2017年05月15日

「はじまりへの旅」のパパの教育方針

書くのをすっかり忘れていたのですが、
この映画のパパの、子ども達の教育方針、
ホームスクーリングにはもうわたしは完璧agreeなのです。

ホームスクーリング、なんて言うと絶対に
「学校に行かなきゃ学べないことだってあるじゃん!!」
って言う人いるんだけど、うるせえwww って感じwwwww

学校でしか学べないことなんてない一方、
学校で学ぶ、いらん知識や習慣が山盛りある。ということが尚おそろしい。
教科書にさえ嘘がいっぱい書かれているのだから
(みんな気づいてないだろうけど)



ともあれ、そんなわけで
ホームスクーリングはとても賛成なのですが
さらにこの映画のパパがとっても良いのは、
例えば、子どもに"interesting"(面白い、興味深い)という言葉を禁止していること。
それは、「どうinterestingなのか、を具体的に表現させるため」なんですね。

わたし自身そういえば英語でもフランス語でも、なんなら日本語でも、
ついついinterestingって言ってしまうことが多いのですが、
どんな部分について、どうして、interestingか、というのを言葉にするよう心がけている。

interestingってほんと便利な言葉で、
何が、どうして、っていう部分が曖昧でもとりあえずinterestingって言っとけばオッケー
みたいな感じのとこがあって、
何が、どうして、を感じないようしっかりマスクしてしまう、悪い言葉でもある。



あとこのパパは、
とにかく子どもに本を読ませる。

そして、本の内容について、
自分の言葉で語らせたりする。
決して丸暗記ではなく。



当然、家にテレビなんかありませんw



こういう子どもの教育の仕方はわたしにとってホントに理想。



実際、この日本でどこまでやれるのかという疑問はなくもないけど
これに近い子育て/教育をしている人は日本にも居るような話も聞くので
決して不可能じゃない。

(ネタばれになりますが)
結局映画の中で子ども達は
最終的には学校に行くことになるんだけど
でも、あの子たちは、
学校では嘘を教えることもあるということや、
なぜ学校で嘘を教えるのか、という理由まで理解していそうだから
特に問題ないのかも。

というか、われわれも、本来は子ども達に、
学校で教えることのすべてが真実ではないということ、
なぜわざわざ学校で真実ではないことを教えるのか、という理由まで含めて
教えなくてはならず、
そのためにはわれわれ自身がそこをしっかり理解しとかないと
いけないってことになる。

結局、なんにせよまずは自分が学ばなければいけないのだw

日々精進ですなぁ。。。









☆【アメリオーレ】仙台・東京(対面)、電話・Skype
カウンセリング(断薬、健康、人間関係、仕事、お金、結婚、離婚、恋愛、etc.)
心理学セミナー/英語コーチング/夢実現化コーチング/カラーセラピー/
サービス一覧、お申し込みは
☆無料メルマガ
【アメリオーレ通信☆幸せはこの手で創る】

「自分を幸せにできるのは、この世でたったひとり、自分しかいない!!」
徹底的に自分を幸せにするための、自分を見つめ直すきっかけや
今日からすぐ使える心理のポイントをお届けします。
(これまでイベント、セミナー、個人セッションを受けてくださった方、
お問い合わせ下さった方には自動的に配信されます)

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13953
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)


☆無料メルマガ
【アメリオーレ☆薬いらず医者いらずナチュラルハッピーライフ】

「人類にとって本当に必要な薬は1割にも満たない!!」
「むしろ薬や医療では病気は治らない!」
心が病気を作るしくみ、わたしたちの健康に影響する薬や
医療、食、環境に関する「ほんもの」の情報をお届けします。
薬なんかいらないし、病院のお世話になる必要もないんです。
そんな自由で自然な暮らしをしてみませんか。

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13654
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)
posted by りょうこ at 23:59 | 宮城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする