2007年04月30日

88日目 帰国

徹夜必至と思われたパッキングは夜11時くらいになんとか終了、しかし、中ぐらいのダンボールひとつぶん荷物が入りきらず、どうしよう、というかんじ。

朝5時起床、顔を洗って着替えて最後の荷物を詰め、朝食を食べようと思ったらラタイとルーシーしか起きてない。。。

ナンディに仕事に出かけるルーシーと最後のお別れをして、一緒に写真撮って、


  


一人寂しく最後の朝食を食べていたらやっとホストマザーが起きてきました。

お世話になったお礼に、日本から持ってきておいた手ぬぐいと扇子5人分をプレゼントしたら、ホストマザーからも、髪にさす花(造花)とブレスレットをもらいました。
これを見たら私たちを思い出しなさい、と。
あと、時々手紙をよこすようにということと、フィジーに来るときには必ず連絡しなさい、と言われ、目頭がじーんとしました。

私は単なる小遣い稼ぎの材料というわけではなかったのだ、と、最後の最後に思いました。



7時過ぎにFBのスタッフがワンボックスのタクシーで迎えに来ました。
そこには既に、ラウトカ校で今日帰国する予定のあとの3人が乗っていたのだけど、考えてみたらホストファミリーと全然写真撮ってなかったので、3人にはちょっと待ってもらって最後に一枚ファミリーと記念写真を撮影。
ルーシーは既に出かけてしまったし、ジュニアに至ってはやっぱり居なかったけど・・・3ヶ月一緒に生活した私が帰国するってのに一体ドコ行ってんだよ。。。

写真撮ってもたもたしてたら、タクシーで待ってたうちの一人に、最後の最後に写真なんか撮らなくたっていいじゃんよー、私、大韓なんだからさー※って軽く怒られたけど、ファミリーと一枚も写真撮る機会なかったんだよと言ったら、あんなに写真好きのリョウコが一枚も写真を撮る機会がなかったようなホストファミリーだったのか、と、憐れんで許してくれました(苦笑)

※日本に帰るには、エアーパシフィックの直行便と、大韓航空のソウル経由便と2種類あって、大韓航空のほうが出発時間が1時間ぐらい早いんで、けっこうギリギリだったのです。


唯一の、ホストファミリーとの写真。


 
犬猫たちともお別れ。


さて、ナンディ国際空港について、チェックインカウンターに向かったんだけど、最近、エアーパシフィックは荷物の重量制限が厳しくて、エコノミークラスだと預け荷物は20kgまで、手荷物は7kgまで、きっちり量られます。
ただし預け荷物は25kgまではOK・・・と聞いていたのですが今日のカウンターの人は23kgまでしかNG!って言って一歩も譲ってくれなくて。
そんなりょうこさんの荷物は、スーツケースが23kgちょっきり、手荷物のキャリーがなんとびっくり10kg超。
プラス、中ぐらいのダンボール一箱(爆)
あー。日本帰れない(号泣)

と半べそかいてたら、エアパシで一緒に帰るMちゃんが、まだ少し手荷物に余裕あるからっていって助けてくれて、手荷物を少しMちゃんのバッグに移して7kgちょっきりまで減らし、ダンボールは郵便局から航空便で送るからってカウンターの人に嘘ついて、カウンターから見えないところで手荷物キャリーにダンボールを無理やり詰め込み、まんまと持ち込み準備完了。

まったくもー
フィジー人ってだいたいのことにおいていい加減なのにこういうことは妙にstrictなんだよな。
なんかムカつくわー。
まっ、まんまとダマせたのでいいのだけれど。

出国手続きをしてから、おみやげを買い足したあと、4人でNちゃんのホストファミリーが持たせてくれたカレー&ロティをつまんだりしてるうちにあっというまに大韓航空のboarding callが。
大韓で帰るNちゃんとAちゃんに別れを告げ、そのあとMちゃんとまったりしてると今度はいよいよ、私たちの乗るエアーパシフィックのboarding call。

これでほんとにフィジーともお別れです。

寂しいけど、早く帰りたい気持ちが勝ってるが(爆)

だいたいのことにおいていい加減なフィジーにおいて、予定時刻きっちりにエアーパシフィックFJ302便はナンディの空に飛び立ちました。




窓の外に広がる青い海、そこに、ぽつんぽつんと浮かぶ島々を眺めながら、この3ヶ月を振り返り、そして、3ヶ月ぶりに帰る日本に思いをはせました。

さよなら。フィジー。
たぶん、また来ます。たぶん。(笑)



機内ではMちゃんや、ナマカ校の人たちとしゃべったり、飛行機がらがらだったので足を伸ばしてうとうとしたり、映画見たり本読んだりしながら、わりとあっというまの8時間半。
日本時間夕方4時半過ぎ、眼下に千葉県が見えてくると心がはやりました。
おぉ、日本!
早く日本の地を踏ませてくれー。

飛行機は予定時刻きっちりに成田に無事到着し、入国、荷物受け取り、税関を通って、お世話になったMちゃんに別れを告げました。
あ、そうそう、illegalなDVDたちをチェックされたらどうしようかと思ってましたが、けっこうあっさり税関通れてラッキーでした。

さて、スーツケースを宅配便で送ろうと思ってカウンターに向かう途中、荷物があんまりにも多くて大変なので一度立ち止まったら、後ろからドカンと人にぶつかられました。
私がぶつかられたほうなのに、その、ぶつかってきた女(推定年齢30歳前後)に「急に立ち止まんないでよ!」っていきなり怒られたりょうこさん、「人の真後ろ歩いてるほうが悪いんでしょ」って言い返してやったら、その女は、キレイにお化粧した顔をものすごいしかめて「なんだとぉ!」って言ってキレた。。。

ふん。キレたもん負けよ。
ってかそんなちっちぇーことでいちいち怒んなよな。
フィジー人はこんなことぐらいじゃ絶対怒らないよ。
(ってか、前の人にぶつかるぐらい急いでいる人が居ない。笑)

あーあ。
あんなに日本帰りたい帰りたいって思ってたけど、いざ帰ってくると日本(人)のいやなとこが目に付いて、やっぱフィジーがいいかな、とか思っちゃったりもする。

京成で上野に出て、コンビニで、記念すべき帰国第一食として焼きたらこといくらのおにぎり、ペットボトルの緑茶を買って、仙台行きの新幹線に乗りました。
新幹線の中でおにぎり食べて、そのおいしさに感動。。。
ウマーーーーー(感涙)おにぎりってこんなに美味しいものだったのかぁ。
フィジーでも米はけっこう食べたけど、やっぱり米は日本のが一番だ。

仙台に近づいてくると、なつかしいような、でも出発したのがつい昨日のような見慣れた景色が広がって、そしていよいよ仙台駅に到着してホームに降り立ったら、寒い!
ちょっと〜!寒いよ〜!!!!!(嬉)
3ヶ月も常夏の国に居たので寒さすら嬉しい。

そんなこんなで、地下鉄とタクシーで家まで帰って、なつかしい我が家、なつかしい部屋にてこの最後のフィジー留学日記を書いています。

なんだか、ほんっとに・・・いいことも悪いこともいろんなことがあったので、いろんな気持ちが入りまじって自分でも何がなんだかわけがわからないです。

けど、ただひとつ確実に言えるのは、このフィジー留学が、英語だけでなく、私自身を人間的に成長させてくれた、いや、これからの成長の糧に、間違いなくなるということ。
ってかぶっちゃけ、実際英語に関してはどんだけ伸びたかは自分でよくわからん(爆)
それでも、行ってよかったなと思える何かがフィジーには、ある、と思う。

またいつか、フィジーに“帰る”日を夢見ながら、3ヶ月ぶりの我が家でゆっくり休もうと思います。


more photos : 2007Fiji


↓人気blogランキング↓
blogram投票ボタン
posted by りょうこ at 23:57 | 宮城 ☁ | Comment(7) | TrackBack(0) | 2007フィジー留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハロー!!リョーコのブログ読んでたらなんかフィジーが恋しくなったよ〜。じゃあ戻るか、と言われたらビミョーだけどねぇ。スーツケース開けてお土産チェックしたんだけど、本当にロクなものが入ってなくて自分でビックリだよ。キャッサバチップス買い忘れたー。
Posted by NORI at 2007年05月01日 17:46
はじめまして、いつも楽しく
見させていただいてます。
僕も5月7日からフィジーに半年留学します。
学校がラウトカなのですごく参考になりました。
これだけはゼッタイもって行ったほうがいい
ものとかあります?
あとやっぱり虫〔ゴキブリ、蚊、ヤモリ、クモ、ダニ〕とかかなり多いんですか?
狂犬病の予防接種とかしていきましたか?
いきなり質問ばかりですいません。
よろしくおねがいします。
Posted by たか at 2007年05月01日 21:37
NORI>
コメントありがとう!
私も、フィジー恋しいです。でも、今すぐ戻れと言われたら無理。(爆)
おみやげはさぁ・・・そもそも大したもん売ってないんだからしょうがないよ(-_-;)
キャッサバそのものはI can't eat any moreだけど、キャッサバチップスはあの歯ごたえが好きです。みんなの反応が楽しみ。
ってかアナタ、いつからこのブログ読んでたの?まぁ、いいんだけどさ。

たかさん>
はじめまして。
ラウトカに行かれるんですね!!!!!
個人的には、ナマカよりラウトカのほうが全然いいと思うので、半年間、がんばってきてください!
そして、先生たちや、残ってるみんなによろしくです。(特に上の階の人たち!)

狂犬病の予防接種はしてないです。
傘を振り回したり石を投げる(フリでもOK)と犬はたいてい逃げていくし、襲ってくるような犬は少数派なので、あんまり心配しなくても大丈夫なのではないかと。

虫は、めっっっっっっっっちゃくちゃいます。あきらめてください。いずれ慣れます。
ただしこれからの季節は蚊とかは少なくなるらしいです。

これだけはゼッタイ持って行かなければならないもの・・・って、パスポートとか辞書とか月並みなものを除けば、意外にないです。特に男性の場合は。
たいていの必需品はフィジーで手に入ります。
しいて言えば虫さされの薬とか・・・
あ、そういや、細かい話ですが、シャーペンやシャーペンの芯はフィジーでは売ってなかったです。

あったほうがよいもの、はいっぱいあります。
人それぞれなので、なんとも言えませんが。。。
もし何か聞きたいことがあったらなんでも聞いてください。具体的に聞いてもらったほうが答えやすいですので。
Posted by りょうこ at 2007年05月01日 23:05
ほんとラウトカでよかったです。
おそらくステイ先も住所が学校だったので
学校の目の前か同じ敷地みたいです
やっぱり虫は多いんですね覚悟して行きます。
なんか日記読んでて考え方とかりょうこさん
に似てるとこが多々あったので自分も
めーいっぱいフィジー楽しんできます。

Posted by たか at 2007年05月02日 00:02
学校の同じ敷地内に家が2軒あって、どっちも学生がホームステイしてました。たぶん、どちらかだと思います。
通学にかかる時間は1分以内です!

どちらも、ファミリーはいい人なので心配ないですが、ただ、虫系は他より多いかもしれません・・・
アリンコに服喰われたり、シャワールームに蛙がいたりするらしいので、それなりの覚悟が必要かと。
(対策→服は常にスーツケースにしまう、シャワー用のサンダルを購入する、etc. サンダルはフィジーではアホみたいに安いです)

フィジーでの英語学習について私なりのアドバイス。
ネット上でいろいろ言われてますが、勉強したらしただけのことは自分に返ってくる、というのが私の持論です。
自分のことは自分ではよくわからないのですが(汗)、まわりを客観的に見てると、伸びる人と伸びない人の差が歴然としてたように思います。

この学校、学校では会話の授業もあるけど中心は主に読み書きで、会話は街や家でやれ、的な部分があるので、まず、学校の授業にしっかりついていきましょう。
文法はどうでもいい、なんて言う人もいますけど、やはり、文法をきっちり身につけた方が会話をするのもラクです。
(文法ばかりやっても会話はできない、って言ってる日本人の半分以上は、自分で思ってるほど文法が身に付いてない人たちだと私は思います。あとの半分弱は、机にばかり向かって他人と会話しない人・・・意味ねえよ)

特に男性は街で友達もつくりやすいと思いますし、土日にどっか遊びに行ったりすると、来てる他のお客さんはほとんど欧米人だし、観光業にたずさわってるフィジー人は一般人より英語も上手です(当然ですが)。
ホストファミリーだけでなく、そういう人たちと積極的に会話すればspeakingも伸びます!

リビングでファミリーと一緒にテレビをみたり、映画やDVDがアホみたいに安いし、そういうのを利用すればlisteningの訓練にもなります。
(ポータブルDVDプレイヤーもしくはDVDの見れるパソコンは「ゼッタイ持ってったほうがよいもの」に近いです!)

わからないこと、不安なことは、ためこまないで、みんなに相談しましょう。
前学期からいる生徒はもちろん、先生たちもみんないい人たちなので、親身になって相談に乗ってくれると思います。

せっかくお金を時間をかけてフィジーくんだりまで行くのですから、英語もしっかり勉強してきてくださいね。
プラス、休みの日にしっかり遊んできてください!離島の海は感動的にきれいだし、山や川や村や砂漠などの自然もあります。日本ではまず見れない景色にいっぱい出会えると思います。

そしたら、フィジー満喫できることまちがいないです!
いい報告をお待ちしています。
向こうについたら、ラウトカの近況なども聞かせてくださいね。
Good luck!
Posted by りょうこ at 2007年05月02日 13:39
ほんとすごく参考になりました
ありがとうございます
やっぱりステイ先は学校まで1分
なんですね。近くてよかったです
虫が多いのはちょっと微妙ですけど、
自分かなりプラス思考なので
そういう生活も楽しめると思います
 
確かにネット上でいろいろ言われてましたが
すべて自分次第だし、日本とはまったく
ちがった生活ができる経験は今しかない
と思っているので、フィジーの生活を
満喫してきますね。
あっちからラウトカの近況を
報告しますね!!
Posted by たか at 2007年05月03日 20:17

おー。前向きですね(^.^)
オイオイオイと思うようなことがあっても、これでまたひとつネタができたと笑える度胸があれば、フィジーでじゅうぶん生きていけます!

いってらっしゃい (^o^)/
ラウトカのみんなによろしく!
Posted by りょうこ at 2007年05月03日 22:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック