2019年02月28日

平和祈念公園とひめゆりの塔

沖縄にいるからには絶対に訪れたい場所へ。

って、どっちも、住人になる前に行ったことあるけど、
はるか昔だし(苦笑)
世界平和を願ってやまないわたしとしては、
何度でもここに来て、気持ちひきしめないといけない。

てか、平和祈念公園、行ってるはずなのに、なぜか行った記憶が薄い。
公園の記憶が薄いんだから、資料館に行った記憶などあるわけない(苦笑)

ひめゆりの塔と資料館はめっちゃ覚えてるけど
リニューアルしたみたいで、わたしの記憶とはだいぶ変わってた。
 
平和祈念公園とひめゆりの塔は近いので、
同じ日に行くのがいいと思いますが
本気でこのふたつ見ようと思ったら朝9時に行かないと、
あっというまに夕方です。

ちなみに、平和祈念資料館、ひめゆり資料館、
ともに内部はほぼ写真撮影禁止ですので
ぜひ、皆様方におかれましては
実際に足をお運びになっていただきたいと…



では
平和祈念公園から

平和祈念堂

平和祈念堂

平和祈念堂の隣に
日本最大の蝶、オオゴマダラの飼育場所があって
たくさんのオオゴマダラが優雅にひらひらと舞ってます

平和祈念資料館

平和祈念公園は摩文仁の丘の上にあります
沖縄戦終盤、逃げ場を失った沖縄県民たちが
多数ここから身を投げたとか…

平和を祈って燃え続ける

平和の礎

平和の礎
各県ごとに、沖縄戦で命を失った人たちの名前が刻まれている
宮城県出身者の方々のなかにはわたしの祖父母の知り合いとか
遠い親戚もいたに違いない…と思うと他人事ではない。

で、各県ごとに沖縄戦そして第二次世界大戦で
亡くなった人たちを弔う塔があります

宮城の塔
若干しょぼめかも…(苦笑)

平和祈念公園西の端、勇魂の塔

ここから階段を下ってくと

沖縄師範健児の塔や

南冥の塔などがあります

ここで逃げ場を失って亡くなった人がたくさんいたようです…


この洞窟に潜んでいて亡くなった方も多いのかも…


平和祈念公園はすみからすみまで歩くとめっちゃ広い!
しかも資料館は盛りだくさんで、最後は時間なくて駆け足でした。




ひめゆりの塔


沖縄師範学校女子部・沖縄第一高等女学校の学生たちが
沖縄戦で負傷した兵士の治療にあたるために結成された
「ひめゆり学徒隊」

いずれの学校も、成績が優秀じゃないと入れなかった
ハイレベル校だったようです。

将来有望な若い女子学生たちの命が
戦争によってたくさん奪われた。

ちなみに、ひめゆり、とは
沖縄師範学校女子部の学校誌「乙姫」と
沖縄第一高等女学校の学校誌「姫百合」を
あわせて作った造語

その活動の中心が
ここにあった沖縄陸軍病院第三外科




もうほんと
涙なしでは見られない…



平和祈念公園とひめゆりの塔
両方訪れてみて、あらためて思ったのですが

沖縄戦というのは日本においては実に特殊で、
一般住民が戦線に巻き込まれ、
全住民の4人に1人が亡くなったという大惨事だったわけで、
しかもその亡くなった原因が、
米軍の砲撃にやられたとかならまだわかるが、
こともあろうに日本軍に殺された人も少なくなかった、

というかそもそも、
負けるのが目に見えているのに、
日本政府の、ただの時間稼ぎ、敗戦宣言したくないから、
みたいなつまらないプライドによって、
沖縄が「切り捨てられ」、無駄に命が奪われたんですよね。

本当の敵は米軍だったのかどうかも、もはやわかりません。。。
 


もともと、琉球王国っていう独立国だったのに、
江戸時代ごろからじわりじわりと日本の介入を受けて、
(中国もだけど…)
100年ちょい前にはいよいよ正式に日本に組み込まれ、
独自の文化や言語を禁じられ、
日本人としての教育(という名の洗脳)を受け、
そのわずか後に、戦争の最前線に立たされて、多くの命が奪われて…
 
沖縄の人たちは、数十年前、今も存命の人がいるぐらいの近代に、
こんな壮絶な出来事があったというのになぜ、
米軍の基地を容認しているのか、本気で理解できない。
普天間をなくすために辺野古、、、とか言ってる場合じゃなくない?
なぜ、沖縄から基地を全撤廃しようという話が盛り上がらないのか?
 
と同時に、
政府が沖縄を「切り捨てようとしている」状態は、
昔も今もまったく変わってないのに、
現政権を支持してる人がいることも本気で理解できない。
 
結局、基地があることで得してる人や、
現政権のおかげで得してる人がいたり、
あとは、反対しても無駄、
っていうあきらめみたいなのもあるんですかね。。。
 


沖縄住んでて感じたのは、

ある意味平和だからなのか、
それとも、日々の生活のこと意外に気を配る余裕がないからなのか、
わからないけど、

平和に対する意識、っていうの、沖縄からもっと盛り上げてかなきゃいけない、
てか、自然に盛り上がって当然のはずなのに、
そんなの1ミリも感じない、
むしろ、平和に対する意識の高さは内地の人たちの方が高い気がする、
っていうこと。

すっごいすっごい残念でならない。

沖縄の子どもたちに、沖縄で昔何があったのかとか
二度とそんな悲惨な経験をしなくてすむように
これからどうしていけばいいのかとか、
大人がちゃんと教えてほしいと思う…

あとはやっぱり、
幸せの価値はお金でははかれない
(お金で買える幸せもなくはないと思うけど)
お金では買えない幸せの本質、とか
そこらへんの意識が変わらない限りは、
沖縄がいまの状況であることで得してる人が減らないし
そういう人が減らないってことは沖縄の状況も変わらない。
っていう部分で、
幸せってなんなのか、お金ってなんなのか、
ということを、正しく子どもに伝えていける大人が
一人でも増えてほしいと切に願う。



しょせん、沖縄とは縁もゆかりもなく
もうすぐ沖縄出ていこうとしてる仙台人の戯言ですから、
聞き流していただいてもいいんですけど、でも、
こんなわたしはわたしなりに、

沖縄がもっと良くなるように、

世界平和に貢献できるように、

戦争のない世界になるように、

いつも願ってて、
そのために、小さなことでも、なんでも、やっていこうと思う。
沖縄を離れてからも、日本の・世界のどこにいても、ずっと。 




ブログに載せてない写真もあります
photo album "2019Okinawa3-Peace"
2019Okinawa3-Peace




☆【アメリオーレ】自己治癒力アップのための心理カウンセリング
現在、新規受け付けは休止中です。
近日中に、Skype・Zoomでのカウンセリングをメインに再開予定です。
(不定期で仙台・東京での対面セッションあり。こちらでお知らせします)
サービス一覧、お申し込みは
☆無料メルマガ【アメリオーレ通信☆幸せはこの手で創る】
「自分を幸せにできるのは、この世でたったひとり、自分しかいない!!」
徹底的に自分を幸せにするための、自分を見つめ直すきっかけや
今日からすぐ使える心理のポイントをお届けします。
(これまでイベント、セミナー、個人セッションを受けてくださった方、
お問い合わせ下さった方には自動的に配信されます)

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13953
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)
☆無料メルマガ【アメリオーレ☆薬いらず医者いらずナチュラルハッピーライフ】

「人類にとって本当に必要な薬は1割にも満たない!!」
「むしろ薬や医療では病気は治らない!」
心が病気を作るしくみ、わたしたちの健康に影響する薬や
医療、食、環境に関する「ほんもの」の情報をお届けします。
薬なんかいらないし、病院のお世話になる必要もないんです。
そんな自由で自然な暮らしをしてみませんか。

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13654
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)


posted by りょうこ at 23:59 | 鹿児島 ☔ | Comment(0) | 沖縄観光・グルメ・生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする