2017年05月05日

クレーム、それは、想像力の甚大なる欠如と個人の価値観の押しつけ

昨日、東京でギターレッスンの前に某ラーメン店に入ったときの話。

レッスンスタジオのあるあたりは
一応、観光地っぽいところもあるにはあるのですが
若干地味なせいか、普段はあんまり混雑してないのですが
やはり黄金週間ということもあってか
昨日は、いつもの何倍もの人出でごったがえしておりました。

なもんで、わたしも
本当は別のラーメン屋に行きたかったのですが
目的の店の前に並ぶびっくりするくらいの行列にどんびきし
時間なかったのもあって、外から見て空いてるっぽかったラーメン屋に飛び込み、
(いずれにしてもラーメンなんだなw)

たぶん、そんなわたしと同じ流れなんでしょうねぇ、
普段めったにラーメン屋になんか入らなそうな
60代ぐらいのマダム2人組が入ってきて

「ここのトイレ、男女別じゃないのよ。
一緒なの!!(ありえない!!と言わんばかり)
どうしてかしらね〜困るわよね〜」

みたいな会話をしていらっしゃる。



いやいやいやいやw

むしろラーメン屋に男女別のトイレがあったらびっくりなんですがw

もちろん、世の中にはそういうラーメン屋もあるのでしょうけど、
麺活部長のわたしとしてはあまりお目にかかりません。
明らかに少数派でしょう、、、



このマダムたちは普段滅多にラーメン屋になど入らないのでしょうし
今日だって、どこもかしこも人出がすごくて
たまたま空いてたこのラーメン屋に入ったのでしょうし
ラーメン屋のトイレなんてデフォルトでは男女一緒ということも
知らないのでしょう。
それはしかたのないこと。

でもね、たとえ知らないのだとしてもですよ、
そのぐらい、だいたい想像つくでしょう?

まず店の面積。
ラーメン屋というのは、往々にして小さい店が多い。
ここも例に漏れず、カウンターのみ10人ちょいのお店です。

もう、それ考えただけでもトイレが男女一緒であることぐらい
想像ついてほしいのですけど

そもそもラーメン屋って女性客のほうが少ないですし
…てところからも、わざわざ狭い面積のなかに
女性専用のトイレを作るだろうか?と。



本当どうでもいい、些細な出来事ではあったのですが
日本人の想像力はここまで欠如しているのかと思って
相当がっかりしてしまいました。

そのマダムからしたら
女性用トイレがなかったことに失望したのでしょうが
って、失望ぐらいなら全然いいのですが。

しかしそのマダムが問題なのは
女性用トイレがないことに、失望を通り越して不満全開だったことです。
なんなら店にクレームつけそうな勢いw

そら、ラーメン屋に女性専用トイレがないことは重々承知のわたしだって、
もし女性用トイレがあったらそのほうが嬉しいに決まってます。

でも、現実問題それは難しい、ってのは
状況を見れば一目瞭然だし
正直言ってべつに女性専用じゃなくてもあまり困らないし(笑)
わざわざそれをクレームにしようとは全く思わない。



というように
「失望」と「不満」とはまったく質の違うものです。

ところが普段の生活のなかで
これと似たような出来事が多々起きているのです。

単に失望するだけなら
まぁそれは個人の価値観が違うから、当然ありえることなので、
ご自由にどうぞがっかりして下さいというところなのですが

その個人の価値観の違いを相手に押し付けて
不満全開、クレーム問題に発展。
っていう流れ。
これ、よくある話でして、
というか世の中のクレームのほとんどがこれ。



歳を取れば取るほど治すのが難しい
個人の価値観の押しつけ、はさておいても

想像力を働かして状況を把握する、納得する、
ということは、難しくないはずです。
むしろこれは、歳を重ねて経験を積んできた人ほど
簡単なことなのではないでしょうか。

想像力さえ働かせれば
いちいち失望とか不満をしなくて済む。
というシーンは日常のなかにあふれているはずなのです。

しかし人間はそれをしようとしない。
こと、日本人はその傾向が強い気がしてならない。

その大きな原因のひとつが学校教育から始まっていることは
想像に難くありません。
いわゆる「マニュアル教育」ですね。



物事をひとつの面からしか見られない
想像力を働かせられない
客観的な状況把握ができない

人のこういった性質が
クレーム問題だけでなく、世の中のすべてのこと、
本当に、すべてのこと!!
例えば、医療や薬、栄養(食品)の嘘がまかるとおる
という部分などにもつながっているのです。

ということに
ひとりでも多くの方に気づいていただきたい…!!



では、結局、どうすればいいのか。

ものすごく簡単なことです。

目の前の出来事に対してつねに、
それはどうしてなのだろう?と疑問を持つこと
それに対して、自分なりの答えを出すこと
(これが正解である必要はない
←答えは正解でなければならない、と思い込むのも日本人の悪い癖)






☆【アメリオーレ】仙台・東京(対面)、電話・Skype
カウンセリング(断薬、健康、人間関係、仕事、お金、結婚、離婚、恋愛、etc.)
心理学セミナー/英語コーチング/夢実現化コーチング/カラーセラピー/
サービス一覧、お申し込みは
☆無料メルマガ
【アメリオーレ通信☆幸せはこの手で創る】

「自分を幸せにできるのは、この世でたったひとり、自分しかいない!!」
徹底的に自分を幸せにするための、自分を見つめ直すきっかけや
今日からすぐ使える心理のポイントをお届けします。
(これまでイベント、セミナー、個人セッションを受けてくださった方、
お問い合わせ下さった方には自動的に配信されます)

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13953
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)


☆無料メルマガ
【アメリオーレ☆薬いらず医者いらずナチュラルハッピーライフ】

「人類にとって本当に必要な薬は1割にも満たない!!」
「むしろ薬や医療では病気は治らない!」
心が病気を作るしくみ、わたしたちの健康に影響する薬や
医療、食、環境に関する「ほんもの」の情報をお届けします。
薬なんかいらないし、病院のお世話になる必要もないんです。
そんな自由で自然な暮らしをしてみませんか。

詳細/購読申込み→http://www.reservestock.jp/subscribe/13654
(携帯も可ですが、受信トラブルが多いのでパソコンでの登録を推奨しています)

posted by りょうこ at 23:37 | 宮城 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする