2019年06月14日

お金のいらない国




たとえば辺野古の基地問題とかでいうと
土砂を埋める業者とか、
山から土砂を切り崩す業者とか、
たぶんだけどものすごくいいお金もらって
やってるんでしょうね

だから、倫理的に、基地なんかないほうがいい、と思ってても
引き受けようという人・業者が、ある一定数いる。

どんなに、反対を訴えても
「得する人」がいる以上、こういう問題は、結局、
【お金】をコントロールすることで政府の思うままに進んでいく。



そんな話は世の中には数えきれないほどあって、
結局、そういった問題をすべて解決するには
人々のお金に対する価値観というか、考え方を
180度転換させないことには無理なんだと思う。



で、その、
お金というものに対する考え方を180度転換させた世界、
ってのが、この本でだいたい語られている。



つまり

人々が、自分がやりたいと思うこと、やりがいのあること、
世の中の役に立つと思うこと、
をそれぞれやれば、
うまいこと役割分担がなされるので
結局お金なんかなくても世界はうまくまわる。
ということ。

そんなに話は単純じゃないでしょーが
とみんな思うかもしれないけど

でも、たとえば、
だいぶ前だけど、
シフトのない会社、ってのが話題になったことがありました。

出勤日や出勤時間、どの仕事をやるか、
とかは社員がそれぞれ自由に決めてよい、っていう会社。

これが、
やりたい仕事が偏ったり、
出勤日が偏ったりせず、
不思議とうまくまわるんだそう。

それぞれがやりたいこと勝手にやったら
誰もやらない仕事が出てくるんじゃないかとか
全員休んだらどうするんだとか心配になっちゃうけど、
人はそれぞれ、やりたいこと、向いてることが違うし
仕事に求めるもの、働きたい時間、とかも全員違うから
最終的にはいいかんじにおさまる。らしい。

これは、ひとつの会社内での話だけど
国、いや、地球規模に広げてもたぶん、
このバランスって成り立つんです。



それぞれの人間が、
本当にやりたい仕事をして、
本当に欲しいものだけを手にする生活であったなら
物々交換というか、いや、それすら必要なく、
作る人と欲しい人のバランスがとれてさえいれば成り立つのだ。



そんな世界を実現させるのはまだちょっと現実的ではないけれども

この世の一人ひとりが、

「本当にやりたい事だけ」をして

「本当に欲しいものだけ」を手にする生活

そこを少しずつ目指してくことは、できる、と思うし
それを続けていくことで、
人々の、お金に対する価値観も変わってきて
お金のためだけにやりたくない仕事をやる必要がなくなれば
たとえば辺野古の基地なんかあっというまに建設中止でしょうね。



本当にやりたい仕事=お金もらえないとしてもその仕事をやりたいと思うか?

↑これな




この本、続編があるようなので
全部読んでみようかな!




☆【アメリオーレ】自己治癒力アップのための心理カウンセリング
現在、新規受け付けは休止中です。
近日中に、Skype・Zoomでのカウンセリングをメインに再開予定です。
(不定期で仙台・東京での対面セッションあり。こちらでお知らせします)
サービス一覧、お申し込みは
☆無料メルマガ【アメリオーレ通信☆幸せはこの手で創る】
「自分を幸せにできるのは、この世でたったひとり、自分しかいない!!」
徹底的に自分を幸せにするための、自分を見つめ直すきっかけや
今日からすぐ使える心理のポイントをお届けします。
(これまでイベント、セミナー、個人セッションを受けてくださった方、
お問い合わせ下さった方には自動的に配信されます)

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13953
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)
☆無料メルマガ【アメリオーレ☆薬いらず医者いらずナチュラルハッピーライフ】

「人類にとって本当に必要な薬は1割にも満たない!!」
「むしろ薬や医療では病気は治らない!」
心が病気を作るしくみ、わたしたちの健康に影響する薬や
医療、食、環境に関する「ほんもの」の情報をお届けします。
薬なんかいらないし、病院のお世話になる必要もないんです。
そんな自由で自然な暮らしをしてみませんか。

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13654
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)



posted by りょうこ at 23:59 | 鹿児島 ☔ | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新・受け入れの法則

190614shinukeire.jpg




「引き寄せの法則」が語られるようになって
もうだいぶたちますが

「引き寄せの法則の嘘」という話も
徐々に広まってきていると思う今日このごろ

すなわち
引き寄せの法則、とは、
願えば叶う、というふうにとらえられることも多いけど
必ずしもそうではなく

人間の意識というのは、9割以上が無意識であり
自覚している意識と、無意識が、真逆。
ということも、しょっちゅう!!起こっていること。

なので、頭で考えていること、思っていること=顕在意識=1割以下、
よりむしろその大半を占める9割以上の無意識が現実化するのであって
願えばかなう☆というような簡単な話ではない、ということです。

自分で認めたくないとしても
今、身の回りに起きている現実が、
自分が(無意識で)思っていることなのだということ。

だったらそれ、認めちゃえばいいじゃん。
認めるしかないよね。



と、いうのが、
この本で提唱している「受け入れの法則」



どんなに今の自分の置かれている現実が、
自分の望んでいることじゃないとしても
まず、そんな現実を受け入れる。
嫌かもしれないけど、いったん、認める。
これがわたしなんだ。って、受け入れる。

で、皮肉というかなんというか、
頭(顕在意識)では願っていないはずの今の現実を受け入れた瞬間に、
自分が心の奥底から望んでいる真の望みに気づきはじめ
そしてそれが、それが現実化していく=引き寄せの法則

頭や心が望むことではなく、
魂の底から求めることに気づき、
それを現実化していくのが、真の、引き寄せの法則、だということ。



わたしの人生に現れるもの、
わたしの世界に存在するすべての物事に、
わたしは、責任がある。

わたしは、わたしの世界に全責任を持つ。

と決めると、人生がうまく回り始める…



逆に、
人生がうまく回っていないと思うなら
それは、今の自分の人生を受け入れていない証拠、でもある。



ワンネス=すべてのものはつながっている
だから、自分を嫌う=世界を・宇宙を嫌うことにつながる
つまり、自分を嫌っていては、世界が優しくなるわけがない。

結局、愛なんだよね。

まずは、自分を愛する。
それは、世界を愛することと同意。



どうしても愛せない自分がいるなら、
まずはそれを、「受け入れる」
自分を愛せなくても、いいじゃん。って。

ネガティブな感情がわいてきても、
それをごまかすんじゃなくて、しっかり受け入れて、感じきる。
ネガティブな感情を持つ自分さえ受け入れる。

そうやって、心を純粋にしていくにつれ
真の望み、自分の使命が見えてきて
その方向に全力で進めるようになる。
(今の生活はやめる、自分の使命に向かって歩くんだ、っていう
「締め切り」を作るのも大切)



自分の人生のシナリオを決めて生まれてきたのは自分

だけど、そのシナリオはいつでも書き換えられるし
書き換えることができるのは、ほかでもない自分なんだ。




☆【アメリオーレ】自己治癒力アップのための心理カウンセリング
現在、新規受け付けは休止中です。
近日中に、Skype・Zoomでのカウンセリングをメインに再開予定です。
(不定期で仙台・東京での対面セッションあり。こちらでお知らせします)
サービス一覧、お申し込みは
☆無料メルマガ【アメリオーレ通信☆幸せはこの手で創る】
「自分を幸せにできるのは、この世でたったひとり、自分しかいない!!」
徹底的に自分を幸せにするための、自分を見つめ直すきっかけや
今日からすぐ使える心理のポイントをお届けします。
(これまでイベント、セミナー、個人セッションを受けてくださった方、
お問い合わせ下さった方には自動的に配信されます)

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13953
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)
☆無料メルマガ【アメリオーレ☆薬いらず医者いらずナチュラルハッピーライフ】

「人類にとって本当に必要な薬は1割にも満たない!!」
「むしろ薬や医療では病気は治らない!」
心が病気を作るしくみ、わたしたちの健康に影響する薬や
医療、食、環境に関する「ほんもの」の情報をお届けします。
薬なんかいらないし、病院のお世話になる必要もないんです。
そんな自由で自然な暮らしをしてみませんか。

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13654
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)




posted by りょうこ at 10:00 | 鹿児島 ☔ | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする