2006年10月15日

Something ELse Final Tour “LAST LIVE”@仙台・MACANA

Something ELse Final Tour “LAST LIVE”

10月15日 @仙台・MACANA ライブレポ



【その他の公演】
10月 7日 @福岡・DRUM Be-1 
10月12日 @大阪・BIG CAT
10月13日 @名古屋・ELL
10月22日 @東京国際フォーラムホールC
 
 
ライブ前にMACANAの前で座っていたら、1人の女の子に声をかけられました。
私よりちょっと年下ぐらい?ってかんじの子だったんだけど、「今日のグッズ販売でCDも売ってますか?」って聞かれて、「うん、売ってるんじゃないかな?」って答えたんだけど、よくよく話を聞いてみるとその子、今日のライブに是非行きたかったんだけど、チケットが買えず、グッズ(CD)だけでも買えないかと思ってわざわざ来たんだって。
「ずっと、ファンさぼってて・・・“光の糸”(アルバム)の後ぐらいから全然CD買ってないし、ライブにも行ってないし、でも今回解散するって聞いて、絶対ライブ行きたい!って思ったんだけど・・・」と、すごい後悔してるようなそぶりでした。

各方面からの話を聞いていると、サムエルにはけっこうこういう“隠れファン”が多いようです。
そういうファン達が、さぼらずに(?)ファンを続けていてくれたら、今回、解散という道には至らなかったのではないかと思うと同時に、隠れファンがついていくにはサムエルは明らかに宣伝不足だったとも思うので、宣伝なんかしなくても勝手に着いてくる熱狂的ファンが居るからそれでいいか、的な考え方が事務所サイドにもあったのでは、などと思うと、なんかせつない気がします。。。

で、その子が、「“光の糸”以降でおすすめのアルバムはなんですか?」と聞くので、とりあえず最新の“color”をすすめておきました。
いちばん最後がいちばんサムエルらしさを表現したアルバムだと、私的には思うので。
その子、仙台人らしいので、まだ新星堂やHMV、タワレコなどでも買えると思うよ、と一言添えて。


あの子、CD買えたかなぁ。
連絡先聞いておけばよかったな。


仙台MACANAはすっごい小さいライブハウスで、私は、整理番号60番台だったんだけども、ノブくんと伊藤くんの間ぐらいで前から6〜7列目ぐらいだったかな?
私たちが入ってからも、どんどんどんどんお客さんが増えてきて、けっこう狭かったけれども、後で聞いたら後ろの方はほんとうに大変だったそうです。
最終的には、280人ぐらい入ったとかなんとか・・・
あのMACANAに200人以上入るなんて想像できません!(苦笑)

MACANAのスタッフが言うには、ギリギリ詰め込めば300人は入るということらしいが、いや、300人も入れたらたぶんその半分ぐらいはステージが一部 or 全部見えないんじゃないかな。
ステージの死角に入る人用にモニターがあったりするんだけど、なんかさー、ライブハウスに来てまでモニターなんか見たくないよね、しかも、めっちゃでかいライブハウスならまだしも、こんなちっちゃいライブハウスで距離的にすぐそこにステージがあるのに、なんでモニターなんか見なきゃなんないのさもうやだ〜(悲しい顔)的なとこもあるしね。

で、私はあらためて今回、サムエルの隠れファンがいっぱいいたんだなぁと認識。(ちなみに仙台のチケットはファンクラブ先行分+一般発売後10分で完売だったそうな。発売後1分で完売した東京を始め、全会場とも完売という状況。)
もうちょっと大きな会場を用意できなかったんだろうか、って思ったり。
てか、事務所サイドが、そんな隠れファンの存在を全く認識してなかったんだろうなってかんじだけど。。。
でも私思うに、実は解散するかどうかの話し合いがかなりギリギリまで続いてて、しょうがない、区切りの良い10周年で解散しよう、となったときにはその周辺の日程でおおかたライブハウスが埋まっちゃってたのでは、という読みもあります。

あ、そうそう、ちなみに、ここまで3会場でグッズ販売で玉砕していたりょうこさんは、地元で玉砕したら死んでも死にきれないと思い、朝9時過ぎにはMACANAの前に来ていました。
そんなふうに、どんどんどんどんみんなが早く行くもんだからヒートアップするんだ、と言われてしまえばそれまでですが、早く行く以外に確実にゲットする方法がないのだからしょうがない。。。
1番は私の友達、私が2番で、朝からずーーーっとMACANAの前でうだうだしゃべっていたんだけども、近隣の店舗から苦情が来て、13時過ぎに整理券が配られることになったので、みんなでご飯食べに行ったりとかできたのでよかったです。
早起きしたおかげで無事、今まで買えなかったピンクのTシャツやサプリケース(赤)、ピックも、やっっっっっと、買えました〜〜〜もうやだ〜(悲しい顔)
う〜〜〜苦節。
でもなんか聞いたところによると、今回も、ピック30枚!とかバカ買いした人もいて、やはり、早々にグッズは売り切れたようです。
うーん・・・

最後のツアーで、ライブに行きたいけど行けないという人が続出したりとか、チケット取れたはいいがステージが全く見えなかったとか、グッズが全然買えなかったとか、そういう悲しい事件が続出するなんて・・・なんだかフクザツな気分でした。


えー。前置きが長くなりました。すみません(苦笑)


考える人
悲しきノンフィクション
be there
JULY
遥かなすぐ近くに
パーフェクトドリーム
バンドワゴン


とにかく最初から、ノブくんが飛ばしまくってた!
だ、大丈夫?って思うぐらいに。
だいたい今までのケースでも、お客さんとステージの距離が近づけば近づくほどノブくんがハイテンションになっていたんだけれど、今日は特に、ファイナルツアーの、地方会場ラストということもあって、ノブくんなりに思うところがあったんだろうなーと思う。

でもなんとなく、ノブくんの声の調子が、今までの会場よりよくないような気もして。というか、よくなかったと思う。
それをノブくんも自覚していて、調子の悪さをカバーするためにハイテンションになってた部分もあったのかも。。。

そして私はといえば、今まで観てきた3会場で既に免疫はついていたはずなのだが、やはり、地方ツアー最後、地元で見れるのも最後、こんなに間近で見れるのも最後(ファイナル東京は3階なので)と思うと、ソッコーで号泣モードでしたたらーっ(汗)
泣いてないでちゃんと3人の姿見ておかなきゃ、って思うんだけど、そんな気持ちとは裏腹にとめどなく流れる大量の涙。。。
まわりにもけっこう、泣いてる人がいたし、ステージの3人からもそれはよく見えたと思います(なんせ近いからね)。
最後のライブは笑っていたかったけれど、無理でした・・・・・・。

今日は、ノブくんに、秘密兵器が投入されました。
それすなわち、「携帯用酸素ボンベ」(爆)
ノブくんは、「今日は、会場が狭いので、これを用意させてもらいました!」と言っていて、まぁ、ノドの調子もあまりよくないようだし会場が狭いのも確かだけど、でも、ホントの目的は、みんなが泣いてるときに笑いを取ろうとして使う小ネタなのかも、って思ったり。

セットリストは今までと全く同じなんだけども、仙台でだけ、“JULY”と“パーフェクトドリーム”を、ノブくんが会場みんなに歌わせてくれました。
だいたいノブくんが会場のみんなに歌わせるときっていうのは、気分が乗ってる証拠だと思うので、とにかく、「最後の仙台ライブ、私たちも、サムエルにとっても、最高のライブになるように!」と願っていた地元人の私としては、とても、うれしかった。
伊藤くんも今井くんも、会場のみんなをひとりひとり、確認しながら、演奏してたな。

あいのうた
ラストチャンス
days go by
少年
1M
夏のラジオ


“あいのうた”を聞きながら私は、あー今この瞬間が一生続いて終わりがこなかったらいいのに。。。と、本気で思いました。
あらためてこうして聴くと、イイ歌だなぁ〜と思って、バリの海岸で聴いたこととか思い出して、また、泣いた。

最初、福岡のライブのときは、今後セットリスト変わるかな?変わるかも知れないな?と思ってたんだけど、結果的には変わらなくて、でも、そのおかげで大好きな“days go by”が4回も聴けてよかったです。

“ラストチャンス”では、狭い会場でみんなの声が響き渡ったし、“夏のラジオ”では、あの、会場の雰囲気がぴしっと変わる瞬間もよかった・・・・・・

さてここで、恒例?の、「みなさんドコから来ましたかアンケート」の時間です。
私、ライブ前に、友達に、ちょっとだけネタばれしてたんですよね。「ライブ中、絶対、今井くんが『皆さん今日はどこから来ましたか?○○県の人〜!』って言うから、『宮城県の人!』って言ったら、手あげるだけじゃなくて、大きい声で『はーいっ!』って言ってアピールしよう!」と。
で、今井くんが、最初に、「宮城県の人!」って言ったから、はぁ〜〜〜い!って言って手を挙げたら、サムエル笑ってました・・・苦笑ってかんじだったけど(爆)、なんにせよ、笑ってもらってよかったなぁ。
今日のアンケート結果ですが、宮城・福島・山形がそこそこ多く、秋田・岩手・青森が数人ずつ、その他、近隣の北海道・新潟も数人居て、だいたい、100人前後ぐらいでしたかね?他会場に比べて、地元と言える人が少ないのは、やはり、東北における宣伝不足とか、関東の遠征組に負けてるってことなんでしょうね。
てか、地元の人で行きたいのに行けなかった人もいるというのに(ライブ前に会った彼女のように)、半分以上が東北人じゃないというのはちょっと、さみしいですね。。。

どうでもいいけど、今井くんは、山形を忘れていたらしく、ファンから小声で「山形って言ってないよ」とツッこまれてあわてて、「あ、そうだ、山形県の人〜!・・・・・・今言おうと思ってたんですよ、忘れたわけではないですよ」と必死で弁解していました。

あと、仙台のことをノブくんが、ぽつり、ぽつり、話しだしました。
「仙台は、デビュー後、あまり沢山来れた街ではなかったんだけど、でもなんか街の雰囲気が東京に似てるというか・・・東京で言うと、表参道みたいな雰囲気で、居心地がいい」というようなことを話していました。
そんなに好きなら仙台に住んじゃえ!(笑)
ノブくん、昔から、北のほうが好きだというようなこと言ってたもんね。
みんなで【ノブくん仙台誘致活動】をするしかないな(笑)

「ノブく〜ん!仙台はいいよ〜
夏は涼しく、冬も寒すぎず、雪もそんなに降りません(そりゃ、東京よりは降るけれど・・・)。
街は、大きすぎず、決して小さくもなく、そこそこ都会で買い物もできるし、反面、自然もいっぱい。
海も山も近くて、食べものもおいしくて、サイコーですよ。
プロ野球(楽天)もプロサッカー(ベガルタ)もプロバスケ(89ers)も、さらに、みちのくプロレスも見れます(笑)
そして、東京まで新幹線でたったの1時間40分!近い!!!!!
ぜひぜひ仙台に移住しておいで〜〜〜〜〜」 by りょうこ

ノブくんの話に続けて伊藤くんが、「前にも何回か言ったことあるけど、僕の友達は、突然、『仙台に住みたい!』と言って引っ越して、今も仙台に住んでいます」と。どんだけ突然だったかというと、本当にそんなこと一言も言ってなかったのに、ある日家に電話かけたら、親御さんに、「○○(友達の名前)は仙台に引っ越しました」って言われたのだと。(笑)
もしかしてそのお友達もライブに来てたのかな?

あと、伊藤くんが、仙台といって思い出す人がもう1人いて、それは、東芝EMI時代のサムエルの東北担当だった方だそうなんだけど、ものすごいグラビアアイドルおたくで、各アイドルのスリーサイズを全て暗記していたと(爆)
そして、会場から、イヤ〜!という悲鳴があがる(女性ファンが多いからね)

加えて伊藤くんが、仙台・東北ゆかりの人として、坂本サトルさんの名前もあげていました。
すっかり、サムエルの兄貴分だもんねぇ。サトルさん。

さらに今井くんが、「仙台では有名な地元アイドルとか、いるの?」と言って、なんとなく、本間ちゃん!(本間秋彦)と言ってみたら、聞こえたみたいで、「本間ちゃん?何をしてる人?」っていう今井くんに、一番前の人が、「宮城県では有名な人です。」と答えてたんだけど、ちゃんと、「サトルさんと一緒に楽天の応援ソングCDを出した人です」って教えてあげたかったなぁ〜。
今からメールすっかな。(笑)

あと、ここでのMCだったかどうか忘れたけど、パーカッションの矢吹正則さんが叩いてる箱のような楽器の名前を伊藤くんが矢吹さんに訊いていて、「カホーン」と言うんだそうですが、♪カホ〜ン♪と、まるで動物が吠えてるかのような言い方をしていた伊藤くんがおちゃめでした。

ウソツキ
天気予報
風と行きたかった
ここにいる理由


“ウソツキ”でヒデキになったらもう一回やってくれたりしないかな〜などと、イケナイ期待をしてしまったりょうこさんです(笑 10月13日 @名古屋・ELL参照)
そういえばこの“ウソツキ”他の会場よりキーがひとつ?低かったと思います。ノブくんの調子があまり、よくなかったからなのかもしれない。。。

“天気予報”では、♪今日北の各地で 初雪が降りました♪という歌詞があるんだけど、サムエルが普段暮らしている東京・千葉より北にある仙台市民の私たちにとってはこの歌詞はほんとうに心に沁みます。
今年これから、東京で、仙台の初雪のニュースが流れたときに今日のライブのこと思い出してくれたらいいなーって。

そんな私は“ここにいる理由”で毎度おなじみ大号泣をしたんだけど、歌い終わった後ノブくんが、例の「酸素ボンベ」を吸入したので大爆笑。
今井くんが、「なんでバラードのあとに酸素吸う必要あんの?」とツッこんでたんだけど、やっぱそれって、ノブくんなりの小ネタだったのだと思われ。。。

あーーーー。

ここから、もう、終盤戦だな。。。

ハリネズミ
蜘蛛の糸
レインボウ
自転車ラプソディ#1


“ハリネズミ”のお約束の高速ギターは、他の3会場よりもあきらかに長く、“蜘蛛の糸”のカッコ良さも他会場よりずっとずっと映えていて、で私は、この“蜘蛛の糸”でたぶん今日いちばん号泣したと思います。
こーんなに、こーんなに、カッコ良いライブがもう見れなくなるなんて・・・
まだ、解散という事実が信じられなくて、でも、頭の中では最後だってこともわかっていて、そんな、ぐちゃぐちゃの思いが涙になってあふれてきた。

“レインボウ”で、他会場では2番の頭から会場のみんなに歌わせてたんだけども、仙台では、2番の途中からだったかな?遠征組が多かったのと、歌詞を思い出しやすい部分だったので、今日は、他会場よりみんなで大合唱できたかんじでよかったです。
お約束のノブくんのロングボイスでは、♪もういちど〜〜〜♪と言った後、♪どぉ〜〜〜〜〜♪(酸素ボンベ吸入)♪どぉ〜〜〜〜〜♪(酸素ボンベ吸入)と、酸素ボンベ大活躍(笑)
♪どぉ〜〜〜〜♪の繰り返しも明らかに他会場より多くて、あー、ノブくん楽しいんだろうなーって、よくわかった。

“自転車ラプソディ#1”の恒例コーラス合戦は、今井くんから「今日はノーマルバージョンで行きましょう」という指令があり、会場から、えー!という声が漏れる(笑)
たぶん、声を出したのは遠征組の人たちだと思うんだけど、これまで3会場は全て、ご当地コーラスだったからね。
私も、仙台ご当地コーラスを期待してたので、残念だけど、逆にいえば、ノーマルバージョンでのコーラス合戦もたぶんここが最後ってことなんだろうな、って思ったり・・・

Bメロで、歌を放棄して飛ぶ3人(+矢吹さん 笑)、特にノブくんなんかもうホント頭が天井につくんじゃないかってな勢いで飛んでたな。
こーんな小さなハコだからね。下手したら本気で頭ぶつかっちゃうよね。
もし次の、ファイナル東京ライブでもこの曲をやるとしても、大きな会場だから、頭ぶつかりそうなほど飛んでるとこなんか絶対見れない。
こんなシーンも、最後だ。

そして、ライブ(本編)は、終わった。

はぁ。

何もかもが、最後だ。。。


けど、もちろん、アンコールの声があがります。


(encore)
くちぶえ
旅路
ビデオテープ
ギターマン


今日は、ステージとの距離が近いからなおさら、“くちぶえ”や“旅路”の歌詞が心に沁みたなぁ。
ホントいい歌だ。。。ううう。。。
私は、“ビデオテープ”でももちろん号泣して(爆)、で思ったんだけど、ノブくん今日は泣いてないなぁ〜、このまま泣かずに笑顔で終わってくれるかな?と思ったら、最後の、アンプラグド大合唱“ギターマン”で、ノブくん、涙をだーだーに流してて、そんな涙を隠すことも泣き止むこともせず、泣きながら、ただひたすらギター弾いて歌ってました。
たぶん今日なんかステージからお客さんがよーーーく見えただろうから、泣いてるみんなもよーーーーーく見えて、ノブくんもほんと辛かったんだろうな、自分が泣いてどーする、ってかんじで最後まで頑張ってくれたんだろうけど、最後の最後にやっぱり、キちゃったんだろうね。。。

けどノブくんは、最後のMCで「今日は、楽しかったです。」って言ってました。
うん、それは見てる私たちもよーくわかった。
前3会場では、一度も、ノブくんの口から楽しかっただなんて言葉、聞いてないような気がするので、ホントに楽しかったんだろうな。
たぶん、私たちと同じように今もなお解散の事実を受け入れ切れてないであろうノブくんが、仙台のライブを楽しんでくれたことは、いちファンとして、地元人として、本当によかったと思う。
伊藤くんや今井くんにとっても、同様に、楽しかったと思ってもらえてて、今日のこと、ずっと覚えててくれたらうれしいな。
もちろん私も、今日のライブのことずっとずっと忘れないよ。。。

あ、そういやノブくんは、「最後までお行儀がいいですね。それが、(東北人の)いいところです。」と言ってました。
そうね、お行儀がいいというか、他の地方に比べたらおとなしめな部分はあるかもね。
でもそれがノブくんのお気に召したというのなら、やはり、仙台移住を考えてもらって・・・(爆)

他会場では、アンコールの後、ダブルアンコールの拍手が沸いたんだけど、仙台では、なかったです。
その大きな理由は、たぶん、東京行き最終新幹線で帰らなければならない遠征組が多かったんだろうということだと思うけど、でも私は、ライブ自体が大満足だったので、ダブルアンコールが無いまま終わってもすっきり納得、っていう気持ちでした。
にしても、これが地方ライブ最後かぁという寂しさはぬぐえなかったけど・・・

そんでもって、各会場で、なつかしいファン友さんや、遠くのファン友さんに久しぶりに会ったりして、サムエルがつないでくれた“光の糸”をすごく実感してきてたんだけど、ここ仙台では、やはり、地元ということもあって、他会場とは比べものにならないくらい沢山のファン友さんに再会して、そのたびに、「あーーーー久しぶりーーーー!」って言っては号泣していた私ですたらーっ(汗)
なつかしい顔に会うたび、(このブログでも何回も言ってるけど)私がサムエルにもらったものは、いい歌・いい曲・いいライブだけじゃないんだなって思って、自然と涙がドーーーっと出てきてしまったのです。すみません。。。

あー。終わった。
終わっちゃった。。。
まだ、東京のライブがひとつ残ってるとはいえ、なんか私としては、ここ仙台でひとつ、心のなかにピリオドが打たれた、そんな気分でした。。。
 
posted by りょうこ at 21:00 | 宮城 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | Something ELse | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
レポお疲れ様!

仙台のライブは伸君が楽しんでいる様子がよく判りました。
days go byを4回も聴けたりょうこさんが羨ましい。
私も結構な数ライブへ行っているけど、この歌を聴いたのって1〜2回くらいじゃないかな?
私も聴いてみたかったぁ〜。

そして、とうとう後は国際フォーラムを残すのみですね。
レポUP楽しみに待っていますね。
Posted by ネエさん! at 2006年10月29日 23:25
読んでくださってありがとうございます。
そうですね、days go byは私も、ギターマンツアーと、カウントダウンのシングル曲メドレーで一部しか聴いたことないです。
東京では残念ながらやらなかったですもんね。。。
まぁ、それ言ってたらキリないんでしょうけどね。最後のライブで聴きたかった歌、っつってあげてったら結局全部!ってことになりかねない(苦笑)

やっぱ、サムエルってライブやってナンボというところがあると思うので、CDは残るけれどもCDだけじゃものたりないんですよね。。。特に初期の曲は。。。
あー。。。やっぱり再結成してほしい(苦笑)
と、どこまでもあきらめの悪い私。。。

レポも残りあとひとつ、がんばりまーす。
Posted by りょうこ at 2006年10月29日 23:59
はぁ〜思い出すと涙腺がゆるみますね…。

あっ、またまたこんにちは!!
「宮城県の人〜!」の時、元気よくお返事してたのはりょうこさんだったのですね♪私も手をピンと伸ばしてアピールしてました(笑)しかも「本間ちゃん」もりょうこさんだったとは…!!世間は狭いですね(笑)

先週の今井さんのラジオのテープ、お貸ししますよ!ちょっとノイズが入っていますが(苦笑)土曜日はまた今井さんの出演なかったですね!?どうなちゃってるんでしょう??
Posted by ひさこ at 2006年10月30日 14:41

ひさこさん>
はい。
宮城県の人!と言われて、はぁぁぁ〜〜〜〜い!と大声で返事をしたあんぽんたんは私です!
ついでに、土日の今井くんのラジオのことをまたまたすっかり忘れていた、すかぽんたんも私です!(自爆)
土曜日は出なかったのね・・・ほっ
日曜日は・・・でたんだよねやっぱり・・・ううう・・・
ほんと、まわり誰も録音してなかったらお願いするかもです。。。
Posted by りょうこ at 2006年10月31日 00:27
元気にお返事できて良かったですね。「あんぽんたん」と「すかぽんたん」には笑いました。(^^)
Posted by rubner51 at 2006年10月31日 12:23
はい!元気だけがとりえでーす!(笑)
「○○県出身の人〜?」って聞かれてあんなにでかい声で「はーい!」っつったのウチらだけじゃないかなぁ?(笑)
Posted by りょうこ at 2006年11月01日 02:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック