2018年03月07日

仙台に住み続ける理由がなくなった話

昨日完結したヤップツアー旅行記に、


てなことを書いたんですが

なんでそんなこと思ったか、っていうと
単に下痢のせいだけじゃなくてw

他にもちゃんと、理由があるんです。。。



というのは実は
ヤップに行く3日前のレッスンを最後に
かれこれ1か月ちょっと
あんなに大好きで毎週水曜日が待ち遠しかったフランス語教室を休んでいるのです。。。

その、最後のレッスンのとき
わたしのとある言動により
先生の、堪忍袋の緒が切れてしまって。。。

切れてしまった、ってか、
わたしが切った、っていえばいいのか。。。

うん、まぁ、、、わたしも悪かったと思いますよ。
でも、先生のキレようったら、
そこまでキレる!?!?!? って感じで、正直ドン引き。。。

ドン引き、っていうか、、、
もう、金輪際、この学校の敷居をまたぐな、
という、先生の意思表示にも見えて、
帰宅後、「とりあえず、しばらく休みます」ってメールしたんだけど
そのメールにすら返事来ないっていうねw

その態度に、
社会人として、ビジネスマンとしてどうなの、って思ってさらにドン引き…
フランス語の学校、先生であるまえに、契約、ってもんがあるわけでしょ。
こっちも3か月分前払いでレッスン料払ってて
途中で休むことになっても
残りのレッスン料は返ってこないことは承知、覚悟のうえで、休みます、って
一大決意をしてメールしてんのに
わかりました、ぐらい返事しろよと。



わたしがどんな言動をしたのかとか
先生がなぜそんなにブッチ切れたのかとか
その詳しい話はここでは避けますが
(てか、先生が「怒った」理由はわかるけど
あそこまで「ブッチ切れた」理由はわからないのよね正直…)

わたし個人的には
もう、先生と知り合って13年ぐらいの長いつきあいで
ツーカーというか、ズブズブというか
わたしのことはわかってくれているはずだから
っていう「甘え」はあったんだよね。確実に。。。

うん、だから、まぁ、わたしが悪いんです。
それはわかります。

にしても、さー。



っていうか、先生と13年のつきあい、ってことは、
フランス語習って13年、ですね、
途中、1年ぐらい、元同居人の件で休んでたから、12年、としても
そんなに長く習ってるとは思えないショボいわたしのフランス語…w

てかそもそも、
わたしのフランス語がまだまだショボい、ってのが
事件の発端だったのです。

フランス人にいつも
リョウコのフランス語はすばらしい
って褒めてもらえるけど、そんなん、
「日本人にしては」「フランスに住んだこともないにしては」
っていう前置きありきだからね。
まだまだですよ、ホント…。



まぁ、それはいいや。。。



そんなこんなでこの1か月
フランス語教室を休んでいて

それで、思ったのですが、

わたしにとって
そのフランス語教室が仙台にあるからこそ
仙台にずっと居たい、って思える、最後の砦、でもあったのです。

こんなフランス語教室、世界中どこ探したってないって思うぐらい
大好きな学校・先生で

そりゃ、ね、
仙台で生まれ育ったので
愛着もあって、大好きな街でもあり
実家だっていまも仙台にあって両親も健在で
友だちもいて
っていう、理由はあるけど
それらは、仙台に住み続けたいと思うほどの理由でもないというか
逆に、実家が仙台にあるからこそ
ちょいちょい帰ってはくるんだし
「住まなければいけない」理由にはならないよね。って。

仙台「でなければいけない」理由、
それは、わたしにとっては、フランス語教室しかなかった。
ということ。

フランス語教室いかないんだったら
あんま仙台にいる意味なくない?って。



今、レッスンは、あくまで、「休んでる」状態であって
また戻りたくなったら、っていうか、
先生が、戻ってきていいよ、っていうなら、戻れるように、
完全に「辞める」と言い切るのではなく
含みというか選択肢を持っておきたい、ってのがあって、
「しばらく休みます」と先生に伝えたのだけど
(それに対する返事来てないけどw)

でも、一旦休み始めたら
もう、行かなくてもいいかなーなんて思ってる自分がいる。

というか、
週に1回、1時間半のフランス語教室に行きたいっていうだけで
他の6日と22時間半、仙台にいる意味なくない?
ってことに気づいちゃった、っていうかね。

カウンセリングの仕事なんて、
インターネットや電話回線さえあれば、どこでだってできるし。。。
対面カウンセリングを東北の地で充実させたい、
ってのはまぁ、あるけど、
それこそ、実家が仙台にあるからこそ
どこに住んでたって、ちょくちょく来ようと思ったら来れる。



ヤップに行く直前に、先生ブッチ切れたので
フランス語教室はしばらく休むと決めた状態で、
海外、っていうか、海に行って、
やっぱわたし海好きだな〜
もっと海に潜りたいな〜
もういっそのこと南国に移住しちゃおうか、とか

あ、今すぐに、南国に移住したい、ってことではなくて、
あくまで、仙台じゃないとこに住むとしたら、っていう、例え話ね。



いずれにせよ
「仙台じゃなくてもいい」「仙台じゃないとこに住んでみたい」
っていうことを考えるきっかけになった
フランス語教室事件と、ヤップ旅行、
これらがほぼ同時に起こった、ってのは、
やっぱりターニングポイントじゃないのかな。

なんて、思ったわけ。



ま、今すぐにどうこうってことはないにせよ
おいおい、考えていこうかなと、思っている次第です。



わたしは、自分で思っていたより、自由だったんだ。





☆【アメリオーレ】仙台・東京(対面)、電話・Skype
カウンセリング(断薬、健康、人間関係、仕事、お金、結婚、離婚、恋愛、etc.)
心理学セミナー/英語コーチング/夢実現化コーチング/カラーセラピー/
サービス一覧、お申し込みは
☆無料メルマガ
【アメリオーレ通信☆幸せはこの手で創る】

「自分を幸せにできるのは、この世でたったひとり、自分しかいない!!」
徹底的に自分を幸せにするための、自分を見つめ直すきっかけや
今日からすぐ使える心理のポイントをお届けします。
(これまでイベント、セミナー、個人セッションを受けてくださった方、
お問い合わせ下さった方には自動的に配信されます)

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13953
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)


☆無料メルマガ
【アメリオーレ☆薬いらず医者いらずナチュラルハッピーライフ】

「人類にとって本当に必要な薬は1割にも満たない!!」
「むしろ薬や医療では病気は治らない!」
心が病気を作るしくみ、わたしたちの健康に影響する薬や
医療、食、環境に関する「ほんもの」の情報をお届けします。
薬なんかいらないし、病院のお世話になる必要もないんです。
そんな自由で自然な暮らしをしてみませんか。

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13654
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)

posted by りょうこ at 23:59 | 宮城 ☁ | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。