2018年03月30日

わたしが花粉症にならないわけ。を考察してみた

このブログでも何度か言及していますが

わたし、生後数ヶ月からずっと
ひどいアトピーに悩まされてたんです。
大学3年のある日を境に
きれいさっぱり治ってしまったのですが

それでもまだ、今でも、
ストレスがたまると皮膚に出る、という部分はあって
(この数年は特に手指ですね…あとたまに足とか)

ってつまり、
教科書通りに言うと、わたしみたいなの、
まっさきに花粉症になるタイプだってことですwwwww



ところが!

わたしときたら、花粉症、まったく、ないんですよねぇ。。。

なんとなくこの時期、鼻水とかくしゃみとか出るんだけど
それは、花粉というよりは、おそらく、
寒暖差というか、三寒四温、みたいな、
季節の移り変わりに体がついていけてないだけ
(=自律神経のスイッチの切り替え不良)、だと、思う。

だって、そのいい証拠に、
毎日、四六時中、鼻水が出るわけでもないし
(だいたい朝の1時間ぐらいだけ;これ典型的な自律神経スイッチ不良の症状)

今年の花粉はヒドイ!!!!!って
患者さんたちみんな涙目の鼻水ズルズルで薬局駆け込んでくるけど
わたし全然そんなん無いし…

※っていうか、たしかに、はたから見ていて今年の“花粉症”はひどい。
一体何が空中を舞っているのだろうか…(苦笑)
スギ花粉のせいなんかでは絶対ないでしょこんなの!!



なぜ、「教科書通り」に言えば
花粉症に絶対になるはずのわたしが花粉症にならないか、
その考察をしてみました。



1.絶対に花粉症にはならない、と決めている(爆笑)

いや、これ、笑う人いるかもしれない
ってか全員笑うかもしれないけど
これがいちばん大事だと思うんですよね!
「病は気から」は花粉症にもあてはまるんです。

あ、これね、
絶対にならないと決めている、って、生半可な気持ちじゃ全然だめなの。

もう、腹の底から、絶対絶対絶対に…ならない!!
って決めてる、

わたし、
自分が花粉症になってるところとか
まったく想像できないんですよ。
想像しようとおもっても、できない。

このぐらい、腹の底で決めないと、だめってことです。



2.食事にそこそこ気をつけている

っていっても、
ジャンクフードとかラーメンとか食べることもあるんですけど
極力、自炊はするようにしてる。

店で売ってるものとか、もれなく添加物が山盛りですし
使ってる材料からしてアヤシイし…

どうしようもなくてそういうの食べる時もあるけど
できるかぎり、自炊を優先する。



で、
自炊するにしても、こだわればこだわるほど
キリがないので
最低限、気をつけているのは、
「水」「味噌」「醤油」「米」
あたり。

味噌とか醤油は
こういうとことかこういうとこで売ってるようなのしか買わない。
スーパーとかで売ってる味噌や醤油はもれなくニセモノですから。。。

味噌とか醤油とか、
日本古来の発酵食品は
解毒作用があるんですよね。

あと、水は、某ネットワークビジネスの浄水器
(わたし自身は販売はしていないのであしからず、買ってるだけです)

米はおなじく上記サイトの通販で自然栽培の玄米(と白米を半々)

に、加えて、
還元くん(ありがとうボトル)のお茶、ワン酵素YM菌とか愛用してます。




3.そもそも花粉症は花粉のアレルギーなんかではない、
すなわち、薬で症状がおさまるわけがないし
その薬自身が、毒だ、と知る

これもすっごい重要。

花粉症は花粉のアレルギーではない、という話は
前からヒントとしてちょいちょい、書いてはいますが
お調べいただけたでしょうか?(笑)

ひらたく言うと、花粉症っていうのは、
花粉をアレルゲンとするアレルギーなんかではなく
化学物質の過敏症、なんですね。

花粉がまったく関係ないわけでもないのですが
花粉そのものに対するアレルギーではない。ということ。

もうここまで言ったんだから
あとは自身で調べてくださいね!

化学物質の過敏症、なんだから、
できうるかぎり、現代の化学毒を避けなければいけない、
っていうところからの、
上記の味噌や醤油や、、、ってとこにもつながってくわけですが

あと、シャンプーとか、石けん、
洗濯用の洗剤、生理用のケミカルナプキン、などなど
日常生活の中で、かんたんに避けられる「生活毒」については
なるべく避けるとか

肉を買う時は国産オンリー
(国産だってじゅうぶん危険なのですが、
アメリカ産やブラジル産に比べたらなんぼかマシ)

養殖魚は基本的に買わない
(天然魚だってじゅうぶん危険なのですが、養殖に比べたら、、、)

野菜はせめてコレで外側の農薬を落としてから食べる

などなど

この程度の簡単なことでも、
けっこう生活毒を排除することができるもんです。



で、ちなみにですが、
花粉症とかに処方される薬がどれだけ危険かって知ってますか?

そもそも、
アレルギーの薬(抗ヒスタミン剤)と、精神科の薬(ベンゾジアゼピン)は
親戚同士。

ってところからして
十分ヤバい薬だってことがわかっていただけるのではないかと。

すっごいひらたく言うと、
アレルギーの薬飲んでるってことは、精神科の薬飲んでるのと大差ない、
ってことです。

そんな薬、飲みたいですか?

しかも、まったくもって原因を改善するわけじゃないし
飲んだからって症状がぴったりおさまるわけでもなく
そのくせ副作用が強かったり、値段が高かったり、、、

まったくもって、飲む理由が見当たりません!!

というぐらい、薬は絶対に飲まない!!
って腹で決めることも、
花粉症には絶対にならない、というコミットにつながってくわけですねw




どうやら今年の「花粉症」は本当にひどいらしいので、、、
少しでもみなさまの参考になればいいなと思います!!

何度も言いますが
花粉症、は、花粉に対するアレルギーではなく、
化学物質に対する過敏症、なので、
そういった化学物質を避ける生活を続けて体質が改善してくれば
完治、まではいかないとしても、
普通に生活できるレベルには、全然、なるらしいので、
ぜひとも、あきらめずにいろいろ工夫していただきたいです!








☆【アメリオーレ】仙台・東京(対面)、電話・Skype
【内海式根本治療】をベースにした自己治癒力アップ心理カウンセリング
お申し込みは
※一般のお悩みカウンセリングもお引き受けしております。



☆無料メルマガ
【アメリオーレ☆薬いらず医者いらずナチュラルハッピーライフ】

「人類にとって本当に必要な薬は1割にも満たない!!」
「むしろ薬や医療では病気は治らない!」
心が病気を作るしくみ、わたしたちの健康に影響する薬や
医療、食、環境に関する「ほんもの」の情報をお届けします。
薬なんかいらないし、病院のお世話になる必要もないんです。
そんな自由で自然な暮らしをしてみませんか。

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13654
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)


☆無料メルマガ
【アメリオーレ通信☆幸せはこの手で創る】

「自分を幸せにできるのは、この世でたったひとり、自分しかいない!!」
徹底的に自分を幸せにするための、自分を見つめ直すきっかけや
今日からすぐ使える心理のポイントをお届けします。
(これまでイベント、セミナー、個人セッションを受けてくださった方、
お問い合わせ下さった方には自動的に配信されます)

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13953
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)

posted by りょうこ at 23:23 | 宮城 ☀ | Comment(0) | 薬も医療もイラナイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。