2018年02月06日

4日目:ヤップ島内観光

ヤップで迎える最後の朝



今日の深夜には飛行機に乗らなければいけないため
もうダイビングはできません。。。

午前中は、ホテルでアレンジしてくれる半日ヤップ島ツアーに出発!



まずは、昨日閉まりまくってたショッピングモールをぶらぶら



次にこちらへ

昨日もおとずれた野外歴史博物館
無料で誰でも入れます。


村の集会所。
男性だけが入れる家、女性と子どもの家、などなど、、、
性別で分けるってのはフィジーもそんな感じだったけな。


青空にヤシの木が映えるね


民芸品を作っているおじさんたち


カヌーのミニチュア製作中



ここからツアーは
ヤップの戦跡をめぐります。

第二次世界大戦中
日本とアメリカの戦場となったヤップ島
今もその残骸があちらこちらに…

墜落したアメリカ機
アメリカの飛行機はこうして屋根付きだけど
日本の飛行機(後述)はみんな野ざらしなのよね、、、


零戦。

正式名称、零式艦上戦闘機。


これは、
ヤップまで飛んできて
ここで力尽きた、
ほんものの零戦。

ナマの零戦、、、初めて見た、、、

なんか。

重いな、、、



このときわたしの脳内BGMは
荒井由実の「ひこうき雲」でした、完全に。
あ、もちろん映画「風立ちぬ」からです

空に あこがれて…
空を 駆けてゆく…

みんな
どんな思いで、この零戦に乗ってたんだろうか
どんな思いで、空に散っていったのだろうか…

きっとね、
戦争で、敵を殺さなきゃいけないとかね
なんなら自分を犠牲にしてでも、とかね
そういう思いだけじゃない何かもあったと思うわけ。

不謹慎、、、かもしれないけど
やっぱ、空を自由に飛べるのって気持ちいいだろうし。
ああ、気持ち良いなぁって、思った瞬間もあったと思うのよ。

気持ち良いなぁ、って思うからなおさら、
でもこれ戦争なんだよね、、、って考えた時の、
せつなさと、やりきれなさ。むしろ絶望。

まさに、映画「風立ちぬ」の世界です。



争いの無い世界で、
自由に空を飛ばせてあげたかったな…



自由に空を飛びたい、と思う人が
自由に空を飛べる世界を、わたしたちが作らなければいけない。
って思う。

空に散って行ったみんなの無念を、ほんのちょっとでもはらすために。



あ、零戦といってもうひとつ思い出す映画がありましたね
あれはまぁ、、、岡田君がかっこ良かった。
以上。
ってかんじで
(なんせ原作者が、、、ああもうこれ以上は言うまい)




日本軍の大砲
これは保管のためにここに移築したものだそうです


これらも、零戦ではないですが日本軍の飛行機。



暑いので、ココナッツジュース飲んでちょっと休憩



お次は、「銀行」へ行きます。

ここから先、私有地のため
「我々は敵じゃありませんよ」のしるしとして
葉っぱを頭につけていかなければならない

ヤップに血の池地獄あったw

芽が出てるヤシ

銀行入口


じゃーん!

これが「銀行」です!

これがお金



石のお金。。。

まさに、ギャートルズの世界ですねwww



さて
ヤップのお金=石貨は
いま、わたしたちが使っているお金とはちょっと違う。

というのは、たとえばわたしたちが使ってるお金って
5円なら5円、1万円なら1万円、っていう価値が、
お金によって決まっている。

つまり、お金そのものに価値がある、ということ。

(本当は、厳密に言えば、お金そのものの価値ではないのだけど
それはさておき)



ところがヤップの石貨っていうのは、
それらすべて手作りなわけでして
しかもパラオで切り出した石を
荒波や、時には台風に巻き込まれながら
必死でヤップまでカヌーで運んできてるとか

そういう、「石貨の誕生秘話」的な部分に価値がある。
ということ。

だから、同じような大きさ、同じような形の石貨でも
それにまつわるストーリーがどれだけドラマティックか、
っていうので、貨幣の価値が決まるのだそうです。

で実際には、この石貨は
いまのわたしたちのお金のように、買い物に使うっていうよりは
贈答品として使われてきたもので、

こんなに凄いストーリーのある石貨をあげますよ、
はい、いただきますよ、ありがたや、ありがたや。

みたいな。

お金をもらう、っていうより、
それにまつわるストーリーの偉大さをいただく。んですね。

ちなみに
石貨は、なんせ大きくて重いので
誰かにあげる、譲る、ていっても、
場所は動かさないまま所有者だけが変わるんだそうですw



海沿いの集会所でまったり







こんなとこで一日、いや何日でも
本読んで、お茶飲んで、
昼寝して、ぼーっとして、
本読んで、お茶飲んで、
の無限ループを繰り返してみたい、、、笑



帰りに民芸品やさんに立ち寄って
ホテルに帰ってきました。







ランチしながらみんなでログ付け

ピザとチキンはありがたくごちそうになりました黒ハート



午後はインフィニティプールでまったり

帆船がプールに浮いてるみたい!




ヤップ最後の晩餐

ココナッツカレー おいしかった



この、絶対逃げないマンタ様たちともお別れですね、、、





<旅のおこづかい帳(個人的なおみやげは含みません)>※$1=110円ぐらい
ヤップ島内半日ツアー $49
ランチドリンク(ビール、カクテル) $12.5
ディナー(メイン、ビール) $18.5



photo album "2018 Yap Dive Tour"
2018YapDiveTour





☆【アメリオーレ】仙台・東京(対面)、電話・Skype
カウンセリング(断薬、健康、人間関係、仕事、お金、結婚、離婚、恋愛、etc.)
心理学セミナー/英語コーチング/夢実現化コーチング/カラーセラピー/
サービス一覧、お申し込みは
☆無料メルマガ
【アメリオーレ通信☆幸せはこの手で創る】

「自分を幸せにできるのは、この世でたったひとり、自分しかいない!!」
徹底的に自分を幸せにするための、自分を見つめ直すきっかけや
今日からすぐ使える心理のポイントをお届けします。
(これまでイベント、セミナー、個人セッションを受けてくださった方、
お問い合わせ下さった方には自動的に配信されます)

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13953
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)


☆無料メルマガ
【アメリオーレ☆薬いらず医者いらずナチュラルハッピーライフ】

「人類にとって本当に必要な薬は1割にも満たない!!」
「むしろ薬や医療では病気は治らない!」
心が病気を作るしくみ、わたしたちの健康に影響する薬や
医療、食、環境に関する「ほんもの」の情報をお届けします。
薬なんかいらないし、病院のお世話になる必要もないんです。
そんな自由で自然な暮らしをしてみませんか。

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13654
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)
posted by りょうこ at 23:59 | 宮城 ☁ | Comment(0) | 2018マンタとサメが舞い踊るヤップ島ダイブツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。