2017年10月28日

あさがくるまえに

あさがくるまえに(REPARER LES VIVANTS;2016フランス)

高校生のシモンは、早朝、友だちとサーフィンに行った帰り、
交通事故に遭い、脳死と判定された。
移植コーディネーターの医師はシモンの両親に、臓器移植の意思があるか問いかける。
とつぜんの出来事に戸惑うシモンの両親。

一方、不治の心臓病で移植をするしかないと知らされたクレールは
息子たちとすごすささやかな時間のなかで、消化しきれない思いを抱えていて…





去年パリに行った時、
この映画がまさに公開中(あるいは公開直前?記憶が定かでない)で
あちこちで宣伝してたり、本やさんで原作が山積みになってて
日本に来たら見たいな〜と思っていたので
待ちに待った、という感じだったのですが

まぁ、よく考えてみたらわたし、
臓器移植は基本的に否定の立場なんですよね。
そんな人が見たらアカン映画でした。。。

わかってたはずだけど。

でもなんか、臓器移植賛成とか推進の人たちにも
もうちょっとよく考えてもらいたいというか
そういうシーンがあるなら、まぁ、映画として見る分には。
という思いもあったのですけど
ドナー(の家族)、レシピエント、とその家族、
臓器移植にかかわる医師、看護師、コーディネーター、
みんなの思いがどれもこれも中途半端で
全然伝わってこなかったな、、、

なんでわたしが臓器移植を否定するか
一言で言えば
「誰かに死んでもらわないと成り立たないこと」
つまり
「頭では思っていないとしても、現実的には、誰かの死を望むことと同意」
だから、という感じなんですが
(まぁ、そんな一言で片付けられない部分とか、他の理由もいろいろありますけど)

そういうのって、賛成/推進派の人たちだって少なからず抱いているはずだし
葛藤するところでもあると思うんですけど
映画の中では、実に淡々としてて
結果的に、移植うまくいってよかったね〜
って、臓器移植を推進することにつながるだけの映画。

に、わたしには見えました。

臓器移植についてだったら、
今年のノーベル賞受賞で話題のカズオ・イシグロ
のほうがなんかいろいろ身に沁みたなぁ。

あ、以上は、
あくまでわたしの感想ですので、
臓器移植に対する議論や質問等はまったく受けつけておりません。
あしからず。

ちなみに、この「あさがくるまえに」
原題の「REPARER LES VIVANTS」は
直訳すれば「生きている人を治す」みたいな感じですが
考えようによっちゃ、
世の中結局、生きてるもん勝ち、みたいな印象を与えて
あんまり感じ良くないかな、、、

ってのが、日本の配給会社が、日本版のタイトルを
全然違う、全く関係ない、遠回しなものにした理由でもあるのかな
と思っていて
ってことはやっぱり、臓器移植に対して
直接的に「生きてる人優先!!」
と言い切ったらアカン雰囲気が日本にある、って
認めてるということなんじゃないですかね。

で、この原作なんですが、
作者はフランスの女性作家、Maylis de Kerangalという方でして
まったくの偶然なんですが、同じ作家の本をいま、
フランス語教室で読んでるんです。

Unchemindetables.jpg

ある若い料理人のお話なんですが
ちょっと表現が難しいけどとても面白くて
同じ作家ってことで、
この映画の原作も機会があればチャレンジしてみようかな、、、
とうすうす思っていたのですが、
映画を見ていっきに読む気が失せました(爆笑)

いや、でも原作のほうはもしかしたら
登場人物たちの心理、葛藤とかも描かれているのかも、、、?



もはやどうでもいいですが
日本版エンディングテーマは秦基博が歌ってるんですね。
これはまたノブくんにカバーしてもらうしか…笑




☆【アメリオーレ】仙台・東京(対面)、電話・Skype
カウンセリング(断薬、健康、人間関係、仕事、お金、結婚、離婚、恋愛、etc.)
心理学セミナー/英語コーチング/夢実現化コーチング/カラーセラピー/
サービス一覧、お申し込みは
☆無料メルマガ
【アメリオーレ通信☆幸せはこの手で創る】

「自分を幸せにできるのは、この世でたったひとり、自分しかいない!!」
徹底的に自分を幸せにするための、自分を見つめ直すきっかけや
今日からすぐ使える心理のポイントをお届けします。
(これまでイベント、セミナー、個人セッションを受けてくださった方、
お問い合わせ下さった方には自動的に配信されます)

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13953
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)


☆無料メルマガ
【アメリオーレ☆薬いらず医者いらずナチュラルハッピーライフ】

「人類にとって本当に必要な薬は1割にも満たない!!」
「むしろ薬や医療では病気は治らない!」
心が病気を作るしくみ、わたしたちの健康に影響する薬や
医療、食、環境に関する「ほんもの」の情報をお届けします。
薬なんかいらないし、病院のお世話になる必要もないんです。
そんな自由で自然な暮らしをしてみませんか。

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13654
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)
posted by りょうこ at 23:59 | 宮城 ☔ | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする