2018年08月01日

結局ぜんぶ、思いこみでしかなかった。

フランスのアマゾンに注文していたフランス語のテキスト。
約2週間でようやく到着。

180801francais.jpg

包装がいぃ感じにぼろぼろになって届きましたw
「この荷物は、日本に到着したときすでにぼろぼろでした」
的な、日本郵便からのお詫び書が貼り付いていたww
テキストも若干、折れ目とかしわとか…www
さすがフランスクオリティwwwww

まっ、中身さえしっかりしてくれてればね…



てなわけで、届いたばっかりのテキスト持って
今週もフランス語レッスンに行ってきました。



もう何度も書いてるけど
沖縄に引っ越す(仙台を離れる)ことにした最大のきっかけは
フランス語教室でのいざこざでした。
それは、まったくもってわたしの本意ではなかったのですが。。。

で、逆に言うと、「生まれ育った街」というのはさておき
仙台に住んでなきゃいけない理由は特になかったのです。
フランス語教室以外には。
日本中探してもこんないい教室・いい先生はいないって信じてたから。



心の底から「いい先生」だと思ってた人が
ありえないふるまいをしてくれて
今まで信じていたものがどんがらがっしゃんと
音を立てて崩れていった。
それは、どうしても仙台に住んでなきゃいけない理由が
どんがらがっしゃんと崩れていった音、でもあったわけですが。

だとしても、
わたしがここまでフランス語続けてきて、上達したのは
まぎれもなくあの先生のおかげだと思ってるので
今でも感謝してます。
あの、最後のふるまいだけが、理解できないっていうか。。。
それ以外の部分で、フランス語を教えるプロ、教師としては、
ホント、いい先生だったと思ってるし、授業はいつも、とても楽しかったです。



けど
沖縄に来て、
偶然、近所にフランス語の先生を見つけてしまって
沖縄に、フランス語だなんてマイナーな教室があった、
ってこと自体びっくりなのに、こんなに近いなんて、
なんかの縁というか引き寄せというか、もう、行けってことなのかも。(爆笑)
と思って沖縄に来てまでフランス語教室通い始めて、2回目のレッスン
(体験レッスンという名のレベル判定を含めれば3回目)
を終えて、思ったんですけど

先生、めっちゃいいんですよ。笑

基本、vousvoyer(丁寧語)だし
まだ3回目だし、
わたし自身、打ち解け切れない感じがあって
若干ぎこちないんだけど
でも、教え方めっちゃいいっていうか
うん。いいです。笑
すごいプロっぽい教え方する。
仙台の先生がプロっぽくなかったっていう意味じゃないけど
なんていうか…プロ意識が凄い。っていうのかな。
オーラっていうか。

で、仙台の教室では、
あえて、テキストテキストしたものは使ってなかったんですよね。
そういうのっていまいち面白みに欠けたりするので
いつも、映画とか、小説とか、を題材にやってて
それはそれは楽しかったんだけど、
今、ザ・テキスト!!みたいなのやってて思うのは、
意外と内容オモシロイし、
わたしの弱点、文法とかボキャブラリーとか
体系的に身につけられるようになってるから
ぐんぐん上達できそう…な気がする。

映画や小説ではなかなか文法とかボキャブラリーとか
覚えられなくはないけど
一度に、大量に、あるいは、確実に、身につけられない、ような気がして
それでこの数年、わたしのフランス語がいまいち上達してなかった。
というのも大いにあるような気がして。

フランス人とコミュニケーション取るのにそんなに困ってないけど
相変わらず、文法もボキャブラリーも貧弱なままなので、
フランス人の人たちの想像力で補ってもらってるw 的な感じで
早、数年。みたいな。

たぶん、英語とかもそうだろうけど、
フランス語は特に、正しい文法/語彙で話す事が重要視される。

英語にしたって、
ぱっと見、流暢にしゃべってるようにみえても
文法とか間違いまくってる人けっこういるし
そういう人を「英語が上手」とは、ネイティブはあまり思わないらしいし。
ま、わたしも英語にしたって100%ではないから
フランス語なんて、よけいにヤバイw

そんな弱点を克服して
もう1ランク上のレベルを目指したいなと
そのために、こういう、ザ・テキスト!みたいなのを
徹底的にやるのは、悪くない、っていうか、すごく良いと思うし
それって、仙台にずっと居たら永遠に気づかなかったかもしれない。



こんないい先生日本のどこ探してもいないだろうし
こんな楽しいレッスンやってる教室も
日本のどこ探したってないだろう。

って、全部ただの思い込みでしかなかった。
ということに、気づいた。

結果的に、フランス語教室は、
仙台を離れる、という「冒険」をしなくてすむための
わたしにとっての防波堤でしかなかったんだなとwwwww



で、その事件から半年が経過したわけですが
事件が起こる直前まで、まさか自分が仙台を離れて
沖縄に引っ越すなんて思ってなかったことを考えると
今の生活がなんだか、心底、笑けてきますwww

薬局の仕事はどうでもいいとして
(あ、でも、薬局の皆さんはとても良い人たちで
そういう意味では気持ち良く働かせてもらってます!)
それ以外の部分、
まず、一番やりたかったダイビングもだし
英語とかフランス語とか、映画観賞とか、
仙台でずっと好きで続けて来た事
そのまんま、新しい環境でも続けていて
おかげで、新しい出会いとかもありつつ
沖縄のおいしいものたんまり食べたりとか
実に、毎日楽しく過ごさせてもらってて

こんな楽しい生活をしないためにずっと持ってた「防波堤」を
先生自ら壊してくれたことに、とても感謝している。



この一連の体験をもって、多くの人に伝えたいこと↓

わたしたち人間って、得てして、
今よりもっといい生活、いい自分になることが、怖い。
っていうことがあって、
(意識してないとしても、無意識下には、怖い、という感情がある)
そういうとき、わたしにとってのフランス語教室のような
「防波堤」を作ってしまうんですよね。

フランス語教室があるから
仙台を離れるわけにはいかない。

これがあるから、それはできない。
(これ=防波堤、それ=ほんとうはやりたいけど怖くてできないこと)

そういう、心の防波堤を持ってるのは、不自然だ。
見えざる力、神、宇宙、おおいなる存在、etc.がみなしたときに
なんらかの方法で、壊れる。

ということが、人生において、たびたび起こります。

これも、ある意味、引き寄せの法則の一種、と言えるわけですがね。

その「防波堤」、
誰かに壊させるんじゃなくて
自分で壊していけるようになりたいな。
なりましょうよ。




☆【アメリオーレ】自己治癒力アップのための心理カウンセリング
現在、新規受け付けは休止中です。
近日中に、電話・Skypeをメインに再開予定です。
那覇での対面セッションも可。
(不定期で仙台・東京での対面セッションあり。こちらでお知らせします)
サービス一覧、お申し込みは
☆無料メルマガ【アメリオーレ通信☆幸せはこの手で創る】
「自分を幸せにできるのは、この世でたったひとり、自分しかいない!!」
徹底的に自分を幸せにするための、自分を見つめ直すきっかけや
今日からすぐ使える心理のポイントをお届けします。
(これまでイベント、セミナー、個人セッションを受けてくださった方、
お問い合わせ下さった方には自動的に配信されます)

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13953
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)
☆無料メルマガ【アメリオーレ☆薬いらず医者いらずナチュラルハッピーライフ】

「人類にとって本当に必要な薬は1割にも満たない!!」
「むしろ薬や医療では病気は治らない!」
心が病気を作るしくみ、わたしたちの健康に影響する薬や
医療、食、環境に関する「ほんもの」の情報をお届けします。
薬なんかいらないし、病院のお世話になる必要もないんです。
そんな自由で自然な暮らしをしてみませんか。

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13654
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)

posted by りょうこ at 23:59 | 沖縄 ☁ | Comment(0) | 幸せになる心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。