2019年12月08日

りょうこは スヌートを てにいれた 初スヌートdive

Dive No.390-392 @奄美大島(大島海峡)

ショップ;エンドレスブルー



昨日水没した一眼…

今後どうしようかと一晩寝ずに考えたのですが
(いや、ちょっとは寝たけどw)
やはり今まで使っていたのがコスパ的に最高なので
もし買うなら同じのにしたい
ただ、ハウジングが信用ならないので
純正じゃないハウジングを新しく買おうかな…
でもそれだとかなり値段が高いので
いろいろあきらめなきゃいけないことが出てくる…

ともあれ
まずはハウジングに問題ないのかどうか
今一度水中に沈めてチェックしてみようと

わたしのOリングの処置がポンコツなだけかもしれないので
凄腕ガイド高見様にやってもらって検証することにしたんだけど
そのさなか、
最後にフタをしめてロックするところが
ぐらぐらっ!とすることに気が付いた!!

なんかこれぐらぐらしてるよね?
って思ってもう一回あけしめしてみると今度は大丈夫
念のためもう一回あけてみるとやっぱりぐらぐらする

なんだこれ?????

って思ってたら、そのネジ蓋がぽろっととれて
中のネジがゆるんでいたことが発覚!

ちょ!

これ!

なに???

てかこれのせいなんじゃないの?????

中のネジがゆるゆるで
でも、完全にとれてるわけではないので
そのときどきのタイミングというか調子というかなんかで
しまったり、しまらなかったり
うまくはまったときはちゃんとしまるけど
微妙にはまらないと水が入ってくる
ってことなんじゃ…?????

だったらわたしのOリングの処置とか
あんま関係ないよね!!

てかこの前もカメラ・ハウジングがなんかおかしくて
点検に出したばっかりなのに
その時はこのネジはいじらなかったのか?
いじったのか?
いじったままゆるいまま返されたのか?????

おーーーーーーーい!!!!!

とりあえずネジちゃんと締めて
ためしに1dive水中に沈めてみたら、全然オッケーでした。
そらそうでしょうよ。

この件に関しては後程メーカーに苦情を言うとして
気を取り直して3diveいってきました。

昨日の悪天候から一転
風はややつめたいけど(そら12月ですしね)
青空が広がって、コンディションは良かったです!!



#1 清水

りょこたん今日も清水行くけどいい?
って聞かれたけど
そんなん聞かなくても毎日でもつれてってくださいw

毎日でもあいたいナカモトさん♡

はやる心をおさえながら
まずは浅瀬で遊ぶ

いいおっぱい♡
って紹介されたんだけど
ダイキがガイドだと毎回エロネタ紹介されるのは
一体どういうことなの(爆笑)

からの
ナカモトさんに会いに深場へレッツゴー

※ナカモトイロワケハゼは通常
水深30m前後のところに生息しているお魚です
奄美ではもうちょっと浅いですが

安定のかわいさ♡♡♡

どうしても、深場なので、真っ暗になっちゃうから
ストロボ強めに、できるだけ近寄って
奄美でナカモトさんに会うのもこれが3回目だけど
毎回少しずつよくなってる!
はやく一眼で撮ってあげたいけど
それはしばらく難しいかもしれないので
コンデジで撮れる最高レベルでかわいく撮れるよう
毎回精進するぞー!!



#2 長瀬

ちなみに、つい先日ですが
実はあたらしいおもちゃを手に入れたのです。

スヌート、っていう写真撮れるライトと、ライトにはめるレンズ。

191202snoot2.jpg
カメラの上についてるライトね

191202snoot3.JPG
こんなふうに、撮りたいものにだけ
ピンポイントでライトをあてて
闇にうかびあがるように撮る
これ、部屋の電気は上記のようにつけたままですよ!
露出(F値、SS、ISO感度)をいじくれば
こんなふうに撮れます

ちなみにこのウサギは
奄美の固有種、アマミノクロウサギね



スヌートやってみない?て
凄腕ガイド様にそそのかされて勧められて
気がついたら買ってた、みたいな(爆笑)

せっかく買ったのでさっそく使ってみましょう
残念ながら一眼はないけど…
まず練習のため
なんでもかんでもスヌートしてみる!!


長瀬の主、ストロボバージョン

これはスヌートではなく
普通の手持ちのライトあててホラー風に。
若干失敗作。次回再チャレンジだな。

記念すべき水中スヌート第一作は
やっぱり安定のコイボウミウシでしょう笑
ここで、ライトの当て方等々少し練習

ハナヒゲウツボは近づきすぎるとひっこんじゃう
ライトを、真上からじゃなく横に当てるといいかもね

そのすぐ近くにいたコンペイトウウミウシ
全身写そうとしなくてもこうやって
ピンポイントで頭だけ、とか

同じコンペイトウウミウシをうしろから
二次鰓クローズアップで
なんかクリスマスツリーっぽくなった!
こーゆうのいいかも!!
個人的に本日2番目に好み。

カメラの入り込めない岩陰にいた
ルージュミノウミウシ
これは難易度高すぎる(場所的に)

シルエットバージョン
偶然…いや狙って撮った(笑)
こういう撮り方もできます

サンゴの中をうろうろしている
アカテンコバンハゼ
この前、一眼で四苦八苦したすえ全然とれなかったけど
スヌートで、ココに来たらとる!って
ピンポイントでライト当てて待って撮ると
わりと撮りやすい
ファンキーな色使いかわいいな



スヌートいろいろ撮ってたら
なんだかめっちゃ楽しくなってきた!!
写真はまだまだショボいけど
撮り方、考え方が普通の写真と違ってて面白い!



#3 嘉鉄

天気もいいしひさしぶりにワイドで


トップシーズンよりはだいぶ減ったけど
それでもまだまだキンメやスカテン群れてます

ハナビラクマノミの普通バージョン

ハナビラクマノミのスヌートバージョン
この前、クマノミにだけスポットあてて
まわりを暗くぼかしたかっこいい写真をみたので
ちょっとそれ風に、まねしてみた。
撮り方はなんとなくわかったけど
あとは、いいシチュエーションを見つけるってことかな
写真って、カメラの技術と同じぐらい
いい場所、いい被写体を探す・見つけるのが大事だと思う

今日のスヌートで一番おきにいりの
ミナミギンポ
どこにでもいる普通種ですが
口元がにやーっとわらっててかわいいうえ
ライトの当たり具合で目がうるうるきらきらして
ああ、なんてかわいいのかしら

スヌートって、
暗くてかっちりしててかわいくないイメージだった。
だから、めっちゃやりたいとは思ってなかったんだけども
奄美や沖縄の海の良さを外国人ダイバーに知ってもらいたいな
っていう思いがあって写真とかインスタとかやってきたなかで
日本人好みの明るくてほわほわの写真だけじゃなく
外国人好みの、暗くてかっちりした写真、
たとえばスヌートとかも撮らないととかな、、、

なんて思ってた矢先に
凄腕ガイド様にそそのかされて勧められて
なんとなく買ってみたんだけど
実際やってみたらめっちゃ面白い!!!!!

コンデジだからとりあえず
露出をいじりさえすればいけるので
そういう意味では簡単だけど、
被写体の大きさ、角度、位置、どこをどう撮りたいか、
でライティングはけっこう微調整が必要。
露出を自分で調整しなくてはならない一眼だったら
死んでたかも(爆笑)
むしろいま一眼なくてよかったw


ふたたびワイコンつけかえて

ケラマハナダイ

赤いハタの存在感すごい

超ぶさいくなオニダルマオコゼ
(毒あり注意)




マクロ、ワイド、スヌート、
いろいろ山盛りたのしんだ3diveでした!!!



さて、水没した一眼ですが
帰宅後、メーカーに電話して苦情を伝えたら
とりあえず、検証したいので
ハウジングと水没したカメラ一式送ってくれ
といわれ、そっこーで発送してきました。

もう、ネジはちゃんとしめちゃったし
前回整備のときネジは実際どうだったのかとか
水没がネジのせいだったかどうかも
もはやだれにもわからないと思いますが
送ってどうするんですか?って聞いたけど
それでもいいからいったん送って、と

原因はもはやわからないけど
ネジがゆるんでいたのは事実だし
しかもこの前、整備に出したばかり、だしねぇ

このままの流れで
一式新しいのに交換してくれないかな
せめてカメラとレンズだけでも
っていうか交換してくれないと困ります!!
よろしくお願いしますよ!!!!!




ブログに載せてない写真もあります
photo album "2019DiveAmami48-South"
2019DiveAmami48-South




☆【アメリオーレ】自己治癒力アップ心理カウンセリング☆



内海式根本治療をベースにした分析型心理カウンセリングにより
現代医療や薬に頼らず病気やケガ、不快な症状を完治するための
自己治癒力を上げるお手伝いをさせていただきます!

※ZoomまたはSkypeのビデオ通話で行います
(Zoom・Skypeともに登録・利用は無料です)

※いきなり有料のカウンセリングは敷居が高い…と思われたら
初回のみ無料のガイダンスや
カラーセラピーのメニューをご利用ください






公式LINEページからもお問合せ・お申し込み受け付けます!
イベント・セミナーのお知らせ等もこちらで!

LINE ID @892smjrv



アメリオーレインスタグラムもチェック!
インスタ限定投稿もあります

ameliorerinsta.png
@ameliorer_en_soleil



100日ツイッターの会 つぶやき中!

ひなたりょうこ個人アカウント

アメリオーレ公式アカウント



posted by りょうこ at 23:59 | 鹿児島 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする