2017年07月18日

病院行く人は無責任

薬や医療の嘘を見抜いて以降、薬剤師やってて感じたことなんだけど

病院行く患者ってほんっと無責任だなと

なにが無責任かっていうと
自分の体、健康に対して無責任、っていうこと。

医者(看護師、薬剤師、etc.)の言う通りにすればいいんでしょ?
っていう態度のこと。

自分の体なのに、自分の健康のことなのに、
その一切を医者(看護師、薬剤師、etc.)に丸投げ。

言い換えると、
【自分のことなのに、一切を他人に丸投げ】

そういうのを、世の中では、無責任、っていうのとちゃいますか?



「だって、専門家じゃないし、、、わからないし、、、」

はい。でたー。
得意の言い訳。



一昔前ならまだしも、
今インターネットでいろんな情報が誰でも簡単に手に入れられる世の中で
「専門家じゃないからわからない」
って、「わたしバカなんで」って言ってるのと同じですから。

わたしバカなんで、って開き直って
いわゆる「専門家」に自分のこと丸投げして
病気へまっしぐらする覚悟がある、っていうなら
もう何もいいませんけど
「専門家じゃないからわからない」って言う人ほど
専門家の言う事に対してキレたり反論したりもするのよねw



薬や医療の嘘にうすうす気づき始めた頃、
「でも、そんなのを日本の政府とかが許すわけがない、
国民が病気になってくのをやすやすと見逃すなんて」
って思ってたけど、そこが落とし穴だったんですよね。

【日本の政府は日本の国民を守ってしかるべき】

という前提がそもそも間違ってたっていうw
そんなん、ただの思い込みであり、幻想であり、
実際は、日本の政府なんて国民ひとりひとりがどうなろうが知ったこっちゃないのですから。
ある企業だったり、個人だったり、国だったり、が豊かになるのなら
国民がたった数十人、数百人、死のうがなんだろうが、政府にとっちゃ痛くもかゆくもないのです。

そういう人たちが作った医療制度/保険制度のもとで
そういう人たちが開発した薬/医療技術でもって
そういう人たちに「洗脳」された「専門家」に
自分の健康を丸投げするなんて、
どれだけ無責任なんだろうと。



まず、自分で調べる。
とことん調べる。
そして納得する。


納得できない薬は飲まない、
納得できない医療技術は受けない、
納得できない病院には行かない、
納得できない「専門家」の話は聞かない、

(そこにはいろいろ「トリック」があるので
最初は見抜くのが難しいかもしれませんが、コツをつかめばできるようになります)

(そしてこれを完璧にやると、世の中の薬/医療の
少なく見積もって9割が嘘だということに気づくわけですがw)

(以前このセミナーをやったことがあったけど
もうちょっと内容つめて再開しようかなーっと)



専門家という名のインチキに自分の体を丸投げするのではなく
自分の体のことは自分に聞くんです。
自分と自分とのあいだでとことん相談するんです。

それが、ほんとうの、治療であり、健康であり、
自分の人生を生きる、ということだと思うのです。






☆【アメリオーレ】仙台・東京(対面)、電話・Skype
カウンセリング(断薬、健康、人間関係、仕事、お金、結婚、離婚、恋愛、etc.)
心理学セミナー/英語コーチング/夢実現化コーチング/カラーセラピー/
サービス一覧、お申し込みは
☆無料メルマガ
【アメリオーレ通信☆幸せはこの手で創る】

「自分を幸せにできるのは、この世でたったひとり、自分しかいない!!」
徹底的に自分を幸せにするための、自分を見つめ直すきっかけや
今日からすぐ使える心理のポイントをお届けします。
(これまでイベント、セミナー、個人セッションを受けてくださった方、
お問い合わせ下さった方には自動的に配信されます)

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13953
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)


☆無料メルマガ
【アメリオーレ☆薬いらず医者いらずナチュラルハッピーライフ】

「人類にとって本当に必要な薬は1割にも満たない!!」
「むしろ薬や医療では病気は治らない!」
心が病気を作るしくみ、わたしたちの健康に影響する薬や
医療、食、環境に関する「ほんもの」の情報をお届けします。
薬なんかいらないし、病院のお世話になる必要もないんです。
そんな自由で自然な暮らしをしてみませんか。

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13654
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)



posted by りょうこ at 23:59 | 宮城 | Comment(0) | TrackBack(0) | 薬も医療もイラナイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする