2017年05月24日

やるべき、ではなく、やりたい、を選んでほしい。

今フランス語教室で読んでる本



のなかで、

「若いってすばらしい。目の前に道がいくらでも開けている」

みたいな一節が出てきて

さて自分のことを思い返してみると
この本の主人公(20代前半?)ぐらいの頃
わたしは、薬を作る人、もしくは、薬剤師になりたくて
薬学部で勉強をしていたわけですが

そもそもなぜ薬学部を選んだか、っていうのは、
めっちゃ、ネガティブな理由だったんですよね。
もっとも、当時のわたしはそんなこと気づいていなかったのですけど。

その話、ブログでどっかに書いた覚えがあるのと
今あんま長々とそれについて書きたくないのでここでは控えますが
簡単に言うと
決して、夢や希望に満ちあふれて、選んだ道ではないということ。

いや、むしろ、当時は、やりたくて選んだつもりだったのかもしれないけれど
今思うのは、その感情の出所は、ネガティブな思いだった。っていうこと。

一言で言うと、両親への復讐、みたいな感じでしょうか。



今そのことを、激しく後悔しているというか、
うん、でも、薬学への道を進んだからこそ、
この世の大部分が嘘で出来上がってるっていうことに気づいたのだから
むしろ、進むべき道だったのだとも思う、

でも、やはり、
やる「べき」ではなく
やり「たい」道を選びたかった。
そんな自分でありたかった。

そんな自分だったら今頃何をしていたんだろう。

という思いが、ゼロになることはきっと一生ないんだろうなと。

だって、4歳ぐらいからフランスに憧れてたりとか
小学校のとき無性に英語に興味がわいて親に英語教室に通わせてもらったりとか
子どものころからずっと、海外とか、宇宙とか、
自分の住んでいる小さな環境を飛び出した世界に興味があったのに
なぜそっちの道に進まなかったのかな。
そっちの道に進んでたら今頃何が起こっていたのだろう。とか。

むろん、今まさにそういう方面に行きつつあって(笑)
何かを始めるのに遅いことはないというのも頭ではわかってるし
薬学を選んだことで得たメリットもいっぱいあるというのも頭ではわかってるんだけれど。

心ではわかってない。のかな。



世の中のみんなにはさ、特に、子どもたちにね、
そんなさ、復讐とか、攻撃的な思いで将来を選んでほしくないわけ。

で、子どもたちにそんなへんな将来の選び方をさせないために
やっぱり、親がどれだけ、軸のある生き方をしているか、なんだよね。

自分の親が、やりたいことで輝いていたら
子ども達は勝手に、親と同じ道(=やりたいことで輝くこと)を選ぶのだから。



わたしみたいなひとをこれ以上生み出さないために
「大人」のサポートをどれだけしていけるか、というところだと思っている。

こんな苦しくて辛くて後悔する道を選ばずに
ただ素直に、やりたいことを選べる人がたくさん増えて欲しい。

そんな子ども達をふやすために親世代をサポートする、
っていう意味もあるけれど、
でも、大人に対しても当然それは当てはまることであり
年齢制限なんかないのであって
「思い立ったが吉日」なのだから
やるべき、を卒業して、やりたい、にシフトしよう、シフトしたい、
という人を応援していきたい。





☆【アメリオーレ】仙台・東京(対面)、電話・Skype
カウンセリング(断薬、健康、人間関係、仕事、お金、結婚、離婚、恋愛、etc.)
心理学セミナー/英語コーチング/夢実現化コーチング/カラーセラピー/
サービス一覧、お申し込みは
☆無料メルマガ
【アメリオーレ通信☆幸せはこの手で創る】

「自分を幸せにできるのは、この世でたったひとり、自分しかいない!!」
徹底的に自分を幸せにするための、自分を見つめ直すきっかけや
今日からすぐ使える心理のポイントをお届けします。
(これまでイベント、セミナー、個人セッションを受けてくださった方、
お問い合わせ下さった方には自動的に配信されます)

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13953
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)


☆無料メルマガ
【アメリオーレ☆薬いらず医者いらずナチュラルハッピーライフ】

「人類にとって本当に必要な薬は1割にも満たない!!」
「むしろ薬や医療では病気は治らない!」
心が病気を作るしくみ、わたしたちの健康に影響する薬や
医療、食、環境に関する「ほんもの」の情報をお届けします。
薬なんかいらないし、病院のお世話になる必要もないんです。
そんな自由で自然な暮らしをしてみませんか。

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13654
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)
posted by りょうこ at 23:59 | 宮城 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック