2009年09月05日

56日目台北:最終日

帰国は明日ですが、朝早くに空港に向かわなければならないので、実質的には今日が、台北最終日。

そして、私の、長いながい2ヶ月にわたる旅の、最終日。。。



最終日は、まだなんとなく行ってなかった観光名所をめぐってみることに。



・・・の前に、腹ごしらえ。

こないだ、ちょっと高級店で期待はずれだった牛肉麺、今日は、中級店に行って食べてみました。


09090501.jpg


あぁ、こないだよりおいしいなぁ。こないだのよりちょっと安いし。

と思ったけど、まだまだ、安くておいしい大衆店はありそうな予感。

また次回、台湾に来るときまでのお楽しみ、ですかね。



※もうどうだっていいけど、この店、日本語メニューが一応あるんだけどね、それって、高いメニューしか載ってない!!!!!
例えば、牛肉麺とひとくちに言っても、スタンダードなやつ、牛すじ入り、とか、いろいろあるわけですが、日本語メニューには、一番安いスタンダードは載ってなくて、いろいろ具の入ってる高いメニューしか載ってない。。。足下見られてます。



宿のある西門からMRTで一駅の龍山寺に行ってみることにしました。
暑いけど、がんばって歩くことに。
(旅ダイエット!!!!!特に台湾来てから喰ってばっかりだしね)

台湾の繁華街は、ビルが連なっていて、1階部分がアーケードのようになっているので、その下を歩けば、けっこう涼しい(いや、涼しくはないけど、炎天下は避けられる)。



09090502.jpg
(途中にあった、教育センター?の建物。アトリエかなんかになってました。)



龍山寺は、1738年に建立された、台湾最古の仏教寺院です。
第二次世界大戦でアメリカの空襲を受けましたが本堂は無事だったようす。


※1738年の建物が最古ということは、、、日本のお寺は相当古いということだ。日本すごいじゃん。なんてちょっと感心しつつ



門をくぐると、噴水や滝のある、さわやかな中庭。


09090503.jpg 09090504.jpg


境内は、たくさんの参拝客・たくさんの日本人観光客でにぎわっていました。



09090506.jpg 09090505.jpg



日本人の団体さんお付きのガイドさんの説明をダンボしていたところによると、このお寺には7つの仏さまが祀られていて、それぞれに、御利益があるみたい。
お寺の人が配っている7本の長〜いお線香は、タダでもらえるとのこと(そのかわり、お参りの時にお賽銭を入れてくださいと)。
7本あるので、つまり、それぞれの仏さまに1本ずつおそなえするみたい。

お参りのしかたが微妙にわからなかったんだけど、なんとなくみんなのを見ていたかんじだと、最初に一礼してごあいさつ、そのあと願い事を唱えて、最後に三礼、お線香を一本香立てに立てる(というか、投げる、というかんじ。熱いので、投げ入れるしかない)

ってかんじで、私もなんとなく、お参りしてみた。



09090507.jpg



縁結びの神様の前では特に必死でお願いして(爆笑)



そんで、こないだから、お寺で気になってたことがあるんだけど、人々がみんな、木で出来た赤い何か?を2個、地面に投げて、なんかしてるんですよね。
ここでもそれをやってる人がいっぱいいて、なんなんだろ〜と思ってたら、日本人団体さんのガイドさんが説明してたのをまたもやダンボ。

あの赤い木の何かは、占い?おみくじ?みたいなもので、表裏があって、願いを唱えて2個なげてみて、両方おもてならオッケー、片方おもて片方裏ならまぁまぁ、両方裏ならダメ。みたいなかんじらしい。

でっ、結果が気に入らなかったら何回投げても良いそうです(笑)

当然りょこたんは、縁結びの仏様の前で、納得がいくまで投げました(爆笑)

赤い「縁結びの糸」ももらってうっきうき黒ハート



龍山寺を出て、次は、孔子廟に行くか〜


09090508.jpg
(MRT龍山寺駅前にあった牛の像。からだじゅうのツボがかいてある)



と、MRTの駅に降りてったら、ここ、地下街になっていて、いろんなショップとか、なんと占い街もある!!!!!

というわけで、また、占ってもらっちゃった(爆笑)



09090509.jpg



「日本語OK」とかいてあるおばちゃんのブースに入ってみたんだけど、このおばちゃん、めっちゃカタコトなんですが〜。
これで「日本語OK」といいきれる度胸はある意味すごいってなぐらい。。。
あんまりにもカタコトすぎて、不安を覚えたので、やっぱりいいです、と去りたい気持ちはまんまんだったのだが、こうみえてビビリなりょこたんにそんなことできるわけもなく。

んで、占いの種類と値段を説明されたんだけど、それがまた、たっかいのよ!
一番安い、人相手相オンリーでも1200元。それに四柱推命を加えて2000元のコースがおすすめ、的なことを言うんだけど、現金の持ち合わせが、もう、1000元ぐらいしかないし(事実)って言って帰ろうかと思ったら、じゃあ人相手相を1000元にまけるから、っていうので、根負け?して、占ってもらうことに。

当然といえば当然なのかもしれませんが、昨日とだいたい同じようなことを言われました。
違ったことといったら、私は男顔なので、女の子っぽい服・化粧をしなさい、ということと、長い髪はダメ、すぐ切りなさい!って。

男顔だなんて生まれて初めて言われました。
長い髪がダメ、の意味は、私の顔に長い髪が合わないのか、そもそも長い髪というのは運気が悪いということなのか、そこいらへんはよくわかりませんが。。。

30過ぎて未婚、彼氏もいません。っていったらめっちゃかわいそうがられて、占いの最初から最後までがんばれがんばれ言われちゃったわ。。。(苦笑)
そんなにかわいそうがられると、逆にみじめになるんでヤメテクダサイ。と思いつつ・・・

時々何いってるかわからなくて、はぁ?はぁ?って何度も聞き返しちゃったり、筆談になったり、大変でしたが、でも、人の良さそうなおばちゃん占い師でした。

でも、あんまりおすすめはしません。

占いやりたい人はおとなしく行天宮に行ったほうがよろしいかと。



ともあれ、地下鉄乗って孔子廟へと向かいましょう。



09090510.jpg



台湾には孔子廟があちこちにあるのですが、ここは、日本統治時代にいったんなくなった(学校になった?)後、孔子廟として復活し、今は政府の管轄下にあるという、りっぱなところです。


09090515.jpg



庭もきれい!


09090511.jpg 09090512.jpg


装飾もきれい!!!!!


09090513.jpg 09090516.jpg



学問の神様らしく、敷地内には自習室があったり、地域の人たちがなにかを勉強しているような風景も


09090514.jpg



09090517.jpg
(リスがいた。。。)


今のところ、特に学問の神様にお参りするようなこともないので、見学だけして帰ってきました。



引き続き、お隣の大龍どう保安宮へ(どう は山へんに同)



09090522.jpg 09090519.jpg


09090520.jpg 09090521.jpg


09090518.jpg



こちらは医学の神様だそうです。
すこぶる健康なりょこたんなので、こちらも見学だけで退散。。。


つまり、いちいちお参りするのがメンドクサイというだけの話なんですがね(爆笑)



09090523.jpg
(孔子廟の前にあった、見ざる言わざる聞かざる。なんで台湾にもあるんだろーって思ったけど、そもそも中国のものなんでしょうかね)



それから〜

長旅の足の疲れを癒しに行きました。

つまり、足裏マッサージ足



トミーは本業なので、俺は200元でやります!なんて言ってたから、んじゃ仙台に帰ったらやってもらお〜、台湾でやる必要ないやるんるんと思ったけど、やっぱせっかくなのでやってもらうことにした。



痛いのはいやなので、ガイドブック見て、痛いだけがマッサージじゃない!というのをモットーにしているマッサージ店に行きました。

値段がさっぱりわからないまま、とりあえず現金がスッカラカンなのでATMで2000元おろしてから、ドキドキしながら行ったんだけど、「60分900元、90分1200元、120分1500元」って言われてびっくり。

たけー。

ってか、なげー。

最短で60分かぁ。
んじゃ、60分で・・・



左足から始まり、念入りに、足裏、そしてふくらはぎをもみほぐすようにマッサージされ、時々、いてっ、と思うことはありつつも、身悶えるほど痛いということはなく、とっても気持ちがよい黒ハート
つい、うとうとするぐらいです。
30分経って次に右側にチェンジ、これまた、時々、いてっ、と思いつつも、気持ちいい黒ハート黒ハート黒ハート



1時間のマッサージは、けっこう、あっというまでした。



足裏の角質取りが600元でできます、といわれたけど、高いのでやめときました。
1800円もかけて取るほど角質ないですし、、、

ちなみに、隣には日本人三人連れのお客さんがいて、帰り際、三人で7200元払ってました。
2万円以上!!!!!
なにをどんだけやったんだろう?
ってか、台湾の物価とか考えると、マッサージってめちゃいい商売じゃね?とか思ったり・・・



マッサージ終わって店の外に出ると、、、



すごい!

足がめっちゃ軽いわ!!!!!わーい(嬉しい顔)

さっきまでの足の疲れがうそのようです。



09090524.jpg 09090525.jpg

09090526.jpg
(街をちんどんや?のような人たちが歩いていた。なんだろう〜って思ってたけどつまり、お寺のお祭りかなんかみたい。日本で、おみこしかついでパレードするのと同じようなノリですか。にしても、3枚目の写真の巨大な人形?これスゴイ。)



マッサージもおわってほっと一息、
だけど、
まだまだ私の台湾旅は終わりません!!!!!



小籠包リベンジに行かなくちゃっ!!!!!



昨日、あゆみちゃんに会ったとき、「トミーと小籠包食べに行ったよ♪忠孝復興SOGOの11階!」って言ったら、「えっ、わたしのおすすめは地下ですよ〜!!地下の鼎泰豊(ディンタイフォン)!!!!!」って言われて、

ななななんですと〜!!!!!

って思って私のガイドブックめくったら、書いてあるし(爆)。
気づかなかった。。。



まぁそんなわけなので、鼎泰豊にリベンジすることにしました。



したっけ



09090527.jpg



すごい行列・・・



店の外に受け付けがあって、そこで注文票をもらい、先に注文して、席が空き次第、番号順に呼ばれるシステムになっているみたい。

「1時間待ちです」って・・・

1時間・・・

そうだよね・・・この行列・・・

でも、ここまで来たんだから待つしかない!



地下の食品街を見て回ったり、ベンチに座って本読んだり、本当にきっかり1時間待ちました。。。



せっかく来たんだし、小籠包だけじゃもったいないかなと思って、ピリ辛海老ワンタンも頼みました。
烏龍茶も頼んだんだけど、サービスのお茶があるので、頼まなくても大丈夫ですよとお店の人がわざわざ教えてくれました。すばらしい。



かくして、りょこたんの目の前にやってきた、小籠包と海老ワンタン


09090528.jpg 09090529.jpg




・・・・・・



(゜д゜)ウ−(゜Д゜)マー(゜A゜)イ−!!!!!




ちょっとなにこれ!!!!!



言葉で表現できないぐらい、

身悶えて体がよじれてしまいそうなぐらい、

店内中に響き渡る大声で叫びたくなるぐらい、



うまっ!!!!!



繊細な皮に包まれた、肉汁たっぷりの小籠包はもちろんですが、この酢醤油と、これまた繊細にカットされた生姜の相性がもう最高すぎて、何も言えません。

おまけにこの、海老ワンタンがもう、ぷりっっっっっっっっぷりでさ!
甘辛いタレがこれまた最高で、今思い出してもよだれがでそうなくらいよ。



そっか〜
だからこないだ、トミーと行った11階の店、めちゃ空いてたんだ・・・
空いてるわけだよ・・・同じビルにこんなおいしい店あるんだもん・・・

ごめんね、トミー。
私、今、台湾に来て一番おいしいもの食べてるわ、一人で・・・
ってかたぶん、私をクラブに誘わなかったバチが当たったんだね・・・(爆笑)



あ〜マジうまかった。
教えてくれたあゆみちゃんにも感謝しなくちゃねひらめき



文字通り「泣くほどうまい」小籠包と海老ワンタンを堪能したあと、宿のある西門に戻ったら、駅前のレッドハウスの前で、なにやらマーケットが開かれていました。


09090530.jpg


アクセサリーとか、なんか手作り品のブースがずらりと並んでいた。

手作りのオリジナル感あふれる、ゴージャスなもの、チープなもの、いろ〜んなアクセサリーが売っててめっちゃかわいいぴかぴか(新しい)

最初に、気になったペンダントのお店で、中国語わかりません、って言ったら、店の人(実際に作った人)に英語でいろいろ説明してもらって、最後まで見てまだ気になってたらまた来るね、って言ってとりあえず次へ。

実際作った人と直接お話ができるというのはすばらしい。

次に気になった店でまた、中国語でいろいろ言われたので、中国語わかんないから英語で説明して、って言ったら、デザイナーの女の子、英語へたなんです、、、っていいながらも一生懸命、説明してくれて。

いっこいっこ見せてもらいながら思わず、かわいい〜!!!!!て叫んだら、「ニホンジンデスカ?」って。
はい。って答えたら、「ワタシ 日本語は 少し できます」って(苦笑)
私が、英語で説明しろといったから一生懸命英語で説明してくれてたけど、実際、私は日本人だと最初から言っていれば、この子は苦労しなくて済んだのだ(苦笑)

これ、台湾でよくあるパターンです(苦笑)

日本・日本人はとっても人気があるので、英語よりよほど日本語のほうが通じる、という、、、

ともあれ、彼女も、日本語を使える機会ができて、なんだかちょっとうれしそうだ。
日本語を勉強しはじめて、かれこれ1年になるそう。
1年で、なんとかコミュニケーションとれるレベルなんだから、たいしたものです。

どうして日本語勉強してるんですか?って聞いたら、日本の洋服とか、テレビが好きなんだって。
好きな俳優は?って聞いたら、もじもじしながら「・・・木村さん」って

キムタク?キムタクか?(笑)

かっこいいよね!って言ったら、なんだか照れてました。(笑)

「木村さんのドラマは、全部見てます。ロングバケーションとか・・・」
「ロンバケ!私も好き!!!!!」

とかって、アクセサリー全然関係ない話で大盛り上がりグッド(上向き矢印)

かんじんのアクセサリーもかなりかわいかったので、ピアスとネックレス、ふたつ買いました。ちょいとおまけしてもらいました。

あぁ、すんごい、楽しかった。。。



でっ、そのあとさっきのお店に戻って、そっちでも結局買いました(爆)。
現金の持ち合わせが本当に残りわずかで、言い値に50元足りなかったんだけど、そう話したら、親切に、50元まけてくれました。
ありがとう!



台湾人、みんないい人ばっかりだ〜。



お財布がスッカラカンになってしまったのですが、さっき小籠包と海老ワンタン食べただけでまだちょっと小腹が空いているし、なにより台湾最後の夜なので、また少しATMでお金おろして、西門の街で最後の食い道楽に右往左往レストラン


09090531.jpg
(ダイソーは最近ちらほらできはじめたらしいです。39元=110円ぐらいか。「日本直輸入」って、「逆輸入」のまちがいじゃないのと思うのは私だけ? 爆笑)



09090532.jpg
(台湾の原宿ともいわれる西門。たしかに、ビルやネオンの雰囲気が、原宿に見えないこともない)



09090533.jpg
(フルーツの切り売り、ドラゴンフルーツを頼んだら、まるまる一個カットしてくれた。多すぎ・・・でも完食)



最後の最後に、りょこたんが屋台でどぉ〜しても食べたかったものがあります。
それは「大根餅」
文字通り、大根で作ったおもちで、中国語では「蘿蔔餅」と書くらしいですが(大根=蘿蔔なんですって)、前に、仙台の台湾料理やさんで食べてめちゃめちゃおいしかったので、、、

「蘿蔔餅」の文字を頭に焼き付けて、台湾の原宿をうろうろする(笑)

・・・あっ!

あった!!!!!


09090534.jpg


やった〜!


私の願望達成力ってすごい!(笑)


指さしで「蘿蔔餅」の字を指さして、これください、って言ったら、オイスター?って聞かれて、つまり、牡蠣と一緒にまぜる?みたいなんだけど、他に何があるかもわかんないし、牡蠣好きだし、はい。って答えてみた。


おっちゃんは、鉄板で牡蠣を炒めはじめ、そこに、ネギや卵を投入、さらに大根餅らしきものを投入し、さーっと炒めて皿に盛り、上からタレをかけて終了。


おいしそう〜レストラン


09090535.jpg


そこいらへんのベンチに腰掛けて、いっただきま〜す黒ハート



・・・んま〜いわーい(嬉しい顔)



私が前に仙台の台湾料理やさんで食べたのは、たんに焼いただけの大根餅だったけど、これは、とろ〜り溶けたお餅が、牡蠣と半熟卵といいかんじにからみあって、甘じょっぱいタレがさらにからんで、めっちゃめちゃうまいってばコレ!!!!!
うまいし安いし(50元;150円)サイコーだ。

台湾最後の晩餐は、こんな、激うまB級グルメでございました。。。



あ〜やばい。

台湾まじでやばいです。

今日で終わりだなんて、、、寂しくてしょうがない。

・・・まぁ、どっちかっていうと早く帰りたい気分ではあるのですが(笑)、最後の街がこんなに楽しくてサイコーなところで本当によかった!



宿に戻ると、部屋に日本人がいました。

1週間も泊まって、この宿で日本人見たの今日が初めて!

街んなかで日本人めちゃめちゃ見るけど、ほとんどみんな、ツアー(団体 or パッケージ)で来てるんだろうから、こんなバッパー宿にはあんまり来ないんだろうね。

その人は、社会人で、長い休みが取れないので、今回は土日プラス月曜有給の3日間弾丸台湾ツアーだそうです。
飛行機ずいぶん安かったみたいだけど、3日間っていっても実質使えるのは明日1日だそうで、、、ほんとに弾丸だなぁ。
こんないいとこ1日だけなんて、実にもったいない!



台北どこがおすすめですか?って聞かれたけど、

おすすめの場所っていうか、、、

ここでは、観光名所をめぐるよりも、おいしいものを食べ歩きながら、いかに地元の人とからむかが面白いような気がするんだ。

って答えた。



観光名所をめぐるだけの旅だったら、1回行ったらもう当分行かなくてもいいって思う。

けれど、台湾は、何度行ってもそのたびに面白いことがありそうな。
そんな気分にさせてくれるところなんです。



シャワーを浴びて、荷造りをして。



最後の台湾の夜は、こうして更けてゆきました・・・



↓人気blogランキング↓
blogram投票ボタン
posted by りょうこ at 23:59 | 宮城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009ヨーロッパリベンジ台湾おまけつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック