2017年08月10日

量子波動器【メタトロン】のすべて




この前の
【まだ誰も知らない<水素と電子>のハナシ】
に引き続き、量子学のお話です。
メタトロン、というロシア発の医療機器でして
これがものすごく、すごいのです。(日本語がなんか変w)

これ自体が病気を治すってわけではないんですが
病気の原因、というか、
体の中で悪いところを、
量子の力でビシィィィィっと特定してくれるんですね。

具体的には、各臓器の周波数
(後述の、スピン量の違いによるエントロピーの増大)
を測定するというものです。
ヘッドセットをつけるだけで測定でき、
特別な準備も何もいらないし
なんなら持ち運んで移動診療もできる。

で、メタトロンが特定した部分(臓器)を良くするようなこと
(食事なり、生活習慣の改善なり)をすれば病気が治る、
っというわけです。

各臓器の周波数だけでなく
自分の体はどんな食べ物と合うか・合わないか
といったことも測定できるそうです。

現代(西洋)医学は、病気になったときその症状だけをみて
それを改善しようとするだけという実に単純なものなのですが
症状が出ているところに原因があるわけではないんですよね。
だから、治らない。

というか、そもそも、
現代(西洋)医学は病気を治そうとはしてないんですけどね。
だって、治っちゃったら儲からなくなるじゃないですかw

患者を殺さないように、かつ、
一見よくなった(なってる)と勘違いさせながら
病院に延々と通わせるのが、現代(西洋)医学です。
そしてこれにまんまと騙されているのが一般市民の皆様。
のみならず、大部分の【専門家】(医師、薬剤師、看護師、、、)も
騙されてますけどね



さて本題です。
この本は、
そんなスーパー医療機器【メタトロン】を使ってる医師や、
輸入販売代理店の方、合計4名の方々が
メタトロンについてとことん語っている本でございます。

今回もまた、自分的解釈を入れながら
大事なところメモメモ。



<吉野敏明氏>医師

☆うつ病や発達障害の患者は、脳ではなく鼻腔と小腸に異常が出る。
(脳の病気なんかでは、さらさら、ない。ということ。まぁ知ってましたけどw)

☆保健医療をする、ということ=患者に嘘をつくということ
保険請求するために、病名を後付けしなくてはならない、
不必要な検査をしなくてはならない、etc.

☆現在の日本の医療保険制度は、戦争直後の軍の恩給制度から始まっている。
当時のように感染症や怪我などがほとんどであった時代にはよかったが
生活習慣病がほとんどになってしまった現代にはフィットしない。
そのため、現在の国民生活に適しているとは言えない。
(そもそも、現在の医療自体が適していないじゃんw
というツッコミはさておき)

☆人間ドックは、病気を探し、見つけた病気を治療する。
という発掘ビジネス。
(健康診断なんて不要。むしろ受けたらダメ。)




<内藤眞禮生氏>医師

☆がんになったとき、
どうして自分ががんになったのか、がんになったことで得られたのは何か
と考えてみて、自分の中のエゴを開放するのが大事
(がんに限らず)

☆身体は情報の集合体で、非常に複雑な非線形モデルだが
そのすべての情報は、(量子の)右向きと左向きの二つのスピンで表現される。
(コンピュータが0と1の積み重ねだけですべてを表現するのと一緒)
右向きのスピンはインプット、左向きのスピンはアウトプットのスピンといわれる。
(そしてこのスピンの違いにより生まれるエントロピー(乱雑性)を測定するのが、メタトロン。)

☆右回り(インプット)のスピンはS極周囲、
左回り(アウトプット)のスピンはN極周囲にそれぞれ優位に生じる。

☆全ての崩壊・炎症プロセス(多くの病気、老化等)は、S→N極へと進み、
全ての情報プロセス(増殖、成長など。がん含む)はN→S極へと進む。

☆発達障害はこの40年で70倍にも増えている。
もともと遺伝子的に解毒機能が弱くなっていることが原因だが
40年前は毒があまりなかったためあまり問題にならなかった。
(遺伝子治療がうんたらかんたら言われますけど、
毒を排除することのほうがよっぽど重要だと思うんですがw)

☆メタトロンでエントロピーの調整もできるが
海水から精製したキントンアイソトニックで
エントロピーの調整ができる(病気の治療ができる)
(キントン=フランス語読みではカントン。
かの、海水療法を発見したフランスの偉人です←わたし的に)
(だから海に行くと体調よくなる人が多いのか…←自分含むw)

☆すべての生命は渦巻きの形を取る

☆キントンアイソトニックの振動数の情報量1240テラバイトは、
35-40億年前に地球上に生命体を誕生させたDNAの遺伝情報量と同じ
(当時の遺伝情報量を海水が未だに転写しながら維持しているということ)

☆DNA溶液を薄めると特定の周波数を発生する。
その隣に純水を入れたビーカーを置いておくと
その水もDNAと同じ周波数を発生するようになり、
さらにそれをPCRにかけると遺伝情報が読める。
(なんと…!!!!!)
(わたしが大学でやっていたのは一体なんだったんだろうと、完全にゲシュタルト崩壊中)

☆西洋(現代)薬;ベクトルが一方向、漢方薬;ベクトルが他方向
漢方薬は様々な生薬の組み合わせで生まれる波動が、
どんな体質のエントロピー調整に合うかを経験的に積み重ねてきたもの。
よって、一成分だけを抽出し薬として利用しようとしてもまったく意味がない。
(だから西洋薬は意味がない!)
(大学に生薬学教室とかあったよね〜、、、これまたゲシュタルト崩壊中)

☆この世は、陰と陽、右と左、など、二つの力のバランス関係により決定している。
それらの要素のすべてが調和がとれた状態=完全調和=真っ白で何もない世界
と考えられている。(保江先生〜!!)



<内海聡氏>医師

☆「患者のために病気を治したい」と心の底から思ってる医者なんていない。
本当にそう思っているのだとしても、心の裏に醜いものが隠れている。
(薬剤師もそうだと思います。何よりわたしがそうでした。お恥ずかしい…)
まぁ、醜いもの、って、他人を陥れるとかそういうんじゃないですけどね、
一言で言えば、エゴ、ですか。自分のエゴのために、でもそれを認めたくなくて、
他人を助けたい、って言ってた。そういう意味で、醜い。)

☆医療は「病気や怪我を治すもの」なんかではない。
医療の実態は「どうしたら効果的な拷問ができるか」
「どうしたら奴隷に対して都合良く人体実験ができるか」
であり、それは、歴史が物語っている。
そもそも医学とは、
戦士を「修理」して再度戦場に「送り出す」ためのものだった。
医は仁術などではなく、算術ですらない。

☆ひとつの食事療法では治らない。
患者の状態からオーダーメイドで食事を考えなければならない。
(しかしそんなことができる医師も栄養士もまずいない)
ざっくり分けると、栄養が足りないために病気になった場合は動物性の食事、
毒物が体内に溜まって病気になった場合は植物性の食事。
というように、あくまで原因を考える事が大事であり
メタトロンでは、どの食事が合う/合わない、がわかる。

☆なぜメタトロンがロシア(ソ連)で生まれたか、
それは、アメリカと東西冷戦をしていたために
ロックフェラーに牛耳られた西側諸国の医療は
病気を治す気がないことをソ連が知っていたから。
アメリカに勝つために生み出した医療技術のうちのひとつがメタトロン。
(東西冷戦様々ですね。苦笑)

☆病気のときには、周波数を全部ひっくりかえすこと(ノイズキャンセル)が必要。
(ひらたくいえば、今やってることと全部逆のことをすれば病気でなくなる/治る、ということ)
ただし、ひっくり返すのはあくまで患者自身であり、
メタトロンや、医師や、セラピストは、それを助けるだけの存在に過ぎない。

☆ガン細胞とは、悪い部分を集めてくれている細胞。
ガンは悪くない!!!!!
ガン患者をメタトロンにかけると、ガンのある部分には悪い周波数が出ず、
一見全然関係ないところに悪い数値が出ることが多い。
(ガン細胞を叩く現代/西洋医学はインチキだということ。まぁ、知ってましたがw)



<吉川忠久氏>メタトロン販売代理店

☆人間の体はオーケストラのようなものであり
メタトロンではそのオーケストラの調和を乱しているパート(楽器)
を特定するようなもの。
例えばバイオリンがヘボいためにオーケストラが乱れてるとしたら
バイオリン奏者を変える、バイオリン自体を変える、
奏者をもっと練習させる(笑)などの対処をし、
オーケストラ全体の調和をめざす。
これと人間の体・病気の治療は、よく似ている。




いや〜

これまた、この前の電子と水素のハナシに続いて
めちゃくちゃ面白くて
最後までいっきに読んでしまった。

メタトロンでは、感情の測定もできるそうで
再現性もすごく高いんだそうです。
心理カウンセリングでは、相談者様に質問を投げかけて
その答えだったり、雰囲気だったり、
相談者様に今起きている現実や過去の話などから
今どのような感情を抱いているか、を探っていくのですが
メタトロンを使えば一発でわかるとw
カウンセラーいらない?(苦笑)

※いや、カウンセラーは、
そこから相談者様がどう感情を「書き換えて」
いくかっていうところをお手伝いするのがメインですので
やっぱり必要ですよね!(と自分でフォローw)



やっぱ量子って凄い。
というか、病気や治療を「本気で」考える上では
量子の力を考慮しないことには何もはじまらないし、わからない。

それをやらない世間の大部分の医療(関係者)や、薬は、
やっぱり、インチキだ。
と断言せざるをえない。
(だからソ連でメタトロンが生まれたんだしねw)



使ってみるほうにもとても興味があるのですが
とりま、何事もまずは自分から、ってわけで
一度メタトロン受けにいってみたいな〜!




☆【アメリオーレ】仙台・東京(対面)、電話・Skype
カウンセリング(断薬、健康、人間関係、仕事、お金、結婚、離婚、恋愛、etc.)
心理学セミナー/英語コーチング/夢実現化コーチング/カラーセラピー/
サービス一覧、お申し込みは
☆無料メルマガ
【アメリオーレ通信☆幸せはこの手で創る】

「自分を幸せにできるのは、この世でたったひとり、自分しかいない!!」
徹底的に自分を幸せにするための、自分を見つめ直すきっかけや
今日からすぐ使える心理のポイントをお届けします。
(これまでイベント、セミナー、個人セッションを受けてくださった方、
お問い合わせ下さった方には自動的に配信されます)

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13953
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)


☆無料メルマガ
【アメリオーレ☆薬いらず医者いらずナチュラルハッピーライフ】

「人類にとって本当に必要な薬は1割にも満たない!!」
「むしろ薬や医療では病気は治らない!」
心が病気を作るしくみ、わたしたちの健康に影響する薬や
医療、食、環境に関する「ほんもの」の情報をお届けします。
薬なんかいらないし、病院のお世話になる必要もないんです。
そんな自由で自然な暮らしをしてみませんか。

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13654
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)
posted by りょうこ at 23:59 | 宮城 ☔ | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする