2016年10月05日

3日目 ヴェニスの商人;ミラノ→ヴェネツィア

ミラノのお宿、ミラノホステル(っていう名前)

 
普通〜のホステルです。
夜、めっちゃ蚊に刺されました。
(それはホステルのせいではないけど←どこにでもいるから
ってなぜ10月にこんなに蚊が居るイタリア〜!)

14時ミラノ発ヴェネツィア行のバスを予約していたのですが
このバスターミナルってのがちょっと中心部からは遠い
(ていっても地下鉄1線Lampugnano駅に接続しており
ホステルからは地下鉄1本で行ける)
昨日ミラノは満喫したし、バックパックもあることだし
もう、あっちこっちうろうろしないことに決めて
宿の近くにあったマクドナルドへ

バックパックを席に置いてカウンターに注文しに行って

クロワッサンとコーヒーをゲットして席に戻る

したっけ隣に座っていたイタリア人のおばさまにめちゃくちゃ怒られたw

当然オールイタリア語なので全部はわからなかったけど
ようするに、
マクドナルドなんかで荷物を放置するなんて危険すぎる!
悪い人もいっぱいいるんだから、気をつけなさい!!
と言ってるらしい。

まぁ、それはじゅうじゅう承知なのですが
こんな重たいバックパックしかもカウンターのすぐ近くの席
入口からは遠いし
誰も持ってかないでしょう、
とはいえもしものために、注文しながら荷物は横目でずっと監視していたし
自分的には大丈夫なつもりだったんですけどね
(もちろん貴重品は肌身離さず持ってるし)

って反論してもしょうがないし
そもそもおばさまに英語が通じませんw
親切心から言ってくれたのだと思うし
グラッツィエ、とだけお礼を。



海外では早め行動のりょうこさん
地下鉄駅→バスターミナルの移動がどうなるかまったくわからないので
1時間も前にLampugnano駅に到着。

 
バスターミナルはその地上にあり、すぐわかりました。
よかった。


時間があるのでパニーニ
こんな、駅のファストフードでも日本よりウマイのはなぜだ。


Flixbus
今回のイタリア旅で何度もお世話になりました。
安いし、時間も正確だし、たいがいの都市間を結んでいる
専用アプリをダウンロードすれば簡単予約&乗車手続き可。
かなりおすすめです。
イタリアだけでなくドイツやフランスなどでも走ってるので
利用価値大かも。


バスにゆられること3時間半ほどでしょうか
ヴェネツィアの玄関口メストレの街にさしかかると
目の前に広がる海!
そしてそこにかかる大きな橋!
ここを渡ればすぐヴェネツィア!!


着いた〜!


ヴェネツィアは車が入れない街なので
すべての車は、手前の駐車場に止めることになります。
バスは、いちばん手前のTronchello駐車場に止まり
そこから街の中心までは、歩いて行けなくもないが
(2km弱)
バックパックも持ってることだし
トラムが走っています。しかも安いです。


トラムを降りたらヴェネツィア駅まで歩いて数分


おおー!


これよく絵とか写真で見る風景!!

感動!!!!!



テンション上がるグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)



そこからは地図アプリを頼りに予約していたホステルへ

最初のミラノはホステル予約していたとして
あとは気ままに予定を決めながら、カウチサーフィンしようと思っていた
今回のイタリア旅
一昨日、昨日とヴェネツィアのホストを探したのだけど
一軒も見つかりませんでしたw
何件もリクエスト送って、返事すら来なかった。。。
1件だけ、今回他にゲストが居るから泊めてあげられないけど
といいながらも返事をくれた親切な人がいて、
その人が、便利な地図アプリを教えてくれて
ってのは、ヴェネツィアは小さな路地が多すぎて
google mapも不正確なのだそうでして
小さな路地まで全部正確に載ってる地図アプリがあるから
それをダウンロードするといいよと
(2GISというアプリです。これのおかげで一度も道に迷わなかった)
(まぁ、道に迷うのもヴェネツィアの醍醐味ではあるのかもしれないけど)

アプリのおかげで迷わずホステルに到着し
さてご飯食べよう!!
せっかくヴェネツィアに来たからそこそこちゃんとしたイタリアン食べよう!!

(メインストリートにはマルシェがたちます)


と思って、さっきホステルに来る途中に
メインストリートで
「このカード持ってきたら食前酒一杯サービスするよ」
とショップカードをくれたレストランへ
もうレストランいっぱいありすぎて選べないしw

席について
ご注文は?って聞かれて
まだ考え中です、って答えたら
シーフードとトマトのパスタがおすすめだよ、って言われて
じゃ、それください。
って安易に注文した結果やってきた
オマールまるまる1匹入ったパスタ(爆笑)


や・や・や・やられた〜!

こういう手口か!!!!!

と気づいた時には既に遅し

絶対これ1万円ぐらいするよねw
ってびくびくしても時既に遅し

もう目の前にやってきてしまったからには
これを楽しむしかないのです。

他のお客さんに
あの人すっごいの食べてるねw
って指さされたりしてwwwww

ああもうっ!!!!!
悔しいやら恥ずかしいやら

でもウマイ(爆笑)



サービス料12.5%も取られて
結局、想像どおり日本円にして約1万円弱のお支払いとなりました。

後で調べたところによると
注文迷ってるお客にこうやって高いメニューをすすめるのは
ヴェネツィアに限らずイタリアのレストランでは常套手段でして
詐欺の一歩手前なのですが
値段を確認しなかったわたしも悪いし
そもそも、注文をなかなか決められないっていう
日本人にありがちな行動をとってしまったわたしがやっぱり悪い。
普段は日本人離れした突飛な?言動をするわたしでも
なぜかこういうときは無意識に純日本人になってしまうんだなぁ。

※欧米人とかは、レストランに入る前にこれ食べる!!って決めてる人が多い。
決めてなくても、入ってメニュー見た瞬間すぐ決める。
もたもた迷ってるのとかすごい日本人的。



はー。商人に見事にやられちゃったな。。。
まぁ、高かったけどレッスン料だと思って。。。



ちなみに、お店の名前と住所。

"Al Poggio" 
Cannaregio, 1305, 30121 Venezia

ヴェネツィア駅前から中心部に向かうメインストリート沿いです。
あとでネットの口コミとか見たら
この店でわたしと同じ被害に遭った人のコメントありw
あと、サービス料12.5%ってかなり高めみたいなので
このお店はまったくオススメしません。
(マズくはなかったのがせめてもの救い…)
もしヴェネツィアに行かれる方が居たら、
店の前で声をかけられても絶対に入らないで!



<旅のおこづかい帳(1€=約115円)>
※個人的なおみやげは含みません
※10€をめやすにカード払いしてます。
※イタリアはホステルも含めホテル税取られるので(都市ごとに税率は違う)、税込で記載してます。

マクドナルド カプチーノ+クロワッサン 2€
ミラノ地下鉄1回券 1.5€
駅カフェ パニーニ+カプチーノ 4.3€、ペットボトルの水 1€
Flixbus ミラノ→ヴェネツィア 13€(日程/時間により変動)
ヴェネツィア モノレール 1.5€
ディナー@AL POGGIO 82.5€(席料1.5、パスタ70、コーヒー2.5、サービス料8.5)
ホステル"Smart holiday" 2泊 66€(カード不可)



photo album ミラノ
2016Italy1-Milan



photo album ヴェネツィア
2016Italy2-Venice




☆【アメリオーレ】仙台・東京(対面)、電話・Skype
カウンセリング(断薬、健康、人間関係、仕事、お金、結婚、離婚、恋愛、etc.)
心理学セミナー/英語コーチング/夢実現化コーチング/カラーセラピー/
サービス一覧、お申し込みは
☆無料メルマガ
【アメリオーレ通信☆幸せはこの手で創る】

「自分を幸せにできるのは、この世でたったひとり、自分しかいない!!」
徹底的に自分を幸せにするための、自分を見つめ直すきっかけや
今日からすぐ使える心理のポイントをお届けします。
(これまでイベント、セミナー、個人セッションを受けてくださった方、
お問い合わせ下さった方には自動的に配信されます)

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13953
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)


☆無料メルマガ
【アメリオーレ☆薬いらず医者いらずナチュラルハッピーライフ】

「人類にとって本当に必要な薬は1割にも満たない!!」
「むしろ薬や医療では病気は治らない!」
心が病気を作るしくみ、わたしたちの健康に影響する薬や
医療、食、環境に関する「ほんもの」の情報をお届けします。
薬なんかいらないし、病院のお世話になる必要もないんです。
そんな自由で自然な暮らしをしてみませんか。

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13654
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)
posted by りょうこ at 23:59 | 宮城 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2016イタリア縦断+パリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック