2012年03月08日

5日目セブ:初のナイトダイブでマンダリン!

セブ3日目です。

今日もいい天気!


120308_19breakfast.jpg
海を眺めながらビュッフェの朝ごはんをたらふく食べて、元気にダイビングにしゅっぱつ!

午前中は、Copton pointというところに行きました。

潜行してすぐ、飛行機の残骸があったり、

120308_01copton.jpg

あと、birdなんとかっていう、鳥の形をした魚?がいたり、小さな穴から顔を出す黄色い魚?とか、砂に半分うもれた魚とか、

(まあ写真は撮れなかったわけですが)

120308_02copton.jpg
ふぐ?


120308_03copton.jpg
ニモ?(なにクマノミ?)


120308_04copton.jpg
超近写!(トリミングしていません) ってかキミの名前は???



って、あああああ〜、魚の名前しらなすぎw

日本に帰ったら、魚の本買おうっと…
そんで、英語と日本語と両方で魚の名前覚えよう。でないと、海外のダイビングショップ使ったとき楽しめない。


120308_05copton.jpg 120308_06copton.jpg
写真じゃ全く伝わりませんが、珊瑚はすごいです。すごい、のひとことです。



お昼はまた、宿の向かいのローカル食堂。今日もオールチョイス!w

いつもローカル人しかいないけど、今日はひとり欧米人いたな。きっと長期滞在者でしょう。
普通の欧米人はもっとちゃんとした(ていってもたかがしれてるけど)レストランで食べてるみたい。
同じ宿のフランス人の団体さんたちは、宿で三食食べるようだし(そういうプランなのでしょう。私は朝食のみ込)

ところで、日本人以外の外国人って、食べなれたものを食べたがる傾向あるよね。ま、日本人も年配の人だとそういう人多いかもしれないけど、そもそも日本人って雑食だしさw
私とか、郷に入りては郷に従えがモットーだし、日本で食べれるもの食べてもしょうがないって思うたちだからな。

てか、日本人もいっぱいいるはずなのに、初日に日本人常駐ダイブショップの前で数人見かけた以外は全然会わない。みんなどこでご飯食べてるんだろ。

(どうでもいいけど隣に韓国人ダイブショップがあり、韓国人がいっぱいいる。韓国料理やもちょいちょいある)

120308_20lunch.jpg

こんなにたらふく食べてミネラルウォーターも飲んでもPHP110。
大きいお札(PHP1000)しかなくて、それ差し出したら、おつりがないからせめてPHP10持ってないかといわれたんだけど、ほんとにPHP1000しかなかったからどうしよう…と思ってたら、たまたま通りがかったダイビングショップのインストラクターがPHP10払ってくれたw やさしすぎる。

ってか、ただでさえダイビングでお世話になりっぱなしなので、あとで小銭できたら返そうっと…
そういや昨日のグリルレストランでもPHP5返さなきゃなんないんだったな。
どっちも、踏み倒しても大丈夫そうだけど(爆笑)日本人代表としてここは正直に行きたいもんです。



午後は、Gooby pointへ。

120308_07gooby.jpg

ここでもいろんな魚が見れました。
インストラクターが時々指差してくれるものが、珍しいものなんでしょうけど。全部珍しいんだもん私には。
てか、魚や珊瑚の名前覚えたいわ〜まじで。

120308_08gooby.jpg
ぱっくりと口をあける、貝?


120308_09gooby.jpg
なぜかカメラに向かって突進してくるクマノミ


120308_10gooby.jpg
ウニ! 喰いて〜!(爆笑)


120308_11gooby.jpg
ハゼ?


120308_12gooby.jpg 120308_13gooby.jpg
こやつらもハゼ? よくわかんない………


120308_14gooby.jpg
うみへび?


120308_15gooby.jpg
What's your name?


120308_16gooby.jpg
ハゼ…ですかね


魚の名前わからないなりにも、たぶんハゼだと思うものがいっぱいいて、お〜、と思ったけど、

あとで調べたら、ハゼのこと英語でgobyっていうんだってYO!(笑)

ハゼがいっぱいいるからgooby pointなんですかね…、

120308_17gooby.jpg
他ショップの船。かっちょいい。
フィリピンの船はこんなふうに、わきにバランス調整のための棒がくっついているものが多い。
私のショップでもこのタイプの船を持っているようなんだけど、団体さん専用らしくて、私たちは乗れず…



ダイビング中に、操縦士の人がウニ漁をしていたらしくて(爆)、私も少しごちそうになりました☆

120308_18gooby.jpg
ピントがみごとにバックに合ってしまいましたが。。

あ〜、ウニ、うま〜〜〜〜黒ハート

日本人はみんなウニ好きだけど、日本じゃめちゃ高いんだよって言ったら、ここはタダだからね〜〜って(笑)

ちなみにウニは英語でsea urchinといいますよ。ウニ好きな人は覚えておきましょう!ダイビングのついでに食べさせてもらえるかもしれないからw

さらに、キャッサバケーキもごちそうになりました。
ああフィジーを思い出すw



いつもは、午前午後の2diveなんだけど、今日は夕方の部もあるらしくて、黒板に「Mandarin dive!」って書いてあった。
マンダリンダイブって何?ってインストラクターに聞いたら、なんか、珊瑚の影に隠れてるマンダリンっていう珍しい魚を見に行くダイビングなんだって。
あ、それちょっと面白そう…

夕方からのダイブで、途中からほぼ真っ暗になるらしく、ライトが必須といわれた。
てかナイトダイブしたことないからちょい怖い…
(まだまだ潜ってるだけでいっぱいいっぱいだし)

けど、最初はまだ明るかったので、あまり抵抗なかったです。
(またもや)インストラクターにめちゃめちゃ助けられて、マンダリンもいっぱい見れたし写真もいっぱい撮ったし、行ってほんとーによかった!

120308_23mandarin.jpg 120308_24mandarin.jpg 120308_25mandarin.jpg

120308_26mandarin.jpg 120308_27mandarin.jpg 120308_28mandarin.jpg

120308_29mandarin.jpg 120308_30mandarin.jpg 120308_31mandarin.jpg

ありったけ、見られる写真を載せてみましたw

mandarin、日本語ではニシキテグリだそうです。

そういやアクアリウム系のアプリにいたなぁ、ニシキテグリ。
確かにこんな派手な柄だったよ。

見れば見るほど不思議な柄で、何時間見てても飽きない…

ああ、またいつか、マンダリンに会いにモアルボアルに来たいなiモード(枠付き)



とぉっても楽しかったケド、1日3diveは若干疲れました。。。



晩ご飯は、これまたホテルの向かいにあるテイクアウトのファーストフードで。

120308_21dinner.jpg 120308_22dinner.jpg

春巻き、肉まん、フライドチキン。
ちょっと中華ちっくね。で、甘いチリソースがついてくるのはグアムのフィリピン屋台でもそうだったっけな。
これまた激安です。こんだけ食べてPHP75(150円) ※ビールは別
ってか最初、PHP60って言われて、計算間違ってない?ってかわりに計算してあげた正直者の私w


さ、明日はモアルボアル最後のダイビング、たのしもーう!!



☆旅のおこづかい帳☆ PHP1=約2円
ランチ P110 食事P90, ペットボトルのミネラルウォーター(500mL)P20
夕食 P75(フライドチキン(ライス付), 太春巻, 細春巻2, 肉まん)
ビール P40(宿で)




↓人気blogランキング↓
blogram投票ボタン

この記事へのコメント
うおぉぉぉ!
ニシキテグリこんなに写せるなんてすごい!
すばしっこくていつも動いててちっちゃくて見つけにくい

レアキャラなのに、こんなにいっぱい☆

いいもの見ましたね(-^〇^-)
Posted by てん at 2012年03月27日 09:19
 
マンダリンを見るため「だけ」のダイブだったので、腰据えてシャッター切りまくりでした。

実際はこの5倍くらい写真撮ってますwww

そして多分、同じ個体を何回も撮ってますwwwww

にしても、めっちゃ楽しめました〜!
てか、レアキャラなんですね!いっぱい見れてラッキーでした☆
 
Posted by りょうこ at 2012年03月27日 22:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック