2011年11月24日

5日目:南の果ての地に吹く風

午前中は、中心部を離れ、シンガポール東部へバス

MRTのPaya Lebar駅で下車



カラフルなアパート!!


10分ほど歩くと、カトン・エリアに到着。

ここは、プラナカンの街といわれていて、
プラナカンというのは、昔、中国からマラッカにやってきた中国人と、現地のマレー人の女性が結婚したのがルーツとされる人たちのこと。
中国・マレーの文化をベースにアジアの他地域やヨーロッパの文化が融合した独自の文化を持つそうです。

まずは、腹ごしらえ(笑)



このショッピングモールは、一階がマーケット、二階がホーカーズになってて、ホーカーズはほとんどがマレー系という充実っぷりです。

地元民が行列していたこのお店で食べる事にしました。



雑誌に紹介されたときの切り抜きが店頭にいっぱい貼ってあって、日本語のものもありました。
切り抜きの数は、おいしいお店を見つける目安にもなるんだとひらめき
行列といい、切り抜きといい、きっと間違いないね!!



どうやって注文するのかまったくわからないので、並んでる人の様子をじっと観察

お店の人がご飯を適当に盛ってくれて、そこに、ショーケースのなかから食べたいものを伝えるだけみたいひらめき
みんなだいたい、3種類ぐらい選んでるので、私も3種類選んでみました。
カレー?って聞かれたので、カレーつけるかどうかってことかなと思い、はい。と答えて、やってきたもの



このスタイルのごはんのことは、ナシ・パダンって言うらしい。

ナシ=ごはん
パダン=おかずを数種類選んで食べること(もともとはインドネシアの地名)

揚げナス、チキン、ビーフ、+カレー
めちゃくちゃウマイ!!!!!

や、ひとつひとつはどってことないんだけど、ご飯とカレーとまぜてぐちゃぐちゃって食べるとなんか美味しいんだよねぇ!!
このご飯がまた、カレーをいい具合に吸い込んで、おいしい〜。
バナナリーフ?の上にのっかってるのもポイント高い黒ハート

ついでにデザートもいただいちゃいましょうかわいい

 

チェンドルというマレーシアのデザートです。
黒糖とココナッツミルクのかき氷。なんだか不思議な緑の寒天?みたいの入ってます。
ちょっと塩味効いた「冷たい塩スイーツ」ってかんじ。
これは、、、けっこう微妙(笑)
マズいわけじゃないけど、めちゃおいしくもない、ってか、しょっぱくなければ普通においしそうなんだけど。
暑い国だから、デザートで塩分の補給が必要なのかしら。。



満腹になって、散策開始。

 

今日は天気がいいなぁ。
シンガポールに来て実質4日目だけど、曇り〜雨ばっかりだったからな。
ずっと天気が悪くて気温もそんなに高くなかったけど(湿度はすごかったけど)、今日は気温も高い。暑い暑い…たらーっ(汗)

カトンの街並は、洗練されているというか、こざっぱりしているというか。
ショップハウス群も繊細で美しい。

お寺発見

 

この仏様の笑顔が最高に幸せだね〜〜〜黒ハート


クーンセンロード



この通り沿いには、とっっっっっっても装飾のきれいな家々が並んでいます。



シンガポールでよく見かけるこういった形式の建物(ショップハウス;一階が店舗、二・三階が住居)は、正面からみるとすっごく幅が狭いのだけど、意外と奥行きがあって、中は広そうです。

昔、マラッカがオランダに統治されていた頃、オランダ政府が、家の幅をもとに税金を決めていたので、こういった家が多く作られるようになり、シンガポールにも受け継がれたのだそうです。



このエリアの家は、第二次世界大戦前に作られたもので、わりとお金持ちの人が多かったみたい。
中国の文化の影響を強く受けながらも、ヨーロッパなどから取り寄せた装飾品で家々を美しく飾りたて、その装飾でもって、家の持ち主のステータスを誇示するということをしていたようです。





美しい家々にしばしうっとり。



クーンセンロードを出て、さらにカトンの中心部へと向かって歩いていくと、大きなショッピングセンターが



この歴史ある地域にも、こんな近代的なビルがドンドン増えていくのかな…
いいのか悪いのかわかりませんね。。。

一方で、しゃれたデザインのビルがあったり



巨大な教会とか



プラナカン文化をかいま見られる、カトン・アンティークハウス



この、何でもありなぐちゃぐちゃさ加減が、シンガポールらしさといえばそうなのかもね。。。

お金持ちらしき家



開放感あふれてのんびりとした街の雰囲気





そして、ふと見つけたこの店



なにやらショーウィンドウにかわいいものがいっぱい見えたので、入ってみる事に。

このお店は、プラナカングッズやさんでした。
食器とか、ドレス、ビーズの美しいサンダルなど…
(店内は残念ながら写真撮影禁止)
どれもこれもカラフルで華やかで、見てるだけでとっても楽しい!!

見てるだけでなく欲しくなってきた!!(爆笑)

マグカップ、中国茶カップ、れんげを買う事にしました。



このマグカップがね〜、スプーンが立てられるようになってるところにめっちゃ惚れましたハートたち(複数ハート)
ポップな色使いもイイ!
ティーポットも欲しかったけど、けっこういいお値段だったのと、持ち帰りの手間なども考えて、今回はあきらめました。。。
お皿もめっちゃかわいかったんだよね〜ああ〜ほしいなぁ…
今度シンガポールに来るときには、お皿とティーポットを買いにこよう、絶対に!!



裏通りにあるヒンドゥーの寺院



スリ・センパガ・ヴィナヤガー寺院です。



ガネーシャ様をお祀りしています

 

ヒンドゥーの寺院は、靴も靴下もぬいではいらなければいけないのですが、ドコで脱いでいいのか分からず、うろうろしていたら、そこはもう脱がなければいけないエリアだったらしくて、軽く怒られましたあせあせ(飛び散る汗) すみません。
靴と靴下もぬいで、水道で足を洗ってから入ります。

中は、一方の壁が無くてすごく開放的。

 

天井絵も美しい!



観光客もおらず、とても静か。
ヒンドゥーのお寺はとにかく装飾とか絵とか見てるだけで楽しいぴかぴか(新しい)



せっかくカトンに来たから名物のラクサを食べて帰る



この前フードコートでかとーさんにおごってもらったのとはちょっと違うタイプ。
こっちがもともとオリジナルなのかな?
まー、おいしいことに変わりはない!

どうでもいいけど、注文するときに、店のおじさんに「カイは入れるか」と聞かれ、カイってなんだろと思ったら「貝」のことでした。
私が日本人だから、わざわざ日本語で言ってくれたみたい。余計わかんないって(苦笑)



とまぁ、半日カトンを楽しんできました。



観光客もちらほらいたけど、シンガポール中心部の観光地に比べたらずっとのんびりゆったりしてて、とっても良かったです。
次にシンガポール来る事があったら絶対にまたここに来なければいけません。プラナカンの食器買わなきゃだしね!





マレービレッジ。閉まってました。改装すんのかな。



午後は、セントーサへ。

セントーサは、小さな島なのですが、島全体がリゾート目的で開発されたところです。

いろんな行き方があるのだけど、私は、MRTとセントーサエクスプレスを乗り継いで行きました。
セントーサエクスプレスもEZ link cardが使えて便利!



ここにもマーライオンがいます。
シンガポール国内にはマーライオンが9体いるそうです。マーライオンパークに居た2体とあわせてこれで3体目。あとの6体ってドコにいるのかな?



ここのマー様はけっこうでかい。がっかりしません(笑)



セントーサにはユニバーサルスタジオなどもあるらしいのですが、一人で行ってもあんま楽しくないかもだから、次回のお楽しみにとっておこ。

イメージオブシンガポールというところに行きました。



映像や蝋人形などで、シンガポールの民族や歴史、文化について紹介してくれるところです。

 

 

ここ、けっこうよかったです!
シンガポールの歴史を知ることができるのもだし、民族ごとの結婚式の違いとか、おもしろいですね〜!





タイガースカイタワー。キャビンに乗っててっぺんまで上れるらしいです。





インドアスカイダイビングなんてものもありました。
ちょっとやってみたかったかも(笑)。これも次回のお楽しみですね〜。



島内を走るトラム(無料)に乗って



目指すはアンダーウォーターワールド(水族館)。

水族館フェチなので、これは見逃せません(笑)

ここの目玉はなんといってもこれ



ピンクドルフィンショー!



ピンクのいるか!!かわいい!!!!!



ショーにはアザラシも登場します。
アザラシ、スタッフと一緒にピンクイルカを見守るの図。かわいすぎる(笑)



この水族館、ほかにもいろいろ面白いものがあって、



エイの水槽なんだけど、エサを直接あげることができたりとか(エサは有料)

あとこの水槽



わかりますかねー?
手前に穴があいてて、そこから手をつっこんでエサをあげることができるんです。
水がどうして穴のほうに逆流してこないのか、不思議〜。
(水圧を調節してるらしいです)





珊瑚の水槽はやっぱりテンションあがるグッド(上向き矢印)
潜りたい〜〜〜〜

 

水槽のトンネル
こういうの品川かどっかにありましたっけ?
海の中にいるみたいぴかぴか(新しい)



くらげ

小さい魚がまとわりついてる。かわいいな〜



あ〜楽しかったわーい(嬉しい顔)
夏に行った大洗の水族館とかに比べると規模はそんなに大きくはないけど、十分楽しめました黒ハート





水族館を出ると、外はすっかり夕闇




「アジア大陸最南端」の地。

 

地図で見るとびっみょーに最南端ではないけど(笑)、まあ、ヨシとしますか。

アジア大陸っていうかユーラシア大陸の最南端ですよね。

3年前、ユーラシア大陸最西端も制覇したし、あとは、東と北の端を制覇できる日はいつだろう〜るんるん



夜は、song of the seaっていうショーを見ました。

  

浜辺で、噴水をスクリーンにして映像を映し出しつつ、出演者たちの歌や踊りもあるミュージカル仕立てのショーでした。
セリフがあるのですが、非常にわかりやすい英語でした。
ラスベガスのベラッジオ的な壮大な噴水や花火や音楽で盛り上あがります。

おもしろかった!!


さて、そろそろ帰りますか。。

セントーサエクスプレスが発着するハーバーフロントのフードコートで晩ごはん。

 

刀削麺を食べました。ってこの前成田で食べたじゃん(笑)
八角効いてておいしかった。





ハーバーフロントから眺めるセントーサ。



なんか子どもに戻ったみたいに楽しんじゃったなぁ。





夜遅くにかとーさんの大学の寮に戻り、せっせ、せっせと荷造りです。
今回はあまり買い物しないつもりだったけど、なぜかやっぱり荷物めっちゃ増えたなぁ(爆笑)
カトンで買ったプラナカンの食器、日本まで無事に持って帰れるようにと、ものすごく立派な箱に入れてくれたのはいいんだけど、相当かさばる。さて、これどうやって持って帰りましょうか…あせあせ(飛び散る汗)

がしかし、そこは、百戦錬磨のりょこたんです(笑)

ぱっと見、無理でしょ?って思えた膨大な荷物が、数十分後にはすべてバックパックにおさまりました。
私スゴイ!!(自画自賛)


あさって帰国だけど、朝早い便で帰るので、実質明日が最後の日です。

あっというまだったなぁ…

最後の一日、めっちゃ楽しもう!!




↓人気blogランキング↓
blogram投票ボタン

posted by りょうこ at 23:59 | 宮城 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2011シンガポール 世界三大がっかり制覇の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック