2013年08月21日

風立ちぬ

風立ちぬ(2013日本)

Le vent se lève, il faut tenter de vivre.
(風立ちぬ、いざ生きめやも :堀辰雄による訳。現代語にすると「風が立った、さあ生きようではないか」)
(直訳は「風が立つ、生きようとしなければならない」)

いわずとしれた、スタジオジブリ宮崎駿監督の最新作。

飛行機が好きで、好きで、ただひたすらに、「飛行機を作りたい」という夢を描いていた少年の夢は叶った。
第二次世界大戦時、世界最高峰レベルの機能を備えた零式艦上戦闘機、通称「零戦」を完成させることで…

零戦の設計/開発に尽力した実在の人物、堀越二郎の半生に、
詩人、堀辰雄へのオマージュも重ねた、
実話をもとにしたオリジナル作品です。

良かったです。
ほんとによかったです。

「やりたいことをやって生きよう」なんて、イマドキ、自己啓発セミナーや本やらなんでも、言ってることですよね。
わたし自身も言ってますしwww

でも、戦争中、やりたいことをやって生きる、ということは非常に難しかったのであります。。。
しかし堀越二郎さんは、「飛行機を作りたい」という夢を叶えるためにただひたすら頑張ったのです。

ただし、そんなご時世ですから、
飛行機を作りたいといっても、戦闘機を作るしかなかったのですね。。。

それでも、淡々と、ただ淡々と、自分のやりたいことに突き進む、ひたむきな二郎さんはとても感動的で

その姿は、いくら好きなことだっつっても、戦闘機を作るということに対する葛藤はないんだろうか、ないんだとしたらずいぶん冷たい人間なんだな…と思わせるほどにひたむきなんだけども
そんな思いがないわけなかったんですよね。
ずっとその葛藤をひた隠しに隠しながら、飛行機を作り続け、そして、、、自分の作った飛行機でたくさんの人の命を奪ったことに対して苦悩し、打ちひしがれる二郎さんの姿にはもう、涙が止まりませんでした。

この映画を見て「泣いた〜」っていう人の多くは違うところで泣いていると思うのですが
(不治の病に犯された恋人でありのちに妻となる菜穂子がらみ、ですよねたぶん)
(わたし個人的にはそれは、この映画のなかではオマケというか伏線と言うか、まぁ、そんなかんじの位置づけです)

この映画を通して監督がいちばん言いたかったのは、

時代がどうあれ、環境がどうあれ、
やりたいことを貫くということ、を含みながら、「生きる」ということは何か、ということ、
平和とはなにか、ということ
そんな、人間として生きるうえで大事な、かつ、超基本的なことなんだと思う。

ただ、最近の「わかりやすい」映画が好みな人とか
日本の近代史や戦時中の状況などに詳しくない人や平和ボケしてる人などは
この映画の言わんとするところは理解できないのかも…

この映画を見て、わからない、と思った人はまず、第一次〜第二次世界大戦あたりの近代史の勉強をおさらいしてください。

日本人なら全員見るべき映画だと思う。いろんな意味で。



宮崎駿ならでは、の、ファンタジーな部分(二郎少年の憧れるイタリアの航空技師ジャンニ・カプローニとの時空を超えた交流とか)が、殺伐とした時代背景に、なごやかさを添えていました。
こういう表現は、アニメならでは、ですね。

二郎が壁にぶつかるたびに、カプローニが二郎の空想のなかにあらわれるんだけれども、
結局それって、カプローニの姿を借りた二郎自身、な気がするんだよねぇ。

答えはすべて、自分の中にある。ということ。



ああ、もう一回見たい。



(2013.8.13)


↓人気blogランキング↓
blogram投票ボタン

posted by りょうこ at 14:03 | 宮城 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック