2011年11月23日

4日目:優雅に過ごす一日

今日は、バックパッカーであることを一日だけ忘れてゴージャスに過ごすことに☆

ワンピースとサンダルで、いつもよりちょっとだけおしゃれして出発ブティック

まずは、昨日行けなかったアラブストリートへ。

見所はなんといってもサルタンモスクです。



こぎれいなショップハウスの並ぶブッソーラ・ストリートの奥にあります。

さっそく中に入りましょう〜グッド(上向き矢印)

と、思ったら、肌を露出している人は入れないと。
ノースリーブの膝丈のワンピースを着ていたのですが、キャミ・ミニスカならまだしも、肩や足が全部出てるわけじゃないし大丈夫かな、と思ったけど、やはりダメでしたあせあせ(飛び散る汗)
入り口でガウンみたいなのを借りて全身すっぽり覆います。正直、めっちゃかっこわるいし蒸し暑い。ひ〜たらーっ(汗)

中はとってもおごそかな雰囲気。



派手さはないけど、すがすがしいというか、なんというか。

 

コーランが展示されています。



イスラム教について日本語で説明してあったりとか、あと、ガイドさん?が居て一人一人に声をかけてくれ、イスラム教やこのモスクについていろいろ説明してくれます。
何かと誤解されやすいイスラム教なので…イメージ回復に必死なのかなという気もする。。



サルタンモスクを出て、目の前にのびるブッソーラストリートをぶらぶらぶら。
この通りは車が通行できないらしく、のんびり散策できます。
かわいいショップやレストランがいっぱい。

ふと、きれいなガラス瓶がずらーっと並んだショーウィンドウが目にとまり



わーきれいだなぁぴかぴか(新しい)

そしたら、店の中から「どうぞ中に入って見てってください、香水あります」と声をかけられました。

香水か〜!

好きなんだよねぇわーい(嬉しい顔)



店の人に、「どうしてこの店わかった(見つけた)の?」ってカタコトの日本語で聞かれて、
いや、ただ歩いてて目に留まっただけ…って答えたら、「本に載ってるんだよ」っていって、「地球の歩き方」をおもむろに取り出し、見せてくれました。

てか、私も持ってるし(爆笑)
本では見つけられなかったわ〜あせあせ(飛び散る汗)

さらに「この人知ってる?」って、写真を一枚見せられました。

押切もえ。

「そう、もえちゃん。来たの、この店に黒ハート

雑誌?かなんかの取材で来たらしいです。
そのとき一緒に撮った写真を後生大事に持っているようすはなんだかかわいい。笑

ここは、アラブの香水やさん。
イスラム教はお酒を飲んじゃいけないので、香水もアルコールフリーじゃなくちゃいけないんですって。ナルホドー。
(アルコールのかわりになにで希釈してるのか、聞くの忘れたけど、たぶん、グリセリンかなんかだと思う。アルコールより希釈しにくいから香りも長持ちするのでしょう!)

香水好きのりょこたんは、もう、あれもこれもといっぱいにおいをかがせてもらっちゃいました。
あんまりいろんな種類のにおいをかぐと、鼻というか脳がだんだん麻痺してきちゃうんですよね。
コーヒー豆のにおいをかいだり、外で深呼吸したり、休憩しながら、

そしてやっぱり、日本のどこから来たの?って聞かれて、仙台。って答えたら、

「知ってる!!地震きたとこ!!」

だって。

いや〜…
有名になってしまったもんですなぁ。。。

彼は、YouTubeなどでいっぱい地震や津波の動画を見たらしいです。。。
買い物する程度の日本語は話せるけど、ちょっと深い話になるとやっぱり日本語はキツかったので、地震のこと、津波のこと、原発のこと、香水の匂いをかぎながら、いろいろ、いろいろ、英語で長話。

ま〜、さんざん長話をし、さらに、どの香水を買おうかさんざん迷って、かれこれ1時間ぐらいは居たのでしょうか(笑)

値段もけっこう手頃だったので(小びんで$10〜20、600〜1200円)最終的に、香水3本と、トルコのきれいな香水びんをお買い上げ。



お店の人が、いっぱい買った上に長話してくれて楽しかったから、っていって、最後まで迷っていて結局選ばなかった香水をおまけでくれました。ありがとう!!



名前聞くの忘れちゃったあせあせ(飛び散る汗)

ここでは、カスタムメイドの香水も作ることができるそうです。
次回シンガポールに行くときにはぜひ、自分だけのオリジナル香水を作りたいなぴかぴか(新しい)



香水やさんが、おいしいミルクティーの店と、おいしいアラブ料理の店を教えてくれたので、行ってみる事にひらめき

おいしいミルクティーの店というのは、香水やさんのすぐ隣でした。

 

絵に描いたようなアラブ人のおじさんが、見事な手つきで入れてくれるミルクティーは、甘くて濃厚でめちゃくちゃおいしい!!しかもたったの$0.8(48円)。
地元の人たちがいっぱい、ミルクティーのみながら井戸端会議をしていました(笑)
あーおいしい。これ、毎日でも飲みたいわ〜!!


そして、おすすめのアラブ料理やでランチ。



クスクス食べたかったけど、昼はやってないんだって〜!
ああーん 残念!!!!!

かわりに、ビーフのタジン煮込みをオーダー。



トマトたっぷり、コリアンダー(パクチー)効きまくりでおいしい!!!!!
いっしょに注文したアラブのりんごジュースはすっごいクリーミーで、飲んだ事のない味。これもおいしい〜るんるん

そして、アラブの食事はやっぱり最後これでしめないとね



ミントティー!!

甘くてそれでいてさわやかで、ああ、至福のひととき黒ハート

私、子供の頃、ミントとか大嫌いだったし、セロリなどの香りの強い野菜も一口も食べられなかったんだけど、
一体いつからそういうクセのあるものが好きになったんだろうって思うとすっごい不思議。

ともあれ、オトナになったら嫌いな食べ物がめっきり減ったおかげで、こうして旅先で何を食べてもおいしいー!って感動できる自分万歳!!!!!(笑)



街をふたたび、ぶらぶらぶら。

 

やっぱり絨毯やさんが多いです(笑)

 

きらびやかな服やおみやげやさん、見てるだけでわくわくするねぇグッド(上向き矢印)

そんな街のかたすみで猫が昼寝していたり



軒先にふしぎなモノ(なんかの暦?)が飾られていたり



そしてやっぱりカラフルな家(店)が多い!

  

こ、これは…



何やさんなんだろう? 入る勇気なし(苦笑)



昼過ぎ早い段階でアラブストリートを後にする予定だったのだけど、もう14時になっちゃうあせあせ(飛び散る汗)
毎日毎日、楽しい事が一杯で、予定が押し気味。あはは。







そしてやってきたのは、ラッフルズホテル。

シンガポールを代表する、伝統ある格式高いホテルです。



世界中からVIPがやってきては宿泊してます。

スタッフはマハラジャスタイル!



すっかり観光地化しています。



ホテルの中は、宿泊スペースなどをのぞき一般の人でも自由に出入りできます。



調度品もひとつひとつがステキです〜



レストランでは、よい身分のような方々がいっぱいお茶してました。
いつか私も…!!

 

中庭と、隣接するトイレ。
トイレさがしてうろうろしてるのを察したスタッフが、こっちこっちと教えてくれました(笑)。ありがとう!

  

開放感あふれる緑いっぱいの中庭。
中庭を囲むようにぐるりとブランドショップが軒を連ねます。
ラッフルズホテルのオリジナルグッズを取り揃えたショップも。

母にパシュミナ買ったから、父にTシャツでも買って帰ろうかなひらめき

 

上から中庭をみおろす。

上の階には、博物館もあって、ラッフルズホテルの歴史をかいま見る事ができます。
あの、有名なカクテル「シンガポールスリング」を生んだロング・バーも2階に。

ホテルを見たかったので昼間に来たんだけど、シンガポールスリングはぜひ夜にしっぽり飲みたいから、後でまた戻ってこよう。

早く行かないと、アフタヌーンティー終わっちゃうよ〜!



と、いうわけで、MRTでオーチャードへ。

地上に出てみたら、傘をさしても太刀打ちできないほどの大雨だったので、しばし雨宿り雨

オーチャードは、デパートや高級ホテル、ブランドショップが立ち並ぶ、いわばシンガポールの銀座みたいなところです。

 

 
すごっ。

ホーカーズとか、インディアンタウン、チャイナタウンとかを思い返すにつけ、同じ街とは思えないゴージャスさ。



イギリスに統治されていたシンガポールでは、アフタヌーンティーの習慣があって、絶対行きたい!!って思って。
仙台ではあまり、アフタヌーンティーのできるところがないし(ホシヤマはアフタヌーンコーヒーだしな 笑)
やっぱ、イギリス伝統の本格的なものをいただきたいじゃないですか。

シンガポールでは、アフタヌーンティーが進化?したハイティーというものがあるんですね。
ビュッフェ形式で、好きなだけお腹いっぱい食べられるアフタヌーンティーのことを、ハイティーと呼ぶらしいです。

でも私は、イギリス伝統の3段重ねのアフタヌーンティーのほうがよかったので、
予約なしでアフタヌーンティーできそうなところをガイドブックで調べて、セントレジスシンガポールのブラッスリー・レザブールに行く事にしました。名前がフランス語っていうのがなんかいいよね(笑)

 

すごい豪華ホテル。緊張する(笑)

予約してないんですがアフタヌーンティーできますか?って聞いたら、できる、とのことだったのですが、やはり、予約したほうがよかったみたいです。すみません。。

さらに、「私どものホテルにご宿泊ですか?」と聞かれて…

※突然"Are you staying with us?"って聞かれて、意味がわからず、つまり「私どものホテルにご宿泊ですか?」ってことだとわかるまで2,3秒、黙り込んでしまったあせあせ(飛び散る汗)

残念ながら違います、かさねがさねすみませんあせあせ(飛び散る汗)

やべー緊張する。

こういう高級ホテルで緊張しないような身分になりたい…



最初にお飲物はいかがですか?シャンパンでもミネラルウォーターでも、と聞かれてつい、「じゃ、シャンパンを黒ハート」って口走っていたりょこたん。いいのか?高いぞきっと!!



泡立ちが美しいですねぇ。

お紅茶はバラの香りがするものをセレクト。バラ好き黒ハート



ポットもカップも洗練されてておしゃれ。
頃合いを見計らってお湯をつぎたしにきてくれるので、トータル5,6杯は飲めました喫茶店

ゆったりと時が流れて、とても雰囲気が良いですかわいい

そしていよいよやってきた3段トレイ



うは〜!
テンションあがるねグッド(上向き矢印)

サンドイッチもスコーンもまぁ普通、、、だったのですが、
このクロテッドクリームが激ウマでした!!
ジャムとの愛称抜群で!!
正直、ロンドンでアフタヌーンティーしたときもクロテッドクリームがこんなに美味しかった記憶がないぐらいです。
あんまりにも美味しすぎるので、1ミリも残さず全部ぬりたくった!!(笑)

そしてここのアフタヌーンティー、メインがつくみたいで。



中国式の飲茶、マレー式のサテーなんかも選べるみたいなのですが、あえて私はフランス式に、フォアグラのクレームブリュレをチョイス。

これがまぁ、、、
お焦げの香ばしさとフォアグラ&クリームの濃厚な味わいがまぁ、初めて食べたけど、めちゃめちゃ美味!!!!!

周りを見回すと日本人らしきお客さんがけっこういらっしゃって、ほぼ例外無くみんな飲茶を選んでいたみたいだけど、

私、これ選んで正解〜!!

でも…これかなり、見た目よりボリューミー、かつ、濃厚なので、最後ちょっと飽きてきますあせあせ(飛び散る汗)

く、苦しい…あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

この後いよいよケーキ登場…
これは別腹、なんとしても食べなければ!!



ウェイターさんがワゴンで持ってきてくれるものから選びます。
苺のタルトとマンゴーのパイをチョイス。
すっごい上品な味で、日本人好みかもしれません。おいしいな!

は〜、満足満足…
満足通り越して満腹すぎる…

満腹すぎてもう何も口に入らなかったけど、たぶん、ケーキは何個でも食べてよさそうなかんじでした。
もうちょっとお腹に余裕があったらなぁ…ってさっきアラブ街でランチしてからまだ3時間ぐらいしか経ってないんだよな(爆笑)



ものすっごく雰囲気のよいブラッスリー(というよりラウンジっぽい)で、めちゃめちゃ優雅なひとときを過ごせましたぴかぴか(新しい)

今日は、ランチからの間隔があまりなかったのでアフタヌーンティーにしてむしろよかったけど、この次シンガポールに来る時は、ビュッフェのハイティーにトライしてみたいと思います!



そして、腹ごなしも兼ねてショッピングに出発〜グッド(上向き矢印)

が!

ブランド品とか思いのほか高いのでビックリ!!!!!

持ち帰る手間とか考えたら日本で買った方がいいよ!!!!!

って、あんまブランド品とか買わない私が言うなよってかんじだけど(笑)



結局、仙台にはないmangoでだけお買い物しました。
でもさ〜
なんせ南国だから、冬服売ってないんだよね!!
盲点だった!!

ともあれ、気に入った服を何点かお買い上げできました。よかったよかった。



それから、ガイドブックに載ってたチョコレート屋さんへ。
ドリアンやシンガポールスリングなど、珍しいフレーバーのチョコレートがあるらしくて、おみやげにいいかな〜と思ってひらめき

各薬局に、とか、なんだ、かんだで、15個ぐらい買うことにしたら、20個買ったら2個おまけするって言われて、結局、20個買った(笑)

「おまけ」とか「まける」とかっていう言葉に弱いよね〜いい気分(温泉)





チョコレートやさんにたどり着くのに道に迷ってかなり時間をロスしてしまい、もうすぐ20時半になろうとしています。。。

(というのも、シンガポールって、大きな交差点って横断歩道がなかったりするんですよ。なので、地図上ではすぐそこなのに、一体どこの道通っていけばいいのよみたいになったりする。あと、同じビルのはずなのに通り抜けできるとことできないとこがあったりとか…)

ヤバイ!!
ラッフルズホテルのオリジナルショップが21時までなのです!!

ダッシュでラッフルズホテルに向かい、ぎりぎりセーフダッシュ(走り出すさま)
父へおみやげのTシャツと、あと、シンガポールスリングを自宅で楽しめるプレミックスなんてものが売っていたのでお買い上げ。



そして、ほんまもんのシンガポールスリングをいただきに、ロングバーへ



かなりの混雑っぷりですあせあせ(飛び散る汗)

なんとかカウンター席につくことができて、もちろん注文はシンガポールスリング!!



わぁ〜!

すごいなぁ、このカクテル、100年近くももうこの場所でみんなに提供されてるんだ、って思うと重みを感じる。

甘くてさわやかで飲みやすいカクテルですバー

いっきに飲んでしまいそう(爆笑)

ちなみに、落花生は、おつまみとして各テーブルに置いてあり、殻は床に落っことすのがマナー?だそうです。
バーのあちこちから、殻をふみつぶす、かしゃっ、かしゃっ、という音が聞こえて来る。
そういやスペインのバールとかでも、海老のしっぽとか床に落っことすのがマナー?とか言われた気がする。礼儀正しい日本人からするとちょっと抵抗あるけど、スペインで言われたのは、そのおかげで掃除という仕事ができるから雇用につながるとかなんとか…笑



伝統あるホテルのバーで、歴史あるカクテルをいただいて、とってもラクジュアリーなひとときを過ごしたのだけど、一人だとやっぱり寂しいですねあせあせ(飛び散る汗)
まわりもみんな、二人以上で来てて、お話できる雰囲気じゃなかったしあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

この次は、きっと、大事な人と来よう黒ハート

そしてそのときには、カクテル一杯の値段にびっくりしないような自分でいたいなぁ…
(シンガポールスリング 一杯 $29.45 約1800円)



さて、今日・明日と、この前日本からお使いをいいつかったかとーさんの寮に泊めてもらうことになってまして、朝、ホステルにおいてきた荷物を取りに戻って再びMRTに乗り、待ち合わせ場所へ。
守衛さんに見つかったらちょっとマズいので、どきどきしたけど、なんとか見つからずに侵入成功!
かとーさんの寮は4人部屋で、ザ・男部屋、というかんじ(笑)
夜も遅いし疲れていたので、シャワーを浴びて即就寝。

アフタヌーンティーがいまだに胃もたれ…(苦笑)



↓人気blogランキング↓
blogram投票ボタン

 
posted by りょうこ at 23:59 | 宮城 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2011シンガポール 世界三大がっかり制覇の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック