2006年10月01日

つま恋に行ってきました〜2006サムエルFCツアー(中)

昨夜、ベッドに入って数秒で眠りに落ちたりょうこさん、夜中、目が覚めることもまったくなく、朝まで爆睡モードでした。
8:30からのラジオ体操に向けて、7:00に目覚ましをかけていたのですが、それよりいくらか早く目が覚めたので、とりあえず、昨日いいつけを守れなかったお風呂に入りました(笑)

外はどんよりとした曇り空曇り
あぁぁ、とにかくラジオ体操終わるまでは、どうか雨よ、降らないで〜!!!!!

 
お風呂から出て、さっさと着替えてかんたんな化粧だけして、朝食会場に向かい、朝食を取っていると・・・
突然の豪雨雨

あ〜も〜ヤメテ〜!
私たち、ラジオ体操がしたいのよ〜!!!

という願いもむなしく、天候不良につきラジオ体操は中止となってしまいました・・・

昨日、ノブくんと生電話したとき、「明日ラジオ体操来る?」って聞かれたので、「行く行く絶対行く!」って言ったら、ノブくんが、「よく覚えてないからオリジナルになるかもしれないけど(笑)」って言ってて、むしろサムエルオリジナルのラジオ体操が見たい!と思って、とっっっっても楽しみにしていたのですが・・・
あぁ〜、残念・・・・・・


残念ながらラジオ体操が中止になってしまったので、のんびり朝ごはんを食べていたんだけれど、今日ミニ国のない伊藤くんが、昨日の今井くんのように園内を散策し、伊藤くんを発見したらスタンプがもらえるという企画は予定どおり実行されるということを聞き、そそくさと準備をして「伊藤くん探索」に行くぞ!
広いつま恋の園内を歩いて散策するのはかなり厳しいので、ランドカーを借りようとフロントで手続きを始めようとした瞬間、私の右目のはしっこに映った人影・・・あれ伊藤くんじゃん?
と思ってよくよく見たらやっぱり伊藤くんでした。私、伊藤くんアンテナがあるみたい黒ハート
ゆうこちゃんが追っかけてって話を聞いてきてくれたところによると、伊藤くん、まだ「スタート前」だったそうであせあせ(飛び散る汗)
しかも、この悪天候のためホテル館内をうろうろするということなので、ランドカーはあわててキャンセル。
でも、だんだん雨が上がってきたので、私たちは外を散策することにしました。

願いがかなうという噂の「つま恋神社」におまいりしたり(しっかりお願い事しましたよ〜!2つも!! 爆)、大カマキリを発見したりして盛り上がってたのですが、伊藤くんには会えず・・・

061001つま恋神社1.jpg  061001つま恋神社2.jpg
つま恋神社。みんなでお参りするの図。


いやーん伊藤くんどこにいるんだろう、と思って再びホテル館内に戻ったところでまた、目のはしっこにそれっぽい影が!
いた!!!!!
やっぱ私、伊藤くんアンテナあるんだわ〜黒ハート

無事伊藤くんを発見し、スタンプもゲット手(チョキ)
「サムエルオリジナルのラジオ体操楽しみにしてたのに〜」と言ったら、「オリジナルって、何が?」と伊藤くんが言うので、「いや、昨日ノブくんのおやすみコールのときに、ノブくんが、『ちゃんと覚えてないからオリジナルになるかもしんない』って言ってたから」と告げると、伊藤くん曰く、今回用意したラジオ体操の音楽が、ほんとに音楽だけのバージョンで、「手を上に〜あげて〜」とかって説明が入ってないやつなんだって。
なので、3人でネットで写真入りの解説とかを見て一生懸命覚えてきたらしい。
う〜ん。やっぱり見たかったな、ラジオ体操・・・

そうこうしているうちにファンの人たちがわさわさ集まってきてしまったので、伊藤くんは軽く逃げるようなかたちで移動(笑)

伊藤くんを無事見送った後、ちょうど、フロントの外あたりを今井くんミニ国のマラソン隊が通過するところだったので、声援を送りに行きました。
今井くん、けっこう早かったですねぇ。
参加者のみんなもけっこうマジ走り。すげ〜。
私、体育会系だけどマラソンは大嫌いで(爆)。走れと言われたらしょうがないから走るけど、自ら走ろうとはさらさら思わないから、走る人って尊敬しちゃうな。

走る今井くん&みんなを見送った後、ノブくんのミニ国(アーチェリー)を“見学”に行こうということになり、園内を走る無料バスに乗って、アーチェリー場をめざす。
なんだかその頃にはまた雨が大降りになってきて、無料バスに備え付けてあった傘を借りて、ファンとたわむれるノブくんをみんなで端から見守っていました。
私たちが着いた時にはもうミニ国も終盤という時間帯だったので、ほどなく終了し、参加者のみんなはバスに乗り、そして最後にノブくんが移動車へと戻ってきたのですが、その時ノブくんは私たちに「大丈夫、濡れちゃうよ?」とかなんとか声をかけてくれました。
優しいなぁ。


無料バスでホテルに戻ってきて、しばし、ロビーにあったサイレントギターで遊んで(ここ“つま恋”はYAMAHAの施設なので、YAMAHAの楽器がいっぱい展示してあり、自由に試演できるようになってるんです、すばらしい!ちなみに昨夜はグラビノーバで遊んでました)、そのあと、おみやげを買いに売店へ。
その売店のおばちゃんから、すごい情報ゲット。
なんでも、伊藤くんが先ほど、今日アクセサリーつけてないからといってこの売店でネックレスを買ったのだと!
きゃ〜☆私も欲しい!(爆)
全てのネックレスが一点ずつしか置いてないので完全におそろいというわけにはいかなかったんだけども、つま恋に来た記念に、そして、サムエルが再結成するまでのお守りとして、同じシリーズのネックレスをひとつ、買いました。
後ほどそれは伊藤くんではなくノブくんだったのでは・・・という情報も流れたのですが、結局真相はよくわからず。まっ、いっか。

061001ネックレス.JPG
3つで1つなところが、サムエルを連想させます。思い出とともに、再結成の祈りも込めて


時間はまだ正午前、さっき朝ご飯を食べたばかりなのだが、もう昼ご飯を喰え!と、言うので、全然おなか空いてないんだけどとりあえず詰め込む。
だって、下手したらこのあと夜東京に着くまで何も食べられないだろうしね。
和風の食器に盛りつけられた中華風どんぶり?は、一見、ん?ってかんじだったけど、なかなかのお味でした。

061001昼食.JPG
中華風どんぶり?



昼食のあとは、いよいよ、スペシャルライブの時間でするんるん
例年ですと、ここで、席を決めるくじを引いてからの入場となるのですが、なんせ私、昨日のクイズ大会で勝ち抜けてしまったので、最前列なんですよね〜ぴかぴか(新しい)

061001スタンプ.jpg
伊藤くんに押してもらった特製スタンプとクイズで勝ち取った最前列チケット。


ライブ会場は、昨夜のディナー会場。
どの席からもよく見えるように工夫して椅子がセッティングされていたけれど、それでもやっぱり、最前列ど真ん中、ノブくんの真正面というのはすんばらすぃ〜exclamation

サムエルが登場し、そして、いよいよ・・・ライブスタート!

【Special Live】

Mrs. Robinson (Simon & Garfunkelのカバー)
No where man (The Beatlesのカバー)
笑いたい
夢の中で会えるでしょう (高野寛のカバー;今井くんメインボーカル)
元気ですか? (伊藤くんメインボーカル)
Dance with me (Orleansのカバー)
ビデオテープ
ギターマン

マイクを少し離しめにして、できるだけアンプラグドっぽく、サムエルの原点であるストリートライブを思い起こさせるようなあたたかい音でのライブでした。

セットリストは、サムエルオリジナル曲が少なくて残念だったけど、でも、よく考えてみたらカバー曲が聴けるのもこれが最後、たぶん、ファイナルツアーではオリジナル曲しかやらないってことなんだろうな、と・・・
だから、ファンクラブツアーに来るようなコアなファンの前でだけ最後にカバー曲を披露しよう、と・・・

なんせ、サムエルのカバーつったらもう最高!なのです。
本家よりいいんじゃん?てなぐらいなのです。
お世辞も冗談も抜きで、です。
本家の曲聴くとなんか物足りなさを感じてしまうのは私だけではないはずです。

もうやだ〜(悲しい顔) もうやだ〜(悲しい顔) もうやだ〜(悲しい顔)

だから私とかもう、始まってわりと早い段階で涙流してましたね(爆)
あーーーーもうこんなステキなサムエルのカバーが聴けないなんて・・・
これが、どうして泣かずに、いられるだろうか。
つっても、最後の最後に泣きすぎてライブに集中できないというのもなんだか本末転倒なかんじなので、涙流しながらも、音のひとつひとつを記憶にとどめるように、しっかり、聴いてましたよ。

はぁ、しかしそれにしても、サムエルのオリジナル曲にひとつひとつ思い出があるように、カバー曲のひとつひとつにも思い出があるんだなぁ。

“Mrs. Robinson”は、「ラストチャンス」直後、なんでか突然、この人たちの生歌を聴かなければ!という衝動に駆られて二日酔いのままサスケちゃんを走らせた、初遠征@花巻のこと。あの、今は無き小さな地元のデパートで初めてサムエルの生歌を聴いた(でも姿は見れなかった;整理券配布が既に終了していて、デパート内に響き渡るリハの音だけ聴けたんです。そして本番の時は外に追い出された!)とき、嬉しくて、悔しくて、流した涙のこと絶対忘れないし、あの日があったから今の私があるんだと思う。

“No where man”は、仮病で会社サボって行ったジョンレノンスーパーライブ@さいたまアリーナのこと(伊藤くんも、MCでそのことに軽く触れていたけど)。サムエルの出番はちょっとだけだったけど、でも、あんなに大きな会場でもアコースティックな歌が心地よく響くんだなぁ〜って思ったことと、会場のお客さんたちがそんなサムエルにあたたかい拍手を送っていたこと。

“Dance with me”は、思い出というか、この曲からサムエルが始まったんだよなぁ〜としみじみ・・・(と、これまた伊藤くんがMCで言っていたけど;アマチュアの頃、柏駅でこの歌をハモっていた伊藤くんとノブくんを今井くんが発見したことが、サムエルの始まりだそうです)。あと、初めて、私がサムエルの姿を見ながら生歌を聴いた、スタレビライブの前座のときもこの歌歌ってたよな、とか思って、

“夢の中で会えるでしょう”では、毎週バカ笑いしていたラジオ番組“Lips party 21jp”のこと思い出して・・・。この番組の中で毎週生うたのコーナーがあって、そこで、今井くんが歌ったのがこの曲だったのですよね。で今日のMCでも今井くんが、「ノブくんが『この歌がいいんじゃない?』って言ってくれたので歌いました」というようなことを言っていたんだけども、私的に、今井くんがメインボーカルを取ったオリジナル曲&カバー曲のなかでいちばんこの歌が好きなので、よかったな〜と。(なんで好きかというと、ノブくんと伊藤くんのコーラスが最高だから!(核爆)。いや、それだけじゃなくて、今井くんの声にも合ってると思うし・・・うん)

どこで言ったか覚えてないけど、ノブくんが、「ハンカチが多いですね。・・・気持ちはわかります。」と。
たぶん、私と同じくハンカチ手放せなかった人が多かったものと思われます。

“笑いたい”ではみんなで大合唱。
あはは、楽しいな。
と思ったのもつかの間、こんな楽しい時間が一生続くはずだったのに・・・と思ってまた大号泣。

“元気ですか”は知っての通り作詞作曲メインボーカル伊藤大介なんですけど、伊藤くん、なんでか歌詞がぶっとんだらしくて2回もやり直し!(爆)
2回目に至ってはファンから歌詞を教えてもらう始末(大爆)
大好きな伊藤くんだけど、でも、最後の最後になんだよそのていたらくは自分で作った曲でしょってかあんたプロでしょーがちっ(怒った顔) って思ったけど、なんかさ、そういう失敗するのも伊藤くんらしいっていうか、人間らしいっていうか・・・

どうでもいいけどこの曲に入る前に伊藤くんが、「たぶん、今ここにいるみんなが僕らに対してこの曲のようなことを思ってくれてるんだろうな」とコメントしたんですね。
そのコメントを聞いて私は、次の曲は“ウソツキ”か?と思いました(爆)
だって、りょうこ的には
♪僕はウソツキだよ 離さないって だきしめたのに
とゆー歌詞を、
♪僕はウソツキだよ ずっとサムエルやります!って 言ったのに
と読み替えるんで(爆 メロディに歌詞合ってないですけど勘弁ね)

で、やっと3回目に伊藤くんが歌詞を思い出して(笑)あらためてスタート、したんだけど、そんな怒りもどこへやら、やっぱり号泣したバカな私。
♪二人二つ違う夢あるから
のところで、三人三つ違う夢あったのかなぁとか思ったり
♪距離はやがて遠くなって信じ抜くこともできなくて
のところで、イヤーやっぱりそういう事あるのかしらとか思ったり
♪戻れないけど戻りたい
とのところで、つべこべ言わずに解散撤回してくれ!とか思ったり(爆)
♪いつか忘れてゆくよ新しい君のために新しい僕のために
のところで、イヤー絶対忘れたくない!とか思ったり・・・

私、最前列中央だったんでよくわかりませんが、たぶん、この曲でみんなの我慢もピークに達してハンカチ続出だったのではないかと思われます。
そもそも、伊藤くんの声って高音でちょっとせつない感じで、その声とこの曲の世界がぴったしってかんじだったけど、伊藤くん自身の、サムエルとかファンとかこの曲に対する想いも今日は特別だったんだと思う。
その伊藤くんの想いがみんなに届いたってことなんだと思うな。

そんで涙腺がんがんゆるみまくってるところに“ビデオテープ”とか来るから・・・
これ、もう、泣け!と言ってるようなもんですよねもうやだ〜(悲しい顔)
♪無くした物は二度と取り戻せないから
♪ビデオテープみたいに思い出は回る
♪もう会えなくなった君がほらコマ送りの中で笑ってみてる

こんな歌詞で泣くなというほうが無理ってなもんだ。
CDではけっこうロックロックしてる“ビデオテープ”、それはそれで私はけっこう嫌いじゃないんだけど、やっぱり、いちばんこの曲のよさを引き立てるのはアコースティック、しかもアンプラグドの、やさしくてあたたかい音だよね。。。
もうとっくに我慢の限界なんか通り越してただただとめどなく流れる涙、でも、そんな涙の奥にしっかり歌うサムエルの姿を見ながら、一体あの3人はどんな気持ちでこの曲を演奏して歌ってるんだろうと考えてみたり・・・
今井くんや伊藤くんはともかく、ノブくんは・・・。ああ・・・。

とまぁそんなかんじでたぶん会場中が号泣モードだったと思うので、最後はみんなで笑って“ギターマン”といきたかったところですが、私はやっぱり、泣き笑いでした。。。

はぁ。
ライブ終わっちゃった、終わっちゃったよぉーーーーーー。。。
サムエルのファンクラブツアーって、ミュージシャンであることとか全然関係ないじゃん的なイベントが山盛りだけどさ、なんだかんだ言ってもやっぱりライブがいちばん楽しみだっただけに、なんか、心に空洞が。。。

061001ステージ.JPG
サムエルが歌ったステージです。

後編につづく
posted by りょうこ at 23:58 | 宮城 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Something ELse | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック