囲まれて
ちっちゃくなっちゃってて

そういうの、ほんとにうんざりしてきて



決まりだからといって、その理由も意味も考えずに盲目的に守るとか
(まるで戦時中の日本のように)
意味のわからない決まりを守ってない人を見つけてはチクるとか
(それもまるで戦時中の日本のように)
そしてそれらの根底には、ノブくんを独り占めしたいという
無謀な願望があって
(全員がそうだとは思わないけど、少なくない、ということも知ってる)

どんなにノブくんの歌が好きで、ライブに行きたいとしても
会場にいるファンの多くがそんなんだから
もう、気持ち悪すぎて同じ場にいられない、っていうか、
同列のファンではいたくない。。。



この話を何人か、ファン以外の友人にしたのですが
「セットリスト公開しないでどうやってお客さん呼ぶの?」
って苦笑しまくってましたw
それが一般人の感覚でしょうね。

で、わたしの想像ですが
ノブくん自身も、
セットリストやイベントの内容を公開したほうがいいということには
とっくに気づいていると思います。
でも、ファンクラブ会員のクレームにつながるなら
非公開でもしかたないか、、、みたいな感じではないかと。

だとしたら、わたしたちファンクラブ会員の思惑が
ノブくん自身を苦しめ、
活動の幅を狭めている、ということでもある。

ノブくん自身が苦しんでるんだとしたら、
わたしはもはやこの状況には一ミリも我慢できません。。。



ほんとはもっと言いたいことあるけど
これ以上過激になってもあれなんで、
このへんにしときます。。。



(はぁ〜
ノブくんのビジネスコンサルさせてくれないかなぁwww)



6月にスタッフからメールもらって
いろいろがっかりしたので
ファンクラブイベントに関しては
よほどのことがなければ行かない、
ってことは早々に決めたんだけど、
その後、ここに書いたこと、書けないこと、も含めて、
本当にいろいろ、、、考えた挙句、
ライブも行く頻度減らそう…という結論に至りました。

どんなにノブくんの歌が好きだとしても
その場にいる人たちのなかに
そういうキモい人がいると思うと気分悪すぎる。

でもやっぱりノブくんの生歌は聞きたいし
少なくとも年に一度の誕生日のライブには行こうかなっていう感じです。
まぁ、気が向いたらもっと行くかもだけど。



かれこれ20年間、ずーっと、欠かさず
サムエル・ノブくんのライブに通いつづけてきて
きっとこれからも通い続けるんだと自分でも思ってました。
そして、またいつか、渋公とか武道館とかで
ノブくんの歌を聴ける日がくるって信じてきました。
そんなわたしが、これほどまでの決断をするってどれだけ重大なことか、
少しでも、理解してもらえたら嬉しいですが
ま、理解してもらえなくても全然かまいません。



最後にこれだけは言わせて。

読んでくださってるであろう
どこぞやの粘着質なクレーマーの方へ。
これで満足?





☆【アメリオーレ】自己治癒力アップのための心理カウンセリング
現在、新規受け付けは休止中です。
近日中に、電話・Skypeをメインに再開予定です。
那覇での対面セッションも可。
(不定期で仙台・東京での対面セッションあり。こちらでお知らせします)
サービス一覧、お申し込みは
☆無料メルマガ【アメリオーレ通信☆幸せはこの手で創る】
「自分を幸せにできるのは、この世でたったひとり、自分しかいない!!」
徹底的に自分を幸せにするための、自分を見つめ直すきっかけや
今日からすぐ使える心理のポイントをお届けします。
(これまでイベント、セミナー、個人セッションを受けてくださった方、
お問い合わせ下さった方には自動的に配信されます)

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13953
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)
☆無料メルマガ【アメリオーレ☆薬いらず医者いらずナチュラルハッピーライフ】

「人類にとって本当に必要な薬は1割にも満たない!!」
「むしろ薬や医療では病気は治らない!」
心が病気を作るしくみ、わたしたちの健康に影響する薬や
医療、食、環境に関する「ほんもの」の情報をお届けします。
薬なんかいらないし、病院のお世話になる必要もないんです。
そんな自由で自然な暮らしをしてみませんか。

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13654
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)


posted by りょうこ at 21:00 | 沖縄 ☔ | Comment(1) | Something ELse | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 
早速、「ファンをキモイとか言うなんてひどい」「ノブくんがかわいそう」というクレームが届きましたので(苦笑)、コメントとして追記させていただきます。
 
そういうファンの存在をキモイと感じているのはわたしであり、あなたがた自身がキモイのではありません。
言い換えると、自分がそれでいいと思うのなら、誰になんといわれようとその道を信じてまっすぐ行けばいいのではないでしょうか。ということです。
 
ノブくんがかわいそう、、、って(苦笑)
むしろわたしはノブくんの歌が好きだから、状況が悪化していくのをこれ以上見ていられないから、自分の思いを公表することにしたのであって、誰かを傷つけるためにしたことではない、むしろ、打開策を見つけたくて、こんな思い切った方法に出たのです。
 
今後、同類のクレームをいただいても返信しかねます。
よろしくお願いいたします。
Posted by りょうこ at 2018年09月30日 10:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。