2011年11月21日

2日目:早くも使命達成

飛行機は、予定より1時間半ぐらい遅れて、2時ちょい前にシンガポール・チャンギ国際空港に無事到着。



日本と時差が1時間あるので、日本時間はおよそ3時。

そういや昨日、5時起きだっよねぇ…。もうすぐ24時間じゃん。は〜疲れた。

夜遅くの到着だったので、街まで行くタクシー代とかホテル代ももったいないから、今夜は、ホテルを予約せず、地下鉄の始発の時間まで空港でだらだらする予定だったから、ま、少し到着が遅れてくれて逆に良かったかもしれないけど、にしても疲れたなぁ。

と、ぐったりモードのりょこたんの目の前にあらわれたモノ



フットマッサージ機!!!!!

しかもタダ!!!!!

これは嬉しい!!!!!

長旅でむくんだ足を癒しましょう〜いい気分(温泉)

すっかり足も軽くなって、空港内をうろうろうろうろ。



トランジットエリアがめっちゃ広くてキレイ。成田と逆ですね。
チャンギ空港は、「世界一泊まりやすい空港」と聞いたけど、まさしくそんなかんじです。
ソファがいっぱいあって、寝てる人多数、でも係員も何も言わないし、治安も良さそうだし、ホント、夜遅くにつくならわざわざホテル予約する必要ない!!

とはいえ、荷物を預けてあるので、きっと今頃、ベルトコンベアをぐるぐる回ってるんだろうな〜
とりにこない荷物は多分、脇の方によけててもらえるとは思うので、しばしここで仮眠眠い(睡眠)

朝まで寝ていたかったけど、さすがに荷物がちょっと不安だったので、4時前にはイミグレを通過してパブリックエリアに出る事に…

でも結果的に言えば、荷物は、わきのほうに丁寧によけてあって、しかも、私以外にも荷物を放置してトランジットエリアで休憩している人が多数いたもようで、何十個も放置してあったから、ほんっとに始発の地下鉄が動くまでトランジットエリアでゆっくり休んでおけばよかったとちょっと後悔。。

ATMで現地通貨(シンガポールドル $1=約60円)を$500引きだし、パブリックエリアのベンチでうとうとしたり、朝Macしたりして、朝7時過ぎに、地下鉄で、中心部に向かって移動することにしました。

シンガポール内での移動はMRT(地下鉄)が便利そうで、ほとんどMRTで行きたいところには行けそうなかんじ。
今、空港から中心部まで行くぶんは、普通切符を買ったのだけど、シンガポールのMRTにはSUICAみたいなタッチ式の「EZ link card」っていうカードがあって、あと、観光客用のカードもあるもよう。
ただ、観光客用のカードは1日10シンガポールドル分乗らないとモトがとれないらしい。※1シンガポールドル=約60円
MRT1回で最高でもせいぜい2ドルくらいらしいから、たぶん1日10ドル分も乗らないだろうな〜。

というわけで、次にMRT乗るときにはEZ link cardを買う事に決めました。
カード代5ドル払わなきゃいけないけど、毎回切符を買うより料金が少し割引になるということと、毎回切符を買う手間を考えると5ドルぐらい払っても全然損しないと思う。



今回、現地4泊と短期なので、得意のHostels.comで、MRTのLavender駅近くの宿"Backpackers@SG"をあらかじめ予約しておいたのです。
2泊だけ予約してて、あと2泊は、いい宿だったら延長するか、やな宿だったら違うとこ探して…って思ってたんだけど、結局あとの2泊はお友達のところに泊めてもらえることになったので、ここにお世話になるのは2泊のみ。

宿は迷う事無くすぐ発見できて、チェックインしたのだけど、ここで、シンガポール人特有の英語、いわゆる「シングリッシュ」の洗礼を受ける事に…笑

ま〜発音が見事に中国語発音で、非常に聞き取りづらい!!

部屋はまだ使えないようだったので、Can I leave my luggage?(荷物だけ置いてっていい?)って聞いたら、Can! Can! って言われた。
正しい英語だったら、Yesというべきところですよねぇ。。ま、意味わかるからいいけどさ。つまり置いてっていいんだよね。



というわけで荷物だけ置いて、Lavender駅でEZ link cardを買い、仙台のお友達でシンガポール大学に留学中のかとーさんとの待ち合わせのためにCity Hall駅へ…

と、思ったら、いきなり次のBugis駅でMRT止まっちゃってさ!

運行停止するから降りて下さい とかっていきなりアナウンス流れて、全員わらわらと電車から降り…

ちょちょちょちょ、困る!!!!!

異国の地で携帯も使えないのに(てか、私のスマホ、グローバル対応のはずなのに使えないのことがさっき判明して!!なんで!!)、かとーさんにどうやって連絡をとればいいのか…

いったいいつMRTが再開するのかわかんないし、City Hallは次の駅だから歩いていけばいっか、と思って、地図を見ながら歩いていく事にしました。

歩き始めて気づいた。
暑い…たらーっ(汗)(シンガポールは赤道直下、一年中夏です)
しかも、一駅の間隔けっこう長い!!

まいったなこりゃ。

にしても、シンガポールってめっちゃ都会です。

 



結局、City Hall駅に到着したのは待ち合わせから30分以上遅れてだったけど、なんとかかとーさんとも落ち合う事ができました。よかったよかった。

今回かとーさんに、日本から持ってきてほしいと頼まれていたものがあったので、それを持ってきて、そのかわり、かとーさんが留学しているシンガポール大学の寮に(こっそり)泊めてもらえることになってたのです。
頼まれものを無事お渡しし、おつかい終了(笑)
かとーさんにマリーナスクエアのフードコートでごはんおごってもらいました、ありがとう。

もともとはマレーシア料理らしい「ラクサ」というヌードル。

  

ずらっと並んだ具のなかから好きなものを選んで、スタッフに渡すと、ヌードルといっしょに茹でてくれて、ココナッツベースのピリ辛スープでいただきます。

これが、うっっっっっっまいのよ!!!!!

魚介の出汁のきいたスープは、ココナッツ好きにはたまらない!!!!!
かなり赤く見えてるけど、見た目よりは辛くないです。
いや〜おいしすぎるこれ!!

こんなおいしいもの食べれるなんて、すてきな国だなシンガポール!!(笑)

かとーさんの近況とか、シンガポールのこととかいろいろお話したあと、シンガポール国内で使える携帯電話を借りて、2日後に再会することを約束しつつかとーさんとはお別れ。

早速観光に出かけましょうグッド(上向き矢印)



公園の中をてくてく。



ビル群

 

スゴイよねほんと。大都会だ。
NYのマンハッタンにもひけをとらない…っていったら言い過ぎかもしれないけど(笑)



さぁ、もうすぐ、「あの方」があのへんにおでましになるはず…!!

と、思っていたら、いきなりの大雨雨
橋の下でしばし雨宿り。



写真でも雨のスジが見えるぐらいの大雨です。
今、シンガポールは雨期なので、雨が多いのはしょうがないのだけど、にしてもこの雨の勢いったらスゴイあせあせ(飛び散る汗)

かれこれ30分強ぐらいでしょうか、雨が小降りになったところでいよいよ、「あの方」にお目にかかります。
ドキドキ黒ハート



じゃーん!!

ご対面!!



はい!

マーライオン様でございます!!!!!



なんせ、今回なんでシンガポールに来たかっていう第一目的みたいなもんですからね!!



※今回の旅を決めるまでの私の心のうごき

本当は、今年2011年はフランスに2週間ぐらいは行きたかった。あと、バンコク発着で1ヶ月ぐらい東南アジア周遊したかった。でも震災で海外旅行どころじゃなくなって…
 ↓
だんだん落ち着いてきたから、国内ならいんじゃね?ってなって、四国ツアー決行
 ↓
四国で旅魂に火がつき(爆笑)、2011年海外に行かないで終わるのは自分的にどうかと
 ↓
だからといって1ヶ月とか旅する気分じゃないし
 ↓
じゃ、近場で行った事ない国で、数日で楽しめそうで、何かこれという目的があるといいなぁ
 ↓
シンガポールなら数日でも楽しめて、「世界三大がっかり」を制覇するという目標も達成できる!!(爆笑)



※「世界三大がっかり」とは
もともとそんなに大した事ないのに、あまりに有名すぎるがために実物を見てがっかりする、といわれる観光名所。俗に、マーライオン(シンガポール)、小便小僧の像(ブリュッセル)、人魚姫の像(コペンハーゲン)といわれる。
あとの2つは私、既に制覇していたのです。一番近いとこが残ってしまってた。



いや〜、がっかりですねぇ(爆笑)

思ったよりちっちゃいです。



写真で見るとそうでもないけど、実物はけっこうショボいというかなんというか…

さっき対岸のマリーナスクエアでごはん食べたとき、かとーさんに「マーライオンあそこですよ」って指さして教えてもらったんだけど、ちっちゃすぎてわかんなかったからね!(笑)

うん、でも、後ろのビル群と写真撮るとなんか絵になるっていうか、悪くないです。
三大がっかりのなかでは一番がっかりしなかったかも(笑)





屋上に船の形のプールがくっついた豪華ホテル、マリーナベイサンズとマー様、の構図もなかなか。





後ろにはミニサイズのマー様もいます。笑



お約束の写真(マー様の水を自分が吐いてるような or マー様の水を自分の口で受けるような)を撮ってもらいたくて、誰かに頼もーかなと思ってたんだけど、意外と、誰もその「お約束の写真」撮ってないんだよね!!
誰か絶対撮ってる人いるだろうから、その人に頼もう!と思っていたんだけど。。。
というのも、今日この時間にマー様のとこにいた観光客、全員、日本人じゃなかったんです。
あんなおバカなことするの、日本人だけなのかも。。。(苦笑)



シンガポールについていきなり使命を達成してしまい、これからどうしよう…と目標を一瞬失いかけましたが(笑)、いやいや、まだまだシンガポールにはおもしろいところがあるハズ!!

と、いうわけで、対岸のあのホテルまで歩いてってみることにしました。



 

やたら、おしゃれな象があちこちにいます。

 

南国もクリスマスムード。



ここだけ見たらNYだっていってもわかんないぐらいの高層ビル群



ホテル・マリーナベイサンズのショッピングゾーン入口



ゆるやかにカーブしたショッピングゾーンに、ブランドショップがずらり〜



台湾のパールミルクティーやさんがあったので、ちょっと一息ついて。

おお、これは…



ラスベガスのベネツィアンみたいに、ホテルの中に水路があって、船頭さんが船こいでくれます。
ってかまるっきりベネツィアンのパクリ?(笑)



ショッピングゾーンを出て、次はいよいよホテルへ。



下から見るとすごい迫力!!



実はあのプールは、残念ながら宿泊客しか利用できないんだけど、プールの隣が展望台になっているらしく、一般の人もお金を払えばエレベーターで展望台に上がれます。
エレベーターのチケット売り場で「展望台には屋根がありません、これから雨が降っても払い戻しできませんがいいですか?」って聞かれましたが、ここまで来て屋上あがらずに帰れないし、さっきあんだけ降ったからもう降らないでしょ!!


ホテルのミニチュア。
しっかしすごいホテルだな〜 このデザイン、この独創性。



エレベーターはいっきに屋上まで上がり…
  

目の前に広がる大パノラマ!!

すごいね〜!

ってかまだ工事中のトコいっぱいあるんだよね。
ますます大都市になってくんだなぁ…

すごいなって思う反面、なんかそんなにあっちこっち開発して都会化してくのももったいない気もするけど。



そして、展望台の反対側にあるプール



ああ〜あのプールで泳いでみたい!!

よし!!
いつかまたシンガポールに来て、このホテルに泊まろう…!!
そんで、あのプールで天空水泳を楽しむんだ、絶対に!!



海の上に架かる歩道






人の顔に見えるんだけど、これ、近寄ってよーく見て見ると…



一枚一枚、人の顔写真なの!!
スゴイ!!
顔で顔作ってるんだ!!!!!



ベイエリアをぐるっと歩いてまたマーライオンパークに戻ってきました



観光客がわんさか。



そこから、ビル群の裏にあたるエリアへ行ってみました。





フラトンホテル。
ここもなんだか格式高そうないいホテル。泊まってみたい〜!


 

昔のシンガポールを思い起こさせる銅像。
子供たちの像がほんとうにいきいきしてて、ほんとうに川に飛び込みそうな勢い!

 

自由貿易で栄えたシンガポールは、イギリスの植民地である時代もありました。実にイギリスっぽい橋。
その橋の下を船が忙しく行き交います。



近代的な高層ビルのふもとにかわいらしい店がずらっと並んでいる、ボートキー。
夜、川沿いでディナーするのも楽しそう。



…っと、そろそろ体力的には限界あせあせ(飛び散る汗)

昨日寝てないし、歩き回って足は痛いし…

ちょっと休憩して、また夜景見に来よう…

というわけで、宿に戻ってしばし仮眠…眠い(睡眠)



夜、暗くなってから再び活動開始。



まずは腹ごしらえレストラン



アジアの食事はやっぱり屋台飯でしょ!!

シンガポールでは、昼に行ったようなフードコートとか、ホーカーズという屋台街が、あっちこっちにあります。

ちなみに、シンガポールには、いわゆる「シンガポール料理」というものはないんですね。
というのも、昔から、自由貿易港として栄え、世界中の国の人がここに住むようになり、それぞれの言葉、文化、習慣などを守ってきたので、それらが融合し新たにシンガポールの文化というものが生まれなかったのです。

なので、シンガポールで食べられるものは、シンガポールに住んでいる中国人、インド人、マレー人、アラブ人たちの料理。
その他ホーカーズでは、日本や韓国、欧米のものまで幅広くいろいろ食べられます!



マーライオンパークからもほど近いホーカーズ、ラオパサに行きました。



ここも建物がなんだかイギリスっぽいです。



おしゃれな建物のなかに、屋台が、これでもかー!!というほどひしめきあっている姿はやっぱりアジアぽい。

しっかし、こんだけ食べ物やさんがあるとなると、本当に、目移りしちゃう…
何食べようかな〜

と、歩いていて目についたコレを食べることにしました。



英語名、キャロットケーキ。

日本名、大根餅。

台湾とかにもあるけど、大根をすりおろしたおもちを、卵や海老などと炒めていただきます。
なんで、大根なのにキャロットなのかは不明ですが、昔、大根のことをホワイトキャロットと言っていたとかなんとか。なにげに今は、大根は英語でもdaikonで通じちゃったりしますね!(全世界で通じるのかはわかんないけど、少なくともアメリカでは通じる)

これが、おいしいのよね〜〜〜

ビールがよく合う!

って、シンガポールではビールがめっちゃ高くてビックリします。
この大根餅、$3.5ぐらい(210円)だったのに、ビールが$4.7ぐらい(280円)だったような…。



ラオパサでは、毎週月・火曜日はライブが行われていて、音楽を聴きながら食事をすることができまするんるん

食後のデザートはフレッシュフルーツ。フルーツの屋台もいっぱいあります。





お腹が満たされたところで、夜景鑑賞へぴかぴか(新しい)


  

摩天楼



ベイ・サンズは夜、ライトアップするだけでなく、光と音楽のショーみたいなものをやっててとってもキレイですぴかぴか(新しい)



シティホール方向。
なんかちょっとシドニーっぽいかんじ(って行ったことないけど 笑)



BARの前の光の噴水もきれい〜ぴかぴか(新しい)



昼間見たクリスマスツリーも夜はライトアップかわいい




木につりさがってるクリスマスオーナメントもきらきらぴかぴか(新しい)



そして最後はやっぱり



マー様でしょう!!(笑)



夜のマー様はとってもなまめかしく輝いていらっしゃいました。

摩天楼とのマッチングがまた最高です。

これを見る限り、全然がっかりしないよね!!(笑)




(実質の)一日目で、シンガポールと言えばコレ!!な部分をたいがい見てしまったけど、
明日からはディープなシンガポールを見て感じれたらいいな。

おやすみなさい眠い(睡眠)





↓人気blogランキング↓
blogram投票ボタン

posted by りょうこ at 23:59 | 宮城 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2011シンガポール 世界三大がっかり制覇の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック